芸術は気づきを喚起する

 

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形として救い上げた作品を残しました。それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉で表したものと同じです。

 

芸術家のやり方は知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

セザンヌは、「一本のニンジン、新たに観察されたニンジンが革命を起こす、その時がやってきている」と言いました。

 

ありふれたつまらないものであっても、そのものの中心、つまり、その体験の中心に触れることで、これまでに見たことのないものを発見し、この発見が、自己、他者、世界についての見方を変換する、とセザンヌは言ったのです。この真の革命の前では、他のいかなる革命も意味を持ちません。

 

芸術家は、この気づきを表現し、喚起する何か、つまり、観た者を直接この体験的理解に導くような何かをつくり出そうとします。芸術家は、革命の引き金を引こうとするのです。

 

芸術家は、その現実を喚起する体験のビジョンを改めて現出させようと、観る者をその現実に引き込む力を込めた作品をつくり出そうと試みるのです。

 

フランス人画家、ピエール・ボナールがつかもうとしていたこともこれと同じです。ボナールは、思考が世界を、知覚する主体と知覚される客体、そしてこの客体を「数限りない物事」に分割する前の、時間を超えた知覚の瞬間をつかもうとしました。

 

ボナールにはそのビジョンはどのように見えたのでしょう? 彼が見たのは、色彩に溢れ、濃密で、調和した、活力とともに踊る世界でした。彼の世界では、バスタブの縁や古びた床板にも、頬の曲線や手の表情と同じだけの注意が払われました。同じだけの愛が注がれたのです。

 

中略

 

 

芸術家の体と心(マインド)は、自然が、それ自体をそれ自体へと翻訳するための媒体です。自然が、それ自体のアイデンティティを探し、現実化するための媒体なのです。このことをセザンヌは次のように表現しました。「私は景色の主観的意識になり、そして、私の絵はその客観的意識になる」と。

 

 

『プレザンス 安らぎと幸福の技術』 ルパート・スパイラ著 Part 5 自然の鏡 P213〜より抜粋

真の芸術には、突抜け、溶解させる性質があり、それは、視覚、聴覚、味覚、触覚、臭覚、といった知覚の見かけ上の要素を導引して、よくある二元的な見方が純粋体験へと崩壊するのを早めるのです。

 

 

言葉がない。

ことば

 

世界から言葉が無くなったら、どうなるんだろう。

 

空。  をはずす。

 

img_1503

 

雲。  をはずす。

 

あなた。  をはずす。

わたし。  をはずす。

美しい。  をはずす。

幸せ。   をはずす。

 

はらはらと言葉がはずれ、言葉が消える。

 

言葉で区切られていない世界をゆっくり味わう。

頭で感じるのではなく、胸の辺りで。

 

 

 

 

 

和サンガ東京 伊東充隆主宰

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

決して変わらないもの〜和サンガ東京3期

和サンガ東京3期伊東充隆

伊東先生の青空禅や和サンガで一緒に学んで来た友人がフェイスブックに書いていたのですが、「馬を水辺まで連れて行くことはできるけれど、飲ませることはできない」。これはイギリスのことわざです。そこまで導いてもらっても、その先は自分次第ということ。導いてもらったこと、飲んだことに感謝と書いてありました。なるほど、その通りだなぁ。

 

先週末にスタートした伊東先生主宰の継続コース、東京和サンガ。初回の冒頭で、先生から、

 

「このことが語られる時、ただ在る、実在、存在、本当に在るということが言われるけれど、ここで差し示そうとしている存在は、何か対象(もの、こと、状況、概念)、認識できるものが在る、ということとは全く違うということを再確認して、そこを出発点にしましょう。真我、私の本質、実在を定義付けすると、決して変わらないもの、変えることもできないもの、在りつづけているもの。その本性を知り、存分に味わおう。」

 

というお話がありました。とてもシンプル。あらためてこのことが明確になって、目が醒めるようでした。自分には「絶対に変わらないものってなんだろう?」という疑問が出発点だったので、ティーンエイジャーのあの時の問いに再会したようでした。伊東先生の講義はいつも一期一会だと、これまたあらためて感じました。

 

さて、それじゃ、誰がそう言ったの?誰がこの世界を作ったの?という疑問が湧いたとしたら、それは自らが確かめるしかありません。そうでなければ「〇〇さんがそう言ったから、本に書いてあったから、神さまが作った…」という方向に行ってしまう。すると、信じるとか信じないの宗教みたいになってしまうし、対象が生じてしまうものね♪

 

自らが確かめるという自由がここにはあるのです。でもちゃんとサポートしてくれる先生がいる。それが「和サンガ」です。毎回毎瞬、いつでも扉は開かれています。

 

 

 

東京和サンガ伊東充隆

初回はなんと!伊東先生のお誕生日の日でした。

…ってことで、こんなバースデーケーキがオヤツ♡(お菓子の先生手作り)美味しかった!

