ゆっくりする。

 

力を抜く、余計な力みを解く。

身も心も。

それは本質に向かう時に、とても助けになります。

 

意識的にくつろぐ時間を作ることは、大切。

 

 

意図的にゆっくり話す。ゆっくり歩く。ゆっくり動く。ゆっくり食べる。ゆっくり呼吸する。

 

 

試しにやってみてくださいね。

こんな簡単なことで、気づくと身体も心も理由なくホッとしているからね。

 

 

 

広告

そのすべてが 瞑想にふくまれます〜 J.クリシュナムルティ

 

瞑想は

日常生活とはべつの何かではありません

部屋の隅にいって

10分間 瞑想をし

そこからでてきて肉屋にもどる

というようなものではありません

比喩として言っているだけでなく

実際にそうなのです

 

瞑想は

もっとも重大なことのひとつです

あなたは それを一日中できます

仕事場にいるときでも

家族と一緒にいるときでも

誰かに「愛してるよ」と言っているときでも

子どもたちのことを考えているときでも・・・・・

しかし その一方で

あなたは ひとびとに

兵士になり ひとを殺し

愛国者になり 国旗に敬礼するようにと

おしえています

現代社会の このような罠にはまるように

ひとびとを教育しています

 

それらを ことごとく見まもり

あなたが そのなかで果たしている役割を理解すること

そのすべてが 瞑想にふくまれます

このように瞑想しているとき

あなたは そのなかに

たとえようもない美しさを見いだすでしょう

そして あなたは

どんな瞬間にも ただしく行動するようになるはずです

たとえ いっとき

ただしく行動しないことがあったとしても

問題ではありません

ふたたび それをとりもどせばよいのです

くやんで 時間をむだにすることはありません

瞑想は 生活の一部です

生活とはべつのなにかではありません

 

 

『  MEDITATIONS 瞑想  』J. クリシュナムルティ    中川吉晴  訳  より抜粋

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

クリシュナムルティの言葉

瞑想 クリシュナムルティ

 

瞑想は

生のなかで もっとも偉大な芸術のひとつです

おそらく最高に偉大なものでしょう

それは ほかの誰かから学べるものではありません

それが 瞑想の美しさです

瞑想には どんな技法もありません

それゆえ 瞑想には権威者などいないのです

あなたが自分自身について知るとき

つまり あなた自身を見つめ

どのように歩き どのように食べ

なにを話しているかを見まもり

おしゃべりや 憎しみや 嫉妬を見つめ

あなた自身のなかで

これらすべてのことに

思考をさしはさむことなく気づいているとき

それはすでに 瞑想になっています

 

だから

バスにのっていても

木漏れ日のさす森のなかを歩いていても

鳥のさえずりを聴いていても

妻や子どもの顔をながめていても

瞑想はおこります

 

 

『  MEDITATIONS 瞑想  』J. クリシュナムルティ    中川吉晴  訳  より抜粋

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

 

なんという空っぽさ!

img_1635

 

 

決して変わらない、変えられないものだけが存在ならば、

現れのここには何も存在していない。

なんという空っぽさ!?

 

深刻さや荒々しいエネルギーに巻き込まれないように、

ちょっとだけ、少しだけ、ふと確認する、

静寂を感じてみる。

 

 

 

fullsizerender_1

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

春の贈りもの

thankyou

 

 

大の仲良し相棒犬、おじいさんハリーが目の前からいなくなった時、

お墓に姫リンゴの木を植えました。

それがちっとも成長しないんですが(苦笑)、

毎年、可愛らしい白い花をぽちっとつけてくれます。

 

 

thankyou

 

 

朝、なるべくお散歩をします。

家のすぐ側には大きな公園があって、東京でも自然の中で静かになれます。

美しい光や生命と出会います。

 

 

thankyou

 

ふと気づいたら、春の光になっていますね。

トンネルをようやく抜けたばかりでは、

キラキラする明るい光にはまだ慣れていなかったり、

思い切りこいでいたブランコは、

こぐのをやめてもしばらくはゆらゆらし続けるものだけれど、

それ、もう終わってるんじゃないの?と、友だちが言って、

あ、そうだった、とまるで人ごとのようにすっと腑に落ちて、

 

思わずふたりでにっこり。

 

 

いま、この瞬間

 

fiat

「今に意識を集中させる」ということは、「人生ですべきことを、なおざりにしてかまわない」

という意味ではありません。あくまでも、なにが重要かを認識することです。

そうすれば、リラックスして、副次的なものに取り組むことができます。

これは、決して、刹那的な生き方を指すのではありません。

「もう物事に取り組むのはやめました。『いま』さえ良ければ、それでいいんです」。

そうではなく、まず、なにを優先すべきかを見つけるのです。

そのうえで、「いま」を自分の敵にまわすのではなく、友とするのです。

「いま」を認識してください。「いま」を貴んでください。

「いま」が人生の基盤となり、最重要のフォーカスとなるなら、

人生は平和に展開してゆくでしょう。

 

 

ほとんどの人は、「いま、この瞬間」を「いま起こっている出来事」と錯覚しています。

でも、このふたつは別のものです。「いま、この瞬間」は、そこで起こる出来事よりも、

ずっと奥深いのです。「いま、この瞬間」は、出来事が起きている空間なのです。

 

ですから、「いま、この瞬間」を、その内容と混同してはなりません。

「いま、この瞬間」は、その中で起こるどんな出来事よりも、深遠なのです。

 

 

エックハルト・トール著 「Stillness Speaks 」 より抜粋

 

 

 

なぜ?と問わずに今を生きる

anemone

 

今日は立春ですね。

今日は朝からいいことがありましたよ。

とってもささやかだけどね。

 

