そのすべてが 瞑想にふくまれます〜 J.クリシュナムルティ

 

瞑想は

日常生活とはべつの何かではありません

部屋の隅にいって

10分間 瞑想をし

そこからでてきて肉屋にもどる

というようなものではありません

比喩として言っているだけでなく

実際にそうなのです

 

瞑想は

もっとも重大なことのひとつです

あなたは それを一日中できます

仕事場にいるときでも

家族と一緒にいるときでも

誰かに「愛してるよ」と言っているときでも

子どもたちのことを考えているときでも・・・・・

しかし その一方で

あなたは ひとびとに

兵士になり ひとを殺し

愛国者になり 国旗に敬礼するようにと

おしえています

現代社会の このような罠にはまるように

ひとびとを教育しています

 

それらを ことごとく見まもり

あなたが そのなかで果たしている役割を理解すること

そのすべてが 瞑想にふくまれます

このように瞑想しているとき

あなたは そのなかに

たとえようもない美しさを見いだすでしょう

そして あなたは

どんな瞬間にも ただしく行動するようになるはずです

たとえ いっとき

ただしく行動しないことがあったとしても

問題ではありません

ふたたび それをとりもどせばよいのです

くやんで 時間をむだにすることはありません

瞑想は 生活の一部です

生活とはべつのなにかではありません

 

 

『  MEDITATIONS 瞑想  』J. クリシュナムルティ    中川吉晴  訳  より抜粋

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

広告

クリシュナムルティの言葉

瞑想 クリシュナムルティ

 

瞑想は

生のなかで もっとも偉大な芸術のひとつです

おそらく最高に偉大なものでしょう

それは ほかの誰かから学べるものではありません

それが 瞑想の美しさです

瞑想には どんな技法もありません

それゆえ 瞑想には権威者などいないのです

あなたが自分自身について知るとき

つまり あなた自身を見つめ

どのように歩き どのように食べ

なにを話しているかを見まもり

おしゃべりや 憎しみや 嫉妬を見つめ

あなた自身のなかで

これらすべてのことに

思考をさしはさむことなく気づいているとき

それはすでに 瞑想になっています

 

だから

バスにのっていても

木漏れ日のさす森のなかを歩いていても

鳥のさえずりを聴いていても

妻や子どもの顔をながめていても

瞑想はおこります

 

 

『  MEDITATIONS 瞑想  』J. クリシュナムルティ    中川吉晴  訳  より抜粋

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

 

間、こそ極意!

fullsizerender-446

 

青空禅フォーラムというだけあって、

青空禅の時には、毎回一番最初にリラックスのための瞑想をします。

呼吸がゆったりしてくるような音楽をBGMに、

伊東先生がゆっくりと言葉でリードしてくれて、

言われたそこに意識を向けながら呼吸します。

ただそれだけ。

 

でも、外から慌ててプロトマニアに到着して席に座ったり、

初めてひとりで参加するからちょっと緊張、とか、

始まるまでのおしゃべりが楽しくて心が外へ向かっているとか、

そういう、良くも悪くもガサガサざわざわした自分の状態が、

瞑想とともに静かになって、集中力が上がって来ます。

 

集中力とはつまり、

今、

この目の前にあること、

聞こえることに、

集中、ってこと。

 

 

難しいことではありません。

忙しい私たちは、こんな簡単なことができない毎日だったりします。

いつでも心は未来へ過去へ、そして空想の世界へとウロウロ落ち着きがありません。

でも、ほんの3つだけ、吸って吐く、の呼吸をする間、

その呼吸を見つめるだけで、間が空きます。

この「間」こそが、たいせつ。

 

え? 間ってそんなのいつでも作れるし、作ってるし、

って思うかもしれませんが、

この「間」の秘めたる無尽蔵のパワー、知ったらもう無敵かも(笑)。

 

そんな話が出るかどうかは知りませんが、

今週、水曜日の祝日は、伊東先生の、

『青空禅 1 Day ワークショップ マインドフルネス瞑想〜入門から極意まで』

にぜひ来てみてくださいね。

 

禅、ZEN 、

青空禅を20年近く開いて来た伊東先生の知識の幅広さと軽やかさ。

ちょっとお茶目で、おだやか〜でしずか〜でふつ〜。

 

…ふつ〜。

フツウ、って実にホントにすごいことです。

ぜひご一緒に。

 

fullsizerender-445

 

