とっこさんの心身調和と空(ソラ)のお茶会。

 

大雪が過ぎたと思ったら、今日の東京は雪が降りそうな冷たい曇り空です。

 

いよいよ、楽しいこともそうでないことも(苦笑)いろいろと忙しくて寒い季節ですが、そんな時、心身は無意識に硬くなります。少しケアしてあげないといけません。

 

12月17日(日)の14時から開催する

 

「とっこさんの心身調和のための学び」

 

で、ご自身のからだとこころに、しばし目を向けてあげて下さい。

 

とっこさんの語り口はとてもリズミカルで、大切なことがポンと頭や胸に飛び込んできます。むずかしいことは一つもないので、普段、からだには無頓着(笑)な方にこそ来てほしい。心身のプロフェッショナルとっこさんに、あなた身体を客観的に見てアドバイスをもらうチャンス! 今こそ、いらしてください。お申し込みはこちらから→

 

 

そして、毎月開催している

 

「空のお茶会♪〜バーソロミューと共に」

 

は、16日(土)の14時からです。

日常で起こるいろいろなこと、つまらないこと、いやになっちゃうこと・・・そして、嬉しかったこと、気づいたこと、軽やかになったこと・・・いろいろおしゃべりしましょう。いわゆる非二元もよし、スピリチュアルもよし。まずは「私」と信じて来たことを疑ってみたり、その意識の位置を変えてみたり、ワークもしてみましょう。空のお茶会は先生がいないから、自分たちで工夫しながらね〜

 

さて、ところでソレが何になるか?  というと、実はそれはと〜っても役に立ちますよ! 私はそれを確信しています。だからこそ、ぜひ来てほしい「空のお茶会」です♪ 当日参加も大歓迎。お気軽に遊びにいらしてください。

 

来てね〜(オマケ)

 

広告

12月のプロトマニア。

 

あれよあれよと11月が終わりますね〜。

 

さて、12月のプロトマニア、やはり始まりは、

 

伊東充隆主宰『青空禅塾』 12月3日(日) 13時から

 

です。

 

 

伊東先生の青空禅塾は、自己の本質への道案内です。

ソレは何か〜???

というと、この世界の謎みたいな「私」とは、いったい何か?です。

私はそれが知りたくてずっと探していたんですが、今「私」を知識で理解し、理解だけではなく今の自分の精一杯の実感のために、ある実践をしています。そんな中で感じるのは、その実践は「存在の仕方」としてこの世のワタシにこの世で役立つんだなってこと。先生のお話会で「座学にとどまらないように、日常と結びつけてそれを生かして実践して」と時々言われたこと、先生の愛。巷で「さとり〜」とか「非二元」と言われたりするそれは、実は人間にもっとも身近でもっとも必要なことなのだと感じています。

 

 

さて、翌週12月9日(土)の午後は、

 

kiico さんの『クリスマス・フォレスト・リース作り』

 

 

この講座は毎年恒例になっております。既に満席なのですが、キャンセル待ちでお申し込みいただいていると、もしかするとご案内ができるかもしれません。単なるクリスマスリースを作るのではない、kiico さんならではのスペシャルオマケ付き、そしてプロトマニアならではの冬の森のリース作り。エントリーしてくださいね!

 

 

12月16日(土)14時からは,空のお茶会です。

 

 

ソラのお茶会は、バーソロミューを読んだり、自己の本質についてわかること、わからないこと、そのままおしゃべりするお茶会。教えてくれる先生はいないけれど、慌てず焦らず比べずに自分で確かめる場です。毎回、へ〜っとおどろく面白いお話や、わ〜お!で素敵なハプニングがあって、時々ゲストも遊びに来てくれる空のお茶会。部活みたいだから、一応、わたしが部長です。ぜひご一緒しましょう。

 

12月17日(日)14時からは、

 

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び〜師走の身体と心を学ぶ』

 

 

 

とっこさんは、哲学する身体パフォーマーです。この連続講座も最終講。師走のわさわさした雰囲気にのまれずに、ご自身の身体と心と向き合ってみてくださいね。とっこさんから伝えられる身体の知恵、心の持ち方のコツ、ぜひ日々にいかしてください。お申し込み受付中です!

