11月中尾流絵画鑑賞白熱教室は、静かなる白熱。

 

11月の中尾陽一先生の『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』は、ピカソその3でキュビズムについて。

 

キュビズムの絵はこんな感じです。

1910 年 カーンワイラーの肖像

 

とか、

 

1910 年 ヴォラールの肖像

 

とか。

何が描いてあるか、うっすらはわかりますか? キュビズムは、現代の抽象画に比べるとまだ写実の匂いを残しています。

 

 

でも、こんな絵からあのカクカクした絵へと変化するのですからね〜

 

 

 

さぁ、はじまりはじまり。今回も年代ごとにキュビズムの作品をスライドでざっと見ていきました。

 

キュビズムには段階があって、初期は形を単純化したり面でとらえる。中期になるとその面が消えて線的表現になり、後期になると、ぐるりと戻って絵として分かりやすい具体的写実的な断片を加えた表現となります。

 

 

こんな感じは面的。

 

 

面が消えて線。

 

 

ぐるりと廻って戻って来ました。これならね。楽士達が見えますね。

 

対象を面で見る時は、描く人と対象があって視点は1つです。これだと対象の一面しか描けませんよね、対象の存在は一面だけでないのに。そこでピカソは、友人の数学者プランセの助言もあって、物の存在の仕方をどうとらえるか?対象の本質を描く〜ということを探究して、視点をずらしながら多視点から見えているものを一つの画面に複合的に表したのです。

しかし、ここまで来ると面すらも消えて線が重なり、本質は描けているとしても対象の現実感は無くなってしまいますね。そこで絵の中に実際の新聞を貼付けたり、砂を付けて物質感を出したりしたというわけ。

対象物の本質を描くために究極まで行って、また現実に戻って来たという感じでしょうか。

・・・というところまでは、私がノートをとった理解に後から先生に質問して補足を加えたものですが、これだけだとただの美術史講座みたいですよね〜

 

 

中尾流で先生は、2時間半では語りきれない内容をにこやかに解きほぐしながら解説して下さり、参加者の皆さんはそれを一つずつ確認しながら理解したり、感じたりして行きます。

 

 

質問も発言も、リラックスしたムードながら真剣。

 

 

先生もマイペースで(笑)真剣。

 

 

「このキュビズムの物の見方は、ピカソが独自にやったのですか?・という質問が出ました。

 

実は、セザンヌが既に物を単純化して見るということをやっています。しかしセザンヌが描こうとしていたのは、対象である物というより、対象がある空間。その対象を堅固に描きながらそれを支えている空間を描く。先生の言葉を引用すれば「見えない空気の量塊を描く」ということがセザンヌの目指したところでした。

その空気感がセザンヌの作品からは伝わってきます。この空気感に関しては、理解するというよりも感じること。想像力を働かせてその作品の中にある空気感を感じ取ること、です。理論に頼らず、自身の感性を使う。そこが絵画ならではの面白み、楽しさではないかと感じます。

 

「絵画は、科学や文学で細かく検証されたり、表現されたことを一発芸で表現するようなものなのです」 by 中尾先生

 

 

というわけで、ちょっと実況中継より説明的になってしまった本日のジャーナルですが、皆さんの集中力が静かなる白熱教室な一日でした。

 

 

さて、来月12月、今年最後の中尾流は、

 

ダ・ヴィンチ !

 

そして参加者から提案された3点の絵画について、みんなでワイワイ♪予定です。

 

楽しく美術に触れて、ご自身とも対話するような中尾流の絵画鑑賞術、ご一緒しましょう〜〜美術はわかりませんとおっしゃる方こそぜひ!

先生からの12月ご案内文が届きましたら、またお知らせしますね〜お楽しみに!

 

 

 

 

 

広告

正解に値段はつかない!

 

正解に値段は着かない!

 

とラジオから聞こえてきました。

内容的にはエリートビジネスマンが今やMBAを取ることよりも、アートスクールに行って美意識、感性を磨いている、というお話。

 

それはね、まさに中尾陽一先生の『これまで誰も教えてくれなかった絵画鑑賞乳木講座』でやっていることであり、伊東充隆先生の『青空禅フォーラム』『和サンガ』『青空禅塾』で教わって来たことに通じていました。

 

当り前を疑え!!

