空のお茶会、気持ちいい〜といいなぁ♪

fullsizerender

 

空 の お 茶 会 。

 

この名前、気に入っているのです。

 

プ ロ ト マ ニ ア 。

 

もすごく気に入っていますけど。

 

空のお茶会は、先生がいない、ってとこもね。

誰かに導いてもらうことは大切。ひとりでは気づけないことを人と関わることで知り、謙虚になり、自身が確かめていく時。
自分の場合は、伊東先生のところに通ったからこそ、「真理の探究」の方向が明確になって迷子にならずに済んでいますし、たくさんの実践のヒントや様々な角度からの見方、そして丁寧で根気づよい先生に触れていること、それはすごく幸運だと思っています。

 

空のお茶会は一人の先生がいないのです、だから、誰も教えてくれないの。
いや誰かいないと〜、というならバーソロミューがいます(笑)。

ここは、さらに知識を得たり、さらなるコツをつかもう!という感じではなく、参加する人がそれまでその人それなりに考えたり、出会ったり、信じたり、求めて来たことを、他の人も先生も関係なく、一度あらためて静かに繊細に感じてみる、というのはどうかな。

呼吸に習って、

吸ったら、一度留めて、それから吐くように、

いったんグッと留める会(アハハ)。

 

この世界の真理、自己の本質は、触れることも見ることも感じることもできないそれだ、と言われています。そしてあなたは既にそれ。

求めたり、つかんだり、正解不正解、それ?これ?と落ち着きなく気にするのはお休みにして、空のお茶会では、ただみんなとそれについて話したり、遠慮なく黙っていたりしつつ、風の吹くままエネルギーの向くまま、バーソロミューにお任せ。

 

とてもキモチヨサソウです。

 

 

fullsizerender

 

 

ヨガが教えてくれること。

fullsizerender_1

 

昨夜はヨガの個人レッスン。

私がヨガに出会ったのは、高校生の時でした。かなり昔(苦笑)。

おつきあいの長いヨガですが、主なる先生は2人だけ。

ヨガが哲学であること、呼吸の大切さを教えて下さったのが龍村修先生。

今はお会いすることもありませんが、「教えるのではない。下座のこころで常に精進勉強を」という先生のことばを、忘れずに携えています。

 

ヨガって本当にいろいろなことを教えてくれます。昨日のレッスンでは、さまざまなストレスや緊張を溜め込んだ身体をゆっくりとほぐしていきました。終わった後は、からだの周囲がひとまわり大きくなった感じ。

 

緊張と弛緩。

 

これが基本。右をやったら左。前をやったら後ろ。ギューッと力をいれてから、フッと緩めるからより深く弛む。

 

心地良いリラックス(弛緩)とは、ぐっと力を込めて溜め(緊張)た後の解放。

 

だから緊張することは、それはそれで大切なのです。

心身ともに落ち込んでいる友だちがいても、低迷は次への準備だから心配しないで見守る。

苦しい、辛いも、なかなか悪くないことです。辛いはつらいけどね(笑)

 

なぜか好きでずっと続けて来たヨガと呼吸が教えてくれること。

とてもシンプルな同じことを繰り返していても、新鮮な発見があって飽きさせない面白さ、素晴らしさ。

 

ヨガとは、繋ぐ、結ぶという意味。

不変なるものへの入口。

 

fullsizerender

 

 

 

*空のお茶会〜『バーソロミュー』を読む

2月25日(土)14時ごろから16時ごろまで。

先生のいない、自習のお茶会。真我を伝えるバーソロミューを音読したり、その感想や疑問を話しながら自由におしゃべり。いつもよりわざと(♪)ゆっくり呼吸して、のんびりしましょう。

 

 

 

 

 

バーソロミューってどんな本?

バーソロミュー 愛と叡智

 

プロトマニアでプロトマニアらし〜いことが始まるそれは、

バーソロミューを読む、

というシンプルな内容なのですが、

 

バーソロミューっていったいどんな本なのか?

