Graceful 優雅に

東京和サンガ

 

graceful 

ただいるだけで優美で落ち着いている姿。

それは本来のすがた。

 

あるのは純粋なる意識のみ。

私はない、ではなく、個人という意味が無くなるということ。

朝になって太陽が昇っても白い月がそこにあるように、

マインドは残っているけれど、その働きを失い、意味を無くしている。

 

(東京和サンガ6ヶ月コース2期 ノートから)

 

 

*伊東先生の和サンガ、東京 第3期募集のお知らせは近日いたします。

 

 

 

inka rose

愛らしい石。ふっくら。graceful 。自然からの贈りもの。

 

 

 

 

 

 

 

8月のプロトマニア

FullSizeRender-340

8月になりました。

東京は夜中にカミナリ様がゴロゴロと鳴ったり、晴れたと思ったら突然の雨、

という具合に空の変化、大忙しです。

 

さて今月のプロトマニアは、伊東充隆先生  主宰の東京和サンガ2期の、

第3回目からスタートです。

3回目ということは、東京は6ヶ月コースですから、折り返し地点です。

1年コース体験者から、一年あっという間、という感想を聞きますが、

半年はもっとあっという間、…ではある。

ただ、この半年コースは密度が濃くて、抜かり無くて(笑)、

なかなかステキな良いテンポだと実感しています。

月1回集まる時だけでなく、参加者の日常に伊東先生からの丁寧なサポートと、

メンバーからの問いかけやサジェスチョン、そしてつぶやきまで、

いつもそこに戻れるように、青空(本質)と雲(現れ)に関するあれこれがあります。

なぜか、しかし、必然でここに集まったメンバーが自然にゆるくつながっていて、

みんな(私も〜☆)とても真摯です。

 

そして、8月7日(日)は、

青空禅 1 day ワークショップ 不生不死〜誰が死ぬのか?

の開催。

こちらも伊東先生による、

「私とは本当は何か?」を丁寧に本気で見直していく、半日のワークショップ。

私もそうなのですが、こうして本質について知りたいと旅に出ると、

「それを知ったところで幸せなのか?」という壁に当たることがあります。

その「本質に幸せはあるの?」という素朴な疑問(というか抵抗感)は、

なかなか崩れなかったりしますが、

その前に、幸せはあるの?と誰が言い続けているのか、を見てみることは、

だいじなのかなと思います。

生死という、根源的なポイントから、

私とは何か?というさらに根源的でシンプルなテーマへと、

伊東先生がどのようにガイドして下さるのか。

 

参加者ひとりひとりに丁寧に向き合ってくださる、とても誠実な先生です。

まだご参加いただけますので、ぜひこの機会をお見逃し無く!

お申し込みはこちらから→

 

そして月末8月28日(日)には、

中尾さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

フェルメールの第3回目です。

ひとりの画家について、ゆっくり連続して鑑賞していくこの特別連続講座、

これはいい!とみなさん感じて下さっているようです。

中尾さんのアプローチだからこそ、面白いと思うのです。

だって、これまで誰も教えてくれなかった鑑賞の仕方、なんですものね。

 

そして、ちょこっとお知らせですが、

9月にすてきなピラティスの先生、小西とっこさんをお迎えして、

ぼぐす・ゆるめる・ととのえる  身体と心を調和させるピラティスレッスン

をやります。

これはまた別に書きたいと思っていますが、

身体を見ながら自分を知ること、自分を自分で養生すること、

私を含めて(笑)もっともっとからだを大切にしよう。

とっこさん、すってきな先生ですよ〜♡

…あ、ピラティスって、何かって?

