8月の中尾先生アートレクチャーは、ルソー。

 

8月のプロトマニアのアート・レクチャーは、素朴派の巨匠アンリ・ルソー。なんと中尾流白熱教室は、8月で40回目!!! パチパチパチ〜♪

 

・・・・・・

 

う〜ん、主催者、感慨ひとしおでございます。

中尾さんと出会ったのは、プロトマニアでもフラワーレメディの講座をして下さった、アートと植物のキュレイター遠藤浩子さんがキューピッド。あの頃、いつかこのお二人と何か一緒にやってみたいなぁ〜と。お得意の妄想力で、こんな風に実現しましたよ、ウフフ。

 

この「これまで誰も教えてくれなかった」アートの不思議なチカラが身に付く(♪)中尾さんの講座は、始めたばかりの頃は参加者が4人とか5人の時もあったのです。主催者は先生に申し訳ないな〜と小さくなりながら、それでも先生の熱意と魅力と太っ腹に支えられ、毎回毎回先生と皆さんと一緒に、とにかくまずは楽しんで来ました。

 

今や、プロトマニアのなくてはならないこの講座。いろいろな出会いが繋がって、毎回たくさんのエネルギーと笑顔で賑わう中尾流です。これまで参加して下さった皆さん、いつも参加して下さる皆さん、そして中尾先生、ありがとうございます。

 

 

「アートと暮らそう!なんて、あったり前さ〜♡、な人生を、これからも。

 

 

さてさて、本題です。先生からのご案内をどうぞ。

 

 

第40回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》

へたなの?うまいの?   素朴派の巨匠 アンリ・ルソー

 

前回の《ターナーとイギリス風景画(その2)、コンスタブル》の講座内容が、プロトマニアのジャーナルで、ライブ感たっぷりに楽しく紹介されています。よろしければご覧下さい。
https://protomania3.wordpress.com/2017/07/27/7月第39回中尾さんの絵画鑑賞からは、言葉が溢れ/

 

次回の『絵画鑑賞入門講座』はとうとう40回目を迎えますね!(拍手パチパチ)

この記念すべき40回目ではアンリ・ルソーをとりあげます。

 

なぜ、アンリ・ルソー?

 

熱帯の情景を多く描いたルソーは真夏にピッタリ!という発想からの単純なセレクションでしたが、実は私たちの絵画鑑賞力をテストするには絶好の教材です。夏期講習のつもりでお気軽にご参加ください。

 

ルソーはしばしば日曜画家の代表のように言われます。パリ市の税関にずっと努めていて余暇に絵を描いていた素人画家として『税官吏(ドワニエ)ルソー』とも呼ばれています。また、素朴派の巨匠とも言われます。この場合の《素朴派》というのは正規の絵画教育を受けていなくて、技術的に下手くそな画家のイメージです。たしかに彼の絵は一見人体のデッサンが狂っていたり、遠近法がギクシャクしていたり、へんてこりんな印象のものが多いですね。そんなへたくそなイメージですが、でも巨匠と言われます。へたなのに巨匠・・・?なんか変ですね!

 

ルソーはまたピカソやブラックからも高く評価されていました。そして現代絵画への影響も大きいものがあるとも言われます。1844年生まれのルソーは印象派のモネやルノワールとほとんど同世代です。それが近代を通り越して現代絵画への影響というのもなかなかすごいですね!

 

次回は皆さんといっしょに、ルソーの絵はへたなのか?うまいのか?すごいのかすごくないのか?すごいとしたらどこがすごいのか?また日曜画家であるにもかかわらず 同世代の印象派の革新を大幅に追い抜いて現代絵画にも影響を与えているというのは本当なのか?などなどいろいろな観点から話し合いたいと思います。

 

人形を持つ子供(子供の肖像) 1908 年 67x52cm

 

眠れるジプシー女  1897 年 129x200cm

 

 

私は、ルソーの熱帯的な空気感と音のない世界がとても好き。夢と現実は混在どころか共存している。夢も現実も区別のない、ただそのものの子ども時代の感覚がもどります。

中尾先生のクマさん的おおらかさ、常連参加者の皆さんのさりげない優しさ・・・初めて参加してもドキドキせずに楽しめる温かいホスピタリティと、感じたことをドンドン言う爽快感が溢れる中尾流白熱教室です。ぜひ一度、体験してみてくださいね! お申し込みは「中尾流参加」と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

広告

無言で語る。

 

子どもたちの後ろ姿と、

 

年配のご夫婦が並んで散歩している姿と、

 

動物の後ろ姿は、

 

