そらのお茶会のミッションはひたすら、リラックス。

 

10月の空のお茶会は、男女混合チーム。お茶とオヤツとおしゃべりをバーソロミューと一緒にのんびり楽しみました。

 

このところバーソロミューの朗読は、事前に文を抜粋せず、おみくじバーソロミュー。初参加の方にパッと本を開いていただいたところから読む。意図の入る余地がない出発。無防備で始めています♪

 

瞑想とか、ただ座るとか、呼吸とか、いろいろ言われるけど、それはひたすらリラックスのためだと思います。身体もゆるめ、頭の中のおしゃべりもゆるめ、ぼよよ〜んとすることを促します。瞑想法とか座り方、呼吸法のお約束は、身体と頭に「よろしい、ボヨヨンを許可します!」と宣言しているようなものでしょ。そこで眩い光が見えてもいいし、身体が無くなって目玉だけになっちゃてもいいし、溶け去ってもオッケーです。でもそれをつかまない方がいい。それと本質は無関係だから。

 

 

何しろ、リラックスが大事なんだってコト、それが10月のお茶会ではよ〜くわかりましたよ〜

 

 

これまで何年にもわたって、「座って心を静めよ」と言って来ました。肉体や精神や感情が生み出す雑音を消したときに、もうひとつの創造的なエネルギー、つまり純粋な覚醒の存在に気づくことができます。それはあらゆる瞬間にあなたとともにあり、細胞や頭のなか、そして感情のなかに存在します。それがなかったならば、何も存在できません。

私があなた方に使うようにと勧めているのは、このちがう種類のエネルギーなのです。そのなかに入ると、ただちに純粋な覚醒を感じはじめます。そこには思考も識別も形もありません。このエネルギーの場は、愛や健康に関する〈 新しい 〉感覚を人びとにもたらすでしょう。

どうすればこのエネルギーの場に入れるでしょうか。

心を静め、純粋な覚醒のなかに入り、それを感じることです。このことを一時間に何回となく、できるだけ多く実行します。心を静め、入り、感じる、です。

 

このエネルギーの場に入ることを、自分の人生における最も重要なことだと思って生きると、いわゆる静かで小さな神の声が聞こえるようになります。それが静かな声であることは疑問の余地がありません。それが小さな声に思える理由は、人はいつも肉体や心や思考の声に耳を傾けているからです。けれども静かで小さな声はいつも存在しています。それに達する方法は、心を静めて、このエネルギーの場に入ることを日常的に実行することです。

やり方がまちがっているのではないかなどと心配しないでください。とにかく実践することです。そしてその過程で、瞬間的な創造が可能になります。

 

『バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り』第四部 帰還 波と虚空 P199〜200より抜粋

 

 

・・・ね。

 

それは思っているよりもずっとずっと、静かで小さな声。あ〜でもないこ〜でもないと雑音があると、気づけない。

 

言葉や表現にとらわれないでくださいよ〜。バーソロミューの言葉そのものではなく、それが差し示す方向へ、です。

これか〜!とガッテンしたら、おそらくまずそれじゃないから(笑)、ハイまた戻って戻って。一緒に静かにしましょ。

 

空のお茶会はひたすら、リラックスのために。

 

 

季節の和菓子でお抹茶ごっこしました。

 

南から飛んで来てくれた、しあわせはこぶとりサブレ。

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

空のお茶会の生まれ故郷はこちら。

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

広告

そらのお茶会は明日、日曜日にやりますよ〜

 

そういえば多くの人がそうであるように、私にも、何かの役に立たたなきゃ、立ちたい、立つべき・・・という気持ちがいつもどこかにありました。一所懸命で。

 

でも今はあまりそういうことを目指したり、何かする時の意義にして仕事をしていません。その方が逆に、結果として、ささやかに役に立つことがあるみたい。

 

ただ、今はそんな風に呑気に言うけど、何かに夢中になって意味を見つけて突き進んでみることは、とてもだいじなことだと思います。突き進むあまり、調子に乗ったり、恥をかいたり、孤独になったりしてもね。そしてそのうち、

 

 

心配しなくても、ちゃーんと時機に「起こること」が起こる。

 

 

どちらを選ぶか迷った時に、どちらを選んでも「間違い」はない。

 

 

・・・ということに、頷くかもしれません。

 

結果が上等ならもちろん、わぁよかった〜♪だし、ガッカリなら、悲し〜ポロリ。これは相変わらず。出来事や感情は何も変わらなくある時はあるのです。そして、あぁ本当に何も変わらないんだなぁと、少ししんみり思うかもしれません。でもそれは、何一つ変える必要がない、ということでもあります。悲しみも寂しさもあってよいのです。

そして気がつくと、これでよいのだと、ちょこっと、静かに寛いでいられるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

10月15日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

空のお茶会の生まれ故郷はこちら。

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

ただ平和に在りなさい。

 

質問者

どのように人びとと関わればよいのでしょうか。

 

マハラジ

どうして、何のために計画を立てるのかね?そのような質問は不安の現れだ。関係性は生きものだ。ただあなたのマインドの中で平和に在りなさい。そうすれば、あなたはすべての人と平和に在ることだろう。

あなたが起こることの支配者ではないことを自覚しなさい。純粋に技術的なこと以外、あなたに未来をコントロールすることはできないのだ。人間同士の関係性は、計画通りにはいかないものだ。それはあまりにも豊かで多様なのだ。ただ理解し、慈悲深くありなさい。すべての利己主義から自由になりなさい。

 

 

Ω   I AM THAT   Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
『アイ・アム・ザット 私は在る』ニサルガダッタ・マハラジとの対話    

「72 純粋で、混じり気なく、帰属しないものが実在だ 」 P373より抜粋

 

 

 

 

 

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

虚空と沈黙。

 

 

質問者

しかし、あなたがあなた自身を見るとき、何を見るのでしょうか?