吾唯知足。「知」だけど「和サンガ」だからノギヘン! みんなで和気あいあい。和やかに。

先生、今期もどうぞよろしくお願いいたしま〜す♪〜

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

「真我として在りなさい」

ラマナマハルシのことば

 

質問者:

真我を実現すると、人は何を見るのでしょうか。

 

マハルシ:

そこに見るということはない。見るということは、ただ在るということだ。われわれが真我の実現と呼ぶ状態は、新たな何かを達成することではなく、どこか遠い目的地に到達することでもない。それはつねにあなたであるもの、そして今までずっとあなたであったものとして、ただ在ることである。あなたに必要なのは、ただ誤りを真実と見なすのをやめることだけだ。われわれは皆、実在ではないもの実在だと見なしている。ただこの習慣を放棄するだけでいい。そうすれば、われわれは真我を真我として実現するだろう。言い換えれば、「真我として在りなさい」ということである。あまりにも明白な真我を発見しようとしているあなた自身を笑うときが、いつかやってくるだろう。だから、この質問に対していったい何が言えるというのだろう?
その境地は見る者も見られるものも超越する。そこには何かを見ている見る者がいない。これらすべてを今見ている見る者が存在を消し、そしてただ真我だけが残るのである。

 

「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」第一章  真我の本性  P22より抜粋

 

fullsizerender

快晴の元旦、青空に。

img_1406

 

我が家は元旦が父の命日なんです。

命日がお正月だと、滅多なことでは忘れません。

 

もう一昔前ですが、40代初めの秋のある日、

急に父から膵臓がんで余命3ヶ月であると告げられ、

そのときから彼はたった2ヶ月足らずのうちに逝ってしまったのでした。

大雪の大晦日の夜中彼の側にいて、サラバの瞬間は翌日、元旦お午でした。

ちょうど今年のような、キラキラした光の快晴の元旦でした。

 

快晴で思い出したのは、そのあわわわわ〜っという時期に力になってくれたのが、

そ〜いえばそういえば(笑)、青空禅フォーラムの伊東先生なんです。

私の大の仲良しが先生の友人で、私には友人の友人だったせんせい。

『ドクターの伊東先生』という認識のないままただお知り合いでしたが、

あの時、代替医療のお医者である伊東先生からアドバイスして頂いたあれこれで、

父は痛みもないまま、本人的に「美学」を全うし、

この世界と見事なサヨナラをしたのでした。

 

先生は父の病状に望みが全くないことは分かっていたけれど、

本人が出来る限り楽にいられて、それを見守るしかない家族にできることを、

私の仲良しと共にサラッと提供してくださったのでした。

毎日が真剣勝負みたいに必死で濃密な短期間でした。

 

 

元旦の快晴の空と透明感でふと思い出して、あらためて、

あぁ、本当にあれはありがたかったなぁ、と思いました。

父はサルトルや西田幾多郎LOVEの怠けもの哲学者で、私の良き友でした。

自分なりの美学で終わりを迎えようとしていた父と過ごした、

生涯忘れられない、とてもとても凝縮された体験だったのでした。

 

…    サルトル?   西田幾多郎?