 

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

12月3日(日) 13時から17時まで
 
お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第44回 ダ・ヴィンチ &クリスマス・スペシャル★

12月24日(日)13時から15時30分

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

11月中尾先生の絵画鑑賞白熱教室!は26日(日)です。

 

急に寒くなって来て、クリスマスの頃のような空気だなぁと思っていたら、12月が目の前。プロトマニアは日曜日(26日)、中尾先生と共にピカソとキュビズムを観ていきます。

 

キュビズムはもちろん知っていますが、白状すると、知っているつもりで、実はちゃんとは知らな〜い(苦笑)

 

だから今回の講座はとても楽しみです。

 

知識も感性も、曖昧にしていることってたくさんあります。そのふわ〜としたところが良い場合もあります。

 

でも、言葉に置き換えてハッキリすること、明確にして初めて真意に触れることができること、認識できてようやく次が見えることってあると思います。

 

中尾先生のこの「誰も教えてくれなかった鑑賞」では、その場で観た絵をどう感じるか、何を思うかということを言葉にします。知識や情報の多さは関係ありません。あなたはどう感じるか?を遠慮なく素直に明確にしてみるチャンスなんです。そこでは、芸術作品を媒介に自分自身の意外な面を発見するかもしれないし、新しい感覚に出会うかもしれません。

 

学校でもセミナーでもなんでもないここは、自分と出会ったり、自分を自分で耕す、とても豊かな時間。それが中尾先生の講座です。ぜひ一度遊びに来て下さいね〜

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第43回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  3

11月26日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

大雨、降っても中尾流。

 

いやはや、よく降りました。雨。台風の影響も重なって中尾流の開催はどうなることやらと心配しましたが、大雨が降ってもやるのだ、中尾先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。

 

10月はピカソの2回目で、いよいよキュビズムに突入することになっていましたが、今回は大雨大嵐の予兆ありで、少し時間も早めに切り上げることにしたため、前半は、普段はなかなか時間がとれない先生との講義以外の自由なおしゃべりをみんなで楽しみました。

 

 

皆さんが先生に期待すること、今の講座の感想、これから取り上げてほしい芸術家、知りたい美術に関するあれこれ・・・中尾先生だから聞けたり、言えたりすることも多々あったような。

 

 

後半はピカソとキュビズムについて、予告編的にスライドを見て、キュビズムってどんな印象ですか?からスタートしました。

 

これはブラックの作品「レスタックの家」。積み木みたいな簡略化された立体が、キュビズム(立体派、立体主義)のきっかけと言われています。

 

この後、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」がキュビズムの始まり。

 

アヴィニョンの娘たち 1907年

 

キュビズムの作品は、そこに何が描かれているかをゆっくりと読み解いていきます。

 

ガラス窓に打ち付ける雨の激しさが時々気になりながら、今回の中尾流は外が明るいうちにお開きになりました。

 

それにしても皆さん、よくあの大雨の中、来て下さいました。

そして私がとっても嬉しかったのは、最年長87歳の長老を気遣って「早めに開催するかどうかお知らせしたら・・・」と数名の常連参加者から事前にメールが来たことでした。まぁまぁ若い(笑)私たちにはなんとかなる雨風の道も、あの長老だったらどうだろう・・・と思いやる気持ち。そんなさりげなくお仲間を気遣う心優しき皆さんと、中尾先生のもとで一緒に美術の歓びを分かち合えることが、嬉しい。

 

来月はあらためて、「ピカソとキュビズム」に飛び込みます。よろしかったらぜひご一緒に。ピカソは、わからな〜いの代表選手のようですが、知れば知る程、なるほどピカソ!です。この機会にぜひその魅力に触れてみてください。お申し込み、お待ちしています。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第43回 20世紀最大の巨匠 ピカソ   「ピカソとキュビズム」

11月26日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

中尾陽一先生の「ピカソ」は10月22日(日)。

 

さて、あさって日曜日は中尾先生の

 

これまで誰も教えてくれなかった絵画鑑賞入門講座。

 

20世紀最大の巨匠ピカソの2回目「ピカソとキュビズム」です。

 

ピカソってね〜いろんなスタイルの絵を描いていたんですね。絵だけでなく、彫刻も陶芸作品もあります。歳を重ねるごとに自由になっていく感じです。

 

この講座の常連の参加者のお一人は、たまたまヨーロッパ旅行で9月のピカソの講座に参加できなかったのですが、本場でピカソの「ゲルニカ」を観て、絵の前で涙が止まらず立ち去れなかった、とメールをくださいました。

 

 

一枚の絵の前で、涙が自然に頬をつたう・・・

そんな絵に、一生のうちに出会えたということ自体がすごい。

すばらしい。

 