 

今年の締めくくりは、クリスマスイブの12月24日(日)13時から

 

中尾陽一先生の『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』

 

です。

 

この講座は、プロトマニアの二大大黒柱のひとつ、白熱教室です。中尾先生はいつもクマさんみたいにおっとりとどっしりと、みんなを美術の世界へと連れて行ってくれます。ここでは美術の知識の量は問題ではありません。一つの作品を見て何を感じるか?それをひとつずつ確かめてみましょう。

12月は、ダ・ヴィンチ! おもしろそうですよ〜ぜひご一緒しましょう。

 

 

さてプロトマニアは12月で満5年。素敵な先生方と参加者の皆さまに支えて頂きながら、このスペースが育まれました。場って不思議ですね。最初のプロトマニアはスキッと清涼でありながら、まだ少し硬いぎこちなさがありました。でも、今のプロトマニアの空気感は悠々としています。ここでの皆さまとの出会い、先生たちとのやり取りは本当に宝物。2017年最後の講座も、どうぞふるってご参加ください。お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

11月空のお茶会で閑。

 

昨日は、空のお茶会でした。今回は最小人数だったけど、バーソロミューを読んだことがないという友人と一緒に、いろいろおしゃべりできました。

 

「私」とは何か?

 

ということは、離れたどこかのファンタジーの世界にあるわけではなく、毎日、起きて、家族の世話をしたり、仕事をしたり、議論したり、仲良くしたり、落ち込んだりしながら、いつでも毎瞬、その入口にいることはできます。そして、形而上学的な知的遊びではありません。そのことを、一緒にふんふんと確認した空のお茶会でした。ゆっくりした凪ぎのような時間でした。

 

私はこのところいろいろと忙しくて、頭の中のおしゃべりがうるさかったのです。終わった頃には知らず知らず閑かになっていて、顔の表情が穏やかになっていたかもね。そして、プロトマニアってなんだか落ち着くなぁ。

 

 

次回の空のお茶会の日程は近日中にお知らせします。

 

 

5年の愛。

 

 

★気づき→注意を向けた先→意識。

 

伊東先生の青空禅フォーラムをはじめ、主催者という名の裏方をやらせていただいて、そろそろ5年が過ぎて行きます。(先生の会に通ってからはもっともっと長い)

 

・・・ということは、プロトマニアも5歳。

 

プロトマニアは、自己の本質について思う存分に探究してそれを追求する場として、ノリでスタートしましたが、本質とは、追い求めた先のどこかにある訳ではないことを知り、どのような態度でいることかを知り、在り方を知り、終わりも始まりもないことを知った。そして、その知ることも分かることもないそれへの入口として、ただ在り方を整えます。この自分ができることはそれだけで、止むことなく。忘れたら思い出して、無心の一呼吸。

 

あとの自分は、まずは身近な人々、コトゴトを大切にし、余計な意図を働かせず、丁寧に暮らそう。

 

明晰さというのは、逃げ道を作らないことであると聞きました。厳しい。「不変なるもの」とは、知ることも見ることもできない認識できないそれ。そんなそれに誠実に在ることを貫くには、明晰さが必須で想像していたよりもはるかに厳しい。が、厳しいと同時に温かく、知的な在り方だと思う。それとは「愛」とも呼ばれる無分別だから。

 

プロトマニアが生まれてくれて、本当によかった。いろいろなことは相変わらず起こるけれど、誰もがいつだってベストを尽くしていて、今が一番若いのと同じように(笑)、今が一番、幸せなのだ。

 

突然、ワケも無くふわっと感謝に充ち満ちる、5年の愛の贈りもの。

 

 

カカオ。女子力アップだって。

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

 

12月3日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

 

助けを借りる 〜Do you need a hand ?