数年前に、逝ってしまった相棒犬のハリーと朝の散歩をしている時、

よく出会う方がいらしたのですが、

今朝、朝の散歩道をサッサか歩いていたら、じーっと私を見ている人がいて、

それがその方でした。

 

まぁ久しぶり! よかったわ〜また会えて。

 

と言ってくださって、私も嬉しくなりました。

どこのどなたかも知りませんが、朝だけのトモダチです。

 

私の母は高齢で、記憶がすぐに無くなってしまいます。

話している時は普通の会話なのですが、ちょっと前のことは空白。

忘れてしまう、というよりも、記憶がほぼインプットされないのだろうと思います。

慣れたとはいえ、今朝もひっくり返りそうな応答があって、ふふふと笑ってしまいました。

そんな風にちょっと普通とは違う母をずっと見ていて、

瞬間、瞬間だけに居て今を生きる姿は、ちっとも変ではないし、不都合でもない気がしてきます。

 

分からないということは、人間にとってとても不安ですから、

今に至るまで、本人はその変化に抵抗していました。

なぜ私の頭は変になっていくの? バカになって行くの? … ずいぶん苦しかったと思います。

もちろん今でも分からないから同じことを何度も言われたり、聴かれるので、

あちらもこちらも大変なのですが、

母の笑顔は、どんどん穏やかで和やかになっています。

安心できる場所にいるのかなぁ。

 

瞬間、瞬間を楽しもうとしているのとは全く違っていて、

ただ瞬間に在る。

だから、あんな風にいい笑顔になっているんじゃないかなぁと、

真理の探究ムスメ的には思うのでありました。

 

気づいているに気づいている、ふんわり咲いている白いお花のよう。

 

 

 

 

 

 

音を聴く

miyuki

ムビラ、というアフリカの楽器を演奏する青年と出会いました。

親指ピアノ、とも言われるらしい。

たまたま彼を紹介され、どんな音なのかな?とつぶやいたら、

その場ですぐに演奏してくれました。

 

なんとも優しいその音色。

不思議な心地よさ。

音に抱かれているような優しさと、音がからかうように私の周りを動き回るような感じ。

 

これはいつか、プロトマニアでみなさんにもこの音を聴いてほしい、とすぐに思いました。

 

音って、とてもたいせつだと思う。

声、音、からは、いろんなものが直接伝わって来るから。

耳を澄ませて、その音が運ぶものを受け取る。

イエスや仏陀はどんな声でみんなに話しかけたのかな?

 

 

ふだんの生き方

ken1

 

 

11月10日に亡くなった俳優の高倉健さんのドキュメンタリーをテレビでやっていました。

 

生き方が芝居に出る

 

と言っていました。

普段の生き方が芝居に出るのだ、と。

これは歳を重ねると実感しますが、ふだんの生き方が確かに、出ます(笑)。

佇まい、選ぶ言葉、ふとした時の配慮、そして外見にも! …

何もむずかしい話ではなく、

健さんが言うように

「良いトレーナーについてトレーニングしていたら、そのように身体はなる」

というような、とてもシンプルなことです。

 

明日までの命ですと言われた時に何をするか、とか、お金を介した時に、

その人の物事へのスタンスがハッキリ見える、

とラジオで映画プロデューサーが言っていました。

ふだんは自分と思っている思考が、巧みな言葉や言い回し、論理や摺り替えなどで、

本当のことを見えなくしたり、うやむやにしてしまうことがあります。

でも、何かのきっかけで表れて見えるのはふだんの態度。

実にシンプル。

そのシンプルさゆえに、なかなかそれがわかりません。

 

もうだいぶ前の11月10日、私は生まれて初めてダライラマの講話を国技館で聴きました。

ダライラマやチベットに興味があったのではなく、たまたま友達に誘われたのでした。

その日の日記には、

 

 

ダライラマが言うことは、実はむずかしく厳しいことだけれどとてもシンプルだった。

世界の平和のためには、ひとりひとりの心が平和であるように、

Love and Compassion が必要なのだと。

そしてそれが身の周りの人へ、社会へ国へ世界へと広がると。

そのためには、「愛」を実践するためには、

知識で学ぶこと

やると決意すること

努力すること

とダライラマは力強く言った。

そう言う人間になるには途方もない時間がかかるけれど、やると決めたら絶対にやることだと。

思いやりを持ってって。 他者を害することのないようにって。

講話の後のダライラマへの質疑応答で、さっき言ったばかりのことを質問したり、

的外れにも、マジックパワーを送ってください(苦笑)みたいなことを言う人たちに対しても、

イラつくことなくさらりと流しているダライラマ。

この人は世界中を廻って一所懸命人間の幸せを説いているのに、

こうしてがっかりさせられることが山ほどあるのだ。

それでも諦めずに淡々と世界平和と人の幸せのために生きているのだ、

これだけ関心を持つ人がいてもその真意をそのまま受け取るひとは少ないのに。

 

 

と、その頃のワタシは書きました。

同じ言葉の中に、今は違うものを見ることができますが、

きっとその時見たことも真実だったと感じます。

 

11月10日はワタシの誕生日です。

ふだんの生き方は、うそがつけません。

こんな風に、

身を捨てても悔いは無い、という生き方をしている人間に出会えたことは、

得難いことなのですね。

 

 

 

 

 

真紅のきもち

amalilily

ほかの人から見たら、

そんなことがそれほど嬉しかったの・・?

と言われそうなフツウのことだけど、

本当に、嬉しかったし、シアワセだなぁと感じたのです。

それは、諦めずに続けてきたことへの、

ちょっとした贈り物だったのかもね。

 

泪が出そうに、本当にしあわせだったんだ。