はい、第一次大戦後に負傷した兵士のためにピラティスさんが開発した、

リハビリ運動です。ヨガがベースになっているそうです。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

7月のプロトマニア

ptoromania

 

 

さて、7月のプロトマニアです。

まずは伊東先生の6ヶ月コース、和サンガがあります。

この和サンガは青空禅のテーマ「本当の私はどこにあるのか?」について、

毎月1回4時間を6ヶ月、先生とメンバーと共に学んで行くコースです。

青空禅で月1回お話を聴くというのも良いのですが、

このコースに入るとただ聴いてオモシロかった、ということに止まらず、

日常生活にぴったりと寄り添うようにこの学びの場が在り続けます。

そのことが理解を深めたり、単なる知識からリアルな実感へと、

変化をもたらすこともあります。

ずっと探して来た人、求めていた人、とにかく真剣にやりたい人、

まぁやってみるかと思った人…いろいろですが、各々のタイミングでそれが完璧。

2期は始まったばかりです。

 

そして毎月開催している中尾陽一さんの

「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

6月からしばらく連続講座で「フェルメール」を取り上げていきます。

1回目の講座では、現存すると言われるフェルメールの作品全37点をスライドで

ざっと見て、全体像をつかみました。

2回目は、フェルメールがなぜこんなに人気があり、良いと言われるのか?

に迫ります。

中尾さんの講座は知識の量がポイントではなくて、

初めて見た絵でも知っているつもりの絵でも、さてどう思うか?どう見えるか?

それをどんどん言葉にしてくこと、見る目を養うことが大切なところです。

美術史を知らなくても、画家のことを知らなくても大丈夫。

どんどん見て、段々慣れて行く、とっても自由で気楽で、

でも美術展に行くと、おぉ!っと自分の変化に嬉しい驚きを感じられること、

間違いなし。

フェルメールの2回目は、7月24日(日)の午後からです。

 

そして季節ごとの気功講座、宋海君先生の「気功養生特別講座」は海の日に

宋先生の講座は大人気で、すぐに満席になってしまうのですが、

毎回、中医からのからだの見方、季節の変化とからだの関係や、

季節ごとのたべものの取り方、注意などを講義で聴いたり、

からだを実際に動かして気功をやったり、最後に先生から気を送っていただいて、

気がどんな感じのものかを実感体験していただく構成です。

今回もまた満席、キャンセル待ちでお申し込みをお受けてしていますので、

ご興味があったらぜひご連絡くださいね。

 

暑い季節のプロトマニアは最上階(6階)で、風が気持ちいいんですよ〜

夏の午後のプロトマニアは、私にはスペシャル。

こんな夏の日に、仲良したちとおしゃべりしながら寺子屋のイメージができたり、

実際に建築家に会って内装を相談したり、お金の工面をしたり(笑)、

春の日の妄想現実化がスタートしたのでした。

暑い季節もますます熱いプロトマニア!であります。

ぜひ遊びに来て下さいね〜

 

 

 

 

 

 

 

6月青空禅は熱かった

青空禅フォーラム 伊東充隆

昨夜は6月の青空禅フォーラムでした。

参加者、久しぶりの満席越え(笑)

初めて来て下さった方達といつも来てくれる皆さんと伊東先生。

 

「非二元、悟り、真我、の理論や概念はもう充分、皆さん知識をお持ちでしょう?

ここでは実際にそれを実感するためのコツをお話しますね」

 

と、くんずほぐれつの探究者だった伊東先生だからこそわかってくれる、

路途中の自分たちの迷い、勘違い、モヨモヨのもどかしさ、などなどを

サーッとスッキリ、クリアにしてくれる、

 

日々実践できる「コツ」

 

を中心にお話してくださいました。

 

私は後ろの方から皆さんを見ているのですが、

この先生の言葉に、うんうんと大きく頷く方が多かった(♪)

そしていつものように、先生は熱かった!