無条件に、絵になる。

 

後ろ姿は、無言で物語る。

 

 

だから私は愛車に、

 

「オシリは大切よ」

 

と呟きながら、他よりちょっとだけ念入りに洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

バルテュス、中尾流ではこうなる!第37回絵画鑑賞入門講座〜

 

5月最後の日曜日は、

中尾陽一先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

でした。5月のテーマは、「バルテュス」です。

 

バルテュスは1908年パリ生まれ。ドイツ国籍でポーランド系貴族の家系。両親、兄は画家や小説家という芸術一家に生まれ育ちました。日本では何度か大きな展覧会が開催されています。50代で親子ほど年下の日本人女性と結婚し、その節子夫人は後に画家との生活やライフスタイルなどが注目され、女性誌でかなり記事になっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

画家バルテュスは、2014年東京と京都で開催された展覧会のコピーにあるように「賞賛と誤解だらけの」20世紀最後の巨匠と言われています。(バルテュスを巨匠と言ったのは、ピカソだそうです)

 

 

まずはいつものように、スライドでさささ〜〜〜っと作品を流し見ます。

その後で先生から

 

 

「どうですか? どんな印象ですか?」

 

と一人一人に質問。

 

 

 

 

エロティックだけど品がある。人物像は生々しくない描き方だからか下品な印象がない。風景画は光がさらっとして爽やか・・・などなど。

 

 

 

 

バルテュスは少女を描きました。パッサージュ(仏語)、つまり過渡期、移行。少女から成人女性へ変わる危うい妖しい女性美を描きました。パリの画廊でデビューする個展の時には、意図的に少女を描き注目を集めるというセルフプロモーションも。

 

 

 

 

バルテュスの作品は、何が言いたいのか描きたいのかが明確には伝わりません。

例えばこの絵、画面の少女のポーズは造形的な説明ができる、鏡は何を象徴するか? 後ろの暖炉の燃え盛る炎は何を表すか? そしてそこに薪をくべる男は? その不自然なまでの姿勢にはどんな意味があるか?・・・などなど、様々な解釈が生まれ得るのです。

 

 

参加者から、かなり深い意見が飛び出す!

 

 

先生から浅田彰氏が書いた文章が紹介されました。要約すると、バルテュスの絵は

 

倒錯的なポンチ絵   (!!!)

 

であるということ。浅田氏によれば『美術史の流れとして行き着いた抽象表現、その先、抽象から戻った具象絵画は人体表現に帰す。20世紀その中心にいる巨匠は、バルテュス(ロリコン)、F.ベーコン(ゲイ)、L.フロイド(デブ専)・・・』とのことらしいですが、ご興味のある方はこちらから→

 

 

 

というように、バルテュスが描く不思議感に満ちた人物像は、十人十色の受け止め方と感想がありました。でも、先生としてはそこも狙い目だった模様。そして、みなさんから拒絶反応がもっとあるのではないかと予測していらしたそうですが、予想以上にみなさんの絵の見方が広がっている、と。
これも中尾流での知性感性フル稼働の賜!誰もが巨匠と認める画家だけを取り上げないところが、さすが中尾先生です。

 

 

「バルテュスはシャガールやルオーを全く評価しませんでした。なぜならば、作品にテーマを持たせて訴え、語らせる彼らとは違って、バルテュスにとって絵画は、その時その時、描きたい課題を描くことが重要でした。」

 

バルテュス自画像

 

自らを

 

「職人であり修道士である」

 

と言っていたバルテュス。

芸術に対して誠実な人生を送りました。作品について語ることは殆どありませんでしたが、90歳を超えた最晩年に、自身の芸術や思想、自然、人生について語った回想録が出版されました。

 

 

この日は、バルテュスの回想録『バルテュス〜自身を語る』の翻訳者、鳥取絹子さんも参加して下さり、翻訳をしながら実際の作品を見にニューヨークへ行った時のことや、鳥取さんから見たバルテュスの哲学と作品についてお話を聞くことができました。

 

鳥取さんは、フランス語の本の翻訳をはじめ、エッセイなど数々の著作をお持ちです。プロトマニアがイメージする「大人の男の子、女の子」、オリジナルは、この絹子さんの言葉。まさに絹子さんは大人の女の子。知性的で、いたずらっぽくてお転婆、でも周りへの配慮をさりげなく自然にしていらっしゃる大人の女の子です。

 

今回の「バルテュス」は、多様性に満ち満ちた中尾流でした。みなさま、お疲れさまでした!

