芸術は気づきを喚起する

 

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形として救い上げた作品を残しました。それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉で表したものと同じです。

 

芸術家のやり方は知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

セザンヌは、「一本のニンジン、新たに観察されたニンジンが革命を起こす、その時がやってきている」と言いました。

 

ありふれたつまらないものであっても、そのものの中心、つまり、その体験の中心に触れることで、これまでに見たことのないものを発見し、この発見が、自己、他者、世界についての見方を変換する、とセザンヌは言ったのです。この真の革命の前では、他のいかなる革命も意味を持ちません。

 

芸術家は、この気づきを表現し、喚起する何か、つまり、観た者を直接この体験的理解に導くような何かをつくり出そうとします。芸術家は、革命の引き金を引こうとするのです。

 

芸術家は、その現実を喚起する体験のビジョンを改めて現出させようと、観る者をその現実に引き込む力を込めた作品をつくり出そうと試みるのです。

 

フランス人画家、ピエール・ボナールがつかもうとしていたこともこれと同じです。ボナールは、思考が世界を、知覚する主体と知覚される客体、そしてこの客体を「数限りない物事」に分割する前の、時間を超えた知覚の瞬間をつかもうとしました。

 

ボナールにはそのビジョンはどのように見えたのでしょう? 彼が見たのは、色彩に溢れ、濃密で、調和した、活力とともに踊る世界でした。彼の世界では、バスタブの縁や古びた床板にも、頬の曲線や手の表情と同じだけの注意が払われました。同じだけの愛が注がれたのです。

 

中略

 

 

芸術家の体と心(マインド)は、自然が、それ自体をそれ自体へと翻訳するための媒体です。自然が、それ自体のアイデンティティを探し、現実化するための媒体なのです。このことをセザンヌは次のように表現しました。「私は景色の主観的意識になり、そして、私の絵はその客観的意識になる」と。

 

 

『プレザンス 安らぎと幸福の技術』 ルパート・スパイラ著 Part 5 自然の鏡 P213〜より抜粋

真の芸術には、突抜け、溶解させる性質があり、それは、視覚、聴覚、味覚、触覚、臭覚、といった知覚の見かけ上の要素を導引して、よくある二元的な見方が純粋体験へと崩壊するのを早めるのです。

 

 

現れは喚起し続ける

IMG_3272

 

言葉は見えるものも、見えないものも指し示す。

でもそれ自体ではない。

ことばの無い世界はどんなだろう。

ことばの無い世界はこの様です、とことばが表せるわけない、か…

 

日曜日はプロトマニアで、

中尾さんの『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』だった。

5月は、ロココ絵画。

 

ロココ、と聞いたら瞬時にイメージが浮かんでしまう。

そんな反応はいらないのに、学習した記憶がそうさせる。

そうやって赤ん坊から人間のオトナになってきたのだ。

 

オトナになった感性と知性を揺さぶるように、

中尾さんの講座はすごく自由で、ハッとさせられることが多々ある。

参加者の発言もぐんぐん変わって来た。

見えるものを見て、見えないものを言葉に置き換える。

芸術は、見えるものや見えないものにカタチを与えて置き換えようとする。

 

ことばや概念から自由なのは、

その言葉や思考が生まれる直前の何も無いところ。

 

この現れた世界は、あらゆるもので、あらゆるところで、

結局、言葉や概念ではないそれを喚起し続けているのだろうな。

 

現れておいて、わざわざ!(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

みんな夢の中

dream

週末の中尾さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、

なんとも素敵でした。

どちらかといえば頭脳派の方たちが、中尾流に触れるに従って感覚を起動させたから。

アタマの中のたくさんの知識がちょっとスペースを空けてくれて、

目や理論では測れない芸術の本質が現れたのをキャッチした、そんな感じでした。

年齢も性別も関係なく開かれてあるのが芸術。

 