 

良い先生だなぁ。

 

そして、準備係として嬉しいのは、

1年振りに参加して下さった方がいたり、

ふと気づけば和サンガ1期の修了生がさらりと集まっていて、

全く初めての新しい方も皆勤賞のベテラン参加者もそのまんま、

プロトマニアの中で一緒に先生のお話を聴いている風景。

毎回終了後、ドアのところで皆さんをお見送りするのですが、

その時のそれぞれが来た時よりちょっと晴れ晴れした表情だったこと。

その時感じたこと、質問できなかったこと、気づいたこと、

何かを持って帰れているかな、と感じました。

とっても美しいバランスの夜でした。

 

青空禅、今年前半は2ヶ月に一度になっていましたが、

夏の1day  ワークショップ→

を挟んで、秋からは再び、毎月開催の準備中です。

決まり次第お知らせしますので、ぜひご参加くださいね〜

 

 

 

 

東京和サンガ2期が始まりました。

伊東充隆 i Medic & Art 和サンガ 青空と空

東京の和サンガ2期が始まりました。

新しいメンバーと継続メンバーと共に、また「自己の本質」へ。

 

なんですが〜、

今回の第1回目で、キツネにつままれたみたいな気分になったことがありました。

おおいにマジメなんですよ、自分としては。

でもね、先生のお話を聴いていて、

 

あ、そうだった、自分がずっと知りたかったのは、

 

絶対に変わらないものは何?

 

ということだった、と思い出したのです。

 

そして、それこそが自己の本質、といわれるものであり、

真我で仏性で気づきで私であったのだ、と。

 

今さら、何言ってんの???

という感じではありますが、

真理の探究!と昔から唱えて(笑)いたため、いつの間にか無意識に「真理」に

やられておりました〜(汗)

「真理」という言葉が、実体のある「カタマリ」になっていたのかも。

探究の過程で幾度も聴いたり、読んだりしている、せっかくの言葉たち、

気づき、意識、真理、真我、私とは何か、自己の本質も青空も雲も…

繰り返すうちにそれが「実体」となってしまうことがあるのだなぁ。

これも、罠、みたいなものかも。

 

 

ことばは、なるべくやさしく平たく、時々解体して点検してみることですね。

先生が「雲は常に変化する、その変わるものにいかに魅了されているかに気づく。

青空は全く変化しないもの、変わらないものは何かをしっかり見切ること」

とお話して、

あー、そうだった、自分が求めていたのは、

 

何があっても決して変わらないもの

 

それであり、それだったのだ。

それならば、もっともっと抵抗なく素直になれるなぁって、

ふぅっと深い深呼吸をしましたとさ。

伊東先生、ありがとうございました。

そして、これからの6ヶ月、先生、皆さん、どうぞよろしくお願いします。

 

★でもね、6月中はお申し込みを受付けていますよ〜、ぜひご一緒しましょう。

深く深く落ち着きたい方、待っていますよ。

 

 

 

**********************************************

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

何も変わらぬ『青空と雲』

青空禅 和サンガ 伊東充隆

 

青空禅フォーラムの伊東先生のウェブサイトが更新されて、

i Medic & Art のコンセプトについての記事も新しくなりました。

やっていることや伝えていることは何も変わっていないのですが、

今回の先生の言葉は、

今までで一番、誰にとってもわかりやすい、

と感じました。

 

非二元、だろうと、ノンデュアリティ、だろうと(同じことだけど)、

悟り、真我、自己の本質  …   注目されても、されなくても、何も変わらない。

何も変わらない『青空と雲』。

 

「本当の私って何だろう?」

 

 

 

 

i Medic & Artについて

 

i Medic & Art は、全人的ウェルネス、即ち身体的(physical)、心理的(mental)、社会的(social)、実存的(existential)な全ての側面における真のウェルネスの実現を目指しています。
そのエッセンスは、青空(意識)を軸にした雲(心身)との調和のアートにあると考えています。

 

人は誰もがこの四つの側面の全てにおいて、満たされ、幸せになりたいと思っているはずです。しかし、自分の外側の世界も内側の世界も決して留まる事なく、ポジティブとネガティブの二極性の間で変化し続けています。

 

多くの人はネガティブを嫌い、ポジティブだけを追い求めがちですが、そうはいかない事は人生経験を積めば積む程、深く理解されてくるものです。実は、この世界はポジティブとネガティブが完璧にバランスされているからです。

 

ポジティブとネガティブを両極に持つシーソーを思い浮かべるならば、このシーソーはこれを支える支点を中心にして止まる事なく揺れ動き続けています。

 

