置いてきぼり、は、なし。

公園で川の向こうの風景。

保育園の子どもたちが先生に連れられて遊びに来ていました。先生に促されてみんな階段を上がって行くのに、ひとりだけ何かに夢中になっている子がいます。先生が「★★ちゃ〜ん、置いて行くよ〜」と声をかける。子どもは何かを指差しているけど、先生は来てくれない。先生がもう一度呼ぶ、それでもゆっくりゆっくり。そしてようやくやっと、子どもは階段をよいしょよいしょと上がって行きました。

 

置いてきぼりの不安より、目の前の好奇心でいっぱいのこども。

 

 

しんりのたんきゅう〜、なんて言って探し求めていた若い頃、何を勘違いしたか、真理の探究のために結婚するのを止めちゃったことがあったけど、その頃の自分は「きっと真理というものは、ちょっと苦しくても緊張してがんばらないと近づけない日常からかけ離れた神聖なものなのだ」と勝手にスペシャルなイメージを持って思い込んでいた。そして、そういう自分を良くも悪くも周囲の友だちとは違っている、スペシャルなのだと、思っていたのかもしれません。

 

真理の探究の末、偶然にも伊東先生の青空禅フォーラムに出会ってここまで。紆余曲折ありましたが、どうもこのところ落ち着いてきたみたい(♪)

 

これまでにも増してふつうにふつうに、フツウ道を行きますよ〜

 

置いてきぼり、はないからね。

 

 

 

*先生はいません、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

こつこつやる。

fullsizerender-400

 

友だちの悩みを聞いて、つい青空禅や和サンガで学んだことを少し話したら、

緊張がとけたみたいで、ふわっと表情が明るくなりました。

こんな風に少しお役に立てよかった。

 

ずいぶん続けて来たものね。

もうね〜、とにかくやるだけ。

いつもいつも。

本は仲良しだから時々読み返して、その時々の理解や感じ方を楽しめばよい。

 

伊東先生が何度も何度も言っていた、

ただそれを本当に本気でやればいいだけなのだ。

愚直にコツコツ。自分に合っている。

なんてシンプル。

 

fullsizerender-401

良寛さんに憧れる。

ハートは知っている

fullsizerender-379

 

思い返せば、こんな落ち着きのない自分が続けてできたことってこれだけ。

好きなことや興味があることには一所懸命(♡)、

という性質が助けになってはいるのかな。

 

クリシュナムルティ、パパジ、ラマナ,ラメッシ、マハラジ、…

エックハルト・トールもガンガジもあれもこれも、本はいろいろ読む。

井筒俊彦先生や木村敏先生の本までかじって、

奇跡のコースもワークブック365日、ゼイゼイ言いながらとにかく毎日。

… プロトマニアのマニアっぷり。

なんにやってんだい、自分!という感じもするけどいいんです、人生はドラマ。

 

友だちが言ったように、人生は闇鍋みたいなもんです。

うへ〜、コレ食べるの?っていうような体験があります、ありました。

その時は、もうこれ以上生きていてもしょうがないな〜と、冷静に思いました。

でも、うへ〜!っていう反応は、過去の記憶や体験が作ったフィルターです。

食べざるを得なかったけど、後から、深い複雑な味だったのだと気づいたりします。

そしてその、うへ〜は、実は脂肪を代謝する力を高めていてくれたのだ、

ということに、ある日ある時、目が醒めることがあります。

 

そういうことが、やっと腑に落ちました。

いろいろな人がいて、あちこちで体験したり、聞いたり読んだりしている…

と思っているけど、認識できないところでは着々と勝手にヤミナベは味を深める。

微生物くんは目に見えないけど、コツコツ働いているのだ。

だから安心していていいのだ。

どこで誰から何を学んでもいいし、間違いもない。

遠慮はいらない、堂々と生き生きと。

誰かが言ったことや、誰かの感想、評価ではなく、

誤摩化しの効かないハートの声を信頼していこう。

ハートが知っている。

 

 

 

*伊東充隆主宰  青空禅フォーラム10月 のお話は聴く度に新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロトマニアの先生たち。

fullsizerender-364

 