 

「あなたは、一番でいたいですか? それとも全体でいたいですか?」

 

この問いには「全体!」と即座に言うでしょう。だって、私はずーっと青空禅やバーソロミューを友に自己の本質を求めてきたのですもの。

 

でも・・・ふとした時、計らずも見えてしまいました、まだまだ「一番でいたいで〜す♪」という微笑ましい自分。・・・いるいる・・・。

 

その自分は、理想と努力の正反対。だから、これまでは即座に、いっかーん!と否定、その自分にはフタをしていた。でも今はちょっとだけ違います。健気で可愛らしく一番になりた〜いって、ま〜だ言っている(笑)自分を、まずは見て、まだいることを認めてあげる。つまり、もう抵抗しません。

自分ではクリアになっているつ・も・り、のことは、いつだってひっくり返ります。だからあまり厳しく、真面目になりすぎないで余白を残しておく。きゅうきゅうと詰めずに力を抜いて。そして、正直になった方が、ずーっと楽チンなんです。

 

今年、学んだなぁと思うことがひとつあります。それは、

 

「助けは借りよう」

 

ということです。何事も、自分でやらなきゃ、自分でやれる、自分はやれる、だって当然自分がやるものでしょ、みたいな思い込みで一人でグングンがんばるのをすっかり止めました。

 

誰かの手を借りる、委ねる、お任せする、ということの意味と味を学びました。

 

考えたら、仕事場ではみんながいるから仕事が廻って運営されています。それぞれの人が得意なところを出し合っていて、私は責任者だけれど、ちょこちょこ叱られるし(笑)、みんなを頼っています。

母のケアは、人の手と目が増えたことで得られた安心と安定があります。ヘルパーさんや訪問看護師さんを頼っています。

プロトマニアでは、青空禅なら事務局のRちゃんが遅刻魔の私を手伝ってくれるし、絵画入門や空のお茶会では参加する友人たちが人集めや当日の後片付けを手伝ってくれたり、その場の参加者の方たちが自然に協力してくれます。

 

子どもの頃から甘ったれだったので、人に頼っていはいけない!依存してはいけない!強く在らねばならぬ〜という強迫観念があり、独り相撲が取れるくらい一人でがんばっているつもりの時もあったのです。でも、依存せずに頼ればいいんです。

 

そして人に頼れるようになると、とても楽チンでふわっとします。何よりも、ありがたや〜と感謝もひとしおになり、笑顔でいられます。

 

 

ということでね、私とは何か?という本質についていろいろ読んだり聞いたりワークしてみたけど、壁にドーンと立ち塞がれていたら、青空禅塾の伊東先生を頼ればいいし、空のお茶会に来て弱音をはいてみたらいいと思うんです。タクさんのブログにメッセージを送ってもいいし、会ったこともなくたって、これぞ!という人を見つけたら思い切ってメールすればいいと思います。

 

助けを借りることって、本当にだいじなことだなぁって実感しています。

 

一番は全体あっての、一番なんです。全体がない一番なんてないものね。

 

 

朝の習慣、台所のすみっこでお茶をシャカシャカ点てて飲む、朝抹茶。

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 気づきの注意は、根源に向ける。

伊東充隆 主宰  第5回 青空禅塾

 

12月3日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

真ん中。

 

思いがけないプレゼントって嬉しいですね。

 

手編みのマフラー、もらっちゃった〜♡

 

まるで恋人からの贈りものみたいで、ドキドキ(笑)

 

 

ぬくぬく暖かくてオシャレで、私はもちろん嬉しいし、作ってくれた友だちは、これがきっかけで作る楽しさ思い出した〜って楽しみながら作ってくれていたみたいです。

 

 

ケンカも仲良しも、一方通行はないから、いつも真ん中。相手も自分も責めないこと、誰かにばかり感謝しないこと。認識できるものは総て必ず、両面があることを覚えておくこと。

 

いつも真ん中。

 

 

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 思い込みをひとつずつはずしてみたら。

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

 

11月のプロトマニア

 

台風に翻弄された10月の終わり。東京は、いきなり冬の寒さです。

暖かくしてお過ごしくださいね〜

 

 

さて、11月のプロトマニアは、

 

11月5日(日)開催

伊東充隆主宰 第4回青空禅塾

 

からスタートです。いろんなところで非二元のお話を聴いたり、悟りのティーチャーの集まりに参加したり、自分で本を読んで来たけれど、てんてんてん・・・という方は、ぜひ一度青空禅塾にいらしてみてくださいね。

