ギンギラギンにさりげなく。

fullsizerender_2

 

… という今日のジャーナルのタイトルに、ぷぷっと思ってくれた方は同世代的。

ハグバグ♡

 

さりげないフツウって、とってもかっこいいなぁ。

お気に入りのブログの TAKU さん  風に言うと、ギンギラギンでも、

 

それはそれでええんですけどね。

 

 

ふ つ う

 

って、何をもってフツウというか、考えてみよう。

 

 

よくこのジャーナルでそのお話を引用するマハラジせんせいは、小さなタバコ屋のごく普通の店主だったそうです。覚者と言われるせんせいは、怒りっぽかったらしいし、写真を見ると子どものような笑顔で自慢げにサングラスをかけていたりします。

 

真理の探究の兄貴的先生、伊東先生は、代々続く禅宗のお寺の跡取りとか、実はエライ古代ギリシャ哲学者の末裔とか、ファミリー全員がお医者で大病院グループの神の手を持つ外科医とか、いかにもカッコ良くて、いかにもそれと因果関係がありそうな「あぁ〜…だからねぇ〜」みたいなドラマっぽい人ではありません。

 

先生がブログに書いている少年時代のこと。「この世界がなぜあるのか?」「なくてもいいじゃないか?」ふと伊東少年にある日浮かんだ疑問とその衝撃。それは自宅の電気屋さんの2階の窓からぼんやり空を眺めていた時、突然起こった『?』だったとか。先生は私たちと同じような一般家庭の少年でした。

 

 

引っ込み思案だった自分の好みは、小さなタバコ屋の店主だったというマハラジせんせいのフツウっぽさだけど、もしも伊東先生がある時ギンギラギンになって、世界中から青空禅に申し込みが殺到したとしたら、それはそれとして、プロトマニアじゃなく近所の武道館でも借りて、古株メンバーのみんなと青空実行委員会を立ち上げて武道館公演しよう。(ちょっとくらい自慢するかも。)

 

ギンギラギンに、さりげなく

 

ね。

 

毎日、仕事をしたり家庭を切り盛りしたりしている現代の自分たちに、具体的で日々の生活にありがちなイライラや落ち込み例を出しながらお話をしてくれるのがバーソロミューです。たまに厳しいけれど、それは愛の鞭(笑)。でもいつも穏やかでユーモアに満ちている。文字を追うのではなく、読む人の声が運ぶバーソロミューのことばを、みんなと一緒に聴いてみたいと思います。ギラギラしながら募集はしていないけど、のんびりいきましょう。空のお茶会も遊びに来て下さいね。

 

あ、そういえば穏やかさとユーモアといえば、TAKU さんと伊東先生のお話会なんてどうかしら。これはなかなか楽しいかもしれません。

妄想しておこうっと。

 

 

fullsizerender_6

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

次回開催は4月予定です。

日程が決まり次第お知らせいたします。お楽しみに!

 

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)開催中

次回の募集は初夏の予定です。

和サンガについてはこちらから→

 

*空のお茶会

2月25日(土)14時ごろから16時ごろまで。

プロトマニア偵察がてら、どうぞご遠慮なくご参加くださいね。

 

空のお茶会

岡田謙三のドローイング。

 

広告

次回の青空禅は4月開催。

img_1785

先日行われた2月の青空禅フォーラムは、初参加の方を交えての2時間。

質問がとても活発に出て、いつもにも増して対話のちからを感じました。

その対話を聴きながら、さまざまな思考や感情がぽこぽこ泡のように浮かんでは消えていく。

伊東先生が質問者に応えることば、そして質問者に投げかける問い。

繰り返される一連のダイアローグ。

 

自己検証するとは、このダイアローグ。

これまで知ったことや学んだことを適格に引き出して、自ら問い応える対話。

幾重にも幾重にも慎重にそれを重ねながら深く、さらに奥へひとつずつ。

慌てず、焦らず。スッキリすることが目的ではないのだから。

 

教えてもらえることは知識、またはコツ。

たくさんの知識を貯えコツを知っても、自学自習しなければそれは額縁の中の絵。

それを絵ではなくリアルにするのは先生でなく、誰でもない、自分。

これは究極はたったひとりの作業なのだ。

 

 

マハラジ

なぜそれほどまで他者に関心をもつのかね?グルが誰であろうとも、もし彼が良き信仰のもとに行為し、純粋なハートをもっているなら、弟子たちに何の害も与えることはないだろう。もし何の進展も見られないのなら、過失は弟子のほうにあるのだ。彼らの怠惰と自己制御の欠如がそれだ。一方、もし弟子が誠実で、修練に対して知的で、熱心に取り組んでいるなら、彼はもっと遠くへ彼を連れていける、より適格な師にかならず出会うことになる。あなたの質問は三つの誤りの仮定から出て来たものだ。そのひとつ目は、人は他者との関わりを必要とするということ。二つ目は、人はほかの人を評価できるということ。三つ目は、弟子の進歩はグルの仕事であり、責任であるということだ。実際には、グルの役割とはただ指導し、勇気づけることだけなのだ。弟子は完全に彼自身に責任があるのだ。

 

I AM THAT  Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
ニサルガダッタ・マハラジとの対話
『あなたの目的はあなたのグルだ』 P446 より抜粋

 

 

伊東充隆

 

*伊東充隆主宰 青空禅フォーラム Tokyo 

次回開催は4月予定です。日程が決まり次第お知らせいたします。

お楽しみに!