ピカソ、さすが。

 

 

私もね、一度、絵に救われたことがありました。東京の近代美術館に収蔵されているクレーの絵です。これ、前に書いたことがあるかもしれませんが。

 

画廊の仕事で苦手な営業をしなくてはならない、恋人とはケンカばかり、一人暮らしでお金はないし何もかも上手く行かない、良いことが一つもない!と落ち込んでいた時。美術作品をみてもちっとも心は晴れなくて面白くなかったけれど、しごとの義務感で観た展覧会の帰りに、ふらっと寄った常設展示のクレーの小さな絵。

 

涙は出なかったけれど、きっと一生、忘れません。

 

 

そんな出会いは美術作品だけでなく、夕陽だったり、空や海だったり、街の何気ない風景や音だったりするかもしれませんね。誰もにある、言葉や理屈の一歩手前、素直な素直な幼な子のようなそこからふわっと。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第42回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  2

10月22日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

9月中尾流は巨匠、ピカソ。

 

9月の『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』は、20世紀最大の巨匠、ピカソ〜〜〜。

 

ピカソというと?

「なんだかわからない絵を言う時、ピカソみたいな絵〜って言います」

「自由奔放でエゴイスティック」

「カラフル」

「ボーダーシャツのおじさん」

「他にはない、唯一無二」

 

・・・・などなど、いろいろなイメージが参加者から出ました。

 

天才ピカソは、子どもの頃にこんな絵を描きました。

 

 

これ、8歳の時のデッサンです。小学生の子どもが描いた絵です。ビックリしますよね。ひっくり返りそうに巧いです。

 

・・・というところから始まり、ピカソは時代ごとに様々なスタイルで描いていて、なんでもできてこなせちゃう天才ブリ。

 

絵の原点である写実がこれだけ巧く描けてしまうピカソは、その写実から対象を解体し、抽象化していくのですが、

 

「ピカソはカタチを崩しに崩しても、何が描かれているかがわかるところが、スゴい。」と中尾先生。

 

そして、

 

アヴィニョンの娘たち  1907年

 

この絵からキュヴィズムが発展したと言われる作品。絵を見る時、私たちはその絵の何かに感情移入して見ています。見る者の感情を動かすのも芸術のちからです。が、ピカソの絵は感情移入しにくい。

 

「この絵はどうでしょうか?」と先生。

 

「感情を入れずに見ればデザイン的にはいい」

 

「でも、なんだかよくわからない」

 

そうですね〜。そして、「ピカソは苦手です」という参加者の方が「ピカソ大好きのお友だちにどこが良いのかをインタビューしてきました」と、お友だちのピカソ礼賛の理由を披露して下さいました。

ピカソはどんなテーマでも素晴らしい、なぜならば、

 

デザイン、構図、色、バランスとも良く、思わず見入ってしまう。想像力をかき立てられる、見ていると心地よくなる。ゆえに美しい。

 

と。ふぅむ、なるほど・・・。自分は好きじゃない、以上おしまい、ではなく、では好きな人はなぜ好きなの?と問う方向が素晴らしいですね。その点からもう一度作品を見て行くと、なるほどと頷く点が見つかって行きました。

 

そして、ピカソをめぐる女性達のことにも触れると、「ピカソは女の敵!」なんてお話にもなりましたよ(笑) そしてさらにピカソは10月へと続く・・・

 

私はいつも後方で講義を聴いているのですが、今回は本当に皆さんの意見がそれぞれに素晴らしくて、引き込まれてしまいました。文字や説明のない芸術作品から何かを感じること、その感じたことを言葉にして自由に発していく、そこに余計なものがないんです。

先生も参加者も、その場で出てきた感想や意見を真っ新にキャッチして、それについてまた考える。

中尾先生も皆さんも、な〜んて柔軟ですばらしいんだろうと感じました。

先入観や情報のフィルターが一休みして、知識と感性をただ両手に持ってリラックスして美術を楽しんでいるの図、でした。

 

実は、ピカソの前に日本の洋画家、青木繁の作品についてもいろいろ話し合ったんです。前半がそれで終わっちゃうくらい白熱(♪)

青木繁 「海の幸」1904年(22歳)

 

朝日 1910年

ピカソとは違いますが、天才と称されながら中央画壇には認められず、不遇のうちに世を去った明治の画家青木繁です。この二つの作品について、皆さんがいろいろな角度から作品を味わっていらっしゃって、中尾先生もちょっと感動していたみたい。

