瞑想〜宋海君先生と伊東充隆先生の場合。

img_0372

昨日、プロトマニアでは宋海君先生の気功講座でした。

偶然にも、11月に予定している伊東先生のワークショップと同じくテーマは、

 

 

瞑想

 

 

 

とても気持ちよかった。

フェイスブックて見て下さいね、その様子。

 

dscn2717

宋海君 気功養生特別講座 2016.10.10  FaceBook

 

 

何より、宋先生が言っていることと、伊東先生が言っていることは、

結局は、同じことに向かっているんだってハッキリと感じました。

だから、これがプロトマニアという場なんだな。

 

 

伊東先生の11月のワークショップ「マインドフルネス瞑想入門と極意」も、

ぜひ体験してみてほしいと思います。

瞑想って、リセットすることと言えるかもしれない。

伊東先生の瞑想指導は素晴らしい。

その心身のリラックス効果には定評があります。

だから、「瞑想? 何だそれ?」みたいな人も、きっとやさしく分かりやすくて、

何より弛んだ気持ちよい状態の体感ができると思います。

そして、真剣に自己の本質に向かう人たちには、

この伊東先生の誠実な講義と実践のサポートを体験してみてほしいと思います。

 

宋先生も言ってました。

 

「   世界平和の前に、自分を平和にしてくださいっ(笑)

 

 

 

 

 

 

10月のプロトマニア

Protomania 2016 10

10月になりましたね〜

昨日は青空に彩雲を見つけたのに、今日はどよよんとした曇り空。

まさに、女心と秋の空。

 

さて、10月のプロトマニアですが、

10月10日(月祝)宋海君先生の『気功養生特別講座』からスタートです。

宋先生の講座は、季節に合った食物、食べ方、飲み物、飲み方、

季節と対応している身体の症状などの説明が具体的です。

その場で自分に照らし合わせながら理解できて、教わったことは帰宅したら実行!

講座の最後に宋先生から気を送っていただくのも楽しみのひとつです。

実は、宋先生の講座定期開催は、これでおしまい。

来年は不定期になります。

ウルトラ人気者の先生のスケジュールを、必殺ルートでよくぞここまで押さえた!

(先生、いつもありがとうございます♡)

 

そして10月23日(日)は、プロトマニアに無くてはならないアート、

中尾陽一さんの『これまで誰も教えてくれなかった〜美術鑑賞入門講座』

9月に引き続き、「夜の画家 ラ・トゥール(その2)」です。

ラ・トゥールはこんな絵。

女占い師 1636-1639 メトロポリタン美術館

初期の作品はびっくりするようなすばらしい描写力ですが、

後期になるとかたちが単純化していきます。

参加者からは(専門家ではないですよ)、

「それでも、ずっと線が変わっていない」

というかなり鋭い意見や感想が飛び出すようになった中尾流です。

初めての方にも十分にリラックスして美術を楽しめる講座!

ぜひ一度参加してみてくださいね。

 

そして、10月30日(日)はプロトマニアの大黒柱、

伊東充隆先生の『青空禅フォーラム』です。

私とはいったい何だろうか?という普遍の問いに向けて、

知性でそれを知り、それに触れる実感ができるようなコツをお伝えしています。

本を山ほど読んでも、レクチャー巡りでいろいろお話を聴いても、

実感できなければ落ち着きません。

伊東先生は、心療内科医などのご経験から人間の心理を整理しながら、

最新の科学的知識や禅の智慧を使って全体を説明し、

そしてご自身の探究の体験から得たコツを惜しみなく教えて下さるのです。

最近、テレビや雑誌でも話題になっているマインドフルネス瞑想にも触れながら、

11月にはワークショップも計画しています。

 

10月29日は、パフォーマーのとっこさんの詩の朗読とダンスの会もあるので、

またご紹介しますね。

 

10月、11月、12月は、プロトマニアは盛りだくさんです。

毎年恒例の、 kiico さんのクリスマスリースのワークショップ

景山えりかさんのスペシャル講座もあります。

プロトマニアに一度遊びにいってみよ〜と思って下さる方は、

ぜひこの秋、いらしてくださいね。

季節が変わって、わたくし、心機一転、プロトマニアに臨んでおります。

面白い出会いもありました〜

 

つづく。?

 

 

宋海君先生の気功講座〜自然とからだ

FullSizeRender-336

 

昨日の海の日のプロトマニアは、宋海君先生の気功講座でした。

宋先生は気功や中医の先生で、知識も経験もたくさんお持ちで、

治療もしているし、大学やあちこちで教えていらっしゃるし、超多忙。

なのに、プロトマニアで、講座をして下さるのです。(特別ルートで実現♡)

生徒さんたちも参加して下さるのですが、

「あらかわさん、プロトマニアでは宋先生、優しいし、大サービスですよ〜」

とこっそり教えてくれました。

ふむふむ、そうなんだ〜 本当はもっとコワいんだ(失礼!)

