えりかさんが来る。

fullsizerender-420

 

 

今日はひかりがキラキラしていました。

空気が冷たくて、空は真っ青。

真空のなかにいるみたいな不思議な感覚。

 

今度の日曜日は、景山えりかさんのお話会。

えりかさんは、宇宙のこと、天文のこと、暦のこと、自然のこと、

シンプルな言葉で分かりやすく伝えてくれて、それがすっと記憶に残る。

どんなひとかというと、透明感のあるとても素敵な女性です。

天女だったりして。

プロトマニアに来て下さるのが、

ウルトラスーパームーンの前日という天の配剤もすてきでしょ。

日曜日、お月様のこと、丁寧に暮らすリズムに、一緒に触れてみませんか。

 

 

 

 

fullsizerender-416

薔薇と美の女神ヴィーナスは仲良しに違いない

 

 

11月のプロトマニア

fullsizerender-384

今日から11月ですね〜

11月のプロトマニアはいろいろ満載。

 

11月5日(土)は、和サンガ  東京2期の最終回です。

「伊東充隆主宰 和サンガ   東京」

東京は6ヶ月コースなのであっという間ですが、みんな真摯に学び実践しました。

今、伊東先生から伝わるものは、どんどんピュアになっています。

悠然と満ちていく先生の穏やかさとは裏腹に、

エッセンスが、ピシッ、パシッ、シュッ(笑)と鋭く飛んで来る。

参加者(自分を含めて)を見ると、当り前だけどそれぞれ変化しています。

あらためて、実践の場としての和サンガという支えの大きさを感じます。

伊東先生はね、ホントに惜しみなく素晴らしいんです。

でも敢えて言うならば、どんな素晴らしい先生のもとでお話を聴いても、

各自の実践なくして、蓮の花のほほえみはない、ってこと。

地味だけど、コツコツやるべし。

コツコツ仲間はちゃんといます、和サンガの東京3期は来年1月スタートです。

 

そして11月13日(日)は、景山えりかさんをお迎えします。

「月と一緒に自分らしく暮らすために〜月整活のすすめ」

えりかさんは10月末に新著、

『月整活 月のリズムで暮らしと心を整える30の新習慣』

を出されたばかり。

東京の人気のラジオ局  J−Wave  にも出演されて、ますますご活躍中です。

久しぶりにプロトマニアでお話をしていただきます。

えりかさんは、自然体で丁寧に日々を暮らすことの達人!

 

秋も深まる瞑想日和、23日(水祝)は伊東先生と瞑想体験から本質へ。

「青空禅 1day ワークショップ*  マインドフルネス瞑想  入門と極意」

瞑想が初めての方にもおすすめです。

瞑想がなぜ今注目されているのか、瞑想とは何か、

現代の最先端科学や心理学のお話などを通して、

理解しやすく、身近に感じられるように伊東先生が解説して下さいます。

先生と一緒に実際に瞑想を体験してみましょう。

そしてもちろん、ただの瞑想講座とは違う青空禅!だもの、

身体や感覚、脳のしくみを知的に理解しながら、

瞑想の先にある、自己の本質へと触れていきます。

 

プロトマニアでこの季節恒例、クリスマスリース作りは26日(土)です。

「  k i i c o   眠りの森への扉*クリスマス フォレストリース作り」

今年も大人の男の子、女の子のために。

kiico さんのリース作りは、木の香りいっぱいのグリーンリース。

同じ材料で参加者が作り上げるリースは、まったく違った仕上がりになります。

リースを作る間は、無心のひととき。

みんな子どもに帰ったように知らないうちに夢中になっている!

kiico さんのセンス抜群の花材が今年も楽しみです。お申し込みはお早めに。

 

そして、プロトマニアのアート講座、中尾流は27日(日)、ベラスケス。

「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

スペインの巨匠、ベラスケスが11月のテーマ。

芸術は、人間の深いところから沸き上がって来た真理への熱愛ではないか。

矛盾や葛藤を抱えて生きる道程に出現した、静寂、沈黙への扉が芸術!

中尾さんからの画家や作品の解説は、美術史的知識に止まらず広がる広がる〜

参加者は感じたことを言葉にして、先生と対話を重ねていきます。

今月も白熱教室!

