どんどん自由になる!〜中尾流とプロトマニア

nakaoryu

今日は梅雨らしい空模様です。

私の車は、い〜い感じに古い(持ち主と同じ〜♪)イタリア車です。

毎朝、通り道の急勾配の坂道を上がるところで、ちょっとばかり緊張します。

なぜならば、ちょうど上がり切る寸前が一旦停止の止まれポイントだから。

そこで私の車は坂道発進しなくてはならず、

ほぼ毎回、坂道をズズズズズっと下がってしまうから。

こんなしっとり雨のお天気だとかなり緊張。

今朝は坂道で斜めになりながらブレーキを踏み、

そっと再びアクセルを踏む時、思わずからだが前のめりになっていました。

遠くから見たら、ハンドルに必死でしがみついているみたいに見えたかも。

かっこ悪〜い。(いやいや、車と自分が一体になっているのだ、苦笑)

とはいえ、いくら前のめりになっても車はズズズと下がり、

ヨッコラショとようやく前進。無事で良かった。

それにしても、子どもみたいに気分では車、引っ張ってたな〜。

とっさの身体の反応は、ただ素直なのであった。

 

この前の日曜日は中尾さんの絵画鑑賞入門。

今回からしばらく連続講義で「フェルメール」を見て行くのです。

フェルメールって全部で作品が37点しか現存しないんです。(知ってた?!)

だから全体を良く見渡すことができます。

有名な『真珠の耳飾りの少女』とか、皆さんもご存知の作品があると思います。

中尾陽一 絵画鑑賞入門講座

今回も中尾流で、まずは作品をスライドでさ〜っと見てから、

この中に偽物と疑われる作品があるけれど、どれだ?と真贋を全員で考えました。

その時の皆さん、以前に比べて断然ことばが増えて、積極的に発言していました。

 

今回は常連メンバーに加えて新しく参加して下さった方がいらしたのですが、

帰り道その方と一緒だった友人が、

 

皆さんがそれぞれ勝手に自分の言いたいことを言うスタイルを、面白がっていた

 

とメールで知らせてくれました。

おお!そこを面白がって下さるとはなんというセンスの良さ!♡

 

中尾流ならではの自由な言葉のやり取り、

プロトマニアでの雰囲気を、オモシロがってくださり、ありがとうございます。

そのことが一番、みんなにそうあってほしいことだから嬉しいです。

ここではみんなが思わず大人の男の子、女の子になって、良いのだ!

 

車と一緒に思わず前のめりになって坂道を上がっちゃったって、良いのだ!

 

 

9月のプロトマニア*青空へそして中秋の名月へ

IMG_9450

 

お盆休みが終わりましたが、まだ街の中は夏休みムードですね。

私の夏休み最終日は、大の仲良しと久しぶりにゆっくりおしゃべりしました。

思い返せば長い道中、誰よりも一緒にいて深く話した時期、

心配のつもりが批判的になってキツいことを言ったり、

別の道を行くのだと思い切って疎遠になった時期、

そしていつしか作られた程よい今の距離。

ありのままを、そのままに見て尊重している。

でも、明日どうなってるかなんてわからないよね、と笑い合う。

まさに、一期一会。 縁は不思議なもの、ありがたいものです。

 

さて、8月後半のプロトマニアは次の日曜日開催の、

これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 夏のスペシャル

今年の夏スペ授業は、

「作家当てクイズ」と「私の好きな作品、作家について語って下さい!」

の2部構成です。

これまで参加していなくても、道場破り的ご参加も、大歓迎です♡

 

 

そして、9月になれば〜  ♪  、

プロトマニアの生みの親、「本当の私とは何か? 本質とは何か?」に触れる、

青空禅フォーラム  9月6日(日) 14時〜

非二元、とか、悟り、とか最近いろんな言葉で賑わっていますね、自己の本質。

青空禅フォーラムは私が出会うずっと前から、ひたすら続いて来た会です。

盛り上がったり上がらなかったり、着々と、あるいは、ほそぼそと(笑)。

おそらく伊東先生ご自身と、これまで参加しては通り過ぎて行った人たちを含めた

私たち参加者が、育み育まれて成っている「場」だろうと思います。

本当は時間も空間もないけれどね(…って何だ??という人は参加してみてね)。

そこでは、手をかえ品をかえ「自己の本質」への道案内が続けられています。

継続は力なり。伊東先生のド根性に感謝、おおきにありがとう!〜

こんな時代だからこそ、青空禅フォーラムという無分別の場に来てみてほしいと

切に思っています。

 

 

IMG_9253

 

さてさてそして、久しぶりにお迎えします、景山えりかさん!

暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜中秋の名月を楽しむ

9月23日(火祝・秋分の日)  13:30〜

です。

 

えりかさんは、著書「自然とつながる暮らしかた  空の向こうは私のうちがわ

をはじめ、ご自身の    ブログ や All About での   コラム  、MYLOHAS  の  連載 、

そしてプロトマニアなどでの講座、といろいろな方面でご活躍中。

天文に関する知識を私たちにも分かりやすく、天文オタクではない表現で、

その時々季節のお宇宙の様子を知らせてくださいます。

プロトマニアでの「中秋の名月を楽しむ」は、

毎日スケジュールいっぱいで時間に追われ、隙間があればお手軽な外部からの刺激

で埋めてしまう現代の生活をちょっとだけ見直し、

心地よいすき間、ゆとりを大切にすることを思い出す、

心豊かな毎日へのきっかけになる、と思います。

 

この度は不肖アラカワが、おいしい♡お茶をご用意してお待ちしております。

どうぞ、ご参加くださいね〜

お申し込みは   こちらから どうぞ!

 

 

 

*ブログのタイトルをクリックしてみてくださいね。
PROTOMANIA のタイトルバックの空が変わります。

 

 

ただ本当に見えている

FullSizeRender-150

今日の東京はとてもとても暑かった!

プロトマニアでは、中尾流の第15回これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座。

今回は、クリムトの風景画をひとしきり見て、野獣派と言われるフォーヴィズムへ。

 

フォーヴィズムの作家といえば、代表格はマティスです。

カラフルな色彩の作品は、きっと誰でも見たことがありますよね。

緻密に描き込む、のではなく、色の効果でそれをそれとして見せる。

参加者からは、好き、わからない、といろいろ意見が出ました。

子どもでも描けそうな絵、という印象もあるようですが、

色の効果で遠近感を出したり、ある色の美しさを際立たせるための配色やかたちなど、

実は緻密な計算がある、というところまでわかりました。

中尾先生の明快な解説を聞きながら、

最初は「なんじゃこりゃ?」だったのが「なるほど〜」に変化していく目のおもしろさ。

 

 

私は絵を見ているとつい夢想してしまうのですが、

 

 

本当は、ただ見えたそのままを描いていたりして。

 

・・・・・ 笑

 

アートは、既存のものの見方を揺さぶったり、価値を疑わせる鍵でもありますが、

ゴッホには本当にあんな風に空が見えていて、クリムトには林の風景はただそう見えていて、

マティスには本当にそこに緑の線がなくてはならなかった、とかね。

それじゃ、思想も技術も研究も歴史もなくて、

元も子もないということになっちゃうので、却下かな。

 

世界を丁寧に見ていると、

実際そういう瞬間があり、そういうカタチがあり、本当にある色、光景かもしれません。

それを再現して描いてしまえるところが芸術なのだけど。

世界は本当に美で充ち満ちているような気がします。

 

IMG_9203

夕暮れの半月

 

7月のプロトマニア

IMG_8825

もうすぐ七夕。

 

7月のプロトマニア、まずはプロトマニア大黒柱の伊東充隆先生による『 青空禅フォーラム 』。

ただいま定員に達しておりますが、ワクを拡げてまだご参加受け付けております。

コツコツやって来て、だんだん、どんどん増えて来た参加者。

先生の青空禅ライブは、グングン熱くそして静かになっていく。

(オノマトペ、多すぎ???)

準備する係りの者といたしましては、たいへん喜ばしく、ホッとしつつも浮かれず慌てず、

気持ちあらたに、学ぶためにここにいらした皆さまが、スッと集中できる環境作りを心がけます。

8月には、『 青空禅ワークショプ 』も控えています。

ワークショップは半日かけて、講義、瞑想、日々の実践に結びつくワークをいたします。

もしかすると広島や大阪で開かれている1年コース「和サンガ」の感触を、

このワークショップでほんの少し体験していただけるのではないかと思います。

(ということは! 東京和サンガも水面下で着々と準備中、ということ〜!?)

ご興味を持っていただけましたら、ぜひ8月ワークショップにお申し込みくださいね!

7月青空禅、8月青空禅ワークショップへのご参加、お待ちしています。

 

さて、その次は、プロトマニアで大人気の『 宋海君先生の気功養生特別講座 』。

こちらも早々と満席になりましたが、キャンセルが出ましたので、まだ少し受け付けています。

今回は夏の身体にあった食物、食べ方、身体の様子、そして実践気功を教えていただきます。

気功は、宋先生がいつもおっしゃるように、勝手にどこかのスーパーマンが考えたものではなく、

長い歴史に整合された知恵です。

私たちが安心して、納得しながら、日々の暮らしに取り入れられるもの。

そして健やかなからだと精神のバランスを取るための知恵。

宋先生の講座は、毎回楽しみにして下さるリピーターが多いのですが、

気功ってどんなものかな?という初めての方はぜひぜひ、初気功を宋先生から体験してください。

 

そしてプロトマニアでしかきっとあり得ない美術講座、

中尾陽一さんの『 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 』。

第15回となる7月のテーマは、

「クリムトの風景画、そしてマティスとフォーヴィズム』。

前回、クリムトを巡る様々な見方,意見が出て、予定していた風景画まで到達しませんでした(笑)。

日本で人気のあるクリムトですが、いろいろな意味で一筋縄ではいきません。

館にたくさんの女性モデルを住まわせて、描いてみたり、戯れてみたり… !。

金箔で覆われた作品イメージは、ただのぴかぴか装飾だったのか?