あれ、ありがたや。

 

確かに宋先生は前に言ってました。

「質問があれば授業中すればいいでしょ、終わったら僕はすぐその場を去ります」

… そうなんです。

どこでもみんな、なぜか質問は、授業が終わった後で個人的にする。

で、先生たちはそこでまた時間とエネルギーを消費しちゃうんですよね。

だから宋先生がおっしゃることは、その通りです。

授業中に質問したら、そこにいる全員のためにもなるものね。

でもプロトマニアでは、ちょこっと優しい(笑)。

そこはプロなので、ビシッと一本線が引かれていますが、

いつも笑顔で必要なことに応えてくださる。厳しさがあるからこそ信頼できます。

 

この季節、湿気が多くて気圧が低いから、私たちはどうも疲れやすい。

むくむ。熟睡できない。夢をみやすい。関節が強ばる。背中が凝る。

 

どうですか? 思い当たらないですか?

 

私は背中がバリバリな感じがします。酸欠っぽくてアップアップしたりするし。

そんな時は、凝り、もですが、心臓や肺の機能を見ることが必要なんだって。

心肺機能がアップするように肩甲骨をぐるぐる回したり、

動作と呼吸で経絡を調整、強化。

 

うん、ここでも呼吸がいちばんだいじなんですね。

 

気功ってね、器具を使わなくても自然に筋肉を作るし、

からだのなかの循環を良くするだけじゃなく、修復機能もあるんですって。

季節ごとの自然の様子と身体は呼応しているんです。

大きな自然の流れと小さな自然である身体のエネルギーは同調しているのですね。

気功って科学なんだと思います。

 

次回の、宋海君先生 気功養生特別講座は 秋 です。

ぜひ一度、体験してみて下さいね〜

 

 

宋海君 気功養生特別講座

2016年10月10日(月祝) 14時〜16時

お申し込みはこちらから→

 

 

 

7月のプロトマニア

ptoromania

 

 

さて、7月のプロトマニアです。

まずは伊東先生の6ヶ月コース、和サンガがあります。

この和サンガは青空禅のテーマ「本当の私はどこにあるのか?」について、

毎月1回4時間を6ヶ月、先生とメンバーと共に学んで行くコースです。

青空禅で月1回お話を聴くというのも良いのですが、

このコースに入るとただ聴いてオモシロかった、ということに止まらず、

日常生活にぴったりと寄り添うようにこの学びの場が在り続けます。

そのことが理解を深めたり、単なる知識からリアルな実感へと、

変化をもたらすこともあります。

ずっと探して来た人、求めていた人、とにかく真剣にやりたい人、

まぁやってみるかと思った人…いろいろですが、各々のタイミングでそれが完璧。

2期は始まったばかりです。

 

そして毎月開催している中尾陽一さんの

「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

6月からしばらく連続講座で「フェルメール」を取り上げていきます。

1回目の講座では、現存すると言われるフェルメールの作品全37点をスライドで

ざっと見て、全体像をつかみました。

2回目は、フェルメールがなぜこんなに人気があり、良いと言われるのか?

に迫ります。

中尾さんの講座は知識の量がポイントではなくて、

初めて見た絵でも知っているつもりの絵でも、さてどう思うか?どう見えるか?

それをどんどん言葉にしてくこと、見る目を養うことが大切なところです。

美術史を知らなくても、画家のことを知らなくても大丈夫。

どんどん見て、段々慣れて行く、とっても自由で気楽で、

でも美術展に行くと、おぉ!っと自分の変化に嬉しい驚きを感じられること、

間違いなし。

フェルメールの2回目は、7月24日(日)の午後からです。

 

そして季節ごとの気功講座、宋海君先生の「気功養生特別講座」は海の日に

宋先生の講座は大人気で、すぐに満席になってしまうのですが、

毎回、中医からのからだの見方、季節の変化とからだの関係や、

季節ごとのたべものの取り方、注意などを講義で聴いたり、

からだを実際に動かして気功をやったり、最後に先生から気を送っていただいて、

気がどんな感じのものかを実感体験していただく構成です。

今回もまた満席、キャンセル待ちでお申し込みをお受けてしていますので、

ご興味があったらぜひご連絡くださいね。

 

暑い季節のプロトマニアは最上階(6階)で、風が気持ちいいんですよ〜

夏の午後のプロトマニアは、私にはスペシャル。

こんな夏の日に、仲良したちとおしゃべりしながら寺子屋のイメージができたり、

実際に建築家に会って内装を相談したり、お金の工面をしたり(笑)、

春の日の妄想現実化がスタートしたのでした。

暑い季節もますます熱いプロトマニア!であります。

ぜひ遊びに来て下さいね〜

 