・・・と白熱教室のお話はまだまだ尽きないのですが、今回はこの辺で。

 

とにかく皆さんの変化楽しく、素敵な、中尾流です。美術と仲良しになるのには、ピッタリなリラックスした美術鑑賞入門講座、ぜひ10月はご一緒しましょう。

参加者の方からオヤツの差し入れは、ギリシャからのお土産、いちじくのお菓子。

 

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第42回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  2

10月22日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

超現実。

 

 

 

朝の散歩、空はディープブルーで雲は真っ白。

 

とっても気持ち良いけど、とてもシュールでした。

 

やけにクッキリハッキリだけど、ペッタンコで平面的〜〜〜

 

 

あれれ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2秒で決めつけない。

 

プロトマニアのブログは、ジャーナルと称しています。毎日、何かしらコツコツ書く日々のジャーナル。書きたいことが見つからない時は、瞬間芸の iphone 写真を載せますね。

 

ブログのような発信ツールは、短い文で、わかりやすく目立つような書き方や画面構成のコツがあります。でも私は伝えたいことやつぶやきを、誰かに向かってお話するように書きたいなぁと思っています。

現代のムードは、判断、選択や理解を毎秒迫られるようなスピード感。私が若い時とちょっと違います。だから、若い皆さんは、読んだり見たり聴いたら、あっという間に判断して、あっという間にワカッタ!と思うのが当り前かもしれないですね。子どもの頃からそうだったし、この先もおそらくそれが主流なのでしょう。

 

だけど、瞬間で分かる表現や手段よりも、

 

 

・・・・・ちょっと待てよ????

 

 

という、不思議な感じ、ひっかかる感じに出会ったら、ワカッタ!とすぐ立ち去らずに、立ち止まることも大切です。立ち止まって、

 

 

深くよく見る  深く丁寧に耳を傾ける  行間を読む  沈黙を味わう ・・・

 

 

ということは、大切なのではないかしら。

 

 

 

2秒で決めることが必要な時があるけど、

2秒で、決めつけない。

 

 

たとえば芸術作品とは、そうやってザラッするひっかかりで、見る者の中に眠っている何かを揺さぶります。芸術家は目に見えず言葉にならない何かを求めて、見えるように聴こえるように、ギリギリまで追求する。

芸術作品はきっかけであり、窓。そしてそのひっかかりに出会った者は、感じ考えあらためて見直して、見えないものと対話する。それをきっかけに、自ずとクリエイティヴィティを培うことになる。芸術は、発するも受けるもクリエイティヴです。

 

分からないって、なんてすばらしい。

 

 

 

 

*心と身体を閑かに知る秋の夜〜

 

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜長月の身体と心を学ぶ」

 

9月17日(日) 18時から20時まで

 

お申し込みはとっこさんと書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

9月16日(土) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第41回 20世紀最大の巨匠 ピカソ

9月24日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

 

伊東充隆 主宰  第3回 青空禅塾

 

10月1日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

9月の中尾流は、ピカソ!

 

今月の中尾流は、ピカソ!

 

先生からのご案内が届きました。

 

 

20世紀最大の巨匠 ピカソ

前回の《アンリ・ルソー》の講座内容が、プロトマニアのFBで、ライブ感たっぷりに楽しく紹介されています。よろしければご覧下さい。https://protomania3.wordpress.com/category/中尾陽一/

というわけで、40回目の『絵画鑑賞入門講座』も無事終了いたしました。

これまでご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

そして、次回はいよいよ「20世紀最大の巨匠」ピカソの登場です!

ピカソとうい名前を知らない人は日本全国どこにもいないのではないかというくらい知名度の高いピカソですが、一般的には、わけのわからない絵の代名詞のようにもなっています。

最近の絵は写実じゃなくてなにがなんだかわからないという時、いの一番で引き合いにだされるのもピカソ。なんか子供が描いたみたいな絵で、こんなんだったら誰でもできるんじゃないの・・・というときもピカソ。要するに、ピカソは現代美術のわけがわからない絵、どこがうまいのかわからない絵、でも専門家の間ではめちゃくちゃ評価が高くて、実際に取引される価格も何億円、何十億円とかあるいはそれ以上の想像もできないくらい貴重な絵の代名詞のようになっています。

ピカソは作風の変遷が激しく、「青の時代」、「バラ色の時代」、「キュビスムの時代」、「古典主義の時代」、「シュルレアリスムの時代」などなど様々な顔をもっています。また作品の数は油彩と素描だけで1万数千点というものすごさです。それに数え切れないくらいの数の版画、挿絵、陶器などが加わります。

ピカソはあまりにも巨大で、絵が好きな人々の間でもなかなかピカソの全体像を把握している人はいないようです。

この講座では次回から数回にわたって「20世紀最大の巨匠」ピカソのすごさとは何かに挑んでみたいと思います。

 

泣く女

 

ピカソ。

やんちゃでエネルギッシュでギラギラ(笑)天使と悪魔の天才!

