中尾陽一さんの絵画鑑賞入門講座、楽し。

IMG_1934

中尾陽一さんの  絵画鑑賞入門講座は2月、3月とセザンヌ を取り上げています。

 

2月最後の日曜日の中尾流では、まずスライドでセザンヌの初期から

全体の作品に目を通しました。

一人の画家のごく若い頃の画風が、時代と共に変わって行くのを見る。

フィルムの早回しみたいにざっと見るのって結構面白いんですよ。

 

中尾先生が「セザンヌを好きな方?」と尋ねると、

はっきり、好き、という方はおひとりだけ。

名前や作品は教科書でも見ているし、何となく知ってはいるけれど…

というのが全体の感想でした。

 

セザンヌって、大きな展覧会では必ず一点くらい出品されている画家なんですね。

セザンヌは近代絵画の父、と言われているんです。

それまでの画家たちが絵画で表現しようとしたこととは全く違うものを、

セザンヌは描くことで試み、それがピカソなどの近代美術の源になったから。

(ちょっとおおざっぱ過ぎかな)

 

この中尾流は22回目を迎えたのですが、継続参加者の方達の意見や感想が、

以前とはちょっと違って来たな、と感じました。

それぞれご自身の目で見たことをご自分の言葉でハッキリ話している。

誰かやどこかからの引用ではなく。

 

テーマはセザンヌでしたが、その流れで中尾さんが原点となるお話をして下さった

お話がとても素敵だったんです。

それは、当り前のようですが、

 

美術とは、楽しくなるもの、美しいもの。

 

ということ。

少なくともこの講座で取り上げる二次元の絵画表現(平面に3次元を描く絵画)に

関してはね。

考えたり、勉強する、というスタンスよりも、

これを見てどう感じる? 気持ちよい? きれい?

それとも違和感がある?(これ、とても大切です)

そして、好き? 嫌い?

まずはそこからでいいんですよ、と。

 

そう、プロトマニア的にも、芸術をお勉強にしてしまったらちょっと残念。

分析して味をみるのは、ちょっとつまらない。

まずは感じる、そしてそれをサラリと支えるのが、知的情報。

何より、まず見ること自体を楽しむことが大事なのではないかな、と感じました。

 

プロトマニア的には、まさに自己の本質に迫るルートの一つが「芸術」です。

芸術も哲学も人工知能の研究も、みんな「人間とは何か?私とは何か?」から。

 

それはさておき、

中尾さんの先生っぷりは素晴らしくて、ホレボレです。

知性と感性のバランスがお見事です。

良い先生との出会いは、その後の「あなた」を「わたし」を、変えちゃうから、

プロトマニアは本当に良い先生をお迎えしていると思います。(大いばり!)

 

絵画鑑賞 中尾陽一

というわけで、次回は3月27日(日) 午後1時から3時30分まで です。

絵画鑑賞を、のんびりゆったり、そしてとっても自由に、楽しんでみませんか。

ぜひ一度、いらしてくださいね。

初めての方、大歓迎ですよ〜  ♪

 

*♪*   2月の中尾流の様子は、プロトマニアの facebook  からご覧ください。

 

 

 

 

 

広告

見えないものを優先する

IMG_0955

なんとなくすっきりしない感じ。

どこがどう、ということもないけど、なんとなく。

仕事や家のことや、やろうとすることの分量と動きがズレている。

同級生が急に逝ってしまったことやそんなズレと共に、年齢を考える。

 

更年期、って男も女もある。

更年期は、今まで使って来た土地を更地に戻してまた始める準備をする時。

なんとなくすっきりはしないけれど、からだにあらためて感謝し、

自分と向き合うのには悪くない時期だ。

 

若い時は、「若いってそれだけできれいでかわいいのよ」と年上の人に言われて、

ふぅん、そんなものか、と思った。

その人の歳になった時に年下の人たちを見て、あら、ホントだわ、と思った。

 

年上だって年下だって、わかることもあり、わからないこともある。

だから、経験してないからわからないのよ、なんて言わない。

経験者ぶって、年上風に言ったりするのは好きじゃない。

でも経験すると、慎ましやかながら、思いやるってことができるかも。

 

