kiico さんのクリスマスフォレストリースws、今年もやりましたよ〜♪

 

今年もやりました! kiico さんのクリスマスのフォレストリース作り。

 

 

今年もたくさんの素敵な材料を揃えて下さいました。

この材料選びとプレゼンテーション、kiico さんでなければあり得ないオシャレさ。

ワクワク感を盛り上げてくれます。

 

基本材料になるものを参加者全員分、かわいい紙袋に入れて。

 

準備中。

 

 

ボチボチと皆さん到着。毎年参加して下さる方も、今年初めての方も、わくわくどきどきです。

 

最初は恒例の北の丸公園へのお散歩でスタート。

 

いざ、行かん。九段下交差点から皇居へ。

 

お堀。

 

清水門から入ります。江戸城の大きな門と立派な石垣に初めての方はビックリします。

 

北の丸公園の中は、とにかく気持ちよくて都会の真ん中とは思えません。植物の種類も多いし樹が大きくて水辺もあってお奨めのスポット。

 

大きなイチョウは、太陽の光でキラキラ黄金色。

 

ここでみんな解散してひとりひとりになって、植物に触れる時間。樹々の中で深呼吸したり、お気に入りの樹を探したり、去年と同じ樹に挨拶したり、思い思いに時を過ごします。

 

 

この日の東京は、空気が冷たくて寒かったのです。朝は風があったのに、みんなでお散歩に出る頃には風がぴたりと止んで、穏やかな光に包まれました。kiico マジック!♡

 

そしてプロトマニアに戻って、リース作りを始めます。

それぞれに材料が配られます。今年はうまくいくかな〜〜〜と不安な人もいるけど、kiico さんからは「上手に作るのが目的じゃないから、あまり考えないでね。植物と触れて匂いを嗅いだり感触を楽しみながらやってくださーい」。

 

 

最初はワイワイ笑い声も上がっていましたが、しばらくすると、

 

シッ〜〜〜〜〜〜ン

 

全員、かなり真剣。黙々と作る皆さん。まるで瞑想のような(笑)無心のひとときです。

 

 

去年参加して下さった方が、お住まいの土地からこんな素敵なヒマラヤ杉の実を持って来て下さいました。リースに付けやすいように、ちゃ〜んとワイヤーまで付けてくださって! 薔薇のような形がエレガント。ローズウッド、またはシダーローズと呼ばれるそうです。(松ぼっくりならぬ杉ボックリ)

 

あっという間に時間が過ぎて外は暗くなりました。

それぞれにオーナメントを付けたり、リボンを選んで出来上がり。同じ材料を使っても全く違う雰囲気のリースが出来上がります。でも、面白いことに作った人を見事に表しているのです。ちゃんとその人の手から生まれた世界でたった一つのフォレストリースの出来上がり!

 

参加者の皆さんとkiicoさんで記念撮影!

 

集中するとお腹もすくし、最後のお茶とおやつがしみじみおいしかった〜

今年はそれぞれの方が良い意味のマイペースをキープして、全体がゆったりとした雰囲気でした。ご自分と植物が手と目と鼻でコミュニケーションしながら時間を過ごした、そんな印象でした。

 

kiico さんのセンスは素晴らしいんです。今年は例年よりもオーナメントをシックでシンプルにして、北欧のお守りヒンメリを作ったり、少し違う趣向でこのリース作りをリードして下さいました。森の香りに包まれて身体も心も解放されるような幸せなひとときを過ごしました。

 

さて、さっそく参加して下さった方達から続々と感想のメッセージが来ました。来年も予約しま〜す!と早くもリクエスト。もっちろん、

 

 

来年もやります!  お楽しみに〜♡

 

オマケ。これはワタクシのリース。

 

そして冒頭のリースは、私が幼稚園に入る前からウン十年来の幼なじみの作品でした。もう一度載せちゃおう! 素敵でしょ♡

Christmas Forest Wreath by  Ei ☆

 

 

 

 

 

広告

山谷あっていい関係。

 

昨日はね、「いい夫婦の日」だったんですって。いろいろな記念日がありますが、いい夫婦の日ってなんだかいい響きですね。

 

こういう記念日は、お互いにあらためて相手を見直して感謝したり、普段言わないことや言えない気持ちを表すきっかけになりますね。

 

私の周りには、雰囲気が良くてすてきなご夫婦が何組もいらっしゃいます。「端から見るとそう見えるだけよ〜」とおっしゃいますが、ハタから見てもハラハラドキドキ見えるよりは、醸し出される温かい雰囲気はいいものです。長い夫婦の歴史の中では、いろいろ事件もありつつ、山谷あってハーモニー♪、適度な良いあんばいの「仲良きことはウツクシキかな〜」がよろしいような。

 

 

さて。これは、かつての我が両親の後ろ姿と相棒犬ハリーの写真です。この時、このご夫妻は共同作業で天ぷらを揚げておいででした(笑)。ハリー君も参加。

 