レクチャーの中で、アーサー王伝説のシャロット姫のお話が出て来ました。

鏡を通してしか外界を見てはいけない、直接見たらそれは死を意味すると呪いをかけられ、鏡に映る外界を織物にして織り続けて来た乙女シャロット。ところがある夜、彼女は月明かりの下に寄り添う男女の姿を目にしてしまう。それは、彼女がそれまで目にしたものの中で、最も美しく、完璧な調和を表していました。そして彼女は「もうこんな影のような生活はたくさん」とつぶやきます。そんな時、そこを通りかかった円卓の騎士ランスロットを鏡の中に見たシャロットは、彼に魅せられて思わず外を直接見てしまう。とその瞬間に呪いが始まり、彼女が長年織って来た鏡に映る風景の織り糸は千々に乱れ彼女の体を縛ろうとし、鏡は真横にひび割れます。

そしてシャロットは死へと向かう。

the_lady_of_shallot

このお話の場面をラファエル前派の画家達は好んで作品にしています。

 

… というところで、私はこの鏡のお話がとても気になってしまいました。

乙女が鏡を通して見ていた外界は本当の姿ではない。確かに。

直接見た途端に始まるのは呪いではなく、実はそれこそが真理?!

幾重にも織り綴られた物語り、言い換えると因果の法則、の糸は千々に切れ切れに乱れ飛んで、

シャロットというエゴは死を迎え永遠の平安へと向かわせる…

 

 

ちょっとマニアック??!

 

lastartrose

みんな夢の中、だもの。

 

 

 

 

 

 

芸術は本質へ戻る通路

 

nightdriving

プレザンス より

 

言い換えるなら、芸術の目的は、分離した内側にある自己の中心に横たわる傷、つまり、

私たちは断片であり、分離した内側にあり、体に閉じ込められ、

見ず知らずの敵対的な世界と断続的に散発的にやりとりをし、無力さ、迷い、怖れを感じ、

そして死ぬことを運命づけられているのだという、この信念と感情を癒すことにあります。

 

それはつまり、体験的なやり方で私たち本来の状態、私たちはすべてと親密にひとつであることを知り、

感じている自然な状態に還ることです。さらに言うなら、ひとつになるための分離した内側にある自己は存在せず、

独立した対象物、他者、世界もないということを体験的に明らかにすることです。

そこにはひとつの、つなぎ目のない親密な全体があって、それは常に動き、変化し、けれどいつも同じでここにあり、

体、心(マインド)、世界のあらゆる体験という形をとりながら、いつでもそれ自体であるのです。

 

画家セザンヌは、「世界の生における一瞬が過ぎていく。その瞬間の真実を描き、すべてを忘れる。

その瞬間になり、敏感な受け皿になる。見ているもののイメージを与えるため、それまでに起こったことすべてを忘れる」

と言いました。

 

その瞬間になり、その瞬間として、瞬間から瞬間への体験の全体としての自己を知り、

その瞬間とすべての瞬間の要素としての自己を知り、芸術家として「イメージを与える」こと。

つまり、この理解を運ぶ何か、運ぶだけでなく伝え届ける何か、慣例的な二元的視点を通り抜け、溶かし、

この体験的な理解を喚起する力を秘めた何かをつくること。

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形としてすくい上げた作品を残しました。

それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉であらわしたものと同じです。

 

芸術家のやり方は、知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

~~

芸術は、私たちの文化に根づいている不定愁訴、つまり、孤独、絶望、分離の感覚、そして愛への渇望を癒してくれます。

私たちは芸術作品をただ見るのではなく、それに参加するのです。

芸術の本質とは、私たちが拒絶した世界、他なるものであり、分離し、

生命を失った物質でできていると見なした世界を、近くに、親密なものとして取り戻し、

私たちの自己がそれとひとつであると知ることです。

 

 

「プレザンス 安らぎと幸福の技術」第1巻  ルパート・スパイラ著 より抜粋