 

 

 

ここまでとこれから。

img_1629

 

長年、青空禅フォーラムに通い、ようやく和サンガが東京で始まって、これまでずいぶん伊東先生のもとで学んで来たと思います。その記録であるノートは宝物。どんな本を読むよりもこのノートを読み返せば、そこには自分の今の現れの日々、つまり人生に寄り添ったこの自分オーダーの知恵、ただこれを実践すればそれでよいのだよ、というやさしい親切な知恵が詰まっています。

 

体験して来たドラマはさまざまです。そういえば、加速するように昨年は嬉しいことも悲しいことも、驚くほど淡々と突然(苦笑)起こりました。
和サンガで出会ったばかりなのに当り前のように側にいてくれ、正直でいられる友ができたり、青空禅で出会ってさぁこれから共にいこうねと話したばかりの友が、突然、自死して目の前からいなくなってしまったこともありました。

 

ただ起こっているこれらのことにドンドン、ぐんぐん、グイグイと押し出されるようにして、現れのドラマの中でさまざまな感情、思考、記憶が押し寄せ、その波にもまれ、忘れたり思い出したりしながら、ひたすら愛か怖れかを自問しました。

 

 

伊東先生のお話は分かりやすいとよくいわれます。確かにわかりやすいけれど、あのくらい優秀なレベルの先生ならそんなことは当り前だと思います。
そして、わかりやすいことに満足するよりもっと大切なのは、その先生からの知恵を自らがしっかりとつかみ、自己検証する真剣さ。そして親切さにくるんでそれを促している先生の意図を見る。その先の自己責任。
わかりやすいことよりも、その先の自由まで導くあの無私っぷりこそ、根気強さと真我への誠実さ、情熱の純度こそ、他には見ることのない点だと感じます。

 

img_1638

 

探究そのものがいやになったり、挫折しそうになっても途中で諦めず、わかっちゃったりせず、「分からない」をただ行くのは、真我への誠実さでサポートされているからです。和サンガや青空禅の友たち皆、きっとそうだと思います。

自己の本質にこれほど情熱的なのは、ちょっとした変り者かもしれません。
ホンモノの変わり者にはデリカシーがあります。
「私って変わってるの〜」なんて言っているようでは、全く変ではありません。

一見優しさに見えるデリカシーとは、決してブレることのない強さの証拠です。
軽みとは、ハガネの強さが根底に静かに静かにあるものと思います。

 

もう少ししたら、新しいことをプロトマニアで始めるのです。
身体の専門家、とっこさんの季節の講座。
そして自分もちょっとした試みをゆっくり始めるつもりです。
伊東先生、中尾先生、そして宋先生、これからはとっこさん、
えみちゃんや親友のリリーちゃん、そして自分。
…現れのカタチがなぜかここに集まり、なのにその全ての源がひとつである様子を、静かな感動とともにハートが感じています。

 

 

 

 

新しい世界のはじまり。

fullsizerender-408

今日は立冬です。

秋の光はキラキラしているけれど、空気がぐっと冷たくなりましたね。

 

先週末、伊東先生主宰の和サンガ  東京2期が終わりました。

広島で始まった伊東先生の和サンガは、今は大阪、東京でも開催中。

そして東京は6ヶ月コースですが、東京という都市が持つスピード感と共に、

6ヶ月は1年にも3年にも5年にも感じられるような質の高さ、濃さでした。

…とはいえ、人間のやることはやはり時間の中にあって、

経験というドラマを紡ぎながら進みます。

 

この和サンガという学びの場を体験すると、

言葉にならない、ある種の確信のようなものを得るのではないかと感じます。

それは各々の参加者がもれることなく、たった今のその位置で確かに感じている。

先生が伝えてくれたギリギリのところから先は、

自分が工夫して自分がやってみてつかんでいくしかないことが心地よい。

でも先生はいつでも情熱を持って見守り、根気よく丁寧に応えてくれる。

それに甘んじることなく、真剣にやる。

信頼すべきは、現れではなく真我。

 

新しい世界のはじまり。

自由のために覚悟を持って一歩。

素晴らしい友人たちや、師との出逢いに深く深く感謝。

 

fullsizerender-413

 

*伊東充隆 主宰   和サンガ  東京3期は 2017年1月7日(土)スタート

詳細やお申し込みはこちらから→

 

 

青空禅、日程変更! 6月/7月

FullSizeRender-79

 

 

6月、7月の青空禅フォーラムの日にちが変更になりました。

 

6月13日(土) → 14日(日)

7月18日(土) → 19日(日)

 

ご注意くださいね。

 

 

明日はその青空禅フォーラムなんです。

毎月一度の学びの場です。

学びと言っても、成功するためのノウハウや、より良い人間になる生き方を学ぶのではなくて、

しいていえば「在り方」でしょうか。

引いて引いて、どんどん引いてシンプルの極み、本質、で在ることに向かっています。

う〜ん、マニアックだなぁ。でも、プロトマニアは、名前の通り、マニアックOKな場だからね!

 

プロモーション的な宣伝をしていないから、集まりは小ぢんまりといい感じ。

寛いだ和やかな雰囲気です。その場の空気の心地よさ。

贅沢だなぁと思います。

明日はどんな青空禅かな。

 

IMG_7002

いつも青空