 

ぜひ来てね!

fullsizerender-402

プロトマニアは皇居のすぐそば、なんだかとにかく気がいい。

 

11月13日(日)は景山えりかさん@プロトマニア

景山えりか

プロトマニアで「星のティーセラピー」をして下さった景山えりかさんが、

新しい本を出版されました。

 

『  月整活 月のリズムで暮らしと心を整える 30の新習慣  』

主婦の友社より本日発売!

 

もくじはね、

 

第1章 月が教えてくれること

第2章 月のリズムを知る

第3章 月のリズムで整える

第4章 月のミニ事典

そして、月の満ち欠けカレンダー付き!

 

という具合。

届いたばかりでまだ読み切っていないけど、

情報がとても整理されていて、すっと頭に入って来る。

それはえりかさんがレクチャーでお話される時とまったく同じです。

 

知っているようで実はよく知らない月。

えりかさんは、月にまつわる昔からの知恵や風習と、

現代のサイエンスの知識を同じテーブルの上に並べて見せてくれる。

 

現代の生活は情報いっぱいで、スピードも速い。

自分のリズムが気づかないうちに外側に引きずられて崩れていることもあります。

そんな時は、さらに新しい情報に頼るより、自然のリズムを頼みにする。

一番身近な、月の満ち欠けを使って。

 

えりかさんの文章のリズムは、とってもゆったりしていて丁寧なんです。

読んでいると、呼吸が整う感じがしますよ。

ぜひ読んでみてくださいね。

 

景山えりかさんのレクチャーは、11月13日(日)午後開催です。

お申し込み、お待ちしています。

 

 

fullsizerender-391

 

 

 

プロトマニアという扉。

img_0362

少し前からあらたな気持ちでプロトマニアに臨んでいます。

何も特別なことではないのですが、

慌てないで、焦らないで、初心にもどる、感じです。

偶然、不思議なマダムに出会いました。

その方は趣味で絵本を作っているそうなのですが、

お話していると、どんどん目の前の視界がひろがっていく。

空をぐんぐん飛んでいるような自由さ。

おしゃべりをしているうちに、とても素直な心持ちになっていって、

ずっと忘れていたこと、子どものわたしが現れた。

それで、すっかり面白くなって来ました。

ものがたり、というのは、この世界全体のことで、

未知で不思議なことだらけなのだった!

そう、プロトマニアは、おとなの男の子、女の子にもどる場所!!

 

11月のプロトマニアは、とても賑やかです。

久しぶりに景山えりかさんからお月様のお話を伺います。

11月13日(日)開催です。

えりかさんのメッセージ。

突然ですが、三日月をご存知ですか?

単に細く欠けている月が三日月ではありません。月が満ちたり欠けたりする1周期のうち、三日月はたった一度きりです。こんなふうに、知っているようで意外と知らない月のこと、きっとたくさんあると思います。しかし、大昔の日本人は違いました。暮らしの中に、当たり前のように月が存在していたからです。月の満ち欠けは、暮らしの羅針盤のようなもの。何をすべきか教えてくれる存在です。

この講座では、月のリズムをライフスタイルに無理なく取り入れて、自分らしい暮らしをするためのコツをお伝えします。講座開催日は、68年ぶりとなる「ウルトラスーパームーン」の前日です。まさに月について学ぶにふさわしいタイミング。
ぜひ、プロトマニアにお集まりください。
お一人でじっくりと、お母様や兄弟姉妹を誘って、お友達とご一緒に。どなた様も、どうぞお気軽にご参加くださいませ。おいしいお茶とお菓子をご用意して、心からお待ちしております。

(景山えりか 記)

 

ね、なんだかワクワクするようなお誘い文でしょう?

そして、月末には kiico さんのクリスマスリース作りもあります。

これはもう、プロトマニア恒例行事です!

