日々のあれこれ

 

買い物に行って、レジの列に並んでいたら、前の女性が「先にどうぞ」。

 

私の買うものが1つだけだったのを見て、順番を譲ってくれた。

 

 

全然、急いでないからどうぞ

 

急いで生きてないんで

 

 

サバサバした感じでそう言う。

 

 

ありがとうございます、とペコリと頭を下げて、お互いに微笑む。

 

 

急いで生きていないんだって。

 

 

いいねぇ、ふつうの日々って。

 

 

 

 

 

 

5月の中尾先生絵画鑑賞入門講座は、バルテュス!

プロトマニアのアートの柱、中尾陽一先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、柱が太〜くなって来た気がします。

 

私はアートを通して、私ってなんだろう? 絶対に変わらないものって何だろう?(自己の本質)を考えたり、聴いたり、探ってきたのですが、つくる人ではないアートの仕事は飽きない商いであるがゆえ、この世の欲望が渦巻く世界。『売れない画商』っていう素敵なあだ名(笑)をもらうくらいの私には、仕事としてはまったく向いていなかったとも言えます。でも、様々な出会いはこのアートを通して起こって来ました。

 

プロトマニアで中尾先生の講座を毎月聴いて来て、芸術というのはまさに真理を求める人々が命がけでそれを表現しようとしているものだということ、あらためてよくわかりました。芸術作品は、自分と向き合うツールです。

 

中尾先生から、自己の本質とは?とか、悟りやら真我やら非二元、なんて言葉は聞いた事がありません。私がそれについておしゃべりすると、「あぁ〜・・・はい」くらい頷いてくれるけど、中尾先生は取りたててそんなことを話題にはしません。でも、この「誰も教えてくれなかった絵画」の見方は、固定した見方を揺さぶり、気づかない信念や思考に「あれ?」と気づかせてくれる。そんなことをに興味がある人には新たなアングルを与え、興味が全くない人たちには、知らないうちに視野が広がって、頭も心も余分な緊張が弛んでゆったりしている、そんな講座です。

 

 

 

さて、中尾先生からのご案内です。

 

5月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。

20世紀最後の巨匠 バルテュス

前回の《ボナールとナビ派》の講座内容が、プロトマニアのHPに、ライブ感たっぷりに楽しく紹介されています。よろしければご覧下さい。

 

ボナールとナビ派!〜中尾陽一先生の絵画鑑賞入門講座

 

 

さて、次回はバルテュスをとりあげます。

バルテュス、変わった名前ですね!ただし、これ通称です。

本名はバルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。

こちらは、なんともエキゾチックで高貴な出自を彷彿とさせる名前ですが、それもそのはずポーランド貴族の血を引く家系だそうです。東欧系の貴族と聞いてわたしは勝手にドラキュラ伯爵を連想したりします。この名前の響き、ゾクゾクっとしませんか?

名前からして不思議感満載な匂いがするバルテュスですが、作風もこれまた異色中の異色。まず思い浮かぶのが室内で扇情的なポーズをとる少女像ですが、その脇には我関せずと独特な雰囲気を醸し出す猫がいたりします。猫はパリのシーフード・レストランの壁を飾った絵ではユーモラスな主人公になっています。そうかと思うとまったく別人が描いたような光に満ちた静謐な雰囲気の風景画があったりもします。

バルテュスは1908年にパリで生まれ2001年にスイスで亡くなっています。まさしく20世紀を生きた画家でしたが、20世紀美術のどの流派にも属することなく、独自の具象表現を追求しました。その創作態度や秘密めいた私生活から「孤高の天才画家」とも称されます。ピカソはバルテュスの芸術を高く評価して「20世紀最後の巨匠」と呼びました。

その一方で、バルテュスは少女のエロティシズムというセンセーショナルな画題から道徳的な批判や誤解に曝されてもきました。2014年に東京都美術館ほかで開催された没後初の大回顧展のサブタイトルは『称賛と誤解だらけの20世紀最後の巨匠』でした。バルテュスは好き嫌いがはっきる分かれる画家です。

次回のアート・レクチャーでは好き嫌いを越えて、はたしてバルテュスはピカソの言うように『20世紀最後の巨匠』なのかを、みなさんとごいっしょに感じ考えてみたいと思います。

 

 

美しい日々

 

猫と裸婦

 