ポジティブに傾い たりネガティブに傾いたり、その傾きやズレがあらゆる現象として現れるので、どうしてもそれが気になってしまいますが、この揺れ動きをギクシャクした不快 なものではなく、ゆったりとした心地よいものにするコツは、ポジティブとネガティブの両極を支えている不動の支点に目を向け、支点を磨いて行くことです。支点は、ある意味で私達の意識の「視点」でもあります。

 

更に、この支点(視点)が打たれる前には、二極性は無く、主体(見る者)も客体(見られるもの)もありません(非二元)。

 

この支点(視点)が打たれる前を「青空(意識)」と表現してみたいと思います。そして、視点が打たれた途端にダイナミックに変化し続ける「雲(心身)」と雲同士の関わり(社会)が生まれます。

 

i Medic & Art は、身体ー心理ー社会ー実存を支えている支点(視点)への気づきと支点磨きをサポートし、更に視点が打たれる前の青空へと意識の軸を変容するための場です。

 

それが、「青空と雲」のアートです。

 

*♪  i Medic & Art ウェブサイトはこちらから。

 

 

今回の先生の『青空(意識)と雲(心身)のアート』というタイトルには、

久しぶりに家に帰って来たみたいにほっとしました(笑)。

視点が打たれる前の青空へと意識の軸を移す、

「私は何か?」を知って生きるのが、

本当の意味で生きるということ。

 

 

 

さて、8月の『 青空禅1dayワークショップ 』は、

 

「誰が死ぬのか?」

 

たぶん、このタイトル。

 

死… って何だろう?

これも、「本当の私は何か?」を知ることで大きく動き始めますよ。

そもそも「誰が死ぬのか?」と問うことから始めよう。

死生観については、前々から、プロトマニアができた頃からやりたかったテーマ。

詳細は近日、お知らせしますね。

 

i Medic & Art 伊東充隆 青空禅フォーラム プロトマニア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**********************************************

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

i Medic & Art 伊東先生 スターピープル59号に登場 5/31発売

スターピープル ナチュラルスピリット

 

青空禅フォーラム、和サンガ主宰  の  伊東充隆 先生 が、

非二元のティーチャー大和田菜穂さんと、

雑誌『  スターピープル   59号  』(ナチュラルスピリット社)で対談しました。

「不生不死」というテーマ。

スターピープル編集部の今日のブログをちょろっと、…

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜

SP59small

こんにちは!スタピ編集部です!
『Star People』59号(5/31発売)
アマゾンでのご予約をスタートいたしました!
↓下記からご予約いただけます♪
http://www.amazon.co.jp/dp/4864512035

今回は不正不死を特集いたします!
↓59号コンテンツ

———————————————————————————
【特集】ノンデュアリティから見た不生不死
————————————————————————————

人間にとって「死」が一番の恐れですが、その「死」の恐怖がなくなれば、
どんな恐怖もなくなります。
ブッダは、生老病死の四苦八苦を見て、
そこから修行し、「不死」の悟り・解脱を得ました。
イエスは、復活を通して「不死」を示しました。

現在、ノンデュアリティ(非二元)の考えが普及し、
覚醒を得た人が増えたことにより、
本当の「不死」が明らかになってきました。

生老病死も輪廻も、相対(二元)の世界のことであり、
ノンデュアリティ(非二元)の意識では、すでに超越されています。
ノンデュアリティの真実からいえば、人は生まれてもゐず、
したがって死もありません。
すでに人は救われてゐるのです。

 

[特集]
みんなに知ってほしい
ノンデュアリティから見た不生不死
―生老病死・輪廻を超えるということの真実―

ノンデュアリティ・インタビュー:
伊東充隆×大和田菜穂
「正しい理解で楽になる。〝不生不死”の真実」

特別寄稿:
松村 潔「不死について」

ノンデュアリティの著書から「不死」を読みとく

☆ スターピープルのブログはこちら。

 

 