 

 

 

 

 

 

4月のプロトマニア

青空禅フォーラム伊東充隆

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時〜21時

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

1876  牡丹

 

*中尾陽一* これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 

 4月24日(日) 13時〜15時30分

 第24回 『花の画家 ファンタン=ラトゥール』

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

IMG_2322

 

*宋海君* 気功養生特別講座 満席 4月29日(金祝)14時〜

 キャンセル待ちでお申し込みを承ります

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

最善最適、しかないのにね…(つぶやき)

kiduki2016

 

今朝は寒かったですね〜

葉っぱも車も、輪郭や表面が白くなっていました。

 

そういえば先日の  「宋海君先生の気功養生特別講座」は、

冬の養生について だったのですが、

その時に先生がちらっとおっしゃって面白かったのは、

「中医では、体の内側を表面ととらえる」。

例えば食べたり飲んだりしたものをからだが拒否する時は、

要するに、表面に触れたが吸収しなかった、ということ。

その場合、それを外に出せばよい、つまり吐く、下痢、などの機能が働く。

私たちが頭を使って知識を使って処理しなくても、

からだはそうやって自律している。

内側が表面、内側が外側か。

 

介護が必要になった高齢者の方たちの様子を話し合っていると、

症状や行動のパターンが「同じ同じ〜!」と共感共有できることがある。

ふぅん、なんだかみんなそうなるんだ、と思う一方で、

もちろんひとりひとりの違いがあって、それはそれはケースバイケースで、

十把一絡げには言えない。言われたくないと思う人もいるだろう。

それは高齢者だけでなく、病気の症状や子どもの成長も。

 

それぞれがそれぞれである。

… と思われる、思いたいよね、おそらく。

 

アンドロイドはどうなんだろう。

アンドロイドもそのうち、「私は私、世界でひとつだけなの」とか言うのか?

人工知能が学習してどんどんパターンを拡げて、

無数の可能性の中からひとつが選択されて表面の行動言動に現れる。

それはまるで、人間の意識と無意識みたいに。

 

無意識(self=自己)の判断は、10の7乗(1000万)レベルのbit数で情報処理。

意識的(ego=自我)判断は、20bitくらいの情報処理能力で「意識化」している。

 

圧倒的に無意識の方が勝っている(という言い方も適当ではないけど)。

私たちが考えたり、悩んでいると思っている意識的な判断は、

無意識には勝てないわ。

お手上げですね。

 

さて、思考ちゃんは、こうやって脈絡なく次々に考えるのが大好き。

そういえば、溝口あゆかさんの  最新のブログ  は迫力がありました〜

ていねいに言葉を追ってみるといいかも。

 

瞬間性にくつろぐことを最優先にしていたら、

自我が気に入らなくても、

それが最善!最適!

これがサイコー♡

 

 

 

 

 

宋海君先生、次回気功講座の日、決まりました

FullSizeRender-249

 

宋海君先生の気功養生特別講座、次回日程がきまりました。

 

2016年1月11日(月祝) 14時から

 

 

 

宋先生の気功講座は、普段の生活に活かせる知恵を得ることができるのと、

気功がいったいどういうものかを、体感、実感できることが素敵なところ。

からだを少し動かしてリラックスしてから、講義に入ります。

そして最後は宋先生の気を受け取って帰る、という構成。

 

 

無意識でいると、からだからの声は聴こえません。

忙しすぎて、身体をかまってあげていない人、いませんか〜?

あなたの足の裏、どうなっているか知っていますか? 触っていますか?

意識が外側へ向いてばかりで、うっかり心ここにあらず、続いていませんか?

 

わたしを載せて走っている身体は、わたしが走り具合を感じながら、

あれ?と不調に気づいてちょこちょこメンテナンスしていれば、

大事にはなりません。

ほったらかしだったくせに、どこかヘンだとすぐにお医者へ行ったり、

薬を飲んだりしている私たち。

症状が酷くなってから専門家に診てもらうのは、確かに効率的ではないですね。

ふだんから身体の様子を知り、サインを受け取るセンスを磨くのは大切。

からだを客観的に眺めて見ることも大切。

 

宋先生のお話は、現代の私たちの生活に根付きながらも、

その元は大きな歴史に繋がっているので、

謙虚で静かなエネルギーに満ちています。

それが、信頼できると思う所以です。

 

講座の最後に先生が全体に気を送ります。

参加者は、その場に目を閉じてリラックスしているだけです。

先生は何をしているのか??

薄目をあけてこっそり先生を見たら、

それはそれは美しい動きをしていました。

さすが武術の達人です。

 

美しさと正しさを感じる脳は同じ場所なんだって。

美しいということは、源に整合しているからかな。

 

 

体験してみてね。

 

宋海君 気功養生特別講座 2016年1月11日(月祝)開催受付中。