12月のプロトマニア

fullsizerender-475

 

12月がやって来ました。

慌てずにね。

 

12月のプロトマニアの最初は、

伊東充隆先生主宰の和サンガ  東京 、復習セミナーから始まります。

これは和サンガの参加メンバー対象なので公募しませんが、

こうしてコースを修了してからも、伊東先生のフォローは続きます。

このことに終わりはないのと同じように。

 

そして12月4日(日)14時〜16時は、

 

伊東充隆主宰『青空禅フォーラム』

 

今年最後の青空禅。

行ってみようかどうしようかと迷っていた方、

ふと、行っちゃおうと思った方、

あ、やるんだ!と、たった今気がついた方、

どなた様も、絶賛受付中です。

伊東先生の穏やかな、そして熱〜い青空禅です。

 

クリスマスの日、12月25日(日)13時〜15時30分は、

中尾陽一さんの、

 

『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』

 

〆のお題は「ヴェラスケスとスペイン美術その2」。

その1で、ヴェラスケスって人気があるんだということをあらためて知りました。

そして、みなさんいろいろな知識をお持ちでした。

でも、中尾流のすごさを見ました!

それは、あれこれの飛び交う知識をさらさらさら〜っと統合していって、

中尾さんがヴェラスケスの全体像をみごとに解釈したこと。

それには、ただの美術的知識を超えた厚みのある感性知性が光っておりました。

…というような場面にも遭遇しますが、

もちろん「美術はよくわからないんです〜」という方だって、

参加しても臆することない雰囲気と内容です。

どうぞ、年末の日曜日の午後、光と影のスペイン美術の魅力を味わってください。

中尾さんの、飄々と見せかけてバシッと決める絵画鑑賞入門講座です。

 

そんなわけで、12月のプロトマニアは本質に向かう2本柱で締めくくりです。

本質っていうのは、とてもあるがままで、とても広大無辺で、

難しいようでいて、あっさりシンプルで、

思わず人生賭けちゃいたくなるような思わせぶりだけど、

賭けてもよし、賭けなくてもよし。

 

良寛さんの、

 

うらを見せおもてを見せて散るもみぢ

 

のように、素直に素直に、あるがまま、あるがまま。

 

fullsizerender-472

 

現れは喚起し続ける

IMG_3272

 

言葉は見えるものも、見えないものも指し示す。

でもそれ自体ではない。

ことばの無い世界はどんなだろう。

ことばの無い世界はこの様です、とことばが表せるわけない、か…

 

日曜日はプロトマニアで、

中尾さんの『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』だった。

5月は、ロココ絵画。

 

ロココ、と聞いたら瞬時にイメージが浮かんでしまう。

そんな反応はいらないのに、学習した記憶がそうさせる。

そうやって赤ん坊から人間のオトナになってきたのだ。

 

オトナになった感性と知性を揺さぶるように、

中尾さんの講座はすごく自由で、ハッとさせられることが多々ある。

参加者の発言もぐんぐん変わって来た。

見えるものを見て、見えないものを言葉に置き換える。

芸術は、見えるものや見えないものにカタチを与えて置き換えようとする。

 

ことばや概念から自由なのは、

その言葉や思考が生まれる直前の何も無いところ。

 

この現れた世界は、あらゆるもので、あらゆるところで、

結局、言葉や概念ではないそれを喚起し続けているのだろうな。

 

現れておいて、わざわざ!(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

なぜ伊東充隆先生のもとで学んでいるのでしょうか、の答え

praying

 

 

静かなる心こそが祝福。

 

青空禅フォーラムや東京和サンガで伊東先生からいろいろなことを学んで、

何が素晴らしくて、ナゼこんなに熱心か(アハハ)というと、

それを私の「ウルトラ普通の生活」の中にあてはめて、

生きた智慧にできるから。

それそのままを生きろ! ってことだから。

 

悟り、とか、非二元、とか言うと、

何か高尚な話だとか、浮世離れした話とか、意味のない思い込み、

のように思う人もいると思うけれど、

これはけっして机上の空論的なものではなくて、

シンプルなことをわざわざ難しく哲学的に言っているのでもなく、

スピリチュアルな不思議なふわふわ形容詞で飾った話でもなくて、

仲間に入らないとわからないとか、できないというものではないのです。

いつでも扉は開かれていて、焦る必要はない、心配はないのです。

 