*伊東充隆主宰 青空禅  1Day ワークショップ

「マインドフルネス瞑想 入門と極意」

〜穏やかなこころ、明晰性、理由のない幸せ〜

お申し込みは こちらから  →

 

 

 

伊東先生の「マインドフルネス瞑想 入門と極意」は来週開催。

img_0785

私は時々、老母のことをフェイスブックやこのブログに書きます。

すると、美しい話のような印象を持って下さる方もいらっしゃるのですが、

私にとって、母は長年に渡り取り組んで来た、課題(苦笑)。

少し変わった人だったので、お母さんらしいお母さんではなく、

母との関係が子ども時代からかなりの難題、難問でした。

でも、伊東先生の青空禅フォーラムや和サンガでの真理の探究を続けるうちに、

ふと気づくと、母を見る目が変わっていました。

 

自己の本質、真我、仏性、非二元…という呼び名がついた本質への学びは、

より良く生きる人間になることを目指すものではありません。

愛情深く、正しい、人としてあるべき姿、

世界の発展のために貢献する人間として磨くべき品性知性、人格のため、

又は、何かを解決したり、解消したりするため、でもないと言います。

何も佳いことがないのに、なぜそれを求めるのか。その目的は何か?

その答えを知りたい気持ちが納まるまでは少し時間がかかるかもしれません。

でもいずれ、その目的は? 何故?という、果てなき問いの輪から解放されます。

あとは、突き動かされる衝動によって。

 

現実世界で得られる具体的な何かのためではないけれど、

この真理を求める学びには、ちょっとしたオマケがついています。

そこに少しでも触れることが、日々を力まず、慌てずに過ごせること、

それに繋がるのです。それはね、本当です。

真理の学びの基底にある静寂と平穏は、

母を見る目にも変化をもたらしていると感じます。

その先へは、世界がひっくり返ることに身を委ねる覚悟がいる(笑)けれど、

それもまた、いつか吹く風によって。

 

 

今、東京で展覧会を開催中のスペインの巨匠、サルバドール・ダリの言葉に、

 

もっとも写実的な絵が、もっとも超現実(シュールレアル)である。

それこそがダリを象徴する、パラドクス。

 

というものがあります。

これはまさに、真理の言葉ではないでしょうか。

 

プロトマニアはもうすぐ5歳。

本質に、鋭く優しく、温かく知的に、センスよく、

時にユーモアを持ってゆったりと触れる歓びの場、プロトマニア。

そこへは、それぞれの人にぴたっと合う入口から。

 

今の自分にとって、本質の手前まで誠実に安全に道案内をしてくれるのは、

伊東充隆先生。

不思議で一途な、スーパードクターです。

23日には1Day ワークショップでマインドフルネス瞑想に触れながら、

理由なんてひとつもいらない幸せ、に気づくこと、

矛盾や葛藤を超えて、明晰に見ること、

責めたり批判することなく、自ずから穏やかにあること、

そんなお話とワークをして下さると思います。

ぜひいらしてください。

 

fullsizerender-437

 

*伊東充隆主宰 青空禅  1Day ワークショップ

「マインドフルネス瞑想 入門と極意」

〜穏やかなこころ、明晰性、理由のない幸せ〜

お申し込みは こちらから  →

 

 

 

ただただリラックス、吐いたら吸う〜。

img_0706

 

最近は、幼稚園でも朝、瞑想をするのですって。

 

瞑想は、難しくないし、あやしくもない(笑)。

スマホやゲームの中に吸い込まれた元気を取り戻せると思う。

長い時間じゃなくても良いのです。

 

ちょっとだけ目をつむって、

ふぅ〜っと息を口から吐いて、

すぅ〜っと鼻から空気を吸う。

口から吐いて、鼻から吸う。

 

慣れて来たら、口から吐く息を針の穴に通すようにそぉっとやってみて。

息は吐き切ったら、意識しなくても自動的に息を吸うのがからだのしくみだから、

吐く方にだけ、意識を向けてみて。

 

ほんのちょっと、一休みしましょう。

ホッとしましょう。

ホッとしたら、クスッと微笑んでしまうよ。

あごの力も顔の緊張も弛んで、ほっぺがトロ〜ンと左右にとろけて。

正しくやらなくちゃ、これでいいのかな? は脇に置いておいてね。

上手にやろうと思わないでね。

 

まだホッとできなかったら、両手のひらをこすり合わせて温めて、

それを胸の下、みぞおちにそっと当ててみて。

じっとして。

そのままそのまま。

温かくなってきた?