 

伊東先生の素晴らしいところは、左脳と右脳のナイスなバランス、男性と女性の質の絶妙なバランス、言葉と感覚のお見事なバランス、ユーモアに満ちた温かな慈愛(♡)と冷静でブキッチョなクールさ(笑)のバランスなどなどにあります。それそのものは言葉の世界には表せないから、その入口までを丁寧に誠実に道案内してくれる、ホントにいい先生ですよ♪

 

そしてその青空禅が生まれ故郷の、

 

空のお茶会は、

11月12日(日)の14時から開催です。

 

空のお茶会は、「くう」ではなくて「そら」ですよ〜 くうとかむ〜とか言わなくても、リラックスしてワハハと笑ったり、真剣に耳を傾けたりしながら、自分でなんとかせずに自然に自然に。当日思い立ったらでも、いつでも来て下さいね〜

 

 

そして、プロトマニアのアートはこれ、

 

11月26日(日)13時30分から、

中尾陽一先生の これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

ピカソをやっております。今回その3。いよいよピカソっぽいキュビズムへ。

参加者からの感想、

 

迷える生徒のどんな話も否定はせずに受け止めて(その度量もすごい! )いつのまにか導いて下さる 牧羊犬?失礼か💦 道を照らす天使⁇ いや、お遍路の先達⁈ のような中尾先生だからです。
あんな授業をする先生に子供達が出会えたら、もっと個性を素直にすくすく伸ばせるんじゃないかしら。大人になった今頃でも、和気藹々な講座で年齢関係なく学べるのはほんとにいつも楽しいです😄 

 

なんていう素敵なお言葉、いただきました。そして中尾先生のクマさんっぷりもお楽しみに。

 

11月は、秋のプロトマニアでしばし、ご自身と出会い確かめてみてくださいね。

 

 

そしていよいよ2017年最後の月、12月には毎月開催のおなじみ寺子屋に加えて、

 

 

*12月9日(土) kiico さんの クリスマスフォレストリース作り 

 

*12月17日(日) とっこさんの 季節ごとの心身調和のための学び

 

 

を開催します。こちらもお申し込み受付中。お早めにどうぞ〜

 

 

『花ひらく木をめぐる抽象』1923年(大正14年!) パウル・クレー

 

 

 

微かな疑いの「?」

 

ヨガクラスで動きながら、ここを伸ばすと気持ちよいですよね〜と、うんうん頷いていた70代のマダムが、ふと

 

 

「この気持ちいいって、どこがそう感じているんですか???」

 

と質問。

おっ!いきなり哲学的〜〜〜

 

 

「脳ですか?」

 

「う〜ん、脳はそういう表現で解釈しているんでしょうね〜〜〜」

 

 

世界はナゼあるんでしょう?

私はどこにあるんでしょう?

私とは何でしょう?

答えはあるんでしょうか?

それは本当なんでしょうか?

 

思い込みや記憶していることに、かすかな疑いの「?」が。それは、ふと起こる。

 

 

爽快♪

 

11月の空(そら)のお茶会は、11月12日(日)の午後です。ひとりでは見えない聞こえない気づかないことが、おしゃべりしながら浮かんでくるかもしれません。結論も正解も、あってもなくてもいいのかも、ってふと思うかもしれません。

 

災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。
死ぬる時節には死ぬがよく候。
これはこれ災難をのがるる妙法にて候。

良寛

 

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 思い込みをひとつずつはずしてみたら。

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

そらのお茶会のミッションはひたすら、リラックス。

 

10月の空のお茶会は、男女混合チーム。お茶とオヤツとおしゃべりをバーソロミューと一緒にのんびり楽しみました。

 

このところバーソロミューの朗読は、事前に文を抜粋せず、おみくじバーソロミュー。初参加の方にパッと本を開いていただいたところから読む。意図の入る余地がない出発。無防備で始めています♪

 