 

9月24日(日)開催です。

ぜひご一緒に。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第41回 20世紀最大の巨匠 ピカソ

9月24日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

8月の中尾流は40回目、ヘタでもウマくてルソー

 

8月最後の日曜日、プロトマニアは中尾先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。おそらく皆さんも教科書で一度は見ている、素朴派の画家アンリ・ルソーでした。

 

ルソーは、普段はお仕事をしておりまして、日曜画家とあだ名され、税関吏の仕事を早々と退職し、絵に専念したのは40代頃からと言われます。

 

税関吏というと、なんだか真面目でちょっとお固いイメージだったのですが、中尾先生の解説によると、通関の仕事というよりは肉体労働に近い仕事。ポジションは言ってみれば「小役人」だったそうです。

 

ルソーが生まれたのは、1844年。1840年生まれのモネなど印象派の巨匠達とは同世代です。同じ時代を生きながら、印象派とは全く違う作風になったルソーは、正規の美術教育は受けていないし、裕福な家庭に生まれたのでもなく、若い時には悪さ(窃盗事件)をして禁固1ヶ月とか。女性もお好きだったそうです。

 

でも、なかなかに才能はあって、音楽も楽器も上手、戯曲など書いていたそうで。ただし、アカデミックな知性の人ではなかったらしい。

 

 

「ルソーの絵はウマいのかヘタなのか? 正統派の見方からすると、へたくそなんですね」(先生は、へっっっっったくそ〜、って強調してたような・笑)

 

左はジェローム 右がルソー 同じ主題の絵を比較してみます。

「本人は、ジェロームというサロンの画家(つまり、アカデミックな絵の発表の場で活躍する描写力抜群の画家)をお手本にしていたというのですが・・・どうですか・・・」

 

・・・どうなんですかねぇ。

 

 

「この人物像なんてペッタンコだし、ねぇ・・・」

 

女の子の顔と手の大きさのアンバランスなことよ! そしてこの足はいったいどちらを向いてどんな具合にくっついているのか?? 少女なのにオジサン顔。

 

・・・と、ツッコミどころ満載なわけです。が、この植物と蛇使いの絵に関しては、皆さん、スゴいと一致しました。

 

黒い蛇使いのシルエットと植物が印象的。蛇使いの目が白く光る。

 

 

 

これも代表作ですね。

参加者の方からは、「人物<動物<植物 の順番に上手になる」「絵に効果的に月を描き入れている」「見たままを描くのではなく,一度ルソーの中で解釈されたものが描かれている」などなど、どれもなるほどな意見が活発に交わされました。

 

 

 

最終的には、とにかく

 

 

印象に残る

 

 

という結論。いや、中尾流では結論は重要ではないんですが、なんだか知らないけど覚えていたり、なんだか変な絵なのに魅かれたりするということをひと言で言うと、印象に残る画家、ということに落ち着きました。

 

 

今回はあれこれ解説や知識より、皆さんが不思議感をたっぷり味わっていらしたように感じました。

敢えて言うと、

 

上手い下手の概念を凌駕する!(笑)ぶっちぎりの印象!

 

でした〜

 

なんだかシュールでしょ。

 

 

「自分が描きたいことを描けているってことは、ウマいんですね」

と最後に先生はおっしゃっていました。

 

 

 

本日のオヤツは、レモン饅頭。白餡にレモンの香り。

またまた写真を撮り忘れそうな私に、オヤツの写真撮った?と声をかけて下さる参加者の皆さまに支えられて40回目の中尾流も楽しく無事に終了しました。ご参加の皆さま、中尾先生、夏のひととき、ありがとうございました。

 

 

9月は24日(日)の午後開催。お題は、後ほどのお楽しみに!

美術を自分流に楽しむためのちょっとしたポイントを中尾先生が伝授します。いつからでもご参加いただけますので、ぜひ遊びに来て持って帰って下さいね〜