 

 

 

さてさて、この日のおやつは、オヤツ番長セレクトに加えて、スペシャルプレゼントが届きました。

前回のボナールとナビ派の時に出て来たフランスはブルターニュ地方の町「ポン・タヴァン」。参加者のおひとりが「ここのクッキーおいしいの〜」とおっしゃっていたのですが、なんと!今回その方のお誕生日にフランス人のお友だちからウワサのお菓子が届いたとのこと。(中尾流の話、聴いてたのかしら?)

 

そして、なんたる愛♡、そのお裾分けをこの日持ってきてくださいました!お裾分けというにはゴージャス太っ腹な、ひと缶まるごと!!!

 

 

 

ばば〜ん

 

缶がきれいなので、これは中尾流で確保。

ごちそうさまでした。

 

中尾流は、とってもリラックスした雰囲気で、初めて来ても前からいるように自然にそこに座って、聴いて,見て、発言しちゃうし、みなさんがふつ〜に仲良くなっていて、とにかく素晴らしく緩やかです。

そんな中尾流、次回は6月25日(日)

 

ターナーとイギリス風景画

 

あのゆったりとした絵のターナー。けっこう変人だったというウワサですよ

 

(笑)

 

詳細は近日、中尾流のコーナーでご紹介しますね!
絵が好きでもそうでもなくても楽しいこの寺子屋白熱中尾さん、ぜひ一度遊びにきてください。

 

ね、先生が楽しそうでしょ。

 

 

 

 

リラックスと循環

img_0832

 

お誕生日だったのです。

友だちがお誕生日プレゼントをくれました。

一緒にお店に行ったら、

 

「どれでも好きなもの買いなさい」

 

だって。

 

ひと昔前だったら、パパが愛人に言うみたいなセリフ(笑)、同い年の女同士で。

意見が食い違ってお互いムッとして口をきかないこともあるけど、

(大人のくせにね)

後までネチネチしないで、お互いケロリ。

耳に痛いような冷静な意見もちゃんと言ってくれる、とてもだいじな友人です。

 

 

昔からずっと、ふんわりと見ていてくれて、

泣きつくと励まして、辛抱強くこちらの話に耳を傾けてくれる友だちは、

プロトマニアが生まれた時から一緒です。

彼女がプロトマニアでやっているのが、

 

chillaxing

 

詳しい内容はこちらから→

 

リラックスすることが大切ってなぜなのか。

それは、リラックスして弛むと、滞りなく循環がスムーズになるから。

ヨガでもいつも言われることですが、

巡ればよいのです、固まらなければよいのです、しなやかであればよいのです。

血流も、リンパの流れも、考えも、感情も、仕事や人間関係、日々の暮らしも。

 

私の友だちがやっていることは、とても優しいセッションです。

その人の、その場の、そこで起きることの、邪魔をしない。

徹底的に、邪魔をしない。

そっと見守りながら、少しだけ手を貸してくれます。

それがとても彼女らしい。

 

誕生日プレゼントにセッションをプレゼントしてくれました。

私は目をつむっているだけ。そのうち言葉にするなら「歓び」がふっと。

どうやら嬉しそうな顔で微笑んでいたらしいです。

 

ちょっと疲れたときや、悩んでいるとき、ストレスを感じている時、

何かの考えや判断を押し付けない彼女のような人がいたら、

友だちのようにそっと手を貸してくれたら、

なぜか?じゃなくシンプルに気分が変わって、モードチェンジすると思います。

その時起きていること、それはヒトヨンデ『  巡り合う循環  ∞  』

優しく微細なそれを、きっと、はあぁぁぁ〜♡と感じると思います。

プロトマニアでオススメのセッション。

1年の締めくくりの季節に向けて、一度体験してみてね。

 

bluechristmas

 

 

11月のプロトマニア

fullsizerender-384

今日から11月ですね〜

11月のプロトマニアはいろいろ満載。

 

11月5日(土)は、和サンガ  東京2期の最終回です。

「伊東充隆主宰 和サンガ   東京」

東京は6ヶ月コースなのであっという間ですが、みんな真摯に学び実践しました。

今、伊東先生から伝わるものは、どんどんピュアになっています。

悠然と満ちていく先生の穏やかさとは裏腹に、

エッセンスが、ピシッ、パシッ、シュッ(笑)と鋭く飛んで来る。

参加者(自分を含めて)を見ると、当り前だけどそれぞれ変化しています。

あらためて、実践の場としての和サンガという支えの大きさを感じます。

伊東先生はね、ホントに惜しみなく素晴らしいんです。

でも敢えて言うならば、どんな素晴らしい先生のもとでお話を聴いても、

各自の実践なくして、蓮の花のほほえみはない、ってこと。

地味だけど、コツコツやるべし。

コツコツ仲間はちゃんといます、和サンガの東京3期は来年1月スタートです。

 