瞑想とか、ただ座るとか、呼吸とか、いろいろ言われるけど、それはひたすらリラックスのためだと思います。身体もゆるめ、頭の中のおしゃべりもゆるめ、ぼよよ〜んとすることを促します。瞑想法とか座り方、呼吸法のお約束は、身体と頭に「よろしい、ボヨヨンを許可します!」と宣言しているようなものでしょ。そこで眩い光が見えてもいいし、身体が無くなって目玉だけになっちゃてもいいし、溶け去ってもオッケーです。でもそれをつかまない方がいい。それと本質は無関係だから。

 

 

何しろ、リラックスが大事なんだってコト、それが10月のお茶会ではよ〜くわかりましたよ〜

 

 

これまで何年にもわたって、「座って心を静めよ」と言って来ました。肉体や精神や感情が生み出す雑音を消したときに、もうひとつの創造的なエネルギー、つまり純粋な覚醒の存在に気づくことができます。それはあらゆる瞬間にあなたとともにあり、細胞や頭のなか、そして感情のなかに存在します。それがなかったならば、何も存在できません。

私があなた方に使うようにと勧めているのは、このちがう種類のエネルギーなのです。そのなかに入ると、ただちに純粋な覚醒を感じはじめます。そこには思考も識別も形もありません。このエネルギーの場は、愛や健康に関する〈 新しい 〉感覚を人びとにもたらすでしょう。

どうすればこのエネルギーの場に入れるでしょうか。

心を静め、純粋な覚醒のなかに入り、それを感じることです。このことを一時間に何回となく、できるだけ多く実行します。心を静め、入り、感じる、です。

 

このエネルギーの場に入ることを、自分の人生における最も重要なことだと思って生きると、いわゆる静かで小さな神の声が聞こえるようになります。それが静かな声であることは疑問の余地がありません。それが小さな声に思える理由は、人はいつも肉体や心や思考の声に耳を傾けているからです。けれども静かで小さな声はいつも存在しています。それに達する方法は、心を静めて、このエネルギーの場に入ることを日常的に実行することです。

やり方がまちがっているのではないかなどと心配しないでください。とにかく実践することです。そしてその過程で、瞬間的な創造が可能になります。

 

『バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り』第四部 帰還 波と虚空 P199〜200より抜粋

 

 

・・・ね。

 

それは思っているよりもずっとずっと、静かで小さな声。あ〜でもないこ〜でもないと雑音があると、気づけない。

 

言葉や表現にとらわれないでくださいよ〜。バーソロミューの言葉そのものではなく、それが差し示す方向へ、です。

これか〜!とガッテンしたら、おそらくまずそれじゃないから(笑)、ハイまた戻って戻って。一緒に静かにしましょ。

 

空のお茶会はひたすら、リラックスのために。

 

 

季節の和菓子でお抹茶ごっこしました。

 

南から飛んで来てくれた、しあわせはこぶとりサブレ。

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

空のお茶会の生まれ故郷はこちら。

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

空のお茶会、10月は15日(日)にやります♪

 

10月の空(ソラ)のお茶会は、15日(日)にやります。

 

 

地味にコツコツ続けております。

 

先生はいませんが、たまにはゲスト、例えば夏休みスペシャルのタクさんとかが、また来てくれるかもしれないし、全く違うアプローチからボディワークの誰かさんが来てくれるかもしれません。

 

基本的に、これは違うのだ〜ってことは何も無いので、なんでもオモシロそうなことをウェルカムしながら、素直に素直にそのまんま。そんな風に続けていければいいな。

 

 

プロトマニアを作った一番の目的は、「自己の本質」について遠慮なく真理の探究する場を作ることだったのです。

 

この世では必要とされる目標、たとえばお金を稼ぐ、有名になる、成功する・・・とは全く関係ないことだけど、なんと言われても知りたかったこと。それにたっぷり浸る空のお茶会。

 

探究の道中では、イメージしていたこととは違うと迷ったり、ヤサグレたことも多々ありますが、フタを開けてみたら、そうでありたかったそのまんまだったりして・・・とは、それもちょっと口から出任せの作り話っぽいけど(笑)、とにかくプロトマニアが生まれて、来てくれるみんなに出会って、空のお茶会ができることに感謝しています。

 

迷いも悟りもないのが、空。

 

まずは一緒に、リラックスリラックス、一休みひと休み♪

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

10月15日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