今年もお散歩から始まって、すてきなグリーンリースを作ります。

センス抜群の kiico さんの選んだ材料から、

ひとりひとりの個性溢れるクリスマスリースが出来上がります。

作ることでただ無心になれる、楽しい、温かいひとときです。

ぶきっちょさん、大歓迎♡

 

✻✻✻~クリスマス・フォレスト・リースが平穏で心安らかな眠りをもたらして家を守り、よき夢の世界へといざなうように。夢は現実の続き、現実の祈りが夢の続きとして生き生きとした存在であるように。。。✻彡~ 

今年も“おとなのboys&girls ”が集まって、魔法の森への入り口にかけるクリスマス・フォレスト・リース作り。森のかぐわしい匂いにつつまれた豊かで楽しい時間へのお誘いです。

初冬の1日、ほんの数時間だけ日常を抜け出して大きな木々や水辺が優しく迎えてくれる公園散歩のあとに森の木や水の声を思い、枝葉や実や輝く石や可愛い飾りものを手に触れ、風や緑や土の匂いをいっぱい吸い込んで作る世界にひとつのあなただけのフォレスト・リースを作ります。

1年の終わりは次の新しい春のはじまりを準備する時でもあります。植物はもちろん、動物たちも鳥たちも、魚も虫も、春夏秋と過ごし、そして冬がはじまり、すごした季節がくれたものを身にまとい、残していたいらないものを手放して、それぞれが新しい季節への心身の準備を上手にはじめる季節です。

私たちも、彼らと同じく新しい年を迎えるために、なにかと気ぜわしく動くときですが植物や動物たちのように本来の地球のリズムをいつも感じ、その呼びかけを聴いて心身を整えていくことはなかなかできませんね。

だけど、私たちはどこかからやってきた宇宙人ではなくて(そんな人もいるかもしれませんが 笑)彼らと一緒のまあるい地球の生き物のひとつだから、普段忙しさやアレコレにまみれていても意識の奥の方では いつだって地球のリズムを感じたいと思っているのだと思います。

このフォレスト・リースは、ふだんはなかなか行かないハートの場所へとアクセスすることに1年で1番適しているクリスマスシーズンに、五感をたくさん使って楽しみながら作り、持ち帰っておうちに飾ることで、形のないものの中にある本当に大切な宝ものへといつでも繋いでくれる形ある存在として、幸福と豊かな時を運んでくれることでしょう。

経験不要です。初めて作るかたも、どなたでも楽しくご参加いただけます。みなさんとお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 kiico*

 

 

この他には、伊東先生の和サンガ 東京2期が最終回。

そして、11月23日の青空禅ワークショップでは、

理由のない幸せを感じるコツを一緒に体験しましょう。

伊東先生の瞑想指導は、初めての方でもちゃ〜んとリラックスを実感できる。

心身への効果抜群です。

伊東先生、深い研鑽を積んでいらっしゃる方です。ドンとお任せください!

マインドフルネス瞑想入門と極意

~穏やかな心、明晰性、理由のない幸せ~

 

マインドフルネスとは、とても穏やかでリラックスしていると同時に、しかも隙がなく明晰な心の状態のことを言います。

10年程前から、Googleを初めとしたシリコンバレーの企業が社内研修の一環としてマインドフルネス瞑想を取り入れたところ、数ヶ月の内に個人レベルから会社レベルに至るまで生産性の向上がみられました。そして今、その瞑想法と研修が日本の企業にも取り入れられ始めました。

しかし、これはある意味で日本によくありがちな逆輸入なのです。マインドフルネス瞑想の基本と極意は、実は「禅」だからです。

禅はもともと「不立文字」といって、言葉では表現しきれない人の本性である仏性を悟る道ですが、その掴みどころのないものを論理性に優れた欧米の方々がギリギリのところまで明瞭な論理を使って架け橋をかけたのだと思います。だからこそ、数ヶ月という短い期間に現実的な変化を生み出せたのでしょう。

この講座では、元々の源流である「禅」のエッセンスと、欧米でアレンジされて明瞭な論理性で導かれたマインドフルネスの両方の知恵を頂いて、講義をし、実践の練習をして行きます。この講座を受講して、実践して行った時に得られる主なる効用は、以下の4つです。

    • 穏やかな心(内なる静けさ)
    • 明晰性(物事に対する明瞭な気づき、洞察)
    • 理由のない幸せ感
    • 生産性の向上

そして、真の効用なき効用は、禅でいう「見性成仏」。これは、言葉のない沈黙の中で、開示されて行くでしょう。 (伊東充隆 記)

 

 

11月27日(日)は中尾陽一さんの美術鑑賞入門講座。

クマさんみたいな中尾さんと笑いあり、ツッコミありのアート講座で、

どんどん自由に美を楽しんでください。

 

私が願うことは、ひとつ。

 

あ〜おもしろかった!

