私のクリムト、から次へ

FullSizeRender-1

今月のプロトマニアレクチャー「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、

世紀末ウィーンの芸術家、クリムト。

 

クリムトは頽廃的なムードをたたえた作品が印象的。

1901 ユーディット_2   1024px-Gustav_Klimt_016

 

デザイン的でもありますね。金箔をふんだんに使っていて、単純に美しくもある。

 

FullSizeRender-2

こんな作品もある。

FullSizeRender-3

私はクリムトのデッサンが大好きなのです。

線がこれほど多くを表現している、ということに、まず息をのむ。

音、匂い、空気の重さ、光、… 触覚までもが刺激されるような線描。

クリムト人気はとても高いのです。

とにかく美しいから? 金箔や色がちりばめられている作品は美しい?

女性が官能的? 絵が分かりやすい? これならもらって部屋に飾ってもいいかも?

本当のクリムトの魅力というのは何なのか?

 

若い時にヨーロッパへ行って、

それまであまり好きではなかったモーツァルトがとても好きになりました。

それをフランス人のヴァイオリニストに言うと、ちょっとバカにしたような表情で、

「モーツァルト? 俗っぽいね」

と言われました。

そんな風にクリムトもおそらくどこかで、

「俗っぽいね」

という目で見られているところがある。

でも思うに、俗っぽさの中には聖なるものが宿っている。

世界はいつでも両方を孕んでいる。

ジャンヌダルクが正義のために多くの血を流してしまったように。

 

中尾さんがどんな風にクリムトを観ているのか、とても楽しみです。

そして、私のクリムトがどんな風に見え始めるのか…

 

プロトマニアの絵画鑑賞は、知識を増やすことが目的ではなくて、

知識を得ながら感じること、感じ方を開拓していく体感、がおもしろい。

中尾さんのリードはすばらしくて、押し付けない、でも引かない。

こんな美術の時間が子どもの頃からあったら、

きっと、美術は生きる歓びに溢れていると知り、

当り前のように美術が生活の中に共存しているだろうな。

 

ここは寺子屋だから、世間と違っていいんです。

浮かれポンチな感想も、変人的な発想も、マニアックな掘り下げも、ぜんぶオッケー。

既成概念を脱ぎ捨てて、目玉を洗って(笑)、

たった今生まれたばかりの赤ちゃんのような目で耳で鼻で皮膚で、

いろんなものを眺め味わってみたいものですね。

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクするということは…

otukisamawamiteiru

 

先週土曜日の、青空禅フォーラム、(12月13日受付中)

日曜日の、これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞入門講座』、(12月20日受付中)

と、日々は飛ぶように過ぎ、今日から12月です。

今週の土曜日には、

「 秘密の森のChristmas Green Wreath 作り〜*大人のgirls & boysのために〜* 」

で、皇居周辺のお散歩や緑の木々との時間を味わいます。

 

土曜日の青空禅フォーラムには初めて参加して下さる方が増えて、

プロトマニアでの青空禅フォーラムが一年を越えて、ゆっくり変化して来ているのを実感しました。

今回の伊東先生のお話には「ワクワクしました!」というご感想をたくさんいただきました。

日曜日の中尾さんの絵画鑑賞入門講座も、ワクワク〜がピッタリ。

あらたなる視点、へぇそうだったの!!という驚きをもらうと、

ワクワクするんですね。

 

自分の枠を超える、外す、はずれる、先入観や思い込み(信念)からふっと解かれる、

それがこの、ワクワク、の正体。

素敵なワクワクは、しばらくすると不安定な居心地悪さのザワザワ、になるかも。

だってそれまで当たり前だと思っていたことが破れ、無意識だったところが思わず開いちゃうわけだから。

ちょっと不安になる。

でも。

そこでクルッと踵を返して元に戻らずに、

パタンとふたして無かったことにせずに、

ジッとそのゆらゆら不安定やザワザワ変な感じを味わっていると、

自由への扉の前に立っているのだ、ということに気づくかもしれません。

 

今週土曜日のワークショップ、私は個人的にもとても楽しみにしているんです。

kiico さんの魅力、木々の香り、触り心地 …

目からの情報ではなく、耳や鼻や手触りから得る、

感覚だけを頼りに進む秘密の森への探検です。

よろしかったら、ぜひご一緒しましょう!

 

 

 

これからの予定@プロトマニア♡

gangstar

 

もう10月もおしまいに近づいています。 早いですね。

残り2ヶ月、今年のプロトマニアの予定と、

来年の青空禅フォーラム、気功講座の予定が決まりましたので、

お知らせしますね。

 

☆ 11月29日(土) 14時〜16時

青空禅フォーラム  :伊東 充隆

 

★ 11月30日(日) 10時〜12時

これまで誰も教えてくれなかった「絵画鑑賞入門講座」 :中尾 陽一

 

☆ 12月 6日(土) 13時30分〜16時30分

ヒミツの森のChristmas  Green wreath 作り :kiico

 

★ 12月13日(土) 14時〜16時

青空禅フォーラム :伊東充隆

 

☆ 12月20日(土) 14時〜16時

これまで誰も教えてくれなかった「絵画鑑賞入門講座」 :中尾 陽一

 

 

2015年の青空禅フォーラム

♡ 1月31日(土) 14時〜16時

♡ 2月14日(土) 14時〜16時

♡ 3月28日(土) 14時〜16時

 

 

2015年の  宋海君先生の気功養生特別講座

♡ 2月11日(水祝) 14時〜16時

♡ 4月29日(水祝) 14時〜16時

♡ 7月20日(月祝) 14時〜16時

♡10月12日(月祝) 14時〜16時

 

 

どうぞ、予定表に手帳にカレンダーに、チェックしてくださいね〜 !