そして11月13日(日)は、景山えりかさんをお迎えします。

「月と一緒に自分らしく暮らすために〜月整活のすすめ」

えりかさんは10月末に新著、

『月整活 月のリズムで暮らしと心を整える30の新習慣』

を出されたばかり。

東京の人気のラジオ局  J−Wave  にも出演されて、ますますご活躍中です。

久しぶりにプロトマニアでお話をしていただきます。

えりかさんは、自然体で丁寧に日々を暮らすことの達人!

 

秋も深まる瞑想日和、23日(水祝)は伊東先生と瞑想体験から本質へ。

「青空禅 1day ワークショップ*  マインドフルネス瞑想  入門と極意」

瞑想が初めての方にもおすすめです。

瞑想がなぜ今注目されているのか、瞑想とは何か、

現代の最先端科学や心理学のお話などを通して、

理解しやすく、身近に感じられるように伊東先生が解説して下さいます。

先生と一緒に実際に瞑想を体験してみましょう。

そしてもちろん、ただの瞑想講座とは違う青空禅!だもの、

身体や感覚、脳のしくみを知的に理解しながら、

瞑想の先にある、自己の本質へと触れていきます。

 

プロトマニアでこの季節恒例、クリスマスリース作りは26日(土)です。

「  k i i c o   眠りの森への扉*クリスマス フォレストリース作り」

今年も大人の男の子、女の子のために。

kiico さんのリース作りは、木の香りいっぱいのグリーンリース。

同じ材料で参加者が作り上げるリースは、まったく違った仕上がりになります。

リースを作る間は、無心のひととき。

みんな子どもに帰ったように知らないうちに夢中になっている!

kiico さんのセンス抜群の花材が今年も楽しみです。お申し込みはお早めに。

 

そして、プロトマニアのアート講座、中尾流は27日(日)、ベラスケス。

「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

スペインの巨匠、ベラスケスが11月のテーマ。

芸術は、人間の深いところから沸き上がって来た真理への熱愛ではないか。

矛盾や葛藤を抱えて生きる道程に出現した、静寂、沈黙への扉が芸術!

中尾さんからの画家や作品の解説は、美術史的知識に止まらず広がる広がる〜

参加者は感じたことを言葉にして、先生と対話を重ねていきます。

今月も白熱教室!

 

ぜひ来てね!

fullsizerender-402

プロトマニアは皇居のすぐそば、なんだかとにかく気がいい。

 

11月13日(日)は景山えりかさん@プロトマニア

景山えりか

プロトマニアで「星のティーセラピー」をして下さった景山えりかさんが、

新しい本を出版されました。

 

『  月整活 月のリズムで暮らしと心を整える 30の新習慣  』

主婦の友社より本日発売!

 

もくじはね、

 

第1章 月が教えてくれること

第2章 月のリズムを知る

第3章 月のリズムで整える

第4章 月のミニ事典

そして、月の満ち欠けカレンダー付き!

 

という具合。

届いたばかりでまだ読み切っていないけど、

情報がとても整理されていて、すっと頭に入って来る。

それはえりかさんがレクチャーでお話される時とまったく同じです。

 

知っているようで実はよく知らない月。

えりかさんは、月にまつわる昔からの知恵や風習と、

現代のサイエンスの知識を同じテーブルの上に並べて見せてくれる。

 

現代の生活は情報いっぱいで、スピードも速い。

自分のリズムが気づかないうちに外側に引きずられて崩れていることもあります。

そんな時は、さらに新しい情報に頼るより、自然のリズムを頼みにする。

一番身近な、月の満ち欠けを使って。

 

えりかさんの文章のリズムは、とってもゆったりしていて丁寧なんです。

読んでいると、呼吸が整う感じがしますよ。

ぜひ読んでみてくださいね。

 

景山えりかさんのレクチャーは、11月13日(日)午後開催です。

お申し込み、お待ちしています。

 

 

fullsizerender-391

 

 

 

ご縁がありましたら。

img_0400-1

何かを、誰かを繋ぐ役、というのをしばしば耳にします。

私の仕事は、作品と誰か、つくる人と誰かを繋げるのが役目で、

こ〜んな素晴らしいひと、もの、世界があるんですよ〜と伝えて来たから、

ある意味、人生における役割はこれかしらね、と思っていた。

プロトマニア然り。

 