プロトマニアには、Facebook のページがあるんです。

そこには、レクチャーやワークショップのお知らせページを作って、

いろんな方に見て、知って、参加して頂けるようにしています。

そして、開催されたものの内容や雰囲気が伝えられるようにと、

写真と言葉でアルバムを作ります。

参加して下さった方の感想もたまに載せたりするのですが、

どんな様子で行われたか、行われているのか、

シンプルに、写真と説明からそのまま受け取ってもらえたら嬉しいです。

 

青空禅フォーラム9月と第29回中尾流絵画鑑賞入門の様子はこちらから→

 

 

どちらの講座も、本当に先生が素敵です。

私は120%の主催者の冷静さ(笑)と同時に、120%の信頼と敬愛を抱いています。(そうじゃなきゃ、皆さんをお誘いできませぬ)

そして類は友を呼ぶのです、参加者の方たちも、

また会いたくなるような方ばかり、という自然な成り立ちがミラクル。

 

アートも、私とは何か?を知ることも、難しいようでシンプルですが、

そのシンプルさに気づいて受容するまでは、いろいろな状態が起こります。

そんなシンプルなはずないでしょ、とか、いえいえ、私はまだまだ…とかね。

それでも、素直に愚直にそっちを向いていると、

ふと、それまで無意識に入っていたガンバルゾ〜(と怠けもののセット)とか、

謙遜(と優越感のセット)とか、がとける瞬間があります。

さぁ、そこからが本番、気持ちよく自由にのびのび広々と行ける感じがします。

 

そこまで、根気強く、丁寧に、飄々と、肩を並べて決して手を離さずに、

ちゃ〜んと伴走してくれるのが、先生たち。

 

さて、走っているのは誰か?(笑)

 

 

プロトマニアでお会いできたら、ホントに嬉しいです♡

 

 

 

*伊東充隆主宰 10月青空禅フォーラム 10月30日開催

不変なる何かを探していたら、ここへ→

 

 

*中尾陽一 10月これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

美術と仲良くなって、ちょっとツウにもなれちゃうのはこちら→

 

 

 

9月のプロトマニア

protomania september

9月になりました。

朝晩の風がとても爽やかですね。

 

さて、9月のプロトマニアは、まずは秋へ向かうからだと向き合う、

とっこさんのピラティスレッスン、

ほぐす・ゆるめる・ととのえる〜身体とこころを調和させるピラティスレッスン→

です。

とっこさんご自身ダンサーという身体表現者でありピラティスのトレーナー、

そして哲学カフェを主宰している哲学する詩人でもあります。

そのとっこさんの、身体編(といってもからだとこころは繋がっている)。

そのうち哲学編もあるかも!

9月6日のピラティス@プロトマニアは満席になりましたので、

次回は9月20日(火)夜、開催。

お申し込み、お待ちしています。

 

 

そして、22日(木祝)は、伊東先生の青空禅フォーラムです。

先生の東京の青空禅は、かつては先生の事務所で行われたり、

公共の会場で開かれたりで、既に十数年の歴史があります。

この数年は、会場をプロトマニアにして毎月開かれています。

私とはどこにあるのか?

これを、古い哲学などの学問や禅の智慧、最先端の科学的知識までを使って、

解説し、理解へと促し、参加者が知識に止まらずに実感できるためのコツを、

伊東先生が繰り返し丁寧に伝えている場です。

お話の糸口はいろいろ。その日あたりの世間の様子、天候、政治情勢、

そして先生の日常の身近な出来事から参加者の質問や体験談までいろいろ。

そのいろいろがふわーっと広がって、

たった一つの不変の真理へと見事に収束していくライブです。

伊東先生はライブがサイコ〜。

参加者は、悟りの道一筋のツワモノもいれば、

非二元、非二元ってみんなが言っているのを「非人間」かと思ってた(笑)、

なんていうお茶目なマイペースの方まで、

自由におおらかに居心地よく学べる青空禅です。

お申し込みは受付中、9月伊東先生青空禅と書いてこちらからどうぞ→

 

 

そして第4日曜日は、とってものびのび言いたい放題大歓迎の、

中尾さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。

第29回は、忘れられた画家ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥール、です。

ってどんな絵かというと、

Georges_La_Tour1

う〜ん、ちょっと不思議な絵。変な感じ。

オモシロそう!