というスタンスで、ゆったり、でも真剣勝負で伝えてくれる先生は、

派手な宣伝やアピールには関心もなく、来る者拒まず去る者追わず、

ただ伝え続けている。 安全で誠実。

地味にコツコツが一番早道だよ、という先生です。

のんびり怖がりの私にもこれなら多分できると思えたから、続けています。

 

愚直に続けるだけ。

ことばにならないこのあたりのセンス。

伊東先生のそういうセンスとか美意識が好きなんだなぁと思います。

続けてずっと一緒に学んでいる人たちもきっとそうだと思います。

 

美意識とも言えるそのエネルギーに触れて心地よくて、

集まる人がちょっとずつちょっとずつ増えて来て、

本当に続けてきてよかったなと実感します。

タンポポの種が風に乗ってある時ふわりと飛んで行くように、

地味に青空意識がひろがっていくのがとても自然でうつくしいなぁと思います。

 

IMG_2668

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時〜21時

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

 

 

 

非二元の本質は、悟りもなければ迷いもない(伊東充隆)

wasanga

気づいているのは「私」ではない

 

覚醒とは、夢から覚めることだと言いますよね。

夜、夢を見ていると、夢の中にも登場人物の「私」がいて、他者もいて、

その場の環境があります。夢の中ではそれをリアルだと思っている。

その夢が朝になって覚める時、どうやって覚めるかというと、

丸ごと覚めますよね。

 

夢の中で、自分だけが夢から覚めるとか、誰かだけが突然、「お、悟ったぞ」と

覚醒することはない。

夢の登場人物が悟ったとしたら、それはまだ夢の中です。

夢から覚める時は、完全に丸ごと覚めるんですから、誰が悟っていて、他の誰かは

迷っているというのはまだ夢の中だということです。

悟りもなければ迷いもないのが、非二元の本質だと思います。

 

昨年の初夏、雑誌「スターピープルVol.55」(ナチュラルスピリット)

のインタビューで、伊東先生はこんな風におっしゃっていました

 

伊東先生は、和サンガの最後にもこのお話をしされましたが、

これまでは誰かスター、カリスマ的な存在がいて、

その個人によって非二元が伝わっていくかたちだったけれど、

これからはそうではない、という予感。

 

誰か個人が伝達するのではなくなる!

 

そのひとつの試みとして、和サンガという「場」を催すのです。

 

 

それは誰かが意図したから起きたのではなく、「場」がただ起きた。

 

「場」があるだけ。

 

 

伊東先生のこのインスピレーションに、共振。

なんだかよくわからないけれど、じ〜〜〜〜んとします。

またこのことは書いてみようかな。

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時〜21時

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

 

 

4月のプロトマニア

青空禅フォーラム伊東充隆

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時〜21時

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

1876  牡丹

 

*中尾陽一* これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 

 4月24日(日) 13時〜15時30分

 第24回 『花の画家 ファンタン=ラトゥール』

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

IMG_2322

 

*宋海君* 気功養生特別講座 満席 4月29日(金祝)14時〜

 キャンセル待ちでお申し込みを承ります

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

伊東先生と東京和サンガ *私たちは深く、深く、落ち着きたい*

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

東京で初めて開催された和サンガ6ヶ月コースが終了しました。

 

 

伊東先生の丁寧で深い内容の講義、

参加者ひとりひとりに寄り添う対話に注がれるエネルギーは惜しみなくて、

毎回胸が熱くなりました。

 

「私たちのあらゆる欲望・願望、心の痛みや苦しみはとても複雑なようだけれど、

元をたどって単純化すれば、

私とは本当は何を意味しているのかを知らない、わからない、

ということの不安、怖れ、落ち着きのなさから生まれているのです。

私たちは原初の落ち着きを求めているんです。」

 

これは伊東先生が、ニサルガダッタ・マハラジの言葉を引いてお話しされたこと。

 

この現実世界で複雑に見える心、繰り返す痛み苦しみや欲望。

それが本当は何処から来ているのか、

その源になかなか辿り着けないでいるからいつまでも落ち着けない。

マハラジはとてもシンプルな根元を示しました。

 

苦痛の根源は何だろう?