地中海の猫

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第37回 バルテュス

5月28日(日)13時から15時30分

お申し込みは、中尾流と書き添えて こちらからどうぞ→

 

ただ在る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*先生のいない、読書会〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても楽しい!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

青空禅フォーラムは4月29日(土祝)です

青空禅フォーラム

 

青空禅フォーラムは今月、4月29日(土祝)14時〜16時まで 開催です。

 

 

伊東先生の青空禅では、

 

自己の本質を

 

青空

 

肉体、思考や感情、記憶や気分など認識できるものすべて(心身)を

 

 

 

に例え、概念を超えたそれの入口へと丁寧に向かいます。

 

 

 

 

青空は在る。

 

 

 

 

雲は雲なだけ。

 

 

 

 

不立文字

 

と禅で言われるそれは、言葉を発した途端、それではない。

 

 

ではどうしたら? と問うことよりも、

言葉という制約、概念から解き放たれるそのことに、

深くほっとするかもしれないし、

言葉にならない変容が自ずと起こるかもしれません。

 

 

知識や方法を重ねることではなく、

つかもう、さがそう、としないことへと青空禅は誘います。

そのことにひたすら誠実な伊東先生の穏やかで静かな情熱の青空禅。

一度、いらしてみてくださいね。

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわふわふわっと、空のお茶会やりました。

 

空のお茶会、第二回目をやりました。

少し参加人数が増えて、トピックスも具体的になっていろいろな視点から話が弾み、楽しかった。

最初に音読する「バーソロミュー」は、音だけで入って来くると思わぬフレーズが頭の中で鳴り響き、発見があります。その「音だけ」と、字を目で追うという当り前の行為の違いが新鮮。

目から入る情報を処理することは習慣化しているので、入った瞬間に概念もくっついて言葉とセットになっています。認識した時点で、もう先入観かも(笑)

 

なにせ先生がいないものだから、誰かが質問をしたら、みんながう〜んと考えて、誰かがポロッと何か言って、それにまた違う人が応えて・・・という具合です。

ここは1つの答えに向かって進むのが目的ではないので、そういう広がり方がいいんじゃないかなと思います。

 

最初に空のお茶会のことに誘った友だちが、素敵なことを言ってくれました。

 

空のお茶会は、フラワーオブライフ、のイメージで。

 

と。輪が閉じて1つになるのではなく、広がり広がり重なって開いていく。

ふわふわふわっと。

 

最初にからだをゆるめるストレッチをしたり、呼吸の時間を作ったりしています。その日の人数やお天気を見て、簡単にできる手のひらマッサージもやる予定。まずは心身リセット。静かに静かにふぅ〜と息をはいて力を抜きましょう。

 

バーソロミューは、スピリチュアルを否定せず、大きく包みながら「決して変わらないもの」へと誘います。ユーモアと慈愛をもって。

 

そんな、空のお茶会です。モノは試しに、一度遊びに来て下さいね〜

 

 

 

*先生のいない、読書会

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

ひとりひとりで、みんなとね〜空のお茶会、今日♪

 

私の母は少し変わった人でお母さんらしいお母さんというイメージからはちょとばかり遠い人です。そんなものだから小学生だった私の友だちにむかって「これについてあなたはどう思う?」とかって、大人に問うみたいに子どもに尋ねたりしていたらしい(あとからその幼なじみが教えてくれたのですけど)。

 

そんな母が歳をとって、いろいろなことが出来なくなっている今、少しずつ、そっと私に頼ったり甘えたりするようになりました。あの母が!!…でもあるのですが、母から『甘えていいのだ』ということを両手で受け取った気がします。

 

子どもの頃から習い事をして来たせいか、先生に対するリスペクトが無意識に働くところがあって、お金を出して教えていただいていても、けっして「お金を出しているんだからちゃんと教えろよな〜」みたい気持ちにはならない。でも最近、それも1つのこだわりなんだなぁと気づきました。

 

リスペクトとは「全てへのリスペクト」しかありません。

 

 

あることを知る、身につけるためには先生は必要なのです。頼ったり、ちょっと甘えさせてもらうことがあっていいと思います。でも、本当に知りたい身につけたいときには、自分で立つしかありません。私がずっと求めていた「本質」についてもそうです。

 