… ということで

5月31日発売『スターピープル   59号』は、amazon  で予約できます。

プロトマニアでも販売しま〜す♪

 

さて、非二元、それにスポットライトがあたったこの数年ですが、

伊東先生とその言葉は、これまでいつの日も分かりやすく明快で、誠実です。

どんな時も変わらない誠実さこそが鍵、

本当に大切だと思います。

 

私は「非二元」という言葉を知らず、真我や本質、不変なる真理、

を知りたくて伊東先生の元に通いました。

ことばは何でもだいじょうぶ。

「非二元」という言葉を最近知ったよ、という方もだいじょうぶ!

「悟り」でもだいじょうぶ!

何より、他と比べずそのまんまで、だいじょうぶ!

 

「生死」という究極のテーマを語る伊東先生の記事がこのタイミングならばと、

せっかくのチャンスなので、

伊東先生主宰の東京和サンガ6ヶ月コース6月スタートは、

お申し込みを、定員になるまで6月いっぱい、承ります。

伊東先生が、普段、何をお話しているか、

まずはスターピープルでじっくり読んでから、おもむろに参加、も大歓迎なのです。

 

少人数だからこそ、思い切り、率直に、先生の胸にぶつかれる東京和サンガ。

ぜひご一緒しましょう。

 

 

 

 

*******************************************

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

i Medic & Art  伊東充隆先生 雑誌掲載

☆5月31日発売〜

『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

 

深く深く安心したい、というエネルギーに乗って。

東京和サンガ

 

新緑の中で感じる安堵感。

チカラが抜けて行く。静かな弛み、解放。

あぁ、幸せだなぁとその瞬間を慈しむ。

 

自分が最優先にしているものって何だろう?

一番、欲しいものは何だろう?

 

 

安心?

深い深い安心。

 

それは、誰かがいるから、でもなく、何かを持っているから、でもなく、

何ができるから、何をやっているから、でもないのです。

ただただ深く深く落ち着いて安心していたい。

 

その思考の 0,1 秒前には何があっただろうか?

何も無い。

何も無い、という安心をコツコツと。

 

 

*******************************************

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

i Medic & Art  伊東充隆先生 雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜

『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

「みんなに知ってほしい  ノンデュアリティから見た不生不死

 

SP59small

 

 

 

 

東京和サンガ2期募集中〜☆

和サンガ 伊東充隆

 

今日は朝から風が強くて、雲がぐんぐん流れて行きます。

青空に白い雲も、グレーの空に白い雲も、どちらも見ているのが好き。

空の写真をウェブサイトに載せている方って、たくさんいらっしゃいますね〜

ソラ仲間だなぁ ♪

 

仲間といえば! … (笑)

東京和サンガの参加者を募集中です。

 

和サンガは伊東先生のインスピレーションで広島でスタートして8年。

(広島の様子は広島の招致主催者、坂本範子さんのウェブサイトからご覧下さい)

そして東京では昨年秋に初めて開催され、この4月に一期が終了しました。

青空禅のギュギュッと濃縮されたエッセンスにたっぷり浸った6ヶ月でした。

伊東先生は、

 

こうして同じ目的で集っているチームには、自ずと気付きの「場」が生まれて徐々に育って行きます。この「場の力」が一人一人の非二元への気付きを自然にサポートしてくれて、一人でやるよりも格段に気付きは深まって行きます。

このコースを受講したからといって、悟れるわけではありません(笑)。  しかし、非二元への方向性が定まり、一貫性が持てる様になっていきます。そのお陰で様々な情報に惑わされる事がなくなり、エネルギーの節約がなされます。人生が以前よりもシンプルで楽になり、ゆとりが持てる様になって行くでしょう。

そして何より、非二元の視点から、人生の様々な状況を遠慮なくオープンに語り合えて助け合える仲間ができることは、素晴らしい宝物になるでしょう。

 

と和サンガについて書いていらっしゃいます。
(先生の描写による和サンガとは、はこちらから

 

和サンガがどういうものかを分かりやすく伝えたい、

興味を持っていただきたい、

知っていただきたい、

参加申し込みもしていただきたい(笑)、

というわけで、ご紹介。

 

 

今度の東京和サンガは、その時その場にいる仲間と先生と、

まさにユニークな場が生まれ育っていくでしょう。

どこにもなかったものが、たったその時、現れるのだ!