あ〜気持ちよかった!

 

と帰りにみんなが笑顔になること。

プロトマニアは扉。

その向こうにあるのは無邪気。

プロトマニアでは、遠慮はいりません。

無邪気がいちばん♡

 

 

 

 

 

景山えりかさんとプロトマニア

FullSizeRender-272

昨日、13日(日)のプロトマニアは、

景山えりか  さんの  「暮らしに活かす旧暦エッセンス〜冬至を楽しむ」でした。

 

今回も、季節と天体、暦から始まって、冬至にまつわるあれこれを、

とてもわかりやすく教えていただきました。

いやはや、暦というものは奥が深いんですね〜

ご参加くださった方からの質問のおかげで、

えりかさんのお話はさらに詳しいところへ。

目からウロコ、みたいなお話を図らずも聴くことができました。

面白かった!

 

景山えりか

そして、お話はタイトルの冬至へとむかい、柚子湯、かぼちゃ、小豆、などなど、

冬至の日にするといいこと、食べるといいもの、などなど教えていただきました。

これならすぐやってみることができそう〜♡がいっぱい。

 

えりかさんからサプライズで、ご自宅のお庭の柚子を参加者全員にプレゼント。

ありがとうございました!

 

今年は、ご著書 でしか存じ上げなかった景山えりかさんと偶然のご縁をいただき、

プロトマニアに来て何度もお話会やお茶会をしていただきました。

これって思ってもみなかったことで、本当にラッキーでハッピーでした!

普段、けっこう雑にしていること(苦笑)、当り前に知っているつもりのことを

あらためてそれに纏わるストーリー、成り立ちをえりかさんから伺って、

参加して下さった方たちも私も本当に楽しいほっとするひとときを過ごしました。

来年も、えりかさんやみなさんとプロトマニアで爽やかな時間を持てるように、

またいろいろ楽しい空想をしてみよ〜っと。

 

えりかさん、ご参加の皆さま、ありがとうございました♡

 

 

 

 

景山えりかさんと、冬至を楽しむ♡

kageyamaerika

今日はずいぶん寒くなりましたね。

今年は暖かいと思っていたけど、今日の曇り空は冬空です。

 

13日日曜日のプロトマニアは、景山えりかさんの

「暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜冬至を楽しむ」です。

 

冬至と言えば、一年で一番昼が短い日。

この時を境に太陽が力を増していくとされていて、

陰極まりて陽となす!、

運気もここから変わると言われたりします。

そしてカボチャを食べて、柚子湯に入る日。

… あははは。

冬至のこと、えりかさんに天体の動きや昔からの知恵をじっくり深く伺って、

今年の冬至はちょっとこだわって過ごしたいですね。

今からでも、ご参加お待ちしていますよ〜

 

そして、月曜日は双子座流星群が見えるんですって。

今年はよく見える条件が揃っていて、絶好の星ウォッチング日和だそうです。

夜空を見上げることは、一瞬、地上から離れてリラックスにもなりますね。

えりかさんの  All About の記事 からぜひ流星群のことも読んでみてくださいね。

 

 

私たちって、知っているつもり、わかってるつもり、やってるつもり、

のことが意外と多いんですよね。

大人になればなるほど、もうわかっているつもり、なんです。

時々、まっさらな子どもみたいな素直な気持ちになって、

やってみる、見てみる、ということは、

自分へのとーっても素敵な贈りものになります。

それも、ふとしたきっかけで、

あーホントだ!って思えた瞬間は、思わず笑顔でハッピー。

そんなふとしたきっかけに、えりかさんの「旧暦エッセンス」もなるといいな。

 

IMG_0979

 

 