そんなのわかっているけど…と言い続けて先延ばしにして、教えてくれる人とのクローズした関係性を作ってぬくぬくしていてもいいけど、そこが真剣さを問うところ、大切なところ。もちろん、先生そのものがどうこうって話じゃありませんよ。先生はそういう役目の人たちだから必要でいてくれるのです。大切なのは、こちらの姿勢、在り方なのだとあらためて感じています。全ての責任、言い換えれば主導権、は自分にあります。

 

 

前にもちょっとご紹介したことのある  Taku さんのブログで、このことに関してど真ん中の記事がアップされていました。Taku さんは、独特のユーモアを交えて真理についてお話してくれるので、よかったら読んでみて下さいね。過剰な期待もさせないし、美しく聖なる言葉もなく、ひたすらに軽やかです。このセンスは抜群だからぜひ、笑いながらね〜!

 

 

Taku さんが書いていたけれど、素晴らしい先生〜と感じるということは、自分の中にそこに共鳴する素晴らしさがちゃんとあるからなんですって。ね、ス・テ・キ♡

 

親鳥のように時に優しく抱き与え、時に冷たくあっさりと手を離して(笑)知らん顔して微笑んでそこにいてくれる、すべての先生たちに感謝♪

 

今日は、先生のいない「空のお茶会」です。

ひとりひとりで、みんなとね!

 

*先生のいない、読書会

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

3月19日(日) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

とっこさんと弥生の身体と心を学びました

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び」,第1回を開催しました。

自分が主催していて言っちゃいますが、

すご〜〜〜く、クオリティの高い講座になりました。

私、身体のことにはちょいとうるさいのです。そんな私が、このとっこさん講座の素晴らしさを自信を持ってお伝えします。これからの展開が楽しみだな〜♪

 

今日も準備万端。

 

最初はボディーチェック。みなさんのからだを専門家とっこさんが見て、今そのままの状態をお伝えし、改善のためのアドバイスをしてくれます。まずは自分のからだを知らないとね。

 

チェックすべき身体の部位について説明。自分のからだって知っているようでよくわかっていません。触る、もむ、押す、さする…を習慣にしよう。

 

 

こんな風に、

 

 

骨盤の傾きをチェック、

 

仙骨の様子、しっぽはどっち向いているかな?(笑)

引っ張られた結果、筋肉はどっちにねじれるかな?

 

からだの説明は実際に人の身体を見ながらだととても分かりやすい。
全員が全員の学びのための具体例になって、お互いさまで、ありがとう、です。

 

弥生(春)のからだは、冬の間に貯めたエネルギーを放出しようとするのです。季節ごとに身体は動き、変化するのです。春の骨盤は弛んでバランスを調整しようとするので、心身共に安定しないのがこの季節。日本では新学期、新年度が始まって新しい環境にチャレンジする時期ですが、本当は新しいことを始めるのには向いていない。じっとしてぼーっとしていたい心身なのですが、社会のしくみで致し方ない。そんな時は、からだや心の変調に慌てず焦らず、なんとかしようとせずに、ゆっくりそれを受け入れましょう。「笑いながら秋を迎えよう!ぐらいでオーケーです」と、とっこさん。

 

休憩をとりながらの2時間講座ですが、みなさんとても熱心でお休み時間も先生に質問いっぱいでした。

 

後半はいよいよからだを動かします。セルフマッサージや呼吸法を学びました。

 

 

足つぼとマッサージ。指をよくひらいてね。

 

 

とっこさんの話術は軽快でユーモアたっぷり。だから楽しく時間が過ぎていきますが、実は伝えられることの内容が濃くてクオリティがとても高いのです。あまり身体を動かしたことがない方達には楽しく分かりやすく、そしてインストラクターなど身体のことを知っていればいるほど、伝え方の巧さを感じられると思います。

 

とっこさんは、一所懸命にみんなに「自分のプロになろう」ということを伝えています。心だけでなく、身体だけでもなくのアプローチが、さすが哲学カフェ主宰の哲学の徒とっこさんです。

からだは素直でさまざまなことを伝えてくれているのです。とっこさんの講座は、笑いながら、驚きながら、身体の声に耳を傾ける時間です。

 

次回は6月開催。

自分の身体を知ることの大切さ、心地よさ、ぜひ皆さんに体験していただきたいと思います。

お申し込みはお早めにどうぞ〜

 

*からだとこころはつながっている〜

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び〜水無月の身体と心を学ぶ』

6月18日(日) 14時から16時

お申し込みはこちらからどうぞ→