 

ということを伝えるには、これが一番ピッタリ来ると感じます。

 

バーソロミュー 英語版編集者あとがき P288 から。

 

この本の真の目的は、できるだけ多くの人に、バーソロミューの愛と叡智に接する機会を持っていただくことにあります。彼の教えは万人向けではありません。しかし、彼の教えに惹きつけられる人々に対しては、自分とは何者かを知るための洞察を与えてくれ、自分や他人やまわりの世界との関係を許しの心をもって、正直に明確に見るように励ましてくれます。バーソロミューは一時的に私たちの人生に現れ、” 大いなる愛 ” をもって私たちとともに歩いてくれています。私たちに代わって人生の悩みを解決したり、私たちの人生を幸せな夢の世界に変えるためにではありません。

人生の悩みにぶつかったときこそ、自分がまわりの世界から孤立した存在である、という幻影を捨てる絶好の機会なのだということを、バーソロミューは何度も執拗なまでに私たちに思いださせてくれます。彼はできるだけ多くの方法で、彼の真理を説明しようとします。そうすることによって、そのうちのどれかが、私たちの求めている「理解」のひらめきをもたらしてくれるように。

 

バーソロミューは限りない忍耐と慈悲の心を持っており、私たちや自分自身に対する彼の愛は無限です。人間が ” 大いなる自由 ” を見つけられるように、バーソロミューは道を示し、私たちの勇気と希望を湧きたたせてくれます。

 

英語版編集者 ジョイ・フランクリン

 

 

バーソロミューを声に出して読みながら味わうこと、そんな体験をすることは、

ゆっくりゆっくり丁寧になることでもあります。

翻訳の言葉ひとつひとつや、バーソロミューが何で、誰であるか?が気になってそちらにエネルギーを使うよりも、そんなことにとらわれることなく、ただそのエッセンスを味わえたらいいなと思います。

 

もうすぐ「バーソロミュー2 夢から目覚める」が復刊になるんですって。

仲良しの友だちが教えてくれました。

 

バーソロミュー

 

空のお茶会

2月25日(土)14時ごろから16時ごろまで。

参加費は2000円

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

2017年新春 あけましておめでとうございます

img_1368

 

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

プロトマニア

荒川陽子

 

img_1284

 

平安で穏やかな日々でありますように。

 

Nothing belongs to you !   It is like the breeze.
Leave your mind as free as the breeze
by not cling to anything.

This is the secret to happiness:
Enjoy the garden,
but do not cling to anything !

「This  Prose and Poetry of Dancing Emptiness」SRI. H. W. L. POONJA 

 

 

感謝

img_1348

今日は2016年の大晦日です。

速かったなぁこの一年。そしていろんなことがありました〜

みなさんは今日、どんな風に過ごしていらしたでしょうか。

 

プロトマニアの年末お掃除は、毎年恒例でゾウキン掛けです。

小学生の時みたいに、あっちの壁からこっちの壁まで行ったり来たり。

モップじゃなく、手でゾウキン掛けをするとなぜかスッキリします。

 

 

img_1338

 

たくさん勉強しました。

講義ノートはたいせつな宝もの。

プロトマニアの運営ノートはいつも持ち歩いていたからよごれているわ(笑)。

 

img_1360

 

 

来年のノートも絵やら図やら、走り書きでいっぱいにしよう。

 

 

img_1359

 

プロトマニアの講座に来てくださったみなさん、

このブログを読んでくださったみなさん、

惜しみなく素晴らしい講義をして下さった先生方、ありがとうございました。

お掃除しながらプロトマニアが生まれることになった頃から今までを思い、

こうして感謝の気持ちで一年を終えられるそのことに、感謝。

みなさま、お健やかに新春をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

荒川陽子

 

img_1358

 

お掃除終えて、いつもより大きなおむすび、いただきました。

 

 

きれいでしょ。

aozorazen

 

言葉にするとすれば、それは、歓び。

薔薇の花をいつからこんなに好きになったのか。

バラを見ているだけで、ニコニコしてしまいます。

 

aozorazen

お誕生日でもないのに沢山のバラ♪

ほら、バラの花たちが嬉しそう、

…に見えるのは、自分だけ???