プロトマニアの Facebook  にも,ぼちぼち書いています。

こちらもどうぞヨロシク、ぺこり。

 

 

それは本当ですか?:ゴッホ編

raisingdragon

昨日は、中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった―絵画鑑賞入門講座」でした。

今回は夏休みスペシャル企画で、ゴッホの真贋(その作品はホンモノか偽ものか???)に迫りました。

 

ゴッホは、37歳で亡くなっているのですが、画家を志したのは27歳。

ということは、たったの10年間で「天才ゴッホ」になったのですね。

とにかく、最初から絵はものすごくうまかったようですが、初期は印象派の影響があり、

いわゆるゴッホ的と私たちがイメージする作風ではないものを描いていました。

日本の浮世絵に魅せられたゴッホは、日本大好き❤になって、日本はきっと太陽さんさんの国!と憧れていたそうです。

なぜって、浮世絵の色彩はクッキリハッキリ原色を使っているから。

そして日本へ行けないゴッホは南仏のアルルへ移ります。

そこで『 アルルの跳ね橋 』やさらにサンレミという土地へ移って『 星月夜 』に見られるような作風になっていくのです。

最終的にはまたパリ方面へ上り、あの不穏な胸がザワザワするような『 カラスのいる麦畑 』などを描いて、自殺。

という人生だったそうです。

 

昨日はそんなゴッホの筆と言われる複数の自画像を取り上げて、中尾さんから「これは真作か?」と問われるレクチャー。

それは本当ですか?

 

う~ん、なんとなくゴッホにしてはさらっとしているなぁ

下手すぎる気がする

背景の描き方がゴッホにしてはいい加減

 

などなど、参加者の皆さんからは鋭い指摘もありまして、大変盛り上がりました。

どれも世界の名だたる美術館に入っている作品なのですが、まずはこんなにたくさん自画像があるのかとビックリ。

そして、疑い始めるとみんな怪しく見えてしまうんですよ~(笑)

でもこんな風にひとつのテーマの絵を並べてじっくり観たこともないし、

巨匠の作品を「これは本物か?」と疑ったこともありませんから、とってもスリリングで楽しい時間でした。

 

中尾さんの引き出しは、あちこちから知識と情報がどんどん飛び出して、尽きることがありません。

こんな風に絵を見てみると、次回、美術館へ行った時にずっと自由に自分の目で見ることができそう。

私はゴッホのぐるぐるした作品を見ていると、ゴッホの目には本当にこうとしか見えなかったのだ、見えたのだと

素晴らしすぎて胸がキュウッと切なくなるんですが、同時にどこまでも自由でジワジワ~っと幸福に包まれます。

よくぞ見えました! 拍手 !!!

…… という具合に、勝手な感想を持っても(笑)、自分がその作品から何を受け取るかは自由で、

中尾さんはじっと待っていて下さるし、中尾さんとの時間はすばらしい軸ありの放任寺子屋なんですね。

 

 

さて、次回の講座は、

 

9月27日(土) 14時から16時30分

 

です。

初めての方大歓迎です。ぜひご一緒に、誰も教えてくれなかった鑑賞の目を育てましょ。

 

知と自由の中尾流

citronron

昨日の日曜日は、中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった—絵画鑑賞入門講座」でした。

これで4回目のこのレクチャーは、毎回常連の方もいらっしゃるし、初参加の方もいらっしゃいます。

新旧入り乱れてのアートレクチャー!

美術のことは何も知らない!と言いながら参加して下さった方も、帰りには、面白かった〜とニコニコ、

そこが中尾流!

 

昨日は、ポスト印象派、つまり印象派の後の画家たちについてのレクチャーが始まりました。

モネ、ルノワール、ピサロなどに続いて、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン登場。

それまでの、見たままの自然の姿、戸外の光、太陽の光を描く印象派から、

ぐっと絵を自分に引きつけて自分は世界をこう観る!みたいな後期印象派へ。

 

モネは、晩年には目に見えるもののエッセンスを描くような、

自分が観た印象を絵に置き換えるような精神世界を描いていました。

同じように自分が観たものでも、後期印象派のセザンヌは観たままより、より分析的。

その空間にあるものを私はこう分析しました、というような描き方なんですね。

sezanne

セザンヌは、より理知的なのかな?

ゴーギャンは色が印象的ですね。赤や黄色などの色面で絵を作っていきます。

そしてゴッホ。

私はある時期から、ゴッホが大好きになりました。

ゴッホの目には見えている世界、私には強烈に魅力的で共感しちゃうんです。

自分がゴッホを好きになるなんて、若い時には思ってもいなかったけれど、

音楽ならベートーベン、絵はゴッホと、ドドーンと真ん中を行っている私の好みです。

 

中尾さんのレクチャーには、知的なお話の他に最後に番外編があるのですが、

これがすごく面白いのですよ。

日本の近代絵画の中から一点を選んで、スライドを見ながら皆で意見を言います。

好きとか嫌いとか、これは絶対、家に飾りたくないとか(笑)、言いたい放題。

みんなが観て気になっているポイントが違うし、受け取る印象もさまざま、中尾さんの意見とも違う。

それでもへっちゃらで言いたい放題。

これでいいのだ! という感じです。

 

絵の見方は、コレが正解なんてものはないかもしれませんし、好き嫌いで観るのでも良いのです。

でも、ちょっと知識があるともっと面白いんです。

一つの絵にはエピソードがいろいろあるし、時代背景やその画家と仲間の関係を知っているだけでも見方がいろいろになります。

ちょこっと知的で、あとはのびのび、が中尾流だと思います。

知識は感性の支えにもなります。

 

 

次回は7月20日(日)の午後2時から。

詳細はレクチャーのコーナーでご覧くださいね!