最近、食の安全にこだわるけど、

どんなに素材を気をつけていても子供がアトピーになっちゃったり、

ヨガをやって菜食していたって癌になっちゃったりもするものだ。

そんなにキリキリマイするより、リラックス。

こだわりの食事を独りぼっちで食べさせるより、

ちょっとくらいジャンクなものでも、買って来たお総菜でも、

その日あったことを話しながら、聞きながら、ワハハと笑いながら、

一緒に食事をする方がずっといいような気がする。

 

何かの違いがあるとすれば、それはモノや価値じゃない。

料理の最後の味付けは、愛情なのだ。

やるかやらないかは、歓びありきなのだ。

 

利用されてるのにおばかさんねって誰かが言っても、気にすることないよ。

みんな、瞬間、ベストを尽くしている。

情報よりエネルギーをみなさい、って青空禅で習ったね〜

大切なことは目に見えないんだ、って星の王子さまのキツネも言ってたしね。

 

瞬間性にくつろぐことを優先しよう。

そうすればたとえ自我が気に入らなくても、それが、最善で、最適!

 

 

IMG_0943

 

 

宋海君 先生 気功! と 業務連絡☆

FullSizeRender-225

すっかり秋らしくなりました。

来週の祝日体育の日は、

久しぶりに、宋海君先生の 気功養生特別講座 です。

 

秋の食養生や気功を教えて頂く予定。

秋は、肺や大腸の季節。

ノートをひっくり返して見てみると、

れんこんや白菜などを食べると良い、と去年習っていました。

早速、蓮根をちびっこ蒸篭で蒸してみたら、甘くて美味しい〜

最近お気に入りなのがこの蒸篭蒸しです。

ゴハンを暖めたり、根菜を蒸したりすると、

レンジでチン!よりほっこり仕上がります。

そして、季節に応じたものを食べるのが一番力をもらえるのを感じます。

 

宋先生の講座は毎回人気で、今回も満席。

講座はお話だけでなく、体を動かします。

そんな訳で、スペースの都合上、定員を決めているのです。

今回はどんな気功を教えていただけるかな。楽しみです。

気功って何? という方は、ぜ〜ひ、

本場中国、宋先生の特別講座で最初の気功体験をしてみてくださいね〜

 

 

業務連絡です〜☆

キャンセル待ちでメールでお申し込みいただいた方に返信しましたが、

戻って来てしまいます。

お心当たりの方は、メールアドレスをもう一度お知らせくださいますか?

連絡方法がないので、このブログを読んでくださることを祈りつつ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

IMG_0198

ちびっこ蒸篭は大活躍。これは蓮根ではなくサツマイモです。

 

 

好き、というエネルギー

FullSizeRender-180

 

朝、茹であがったジャガイモを見ていたら、

ふいに、ジャガイモ大好物だった小学生の時の親友を思い出しました。

彼女はこんな夏の日に、まだ23歳なのに海でひとり逝ってしまったのです。

そんな彼女の死は、若い私にとても大きなインパクトを与えました。

なぜ彼女は逝ってしまったのか?  なぜ彼女だけなのか?  あの時私が家にいたら彼女は海に行かず死ぬこともなかったのに、なぜ私は家にいなかったのか?…

あれも真理の探究へと深く深く入っていくきかっけだったのです。

プロトマニアをスタートした初めてのお披露目会で、そんなお話をちょっとだけしました。

 

あのお披露目会には、いつもの青空禅仲間はお声をかけず、

新しく青空に繋げたい友人たちをいっぱいにお招きして(小さなプロトマニアに30人近く来てくれました)、伊東先生にお話をお願いしたのでした。

既成の概念を揺さぶる何からも自由な学びの場、都会の寺子屋のお披露目に、

もともと芸術や哲学宗教に興味のある友人たち、応援してくれる友人たちに、

青空意識という新たな世界の見方を紹介したいと意気込んでいました。

あの時の想いのエネルギーは、伝わったり、伝わらなくて誤解されたりしました。

それも一場面。

今朝は、ハリーの夢を見ました(ハリーは相棒犬)。

ハリーも今はそばにいません。

 

… あれ、お盆だから来たのか(笑)。

 

記憶の中にあるものは時々とても愛しい。(しんみり)

…でも、… 脳は物語をねつ造するんですよね〜(笑)

記憶って、くせ者よ〜。

あはは。

 