でもふと思う。

繋ぐ役といえば、本来、全員がそうだろう。

 

あれとこれを結びつけたら面白い、役に立つ、という発想力が、

新しいものを生み出すけれど、

人と人、出来事やもの、世界は全体で繋がっていて、

途切れたり、離れて切れているところはない。

 

繋いでいるのは、自分や誰かではなくて、繋がっている。

ただ繋がっている。

その繋がりは、誰によってでもなく勝手に見えたり見えなかったりする。

それを、自分が繋げたと勘違いしたり、繋げようと画策したりする。

でも、

 

役目や意味が消えることは、とても自由。

 

たまたま目に映る風景が美しかったり、素敵だなと感じる人物たちだったり、

距離や関係性が穏やかでシンプルだったりすること、

それはとってもとっても、ギフトなんだ、って感じる。

 

ご縁がありましたら、とよく言うけれど、

きっとご縁は、まるごともれることなくうつくしく繋がっているのだ。

他人ごと、と知らんぷりしても、

残念でした、実はもう繋がっちゃっているのだ!

だからこそゆっくりゆっくり、丁寧に。

 

 

フクロウは闇を見る

FullSizeRender-345

 

ど、ども!

 

歩いていたら、こんなヒト、見つけました。(ヒトじゃないけど)

森の中ではありません、住宅街のある邸宅前にて。

何かを排出するパイプの上にチョコンとのっています。

 

こんな遊び心とゆとりが、たいせつたいせつ。

 

IMG_4360

フウロウは知恵の神様。暗闇をも見通すのです。

 

 

ふたりが出会うまでの時間

IMG_4353

 

 

 

ふたりが出会うまでの時間  =  二人の間の距離  ÷  速さ

 

 

という方程式を、バスの中で前に座っている小学生が勉強していました。

小学生と一緒に頭の中でリフレインして、憶えてしまいました。

なんで???

 

 

 

この世は分からないことばかり。

??????????????

 

 

 

IMG_4357

朝の虹色、小さな彩雲

 

どんどん自由になる!〜中尾流とプロトマニア

nakaoryu

今日は梅雨らしい空模様です。

私の車は、い〜い感じに古い(持ち主と同じ〜♪)イタリア車です。

毎朝、通り道の急勾配の坂道を上がるところで、ちょっとばかり緊張します。

なぜならば、ちょうど上がり切る寸前が一旦停止の止まれポイントだから。

そこで私の車は坂道発進しなくてはならず、

ほぼ毎回、坂道をズズズズズっと下がってしまうから。

こんなしっとり雨のお天気だとかなり緊張。

今朝は坂道で斜めになりながらブレーキを踏み、

そっと再びアクセルを踏む時、思わずからだが前のめりになっていました。

遠くから見たら、ハンドルに必死でしがみついているみたいに見えたかも。

かっこ悪〜い。(いやいや、車と自分が一体になっているのだ、苦笑)

とはいえ、いくら前のめりになっても車はズズズと下がり、

ヨッコラショとようやく前進。無事で良かった。

それにしても、子どもみたいに気分では車、引っ張ってたな〜。

とっさの身体の反応は、ただ素直なのであった。

 

この前の日曜日は中尾さんの絵画鑑賞入門。

今回からしばらく連続講義で「フェルメール」を見て行くのです。

フェルメールって全部で作品が37点しか現存しないんです。(知ってた?!)

だから全体を良く見渡すことができます。

有名な『真珠の耳飾りの少女』とか、皆さんもご存知の作品があると思います。

中尾陽一 絵画鑑賞入門講座

今回も中尾流で、まずは作品をスライドでさ〜っと見てから、

この中に偽物と疑われる作品があるけれど、どれだ?と真贋を全員で考えました。

その時の皆さん、以前に比べて断然ことばが増えて、積極的に発言していました。

 

今回は常連メンバーに加えて新しく参加して下さった方がいらしたのですが、

帰り道その方と一緒だった友人が、

 

皆さんがそれぞれ勝手に自分の言いたいことを言うスタイルを、面白がっていた

 

とメールで知らせてくれました。

おお!そこを面白がって下さるとはなんというセンスの良さ!♡

 

中尾流ならではの自由な言葉のやり取り、

プロトマニアでの雰囲気を、オモシロがってくださり、ありがとうございます。

そのことが一番、みんなにそうあってほしいことだから嬉しいです。

ここではみんなが思わず大人の男の子、女の子になって、良いのだ!

 

車と一緒に思わず前のめりになって坂道を上がっちゃったって、良いのだ!