12月のプロトマニア*景山えりか冬至〜中尾流絵画鑑賞〜東京和サンガ〜

forestwreath2015

日が落ちるのが早くなりましたね。あっという間に暗くなります。

今日から12月。大好きなクリスマスのアロマを焚こう♡

 

 

12月のプロトマニア、まずは12月13日(日) 景山えりかさんの

「暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜冬至を楽しむ〜」です。

 

IMG_0899

えりかさんのお話は、プロトマニアだけではもったいないような、

分かりやすくて、あっちの知識とこっちの情報が、

ピン!と音を立てて繋がるようなすっきり感。

やわらかな笑顔の向こうにはこれまでの蓄積の厚みがあって、

落ち着いた信頼感に溢れています。

生活の中で感じたり、思いを馳せたりできる、天と私たちの歴史、繋がり。

ぜひ一度えりかさんから伝えられる豊かな旧暦の世界に触れてみてください。

 

 

 

そして、2015年最後の中尾流は12月20日(日)。

中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、

20回目を迎えます! パチパチパチ〜☆

1947 ジャズ、道化師

おぅ!もう20回になるのかぁ。すごいすごい。

 

スタートした頃、

「私は美術展に行ってもどうやって作品を見ればいいのかわらかない」

「感性がないから、絵はわからない」

「美術のことは何も知らないから…」

とおっしゃっていた方たちも、今では美術ととても仲良しになっています。

そして美術作品と対峙して、考えたこと、感じたことを自分の言葉で言い表す、

それを楽しそうに、自然にしていらっしゃいます。別人みたい!

 

美術って,楽しいんですよ〜

絵の中の世界に入って行く、自分の内側からの声をじっくり聴いてみる、

人間が何をずっと求めて来たのか、時代を超えて今ここで作者と共に感じる…

20回目は、「マティス」そして映画も公開されている「 FOUJITA 」です。

ぜひ遊びにいらしてください。

 

 

IMG_0858

そして、12月最後のプロトマニアは、

伊東充隆先生の「東京和サンガ」です。

こちらは6ヶ月コースで、固定メンバーで勉強しています。

隔月で開かれる「青空禅フォーラム」の集中コース、と言えばいいかな。

青空禅で得た知識や体験を、主体的に定着させていくのがこの和サンガです。

 

私とはどこにあるのか?その真理を知りた〜い、とか、悟りたい、とか、

いろいろきっかけはあります。

そして、それを知ったところで何がどうなるか? は、

どうにもならないそうです(笑)♪♪♪〜

あはは。

今、お伝えするとすれば。

 

それは、やらなければ、はじまらない、ということ(♪)。

そして、とてもいい先生に出会えたな、ということ(♪×100)。

 

 

このことは、素直になればなるほど、しみじみ感じることです。

いろいろなティーチャーやお話会がありますが、

あまりパフォーマンス性のない(笑)地道で安全なコツコツが性に合っている、

という方にはオススメの青空禅フォーラム(来年1月開催予定)。

そして同じ方向性を共にしている仲間たちの場、東京和サンガ。

ご興味がある方は、伊東先生のウェブサイトやプロトマニアの青空禅コーナーへ。

 

 

*写真のクリスマスリースは、先日の  kiico さんのワークショップで作りました。

その時の様子はプロトマニアの   facebook でぜひご覧くださいね〜

 

 

 

11月のプロトマニア ♪ ♪ ~♡

FullSizeRender-239

さてさて、まもなく11月です。

 

11月のプロトマニア。

スタートは、伊東充隆先生のもとで「  東京和サンガ  」のスタート。

根拠は全くないけど(笑)なんとなく素敵な、イチ 並びの11月1日から。

 

そして、中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

11月22日(日)の中尾流のテーマは、マティス。

鮮やかな色彩、単純化された形、風がふわりと吹くような軽やかさ、マティス。

中尾さんの美術へのアプローチは、知識を増やすことを目指すものではなく、

沢山の作品を見て(レクチャーですのでとりあえずスライドです)見る目を養う、

そして自分のことばに置き換えてみる、という、それぞれの参加者がマイペースで

自分の知性と感性を耕すような時間です。

いつからでも、どなたでもご参加、大歓迎です。

 

伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」は23日(月祝)です。

私とはいったい誰なのか?、いったい何の為に生きているのだろうか、

何が現実で何がそうでないのか…

誰しもが一度は考えるこんな問いに伊東先生がさまざまな角度から応えます。

そして、非二元、ノンデュアリティー、悟り、真我、自己の本質、

そんな言葉やお話に興味がある? 求めて来たけれど何かピンと来ない?