すごい!

 

いろいろ読んで見てみて調べて検討してのご参加、大歓迎。

パッと見た感じの直感で、ここ!っと参加して下さるのも、大歓迎!

 

先入観や概念はそっと横において、

『和サンガ』という「場」を一緒に体験しながら、

たった一つの自己の本質へ。

 

なかなか他ではできない自由への冒険です、

一緒にしましょう〜 ♪  ぜひぜひ。

 

 

***********************************************

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

i Medic & Art  伊東充隆先生 雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜

『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

「みんなに知ってほしい  ノンデュアリティから見た不生不死

 

SP59small

 

 

 

 

 

 

 

伊東先生と東京和サンガ *私たちは深く、深く、落ち着きたい*

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

東京で初めて開催された和サンガ6ヶ月コースが終了しました。

 

 

伊東先生の丁寧で深い内容の講義、

参加者ひとりひとりに寄り添う対話に注がれるエネルギーは惜しみなくて、

毎回胸が熱くなりました。

 

「私たちのあらゆる欲望・願望、心の痛みや苦しみはとても複雑なようだけれど、

元をたどって単純化すれば、

私とは本当は何を意味しているのかを知らない、わからない、

ということの不安、怖れ、落ち着きのなさから生まれているのです。

私たちは原初の落ち着きを求めているんです。」

 

これは伊東先生が、ニサルガダッタ・マハラジの言葉を引いてお話しされたこと。

 

この現実世界で複雑に見える心、繰り返す痛み苦しみや欲望。

それが本当は何処から来ているのか、

その源になかなか辿り着けないでいるからいつまでも落ち着けない。

マハラジはとてもシンプルな根元を示しました。

 

苦痛の根源は何だろう?

あなた自身を知らないということだ!

欲望の根源は何だろう?

あなた自身を探そうとする
衝動だ!
全ての創造物は、それ自身のために骨を折って働く。
そして、それ自身に戻ってくるまで休息することはないだろう。

ニカルガサッタ・マハラジ

 

 

何をしても消えない、ごまかせない深い不安や怖れの枝葉は、

 

私とは何であるかを知りたい。

 

深く、深く、落ち着きたい。

 

その根から伸びている。

 

『本当は私って何なのか』に深くコミットした東京和サンガ1期参加の私たち。

いろいろな波が起こったり起こらなかったりしながらの、それぞれの半年。

最後の和サンガの後、プロトマニアのドアのところでサヨナラしたみんなの顔は、

とてもスッキリ清々しくて、穏やかな笑顔でした。

それぞれが今の理解の地点で確実に、何かの感覚をつかんだのがすばらしい。

誰もが安心♡しながら根源的不安☆に向かえたのは(逆説的!笑)、

伊東先生の純度の高いエネルギーが大きくゆったりと広がっていたから。

メンバー皆が育てた無心の「場の力」に育まれたから。

 

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

もし、「私とは何か?」という普遍的な問いや、

非二元、真我を探究をしたり、どうしても忘れられずにいるならば、

今は伊東先生を知らないあなたもぜひ、

伊東先生の道案内で仲間と共にそれに向かう

 

東京和サンガに、来て下さい。

 

お誘いしておいて、とっても不親切ですが(笑)

言葉の説明ではどうしても足りないから、まずは、来てください!と言っちゃう。

体験したから知った、実感した、伊東先生と東京和サンガの得難さよ!

 

そんなわけで少し強引ですが、

ここは思い切って信頼して、

エイヤッと! もしくは軽く ぴょんっとジャンプで、お申し込み下さいね。

東京和サンガ2期は、6月スタートです。

 

伊東充隆和サンガ青空禅フォーラム

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時より〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