 

そう、美術のこと、絵のこと、画家の名前、知らなくても大丈夫なんです。

中尾先生はあっちからこっちから飛んで来る球をちゃんと拾ってくれるし、

参加して下さる常連の皆さんも、え〜そんなことも知らないの?みたいなことは、

キッパリハッキリありません、言いません、思っていません。

だって、美術ってホントに自由だし、

美しいものだし、

自分と向き合う道具でもあるから、人は関係ないの。

だから、ちょっと変な絵に興味がある方は、ぜひ第29回、ご参加くださいね。

お申し込みは、中尾流第29回絵画入門と書いてこちらから→

 

9月プロトマニア

プロトマニアは、東京メトロの九段下駅から歩いてすぐです。

各講座とも、おいしいお茶とオヤツ付き〜♡

 

 

 

青空はあるがまま。

sorasuki

空の写真ばっかり撮っているけど、

やっぱり空がすき。

 

…と  Facebook に相変わらずの空の写真を投稿してみたら、

空が好き!な友だちがたくさ〜ん。 すてき〜

そうです、空なんて、キライッ! っていう人はそう滅多にいません。

空を見ている時と、幼い子どもたちをぼーっと見ている時、

知らず知らず『ぽっかり空っぽで、充ち満ちて』います。

ささやかで地味で動きがなくて瞬間。

 

 

どんな苦しみも痛みも小さなイライラもある。

でもそれを何とかして消そうとか、受け入れようとか、しないこと。

なぜならば、それがあるということは既に受け入れられているということだから。

これが、愛。

 

あるがまま、あるものが在る、とは、

それが既に受け入れられているということに他ならない。

私がわざわざ受け入れようとしなくても、既に受け入れられている。

青空はいつだってあるがまま。

私には出る幕はないんです。

 

とは、和サンガでの伊東先生のことば。

 

現れている、

何かがある、

それが起きている、ってことは、

 

もう既に受け入れられている、ってこと!!

 

う〜ん、そうか〜

これを「愛」とよびます。

愛、満載。

ちょっと書き過ぎか〜?!(笑)

 

 

プロトマニアの Facebook もご覧あれ。

伊東充隆 自己の本質

 

4月の終わりは、

中尾さんの絵画鑑賞入門講座

伊東先生の青空禅フォーラム

そして宋先生の気功養生特別講座

とプロトマニア3大講座、目白押しでした。

 

プロトマニアの活動は、ちょっとずつちょっとずつ認知されて来ていて、

このブログも読んで下さる方が増えてきました。

とてもとてもありがとうございます♡

来て下さる方たち♡♡、そして先生たち♡♡♡

それから、このお手伝い、想いを続けられることに感謝。

 

 

なんだか楽しそうで、しかも真剣で、内容が濃いってことを伝えようと思って、

 

Facebookに中尾さんと伊東先生の講座の様子を載せました。

 

芸術は本質への入口なのです。だからこそ@プロトマニア。

中尾さんの知識の幅広さ、柔軟な発想と感覚、

そしてクマさん的なおっとりさ(これが何より中尾流レクチャーの魅力〜笑)
発想の転換が自然に起こるアートレクチャー、

中尾陽一さん24回目の

これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』です。

 

 

 

自己の本質とは? それは見ることも触れることも分かることもない、

なぜならば、概念ではないから。

そんな言葉では伝えられないことをギリギリまで根気よく伝えてくれる伊東先生。

言葉で的確に伝える人がいることで、どんなに可能性はひろがることだろう。

これまでの苦行僧みたいな悟りのイメージを、すっぽり変えてくれた人。

先生、とは呼ぶけれど、肩を並べて話す  良き友としてみんなに接する

優しくて新しい理性的なティーチャーだと思います。

自分的にはある意味、

永ちゃん♡みたいに貫いているところがウルトラカッコいい(笑)、

伊東充隆主宰  4月青空禅フォーラム』です。

 

 

 

**********************************************

 

*中尾陽一 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 

      5月22日(日) 13時〜

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

i Medic & Art  伊東充隆先生 雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜

『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談