ふむふむ、では、ぜひ伊東先生のお話を聴いてみて下さいね〜

ライブで感じ、理解し、マイペースで学べる場。

青空禅フォーラムは、隔月開催します。

 

11月最後、28日(土)は、kiico さんの

森の精・月の精と繋がるクリスマス フォレスとリース作り」です。

去年と同様、皆さんには大人の男の子、女の子になっていただきましょ〜

本当に楽しくて、世界でたったひとつのリースが出来上がります。

こちらは今、残席2名 です。お申し込みはお早めにどうぞ♡

 

そして、12月には景山えりかさんがまたまたプロトマニアに来て下さいます。

暮らしに活かす旧暦のエッセンス 〜冬至を楽しむ〜

旧暦の知恵は生活に根付いていて、長い時間の中で伝えられたきたもの。

だからそれは大きな自然の動きとゆったりダンスするみたいに、

身体にも心にも優しいんです。

えりかさんのお話は、とてもシンプルで分かりやすいし、

何より難しいところがありません。

冬も楽しくなる、冬至を楽しむ、ぜひご参加ください。

 

そしてそして、こんな寒さに向かう季節には、

さいとうえみさんの「ボディーバランスセラピー」をどうぞ。

ただいま不定期にて予約受付中です。

ご希望の方は、メールでお問い合わせくださいね。

えみさんのセラピーは、とてもふんわり芯から効きますので、

繰り返し施術を受けてみることをおすすめしますよ〜♪

 

プロトマニアは、忙しい日常からふっと離れる時間をご用意しています。

いろいろな思いや出来事から少しだけ離れて、自分に帰る時間です。

それは自分の内側と向き合う時間を作るっていうこと。

そこで、もうひとつ!

番外編ですが、私の師匠からのご縁でお友だちになった  Az さんの

グリーティングカードのワークショップもご紹介します。

11月14日(土)クリスマスカード作り@プロトマニア

Az さんはグリーティングカード作りをアメリカで続けて来て、

帰国された今、カード作りの楽しさ、カードを送る気持ちを大切にすること、

などなどをコツコツ伝えようとしています。

私もね、ちょっとしたお礼の気持ちや嬉しかったこと、感じたことを

カードに書いたり作ったりして送るのが大好きです。

カードを作りながら、相手のことを考える、thinking of you ♡

お友だちへ、遠くに近くにいるあの人へ、ご両親や尊敬する方へ、

ちょっとした気持ち、温かい気持ちをカードにのせて贈ってみませんか。

お申し込みは、Azさんのサイトからどうぞ。

FullSizeRender-241

Az さんが作ってくれたカード。これは私の高校時代の制服です。

Az さんと私の高校は別々。でもお隣の駅同士だったのです。

思いがけず、こんな懐かしい(笑)制服との再会。

Az さんの優しい気持ちを受け取りました。

 

 

景山えりかさん@プロトマニア〜中秋の名月

IMG_0092

秋分の日、プロトマニアでは景山えりかさんの

『暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜中秋の名月を楽しむ』

を開催しました。

IMG_0068

 

秋分とかお彼岸とか、季節ごとにやって来る節目の意味や風習など、

知っているようで実はその意味や内容って、意外と曖昧ではないですか?

 

DSCN1157

 

秋分のこと、お彼岸のおはなしから始まり、月の満ち欠けのしくみや、

昔の人が名付けた素敵な月の名前やその意味、

お月見やその楽しみ方などなど…

えりかさんの分かりやすい解説で、へぇ〜〜〜!と楽しいビックリがたくさん。

 

DSCN1182

 

 

旧暦のこと、お月様のこと、と言っても、

お話だと堅苦しいとか難しそうとか、そんな風に思っていらっしゃる方も

いるかもしれませんね。

でもね、そこはプロトマニアですから!