溝口あゆかさんのブログを読んで、ことばで伝えるのが本当にお見事だと感じました。

英語圏にいるということも、言葉の性質上、言葉ををうつろでないものにするのかもしれませんね。

愛と受容しかない、ということが腑に落ちた。

そういえば、溝口さんは「書くことが昔から好き」とおっしゃっていたなぁ。

好きだからどんどん削がれて磨かれて行くのもあるけど、テクニックではなく、

好きなことが運ぶエネルギーは混じりっけなしだから、伝わるのだろう。

 

私は、書くことと写真を撮ることと身体を見たり使うことが好きだから、

このブログも書いたり、写真を載せたりがとても楽しいです。

 

夏休みは、会いたいひとに会って、やりたいことをやっています。

あぁ、いい気持ち〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸

shara

梅雨になって、少し空気が重い。からだもだるい感じがします。

こんな時はヨガをやって滞りを流したり、呼吸法で深い呼吸を心がける、

というのがスッキリする早道ですね。

ヨガの師匠から習ってきた「呼吸が大切!」ということを実感します。

 

呼吸のはじめには、まず息を吐くこと、吐く息に意識を添わせること、と言いますが、

なるほど、吐ききってしまえば、あとは自然にからだが息を吸い込んでいるので、

頭を使ってあえて指令を出すならば、「吐く!」です。

呼吸に意識を向けることが習慣になると、ひとつのことに集中しすぎている時は呼吸が浅いとわかるし、

ちょっと気分が悪くなった時に目を閉じて深い呼吸を心がけると目の前のピンチをなんとかしのげるし、

感情的になった時にはしっかり息を吐いて頭を冷やしてリズムを整えたりできます。

感情的になると頭に血が上ると言いますが、確かに顔が赤くなったりしますね。

上にエネルギーが上がってしまっている。

そんな時はそのエネルギー「気」を下すために腹式呼吸。これは効果がはっきりわかります。

呼吸法は生活の中ですぐに生かせる知恵です。

 

父が亡くなる時に、びっくりするほど長く息を吐いていたので看護師さんに尋ねてみたら、

これが一番効率がいいからです、と答えて下さいました。

相棒犬の最期は、息がゆっくりゆっくりになって、プシュウっと吐いて終わりました。

 

呼吸だけは、熟睡していてもちゃんと続いていて、思考や理性のコントロールを超えてもいます。

息を見つめると、そこにいろんなことが見える気がしますね。

思考がいろいろ言ってごまかしても、呼吸はエネルギーの流れの一つの姿だから素直で正直。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉は呪文?

chocoflor

 

自分がやりたいことをしているつもりなのに、

何とかまじめに一所懸命やろうとしていたらいつの間にか、

やらねばならぬ!

になってしまっていて、

自分で自分にプレッシャーをかけていた、なんてこと、よくありますよね。

やりたいことがいつもいつも楽しいというわけではないので、

ちょっとサボりたくても、やらねばならぬ!と自分を鼓舞する時はありますけれど、

それでいつの間にか楽しいことが義務になってしまってはもったいない。

 

あれれ?と気がついて、

やらなくちゃ、ではなくて、やりたいんじゃなかったっけ?

と自分に問うてみたら、ただやりたかっただけ。

 

言葉って、実は呪文をかけているようなものかもしれませんね。

気分はやりたいエネルギーなのに、

言葉で枠を作ったらいつの間にかカチコチになってしまう。

 

私は言葉が好きだけれど、言葉に頼り過ぎたり、漫然と使っていると、

思わぬところで、自分で自分を不自由にしてしまったりするのかも。

ちょっと窮屈なことに気づいたら、

本当はどんな感じがしているかなと、頭ではなく気分を感じてみるのがいいですね。

 

 

冴えさせる

hiya

昨日は宋海君先生の気功養生特別講座でした。

宋先生の講座は、家に帰ってからすぐにできる気功を教えて下さるので、

日々の健康維持にとても役立つのですが、三日坊主にならないで続けることが大切。

継続は力なり!

 

昨日のお話で、なるほどなるほどと思って聴いたいたのが、

何ごともタイミング、ということです。

ショウガがからだを温めるからと言って、それをやみくもに飲んだりしても間違い。

(この場合は、間違い、ということがあるのです。)

ショウガは生なのか? 干したものか? どの季節に飲むのか? いつは飲まない方がよいのか?