あなた自身を知らないということだ!

欲望の根源は何だろう?

あなた自身を探そうとする
衝動だ!
全ての創造物は、それ自身のために骨を折って働く。
そして、それ自身に戻ってくるまで休息することはないだろう。

ニカルガサッタ・マハラジ

 

 

何をしても消えない、ごまかせない深い不安や怖れの枝葉は、

 

私とは何であるかを知りたい。

 

深く、深く、落ち着きたい。

 

その根から伸びている。

 

『本当は私って何なのか』に深くコミットした東京和サンガ1期参加の私たち。

いろいろな波が起こったり起こらなかったりしながらの、それぞれの半年。

最後の和サンガの後、プロトマニアのドアのところでサヨナラしたみんなの顔は、

とてもスッキリ清々しくて、穏やかな笑顔でした。

それぞれが今の理解の地点で確実に、何かの感覚をつかんだのがすばらしい。

誰もが安心♡しながら根源的不安☆に向かえたのは(逆説的!笑)、

伊東先生の純度の高いエネルギーが大きくゆったりと広がっていたから。

メンバー皆が育てた無心の「場の力」に育まれたから。

 

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

もし、「私とは何か?」という普遍的な問いや、

非二元、真我を探究をしたり、どうしても忘れられずにいるならば、

今は伊東先生を知らないあなたもぜひ、

伊東先生の道案内で仲間と共にそれに向かう

 

東京和サンガに、来て下さい。

 

お誘いしておいて、とっても不親切ですが(笑)

言葉の説明ではどうしても足りないから、まずは、来てください!と言っちゃう。

体験したから知った、実感した、伊東先生と東京和サンガの得難さよ!

 

そんなわけで少し強引ですが、

ここは思い切って信頼して、

エイヤッと! もしくは軽く ぴょんっとジャンプで、お申し込み下さいね。

東京和サンガ2期は、6月スタートです。

 

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時より〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

伊東充隆先生と東京和サンガ 〜 気づきは自由だ

非二元伊東充隆青空禅マハラジ

 

真理の探究、自己の本質、非二元への途上には、

勝手な誤解もあればヤサグレもズレまくりもあるけれど、

誰にでも必ずもれなく、その瞬間ベストなことが起こっている。

瞬間の中で、寛ぎを最優先すれば、自ずと最適化が現れる。

だから安心。

それを実感してそのことを信頼できた、ということは大きな大きな収穫です。

東京で初めての 伊東充隆先生の 東京和サンガ では、

参加者の誰もが自分の足で立っていて、

「  参加してたらどうにかしてくれるんでしょ 〜 」みたいなムードは全くなかった。

それがなにより爽快。

そんな真摯で成熟した仲間と、誠実な伊東先生と共に

それにコミットしたこの6ヶ月。

土曜日が、東京和サンガ一期の最終回です。

 

質問者:

それを探究することに苦労するだけの価値があるのでしょうか?

 

マハラジ:

それがなければ、すべてが苦労だ。もしあなたが正気で、創造的に、幸福に、

そして分ちあえる無限の豊かさをもって生きたいと願うならば、

あなたであるものを探究しなさい。

マインドは身体の中心にあり、意識はマインドの中心にあるが、気づきは自由だ。

身体はその衝動を持ち、マインドはその苦痛と喜びを持っている。

気づきは無執着で、不動だ。それは透明で、静かで、穏やかで、油断なく、

恐れがなく、欲望も恐怖もない。

あなたの真の存在として、それに瞑想しなさい。

そして日々の生活の中でそれで在ろうと試みなさい。

そうすれば、あなたはその豊かさを実現するだろう。

マインドは起こっていることに関心を持つが、

気づきはマインド自体に関心を持つのだ。子供はおもちゃを追い求めるが、

母親はおもちゃではなく子供を見ている。

たゆまず見つづけることで、私は完全な虚空となったのだ

そしてその虚空とともに、すべては私に戻って来た、ただマインドを除いて。

私はマインドを失い、取り戻すことができないことに気づいたのだ。

 