気持ちいい?

オーケー♡

 

電車の中でも、トイレの中でも、カフェで友だちを待っている時でも、

やってみてね。

 

ゆったりした瞑想は、今月23日、

伊東充隆先生の『マインドフルネス瞑想 入門と極意』 でご一緒しましょう。

お申し込み、お待ちしています。

 

fullsizerender-406

 

*伊東充隆 先生の1Day ワークショップ

「マインドフルネス瞑想 入門と極意」

〜穏やかなこころ、明晰性、理由のない幸せ〜

 

 

瞑想〜宋海君先生と伊東充隆先生の場合。

img_0372

昨日、プロトマニアでは宋海君先生の気功講座でした。

偶然にも、11月に予定している伊東先生のワークショップと同じくテーマは、

 

 

瞑想

 

 

 

とても気持ちよかった。

フェイスブックて見て下さいね、その様子。

 

dscn2717

宋海君 気功養生特別講座 2016.10.10  FaceBook

 

 

何より、宋先生が言っていることと、伊東先生が言っていることは、

結局は、同じことに向かっているんだってハッキリと感じました。

だから、これがプロトマニアという場なんだな。

 

 

伊東先生の11月のワークショップ「マインドフルネス瞑想入門と極意」も、

ぜひ体験してみてほしいと思います。

瞑想って、リセットすることと言えるかもしれない。

伊東先生の瞑想指導は素晴らしい。

その心身のリラックス効果には定評があります。

だから、「瞑想? 何だそれ?」みたいな人も、きっとやさしく分かりやすくて、

何より弛んだ気持ちよい状態の体感ができると思います。

そして、真剣に自己の本質に向かう人たちには、

この伊東先生の誠実な講義と実践のサポートを体験してみてほしいと思います。

 

宋先生も言ってました。

 

「   世界平和の前に、自分を平和にしてくださいっ(笑)

 

 

 

 

 

 

変わらずにあるもの。

zen

 

もうすぐ東京国立博物館で「禅 ZEN ー心をかたちにー」という展覧会が、

始まります。

江戸時代の禅師、白隠慧鶴が亡くなって250年だそうです。

 

白隠は、書画をたくさん描いて民衆に真理を伝えようとしたと言われています。

迫力ある達磨の絵は、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

zen

 

「衆生本来仏なり」

すべてのひとは既に悟っている。

 

と言ったひとです。

 

最近は、瞑想がブームのようですが、

昔からあるものだから、友だちのおじいちゃんは毎朝、座禅していたし、

社長さんもお坊さんも裁判長もバレエの先生も幼稚園生も、

たまたま環境にそれがある人は習慣的にやっている。

 

ブームではあるけれど、「瞑想」という名称からは、

怪しい!と印象を持つ人はまだ多いそうです。

座禅と言ったら抵抗は半減するのかな?

ヨガも、オウム真理教の事件があった頃は、

怪しさいっぱい(笑)変な目で見られたけど、

今はオシャレで、ヨガインストラクターはドンドコ増えているそうです。

 

ZEN も瞑想も座禅も非二元も悟りも、ずっとある。

人の心や考えは移ろい流れていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひ と り 静かに座る午後の瞑想会おしまい

med

 

本日は、8月の静かに座る瞑想会、のはずだったんですが、

参加者は私しかいなくて(苦笑)、

土曜ヨガクラスの後、神保町まで歩き、おばを誘ってピザを食べて、本を買って、また九段に戻って、

そして「 ひとり静かに座る午後の瞑想会 」でした(笑)

去年の妄想からこんな風に始めた寺子屋、こんなことはこれからいくらでもあるさ。

ノープロブレム。

 

独りになることは大切と思います。

改めて考えると、私は比較的、仕事でも独りでいることが多かったですが、

今日は意図せずとても落ち着いて静かに過ごせて、リラックスできました。

振り回されなければ、ネットだってスマホだって良いと思います。

ただ、ヨガもそうですが、自分とプリミティブに向き合う時間を持つと、

徐々に中心がブレなくなるのではないかと思います。

 

今日の私のよかったことは、

Proton + Mania  のくせに、納得のための安心枠を作りそうになっていた自分に気がついたこと。

 

今日の九段下駅はやけに人が多く賑やかで、武道館でコンサートかなと思っていたら、

24時間テレビをやっていたから、らしいです。