昔の人たちですから表立って特別仲良しなわけでなく、ごくフツウの両親でした。父が逝った後に母が「一緒に散歩したかったのに・・・」とぽろりと呟いたから、ちょっとした不満はアレコレあったでしょう。ただ今思うと、それぞれ、私たち子供には相手のことを悪く言うことはありませんでした。この写真は今も台所の片隅に掛けてあるのですが、オオババ様になった母と、身体にオサラバした父とハリーは、いつもここで私の日常を見ていてくれます。

 

望むと望まざると独り身の人にも夫婦の人にも、2人と一対一は最初の関係性。親子兄弟でも夫婦恋人友だちでも、たった今、目の前にいる人を丁寧に見ると、はたと気づくことが大小あります。

 

近ければ近い程、見えなかったり,見たくなかったり(笑)するものです。相手にイライラする時は、相手のせいというより自分が痛いところを突かれているからだったりします。ただ、無理に見ようとしてもそれはなかなかムリなので〜。でもある時、図らずも「あらっ!」という瞬間があるかもしれません。

 

山か谷かはそれでそのままよくて、ここは何より、相手があることで「見えた」こと自体が有り難い。自分を知るチャンスですね。真剣に観察するチャンスです。身近な人はカラダをはって(笑)見せてくれているのかもね〜

 

3週間以上、仲良くきれいなままの薔薇。

たまには触って。

 

今日の東京は晴れました〜♪

やっぱり爽やかなお天気だとスッキリ気持ちよいですね〜光がきれいです。

 

 

身体はね、正直だからいろんな便りを運んでくれます。

 

ちょっと頑張り過ぎ〜〜 とか、いい調子〜〜 とか、

もっと可愛がって〜〜 とか。

 

心臓は、一番最初に異変を察知すると聞きました。だから「胸騒ぎ」なんて言うんでしょうね。呼吸を見ているとその時の身体や心の状態がよくわかります。困ったいざという時に、呼吸を使うのはとても有効ですね。息を整えるってね。

 

よく働く脳やらおしゃべり好きな心(思考や感情)に注意は向くけど、カラダはどうでしょう。注目度はどのくらいでしょうか?

もしかするとあまりに当り前にさりげなく、からだは口数少なく一番がんばっているかもしれません。

 

 

たまにはカラダ全体を撫でてあげるのは、いいことです。

では目を閉じて、触覚に集中して〜 ・・・さんハイッ!

 

頭を撫で撫で、よしよし。お顔も耳も首も肩も腕も手首も手のひらも胸もみぞおちもお腹もオシリもモモも裏も表も膝もふくらはぎも足の甲もかかとも指も足の裏まで、みんな撫で撫で!

 

 

いつもありがと〜って言ってくださいね。

触った感じ、自分のからだはどうですか?

 

 

さぁ、目を開けてもう一度いきますよ!

今度は、触るカラダをひとつひとつ、よく見てあげましょう。

 

う〜ん、こんなに頑張ってくれてるのか、あら、意外と美しいわ〜♪

いろいろ発見がありますよ。

からだ、えらいエラい!

 

はい、毎日、ごくろうさん。

 

 

 

 

 

お弁当は、おいしい。

 

急に寒くなって、今日の東京は冬の様です。

 

お弁当ってなんだかおいしい。前の晩の残り物を詰めただけでも、品数が少なくても、買ったものよりはなぜかおいしい。

 

お料理は上手ではありませんが、食べることは好きで、何でも食べるのです。

 

 

おいしいものの師匠から学んだのは、丁寧に暮らすこと。

 

おいしいものを作ってくれる友から教わったのは、最後の味付けは、愛情。

 

 

 

・・・あ、自分のお弁当が自分でおいしいわけだ(笑)!

 

 

 

これでもかってくらいに、雨が降る降る。

 

 

わざとゆっくり。

 

ビックリすることが起きた時、

 

何の準備もできていないのに容赦なくやって来た時、

 

そんな時は、わざと動作をゆっくりにしてみる。

 

・・・かなりゆっくりと。

 

 

そうすると、ひっくり返りそうな気持ち、エネルギーが少しずつ静かになる。

 

 

 

ひっくり返りそうな時こそ、ゆっくりゆ〜っくり。

 

 

 

 

 

 

 

香り。

 

 

キンモクセイは今が盛りのようで。

 

朝のお散歩の時に深呼吸すると、どこを歩いていても、どこからともなく金木犀の香りがします。

 

 

香りは、一瞬にして記憶の中からある風景を甦らせますね。

 

 

はぁ、いい香り。

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

10月15日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第42回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  2

10月22日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

母という役。

 

笑顔を見せながら、娘に会えないドラマをわざと面白おかしく話していたけれど、

 

 

「お母さんには、二度と会いたくないって言われたんです」

 

・・・・・

 

と言った途端、彼女の目が涙でいっぱいになって、ぽろぽろぽろぽろ。私も泣きそうになりながら背中をさすって、大丈夫、大丈夫としか言えませんでした。どこが大丈夫なんだ??って内心自分にツッコミながらオロオロと。

 

 

でも、いつも思います。お母さんになった人の素晴らしさ、凄さは、何にも負けない。どんなに仕事ができるよりも、人気者であるよりも、全く異質なテーブル上で理屈抜きに「母」はナンバーワンです。