 

マハラジ

それはどのように見るかによる。マインドを通して見るとき、私は無数の人びとを見る。マインドの彼方を見るとき、私は観照者を見る。観照者の彼方には虚空と沈黙のかぎりない強烈さがあるのだ。

 

 

 

Ω   I AM THAT   Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
『アイ・アム・ザット 私は在る』ニサルガダッタ・マハラジとの対話    

「  72  純粋で、混じり気なく、帰属しないものが実在だ」 P373より抜粋

 

 

 

 

 

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

わざとゆっくり。

 

ビックリすることが起きた時、

 

何の準備もできていないのに容赦なくやって来た時、

 

そんな時は、わざと動作をゆっくりにしてみる。

 

・・・かなりゆっくりと。

 

 

そうすると、ひっくり返りそうな気持ち、エネルギーが少しずつ静かになる。

 

 

 

ひっくり返りそうな時こそ、ゆっくりゆ〜っくり。

 

 

 

 

 

 

 

香り。

 

 

キンモクセイは今が盛りのようで。

 

朝のお散歩の時に深呼吸すると、どこを歩いていても、どこからともなく金木犀の香りがします。

 

 

香りは、一瞬にして記憶の中からある風景を甦らせますね。

 

 

はぁ、いい香り。

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

10月15日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第42回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  2

10月22日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

女心と秋の空。

 

朝晩、ずいぶん冷えますね。

 

昨夜はお月様、迫力ありました〜中秋の名月。

 

 

秋は、空好きにはたまらない季節。

 

触り心地良さそう。

 

 

 

ふわふわ。

 

 

 

女心と秋の空。

 

 

空のお茶会、10月は15日(日)にやります♪

 

10月の空(ソラ)のお茶会は、15日(日)にやります。

 

 

地味にコツコツ続けております。

 

先生はいませんが、たまにはゲスト、例えば夏休みスペシャルのタクさんとかが、また来てくれるかもしれないし、全く違うアプローチからボディワークの誰かさんが来てくれるかもしれません。

 

基本的に、これは違うのだ〜ってことは何も無いので、なんでもオモシロそうなことをウェルカムしながら、素直に素直にそのまんま。そんな風に続けていければいいな。

 

 

プロトマニアを作った一番の目的は、「自己の本質」について遠慮なく真理の探究する場を作ることだったのです。

 

この世では必要とされる目標、たとえばお金を稼ぐ、有名になる、成功する・・・とは全く関係ないことだけど、なんと言われても知りたかったこと。それにたっぷり浸る空のお茶会。

 

探究の道中では、イメージしていたこととは違うと迷ったり、ヤサグレたことも多々ありますが、フタを開けてみたら、そうでありたかったそのまんまだったりして・・・とは、それもちょっと口から出任せの作り話っぽいけど(笑)、とにかくプロトマニアが生まれて、来てくれるみんなに出会って、空のお茶会ができることに感謝しています。

 

迷いも悟りもないのが、空。

 

まずは一緒に、リラックスリラックス、一休みひと休み♪

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

10月15日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空禅塾10月〜ほんの束の間、そこはかとない軽さ静寂自由を味わう。

 

伊東充隆主宰 青 空 禅 塾 ♪  第3回を開催しました。

 

今回のスタートは、最も根本の「共通性」に気づいて生きる、ことについて。

これは、ちょうど第2回の最後にあった「順番を間違えないで、まずは青空からはじめよう」というお話の流れを受けるような内容でした。総ての土台である共通性、青空(自己の本質)をベースにして根を張り、そこから人生を楽しむ。順番は、青空が一番最初、それから雲へ。

 

伊東先生のお話は、以前と変わらず明晰で科学的知識やエッセンスに満ちています。知的満足感が味わえる内容です。でも最近はそれ以上に、普段の日々のあれこれとすんなり結びつけてそれそのものを生きられるようなお話、優しさと平易さに溢れるお話が多いと感じます。その気取らない普段着のようなやさしさが、この本質をベースにすることは実はどんな宗教、哲学よりも生きた叡智であること、真の平和であることへの理解に繋がります。

 

ふと考えてみたら、先生はずっと同じように話しているだけなのかもしれません。すべての元である本質のことを話しているのだから。自分の生活の何処を切っても金太郎飴のようにそれはあるのが当り前。雲のない青空はあるけれど、青空のない雲はあり得ない。

 

そう思いながら聞くと、先生がいつも話してくれる科学的な知識、宇宙の法則や心理学、脳科学で証明された事実も「難しい〜っ」や「知的に満足」で留まらずに、すんなりわかります。

 

そしてそもそも青空(私たちの本質)とは、

 

分からない(キッパリハッキリ!)