『  I AM THAT   私は在る  ニサルガダッタ・マハラジとの対話  』より抜粋

 

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時より〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

平らかに和らぐ〜東京和サンガ2期 6月スタート

伊東充隆

 

プロトマニアでの伊東充隆先生の青空禅フォーラムや、

ようやく始まった東京和サンガのお手伝いをしています。

とっても楽しいです ♪

和サンガ、これは「自己の本質」に深く触れて戻るための場。

飽きっぽくてすぐに諦める私が、紆余曲折の人生の中で、

これだけはずっとずっとなぜか諦めずに手放さなかった、知りたかったこと。

それは元から手放しようもないのだから。ただ目覚め、そこに戻るだけ。

    「自己の本質」「不動なるもの」

それを知ってどうするの? どうなるの? と問われたら、

何よりも、どんな博愛よりも  博愛  ってことに疑いがなくなるでしょう、

平和という、平らかに和らぐことの本来のすがたを知るでしょう、

というのが、約半年和サンガを体験したこの瞬間の私の実感。

もちろんそれは、見ることも知ることも触れることもできないんだけどね。

 

 

というわけで、私は係りの者であり、同時に受講生です。

和サンガは、伊東充隆先生のインスピレーションで生まれました。

東京でどんな人たちが参加しているかというと、

セラピスト、心療内科の先生、アーティスト、会社員、主婦、個人事業主、など。

 

 

伊東先生による自己の本質に触れる場「和サンガ」は、

これまで大阪や広島で開催されて来ました。

先生の本拠地である東京では昨秋から「東京和サンガ第1期」がスタートし、

それまでの青空禅では体験することのなかった深く大きく温かな「場」のエネル

ギーに包まれて、参加者それぞれが真剣にそれへと向っています。

 

東京和サンガは少人数制で伊東先生から丁寧なサポートを受けられるところが、

他講座との大きな違いです。

伊東先生がそれぞれの受講者の歩みや態度を的確にキャッチして、

その時その人にとってベストな方向や方法を指し示していく密度の高い対話、

心地よい距離感で仲間同士が学び合えるスタイルや、

アトリエのような会場環境など、

他では味わうことができない誠実さと安心感の中で学んでいただけると思います。

 

6ヶ月間、伊東先生と参加メンバーが共に「真我」に深くコミットすることで、

気づきは自然に深まり、無心の「場」が育まれます。

その「場の力」のダイナミズムにサポートされながら、

自己の本質を知って目覚め、

そこに留まりながら世界を見て生きることの臨場感を獲得して行く、

それが、『 東京和サンガ 』です。

どうぞ万障お繰り合わせの上、ご参加くださ〜い。

 

 

お申し込みは、yoyoa@mac.com  で承ります。

 

 

 

伊東充隆 主宰  
東京和サンガ 6ヶ月コース 2期  **************
 
講師: 伊東充隆
 
日程: 2016年 6月~11月 6回講座
    
    6月4日(土)   7月16日(土)   8月6日(土)
    9月3日(土)  10月1日(土)    11月5日(土)
 
    いずれも 13時~17時(4時間)
 
 
場所: プロトマニア  東京メトロ 九段下駅 下車徒歩2分
            千代田区九段北1-12-5 6F
 
 
受講料: 1回 20,000円 
     一括前納の場合    110,000円(1回あたり 約18,300円)
     
     *継続受講者  には、優待受講料があります。                   
               
 
定員 : 15名
 
 
☆原則的に6回の出席をお願いいたします。
 
☆欠席の場合は、CDまたは DVD をお渡しいたします。
 
 
キャンセルポリシー: 途中キャンセルの場合は、残り講座回数分の受講料の納入をお願い致します。
 
お申し込み・お問合せ: 東京和サンガ事務局     
            e-mail:   yoyoa@mac.com    
            phone:   090-2469-4450(荒川)
 
☆ご質問や、ご不明のことは、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 
 
********************************************************
伊東充隆 先生の和サンガとは…
********************************************************

 