 

 

母である友人たちの苦労は、残念ながら私には想像することしかできないけれど、父親っ子の自分と母との体験で、良いも悪いも超えた母親という存在の理屈の通らない(笑)凄みを実感しています。

 

それを娘が感じて「母」に感謝するのは、どのタイミングなのかは誰にもわからないけど、でも「お母さん」ってすごいなぁっていつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

女心と秋の空。

 

朝晩、ずいぶん冷えますね。

 

昨夜はお月様、迫力ありました〜中秋の名月。

 

 

秋は、空好きにはたまらない季節。

 

触り心地良さそう。

 

 

 

ふわふわ。

 

 

 

女心と秋の空。

 

 

心地よさ。

 

 

今日は爽やかで気持ちよい秋の一日でした。

 

風に吹かれるのが気持ちよい、

 

そらの青さが抜けるように澄んでいて美しい、

 

遠くから聞こえる子ども達の声、

 

のどかさ・・・

 

 

心地よい。

 

 

 

心地よさというのは、満たされている、ってことかも。

 

 

リラックスは、本来はどこでもいつでも出来ることで、何が足したり引いたりしなくてもよくて、何も操作しなくてよいという時、ふっと、瞬間にある感覚。

 

 

そのコツやスイッチは知っていると、いいですね。でも知らなくてもいい。

 

リラックスしようとしなくても気づかないうちにリラックスしている時は、

沢山あるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっこさんと長月の心身調和。

 

いきなりですが、こちら、小西美智子さん、ヒトヨンデとっこさんです。

なんだか愛おしそうに足の指を廻しておりますねぇ。そして肩から腕あたりの筋肉が美しいです。とっこさんは、ピラティストレーナーであり、ご自身はダンサー、パフォーマーですから。

 

 

台風が心配な連休の日曜日、とっこさんと秋のからだとこころの調和講座、

 

「季節ごとの心身調和のための学び〜長月の身体と心を学ぶ」

 

で学びました。

 

この日は、シリーズで初めての夜開催。

夜はどうしてもお家を空けられない方もいらっしゃるのですが、夜のプロトマニアはね〜独特の雰囲気があって、すっごく素敵なんですよ(自画自賛♪)。落ち着いたエネルギーが穏やかに満ちて、知らないうちに集中できるし、深くリラックスできるのでオススメです。

 

いつものように、最初にとっこさんから講義を受けます。今回は長月(ながつき)の心と身体を学ぶ、なので、夏のままの身体にけじめをつけて(笑)、秋へと向かう心構え身体構えを教わりました。

 

身体とはまさに自然そのものなので、季節の変化とともに身体が変わり、そして心もそれと一緒にバランスしながら次の季節への準備を整えて行きます。

 

 

その変化が分かるのは、ふだんの自分を知っているから。「いつもと違う、いつもと違う痛みがある、そういう時は気にすること、用心すること。それ以外はあまり気にしない!」

 

「普段から、体温や血圧を計ることは大切。」雑誌やテレビ、ネットの情報と自分を比較して過剰に不安になるよりも、普段の自分と比較する。自分の常態を知っておけば、情報に振り回されない。人がこうでも自分の基準はここだからダイジョウブ、とかね。「これ、とても大切なことですよ」ととっこさん。

 

「食欲の秋、というけれど骨盤が閉まるこの季節は本来少しの量で身体は満足します。だから、もりもり沢山食べる秋、ではなく、秋の身体を補うものを食べる欲というつもりで食欲の秋を過ごしましょう。」

 

たくさん笑わせてくれるとっこさん

 

 

休憩をはさんで、後半は冬に備えて身体を整えるエクササイズ。実際にからだを動かし、呼吸法もやってみました。

第二の心臓、ふくらはぎをしっかり動かして血流を良くするエクササイズや股関節をしなやかにする動き、骨盤が正しい位置にあるようにオシリの奥から伸ばすストレッチなどなど。腰痛や座骨神経痛に効くエクササイズもやりました、すっきり〜脚がそこはかとなく真っ直ぐきれいになった♡

そして最後にとっこさんの声の誘導で行う呼吸。あ〜気持ちよかった。

 

 

「何かやったら、必ずやる前とどう違うか、感じてみて下さいね!」

「ハイッ!」

 

 

 

とっこさんはとってもいい先生です。その場で出会った皆さんに、一期一会の責任と愛情を持って全力で接しているのが伝わります。だからファンが多いのでしょう。飛行機であちこち飛び回る人気者で超多忙のとっこさんに、プロトマニアで講座をしていただけるのは、本当にラッキーで私は嬉しいです。

皆さんにもぜひ一度とっこさんと出会ってほしいな〜と思っています。次回の講座は今年最後12月、師走の心と身体を学ぶ! ぜひ来てね〜

 

 

*からだとこころはつながっている〜

 

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜師走の身体と心を学ぶ」

 

12月17日(日) 14時から16時まで

 

お申し込みはとっこさんと書き添えて、こちらからどうぞ→