それとも何かを含み隠していたのか??

エロティックなデッサンの意図は何か? そもそもそこをわざわざ描く意味あるの?

と見る者の想像力、正義感、道徳観、理性までもを刺激しまくりました。

 

中尾さんの素敵なところは、

見たことのない作品と向き合い、漠然と鑑賞し始めた私たちから、

最後には、何かを伝えられる「言葉」を引き出してくれるところです。

中尾流のテンポに乗って、知らず知らずのうちに、

誰もが絵を参照点にして感じたり考えたりしたことを、言葉にして発しています。

遠慮なく、自由に、楽しくワイワイガヤガヤと盛り上がるのが一番!と

中尾さんはいつも堅苦しくないから、白熱教室です。

 

という7月のプロトマニア。

 

プロトマニアは都会の寺子屋をイメージしています。

学校でもお稽古ごとでもカルチャースクールでもありません。

先生たちの『パッション』があって(ブラボー!)

参加してくださる皆さんの好奇心、真摯さ、遊び心、リスペクトがあって、

プロトマニアという正直な空間があって、

だから、寺子屋。

大きな流れの中でプロトマニアのことが出来る今、

私はとってもハッピーです。

 

 

 

 

 

キラキラと。

emiemiemie

土日はプロトマニア。

 

土曜日は、さいとうえみさんのボディーバランスセラピーでした。

プロトマニアのセラピーはとってもいい気持ちです。

セラピストのえみさんが素晴らしいのは既にお伝えしましたが、

その上、プロトマニアの空間の真ん真ん中に施術ベッドを置いて、

ふわーんと独り占めの100分セラピーだからね。

 

人間は、一般的にはちょっと閉じた狭い空間の方が安心すると言いますが、

えみちゃんのセラピーにはこの何もない広さと明るさが合っているのだと思います。

 

私は基本的にセラピー中はその場にいないのですが、

終わり頃に戻って来ると、セラピーが終わった方の目が最初にいらした時と全然違うので、

思わず笑みがこぼれてしまいます。

お顔はスッキリ、目がキラキラしています。

「飾ってある絵がハッキリよく見える!」とおっしゃっていました。

後から感想をメールでいただきましたが、背骨が伸びて顔もリフトアップ、

そして靴がブカブカになっちゃっていました(笑)とのことでしたよ。

 

私たち、本当に自分で思っている以上にあちこち縮こまっていたり、しこっていたりするのですね。

えみちゃんはご本人が気がついていない状態を見つけて、アドバイスと施術をしています。

的確です。

来月は2月28日(土)です。

午後の2回は予約済みで、最終回の17時からのみご予約いただけます。

 

 

そして、今日は中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座〜」。

今日のお題は、ボッティチェリでした。

「ヴィーナスの誕生」や「春」が有名なボッティチェリ。

ボッティチェリの作品はどれもなんとなく品が良くて奇麗です。

キリスト教的主題の作品もありますが、異教的な作品こそがボッティチェリの真骨頂でもあり、

一見わかりやすいようで、実は不思議がたっぷり詰まった作品なのだということがわかりました。

 

さらっと見るだけでなく、こうしてひとつひとつを丁寧に見て行くことからは、

「ハイハイ、あれね、もう見飽きたよ〜」っていうような作品も、

実は全然見ていなかった、知らなかったという目からウロコがたくさんあります。

絵を読み解くだけでなく、感じることを促しながらそこへ持って行く、

それがさすが中尾流なのでした。

 

参加の皆さまからは、今日も元気に感想が飛び交いました。

「これはいらない、欲しくな〜い!」とか(笑)

お帰りになる時の皆さんが、本当に楽しそうなキラキラ笑顔です。

 

ここではみなさんそれぞれが主役であり、その他大勢(笑)でもあります。

中尾さんの、押し付けないリード。お見事。

楽しく時間を忘れさせ、知識をたくさんくれるのに理論だけじゃない伸びやかさ。

知る、よりも、味わう、ことへとリードしてくれる中尾流。

2月がお休みで、次回は3月15日(日)13時からです。

 

M.Nakaokan

 

嗚呼、プロトマニア楽しや!