そしてなんといっても景山えりかさんですから!

 

えりかさんの素晴らしいところは、

学者さんやその世界の専門家として知識を伝えるのではなく、

市井の研究家として、

なんとな〜くしか知識がない私たちにも興味が持てるようなアングルから、

正確な知識をお話して下さるところなんです。

現代の寺子屋プロトマニアにはピッタリの先生です。

 

私は空を見るのが好きで、青空に雲も、夜空にお月さまや星もよく眺めます。

その時の、わぁきれい、とか、慰められるな〜、とかに、

ちょっとした知識が加わると、

季節や時間の移り変わりをふだんとは違う感覚で味わうことができます。

 

お月様と仲良くするためのキモは、

えりか先生曰く、

 

月を眺めること!(笑)

 

だそうです。

そう、今日は満月、新月…とカレンダーで追うよりも、

まずは空を見上げる。

今日のお月様のかたちや高さを見て、

その時の暗さや温度、湿度、などなど五感をフル稼働させてみる、

ということが大切!とおっしゃっていました。

忙しい毎日だからこそ、カーテンを閉める時に窓の向こうに見える月を見たり、

帰り道の夜空を見上げたりしながら、

自然と一緒に在ること、つながりを感じるのはすてきなことだと思いました。

 

さて次回は 12月13日(日)です。

12月は冬至や大晦日など、またまた知っているようで知らない旧暦の、

昔からの人々と暮らしが伝えて来た知恵に触れることができるでしょう〜

詳細が決まりましたら、ワークショップのコーナーにお知らせをアップしますね!

 

今回の講座の様子は、プロトマニアの  Facebookアルバム からご覧下さいね!

 

 

プロトマニアを巡るいろいろ

thankyouk7

朝晩すっかり涼しくなりましたね。

明日からシルバーウィークのお休みが始まるという方も多いことでしょう。

自然の動きも世の中も、やけに騒がしくて落ち着かない感じがしますが、

皆さんはいかがですか?

 

この秋の休暇の最終日、プロトマニアは景山えりかさんの

『暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜中秋の名月を楽しむ』

です。いらしゃいませんか?

知っているようで知らない季節の行事の意味や天文のお話が聴けそうですね。

えりかさんのお声は、耳に心地よい響き。

そしてお話がとても整理されて丁寧なので、すぅっと聴きやすいと感じます。

ご活躍中のえりかさんをプロトマニアに迎えることが出来るのは、とても光栄。

 

中秋の名月のお話だから、アート畑の私は鈴木敦子さんという画家が描いた

小さなお月様の絵を用意しました。

プロトマニアの壁に飾った赤い牡丹の花を描いたのが鈴木さん。

あの赤い絵は、初めて見た時におおらかで逞しい女性性を直感しました。

鈴木さんの絵は静かで強くて、絵と対話ができるところが大好きです。

 

 

 

10月になったら、さいとうえみさんのボディバランスセラピーも始まります。

えみちゃんのセラピーは、私から見ると形式がなくて、

「子どもの頃、おばあちゃんにお腹をさすってもらって安心して気持ちよかった」

みたいな感じです。

研鑽を積んで高い技術や知識を持ったセラピストは素晴らしいですが、

えみちゃんのはちょっと違います。

常に勉強を続けつつ、勉強を軽くひとっ飛びした天性を感じさせるセラピーです。

とても自然。

私の好みかもしれませんけどね! 実感です。

 

それからプロトマニアの生みの親みたいな青空禅フォーラムの青空仲間が、

それぞれのスタイルで青空意識を伝えています。

広島のセラピスト坂本範子さんや、

東京でこれまで一緒に学んで来た青空永音さん。

青空永音さんは、坂本さんに続いてインターネットTVに登場予定。

このご紹介はあらためて近日。

 

このところまた、くるっと元に戻って来た感じがします。

プロトマニアの運営も、真理の探究も、

油断するとついあれこれと比べて焦ったり、

力が入り過ぎてしてしまうんですが、

どこかでちゃ〜んと知っている感じを頼りに、

浮き足たたず、地道に、偉大なるフツウへ向かう秋のスタートです。