いろいろなことが分かった上で摂らなくては、薬も毒になり得る、というおはなし。

 

当たり前と言えば当たり前なのですが。

私たちは情報にずいぶん左右されてしまうので、これがコレコレに良い、効くよ、と報道されたりすると、

早速それをやってみてしまいます。

でも本当は、ちゃんと知識を得て、正しく取り入れることが大切なのですよね。

 

最近はテレビで堂々と報道されていることだって後から嘘!とわかったりしますからね。

けっこう、自分の勘を信じるのもよいかもしれませんね。

あれ? これはなんとなくおかしい、あやしい、違う感じがする、なんていうのは、当たっていることが多い。

その動物的勘を冴えさせておくことも、だいじですね。

私はものの匂いを嗅ぐのがクセで、あまりお行儀が良くありませんが、

何か新しいものを手にすると、つい、クンクンと匂いを嗅いでしまいます。

だからといって何が分かる訳でもないのですが、

そういう本能的なところは、そっと取って置きたい好きなところでもあります。

目に見えないけれどわかること

megamiagain

雨の日曜日は、遠藤浩子さんの 「 バッチフラワーレメディ入門 」 でした。

大雨の中、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

 

バッチのフラワーレメディは、いろいろなマイナスと思われる感情が沸き起こった時に、

植物の持つエネルギーの助けを借りてその感情に気づいたり、向き合ったり、

流したりするという植物のバイブレーションを使った癒しの方法。

38種類のレメディの中からその感情に合うものを選んでいくのですが、

お手軽にこうなりたいからその効果があるレメディを選ぶ、のではなく、

まずは 「 今ここ、この瞬間の正直な自分」 を見て、それを選ぶ、つまりありのままの自分と向き合うところがいい!

それが嫉妬だったり、短気だったり、不安だったりするとそんな自分を認めたくないと思ってしまうけれど、

選ぶのは自分自身だから誰に遠慮することもありません、まずはそこからね と始まります。

自分に対して、無理やりではなく客観的になることができます。

詳しくは第二弾のワークショップの時に浩子先生から聴いていただくとして、

これはドイツなどでは保険診療の対象にもなっていて、

80年以上安全に使われて来た整合性のあるものなので、植物エネルギー?バイブレーション?と怪しむ方も(笑)、

ぜひ一度、お話を聴いてみてくださいね。

プロトマニアお得意の、馬には乗ってみよ、ひとには添うてみよ、です。

 

私がしばしば言うエネルギーは何かというと、ひとことで言えば  「気分 」 みたいなものでしょうか。

昨日しみじみ思ったのですが、いくらポジティブなことを言ったり教えたりしていても、

そのことを伝えている人自体のエネルギーがそうでないと、聴いている方は何かチグハグな感じがするんですね。

その人が発する言葉や情報と受けた印象が違う。 だから伝える人のエネルギーこそ、大切だなと感じました。

遠藤さんはご本人が爽やかでなによりニュートラルなので、

それが情報つまりレメディの内容をシンプルにそのままバランスよく運んでいるのだと思います。

 

「 癒す 」 ことは「 癒される 」 ことでもあります。

私は昔から心理学にも興味があって河合隼雄さんの本をよく読むのですが、

カウンセラーやセラピストのような人間と向き合う仕事は本当に大変だなと思います。

 

ところで、カウンセラーは 「 いいよ 」「 大丈夫よ 」 と受け入れてくれてはいるのだけれど、姿勢が厳しいというのはクライエントも感じます。 「 厳しい 」というのは、「 しっかりやれ 」というようなこととは違います。
自分を受け入れてくれているけれど、この人は甘く生きてはいない、背筋を伸ばして生きている人だというのを、クライエントは感じます。
ところが、こちらがの背筋がしゃんとしていないと、クライエントもそれを感じて、一緒に落ちてしまうことにもなるわけです。
「 自分の姿勢を貫く 」 ―  これは、言うのは簡単ですが、実行するのはなかなか大変です。
「 できることはできるが、できないことはできない 」 ということを明確にする。 その筋がどれだけしっかり通っているかが非常に大切なことです。 繰り返しになりますが、カウンセラーは母性と父性の両方をもつことができるように自分を訓練していくことが大事です。 これは女性であっても男性であっても、努力すれば必ずできることです。

「 河合隼雄のカウンセリング講話 」より抜粋

 

河合隼雄さんは、ここにご紹介した本の中で芸術とカウンセリングや禅仏教とカウンセリングについてもお話されています。

これは経験に基づいた冷静で温かく人間と全力で向き合った智慧が書かれていると思います。