そうなんです、父は真理を求めて一生をかけていたのです…

という描写はカッコ良すぎ。

〜ウハハハハ〜    父も苦笑しているわ  〜

 

そんなドラマティックなお話はなく、因果はないまま、

なんだか知らないけど自分は伊東先生の元で真我に触れ、

こうして父もみんなも自分も全員が、どこかでいつか本質を求めちゃう、

求めていた、求めている、わけですね。

 

久しぶりに父を身近に感じてみると、

 

 

あ せ る な

 

 

ということばが聴こえました。

全てのことはメッセージ。

伊東先生から学んだこれまでが、ふわりとゆっくり花開く予感の新年です。

 

 

img_1384

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタート。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の外への入口は今にある。

img_5668

 

 

けれども本当は、あなた方はすべて同じなのです。今までもずっとそうでしたし、これからもずっとそうです。最も高貴な人から最も堕落した人まで、全ての人間は同じです。そして、あなた方のちょっとした違いなどは幻影にすぎず、自分で自分をしばるためにあります。そんなものはさっさと忘れてしまってください。無意味なものです。そんなものは、無のなかに落としてしまってください。どうせ無から生まれたものです。今この瞬間にこそ、”大いなる一”の完全性が存在することを、かたく信じてください。この完全性に触れることができるのは、今この瞬間においてほかはありません。

 

バーソロミュー 瞬間(いま)に生きる P205 より抜粋

 

fullsizerender

 

この完全性に触れることができるのは、今この瞬間においてほかはありません。

 

img_1280

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)募集中

(応募締切りは新年1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

それが何を得るというのだろう?

fullsizerender-380

質問者

もし私が永遠に完全であるなら、いったいどうして私は生まれてきたのでしょうか?この人生の目的は何なのでしょうか?

 

マハラジ

それは金をひとつの装飾品につくり変えることに、いかなる利益があるのかと尋ねるようなものだ。装飾品は色彩と金の美しさを得るのだ。金が豊かになったわけではない。同じように、実在が行為のなかで表現されたとき、その行為は意味をもち、美しくなるのだ。

 

質問者

その表現を通して、実在は何を得るのでしょうか?

 

マハラジ

それが何を得るというのだろう? まったく何も得はしない。だが、それ自身を表現し、それ自身を肯定し、困難を克服するのは愛の本性なのだ。ひとたび世界は行為のなかの愛なのだと理解するならば、あなたはそれをまったく違ったように見ることだろう。しかし、まずはあなたの苦しみに対する態度を変えなければならない。苦しみは根本的に、注意を求める呼びかけだ。それ自体が愛の動きなのだ。幸福よりも、愛は意識と存在の広がりと深まりにおける成長を求める。何であれ、成長を妨げるものは苦痛の原因となる。そして愛は苦痛を避けたりしないのだ。正義と秩序のために働くエネルギー、サットヴァは妨害されてはならない。進行を妨害されると、それはそれ自身に対して破壊的になるのだ。いつであれ愛を与えることが控えられたとき、争いは不可避となる。隣人の苦しみへの無関心が、私たちのもとへ苦しみをもたらすのだ。

 

 

『アイ・アム・ザット   私は在る』ニサルガダッタ・マハラジとの対話 
絶対的な完成は今ここにある   P438より抜粋

マハラジせんせい と 伊東先生

伊東充隆aozorazen

うちのウサギ。

座禅を組ませてみました。

 

そろそろ 東京和サンガ 2期の募集要項をお知らせします。

和サンガについてはまた別に書こう。

『和サンガ』の存在は、ちょっとスペシャルな思い入れがあるからね!

 

この『和サンガ』の生みの親は伊東充隆先生です。

「サンガ」とは、人びとの集まり、の意味。

「和」とは、自己の本質に繋がり調和して平和をもたらす力と智慧の象徴。

 

伊東先生が青空禅や和サンガでするお話や対話をずっと聴いて来て、

「先生は絵を描くように、彫刻を彫るようにお話しします」

と、以前このブログに書いたのですが、

先生の伝え方をイメージするとふと、抽象画が浮かびます。

淡い色と面で描かれた絵。

ちょうど 岡田謙三の絵 みたいな。

 

目の前の風景を成り立たせている具体的な物、

一つ一つを写実的、説明的に描くのではなく、

それはあるけれど、

その存在をカタマリにしたり、色に置き換えて描いて見せる、

そんなイメージです。

 

アタマの中に当り前に入れ代り立ち代り浮かぶ感情や思考、

そのいちいちの事情や理屈や疑問や矛盾を眺めてはいるけれど、

そこが大事なところではない。

先生の静かなまなざしの先は、

表面に見えるおなじみのかたちや名前を削ぎ落して残った、それだけ。

 

それがコツなんだなぁ

 

って、抽象画を描いているマボロシの場面を思い浮かべながら、

先生が話すのを聴いています。

 

 

マハラジせんせいが言っていた。

 

実在は闇と沈黙の中で見いだされる