伊東充隆2016

伊東充隆先生と和サンガと青空禅2月

青空禅フォーラム

今週は節分の日、鬼の霍乱で、からだの具合が悪うございました。とても。

そのおかげで、頭がまったく働かず、からだの中を動くエネルギーを、

怪我をした動物のようにじっとして、感じておりました。

クラクラするそんな中で、「私は在る」とかつぶやいてみる自分が、

どうもおかしい、と思いました。

とても辛かったです。

 

明日は伊東充隆先生の「東京和サンガ」です。

和サンガは仲間同士の普段の交流もちょこちょこあって、

それがとてもふんわりとしていいなぁということを実感しています。

人と自分を比べて、もっと分かっている、とか、より深いとか、

ありがちな間柄ではなくて、ひとつのものを共にしている緩やかさ。

 

 

そして、この和サンガで触れる伊東先生の、揺るがない深さ大きさ(慈愛)、

自由さや丁寧さ、それが大きく参加者全員をサポートしているのだと思います。

 

そろそろ第二期の募集も始めます。

その前に今月は 青空禅フォーラム があります。

悟りたいとか、楽になりたいとか、

それぞれが様々なきっかけで自己の本質に向かう私たちですが、

もし探究したり、求めている人がいたら、

今、まずは  伊東充隆先生 というひと自体に触れてみてほしいなぁと思います。

今日は、青空禅や和サンガを宣伝することばを書くよりも、

それが一番ではないかと動物のように直感しましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

マティスと青空〜

FullSizeRender-245

秋は空がきれいですね。

色がぱっきり。

今度の日曜日、11月22日のプロトマニアは、

中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画観賞入門講座」です。

今回はマティスがテーマ。

マティスは鮮やかな色彩が印象的ですね。

マティスはデッサンも素晴らしいと思います。

線で描くデッサン。

線とは包み隠すことない、ギリギリの表現かな。

さて,中尾先生のマティス、どんな角度からどんな風に浮かび上がるでしょうか。

中尾先生の引き出しにはいっぱいのマティスが詰まっていますよ〜

 

レクチャーの定員はアバウトなので(笑)、当日参加も大歓迎です。

楽しく主体的に美術に触れる中尾流、ぜひ一度体験してみてくださいね。

 

FullSizeRender-255

 

そして23日(月祝)は、伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」です。

11月からは隔月開催になりました。

何を伝えて何をしているかということはプロトマニアの青空禅のコーナー

先生のウェブサイトで、そしてプロトマニアのフェイスブックのアルバムでは、

その雰囲気をご覧くださいね。

 

私は青空禅に参加して早くも7年くらいになりました(ビックリ!)

青空禅に出会うまでは、真我とか非二元という言葉は知らなかったし、

悟りを求めているつもりはなく、哲学っぽく探究(しているつもり)の旅。

今思えば自分が本当に何を求めているのか、

実のところわかっていない、混沌とした『真理の探究』でした。

 

青空禅に通いましたが、伊東先生の言葉が通じるように(笑)なったのは、

実はごく最近かもしれません。

つまりずーーーーーっと、

「わかった(つもり)、わかっているわよ、ちゃんとわかってるはずなのよ」

なフィルターがかかった状態だったのだと思います。(モッタイナイこと!)

 

 

伊東先生の素晴らしいところは、ひとりひとりの質問や発言を聴いて、

こんがらがっているところをその場で(ここがだいじ!)一緒に解きながら、

その人自身で気づくように、丁寧に方向を指し示してくれるところ。

 

生徒は勝手なもので、わからないとちょっとムッとしたり、イラっとしたり、

ナニ言ッテンダイ!と先生を疑ったり(苦笑)、

スネたりしちゃうんですが(ぷんぷん)、

そんな生徒にも伊東先生は実に根気づよく、誠実です。

そしてある時、「あぁ、伊東先生が言っていたのはこういうことだったのか」と

ハッとしてひとり赤面したりします。(体験より)

先生って大変〜〜〜(先生ごめんなさ〜い〜〜〜)

 

伊東先生はコツコツと、淡々と情熱的に、

何かのご縁で袖触れ合った人たちを、真理の扉の前へとガイドしてくれますよ。

非二元や気づき、真我、仏性、色即是空空即是色…、などなどの言葉と出会って、

それ知りたいな、と思ったらぜひ青空禅のドアを叩いてみて下さいね!