 

のですよね。

 

分かるモノではないんです。認識できたとしたら、対象として分離していることになるけど、青空(私たちの本質)は対象となる「モノ」ではないんですもの。在るとは、認識が起こるその元のこと。だから、思考や感情といった動くもの、つかめるものではなく、モノとモノの「間」、インターバルの「静寂」を束の間ふと確認するだけ。この辺りの地味っぽさ(笑)がゆえに、つい、これじゃないだろうと思ってしまうのですが、

 

「愛とか光とかそんなのじゃなく、静寂。 静寂にこそ価値を置いてください

 

と先生は伝えています。それが土台。この静寂、沈黙が本質の土台だからです。それを頻繁に軽く確認しましょう、という言葉を繰り返しくり返し先生から聞いてきました。あとは自分でやって確かめる。

 

今回参加して、あらためて青空禅塾っていいなと実感。何度も聴いた内容にハッとする発見があったし、質問した人と先生のやり取りを聞きながら、私もそっとやり取りに乗って一緒に確かめてみたら、実は曖昧にしていたことがフワッといっきに明確になってビックリしたからです。

 

何があったワケでもないのに、穏やかでそこはかとなく軽く、静かで自由。

 

 

やればやるほどにね!(・・とは言え、やるものでもないんだけど)
このジャーナルも、前よりのん気な雰囲気かな〜♪11月は5日(日)開催です。ぜひご一緒しましょ〜

 

 

* 「私」の位置はどこか?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

10月のプロトマニア

 

週末の街は、いつもより少しゆっくりした空気が流れていますね。今日は「お父さんと子ども」の風景をいろいろ観察。

 

お父さんと手をつないでお出かけの女の子は、ウサギの顔型フワフワバッグを肩からかけて、お父さんを時々見上げて何か話しながら歩いています。ふたりの様子はオトナの恋人たちみたい。お父さん、女の子とデートする男の子気分かも。

 

武道の道着を来た男の子が道に座ってアイスクリームを食べていました。その男の子の前で、お父さんが一所懸命にさまざまな「蹴り」を繰り出して見せています。男の子はやや傍観の態。お父さんの方が夢中で、ハッ! ヤッ! と何度も何度も。どっちがオトナ??・・・笑・・微笑ましい。

こういう何の変哲も無い日常風景は、いいものですね〜。

 

 

さて、10月のプロトマニア。

 

まずは明日10月1日(日)、伊東充隆 主催「青空禅塾第3回」です。「私とは何か?」という「自己の本質」を知りたい人はぜひ青空禅塾へいらしてください。

 

非二元とか悟りの記事ではよく「知ったところで何も変わらないし、お得なことはありません」と言われますが、私は最近、これは真の意味でもっとも平和に貢献することだと思っています。「そんなことを真面目に勉強したり、知って、それで?」と聞かれたら、ニッコリ微笑んじゃおうかな〜♪

伊東先生は、そのことを若い頃からずーーーーっと求めていた人なので、それについて知りたいとか迷っているとか行き詰まり〜という私たちに共感しながら、それへと道案内をして下さいます。ぜひあなたの今のそのままで、参加してくださいね〜

 

 

さてそして、その青空禅が生まれ故郷の「空(ソラ)のお茶会」。10月15日(日)の午後開催します。

 

ここには先生がいませんが、伊東先生のガイドで「私とは何か?」を手放さずにここまで来た私や、他の先生や本、場所でそんなことを考えたり探して来た人たちが、一緒になっていろいろおしゃべりする空のお茶会です。お茶会だからのんびりとリラックス。あとはその時にポッと浮かんだ話やつぶやきから展開していきます。結論や分かることは、それぞれが見つけるかもしれないけど、見つからなくても、まぁいいや。遊びにきてください〜♪

 

 

プロトマニアのアートの柱は、10月22日(日)13時スタートの、中尾陽一先生による「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」です。

 

10月は9月に引き続き「20世紀最大の巨匠ピカソ」の2回目。

 

この講座は、知識の量を増やしたり競い合うことが目的ではなく、そこで見た作品についてどう感じるか、何を感じたかを言葉にして発していくことを大切にしています。中尾先生が語る芸術作品を見る時のキー、名作と言われる作品のポイントをガイドにして、美術に詳しくても詳しくなくても見ることの醍醐味を味わえる講座です。いつから参加してもダイジョウブ。ピカソはかなり奥深いですよ、2回目からでもぜひご一緒に。

 

 

プロトマニアは、小さいけれど気持ちよい場所です。

自画自賛?・・・ハイハイ、自分が実感しないことを皆さまにはオススメしない、これが私の鉄則。だからさらに言っちゃいましょう。

 

プロトマニアの空間はすごーく心地よいし、先生たちはすごーくチャーミングな人物たち、これは体験していただかなくちゃ〜ぜひ遊びに来て下さいね♪