伊東充隆先生と和サンガ、東京3期終わりました。

先週土曜日、東京の和サンガ3期が終了しました。

(和サンガについては、主宰の伊東先生のウェブサイトのこちらから→)

 

東京では半年コースが始まって一年半。

 

私は伊東先生が関西方面で開催していた和サンガにずーーーっと入ってみたくて、東京でも開催できたらいいなと願いを空に飛ばし続けていたので(♪)、開催が決まった頃は、

 

 

求めよ、さらば、与えられん。

 

 

だった、ようにも思えます。

 

でも。

 

全体の流れが、たまたまそうだっただけで(笑)。

 

 

この数年、「非二元」という言葉が目につくようになり、国内外のステキなティーチャーが注目されたり、本が出版されたり、お話会やワークショップがあちこちで開かれたり、インターネットのおかげで情報を得る方法も簡単で気軽になりました。そいういったことに興味を持つ人たちとの出会いも広がりました。

 

ただ流れのまま、ね。

 

 

何があろうと何が出来ようと、どのみち間違いはない、という確信があれば、あとはゆっくり流れます。

 

 

伊東先生はひらめきの人で、私から見るとアーティストになればよかったのにね!という瞬間が多々あります。そんな先生が、長年開いて来た青空禅フォーラムや和サンガにテコ入れ(笑?)をするらしい。いやいや、先生は青空にくつろいだままいつものように目を閉じているだけ、そんな時ふっと、インスピレーションが湧くのかも。慌てない慌てない。

 

 

 

東京での和サンガ、青空禅の募集はしばしお休みします。

 

 

が! 毎月開催で、相応の4時間、伊東先生の

 

「 青空塾」?!

 

はたまた

 

「白熱教室」!? 

 

を、用意していますよ。

 

(もったい付けて言うことじゃないと思うけど♪)

 

詳細は決まりましたら、お知らせします。

 

6月のプロトマニア

 

6月のプロトマニアのご案内です。

 

まずは、3日(土)伊東充隆主宰「和サンガ  東京3期6ヶ月コース」、いよいよ最終回です。
和サンガは同じメンバーで6ヶ月継続して「自己の本質」に真剣に向かう集中コース。月1回4時間の和サンガでは、青空禅フォーラムより更に深く、具体的に、丁寧に伊東先生からそれについてのお話やワークがあり、日々の暮らしに戻って実践するちょっとした宿題をもらいます。

 

「それ」に向かっている友人たちが集まると、多様なエネルギーの波がお互いに干渉し合いながら一つのダイナミックなうねりみたいなものが生まれます。パワフル。だから、ひとりぼっちでは味わえなかった安心感や「おっ!?」という気づきや、背中を押してもらうような一歩が生まれたりもします。「私」とはどこにあるか?を知って、真の「私」、在処に深く落ち着いていく入口。

 

伊東充隆

 

それを知ったところで生活や人生は目を見張るほど良くなったり、がっくり悪くなったりもしないのですが、知らず知らず「構え」が変わっているかもしれませんね〜(実際、構えなんてないんだけど)。そして、大の大人が真剣に考えたり感じたりするので、何しろ建前を言ってたって無駄なのです。だから気づくと、素直で正直な、幼友達のような友人関係ができていたりします。スペシャルオマケギフト。

 

 

さて、今後のことですが、伊東先生の東京での和サンガと青空禅フォーラムは、これからスタイルを変えて行く予定です。

 

大空のような伊東先生からふわりと生まれる新鮮なスタイルで、あらためて皆さまをお誘い致します。今後しばらくは、伊東先生の青空禅ワークショップを定期的に開催いたします。和サンガのこれまでの受講者、そして初めての方もぜひこちらにご参加ください。そして、このジャーナルには伊東先生の言葉をところどころちりばめていくので、それも日々気づきの糧として味わっていただきたいと思います。

 

 

 

 

そして、空のお茶会は17日(土)14時ころからです。

空のお茶会は「バーソロミュー」という本を読みながら、世界、本当の私、本質についておしゃべりし、自らが確かめたり、感じたりするためのお茶会です。

幸せとは何か、苦しみとは何か、私は何のために生きるのか、どうしたら自分らしくいられるのか・・・途中、そんな問いやつぶやきに出会うかもしれません。

ただ、ここには教えてくれる1人の先生はいません。そしてやっていることは、1つの教義について勉強したり、正解を獲得するといったことでもありません。

 

その場で生まれた会話の中から、わかることやわからないことを体験します。おいしいお茶とおやつを食べながら、ひとりひとりが内面の風景に寛ぐ時間です

ぜひご一緒に。

 

 

 

身体も忘れてはなりません、季節ごとの楽しくて実際に役に立つワークショップは、6月18日(日)午後。

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜水無月のからだと心を学ぶ」

 

こちらは、心身のプロフェッショナル、とっこさんこと小西美智子さんが皆さんお一人おひとりのからだを見ながら、夏に向けてのカラダ構え、ココロ構えを、テンポよく実のあるお話と実際の動きで教えて下さいます。

 

 

 

 

身体も心も自分でケアできれば安全安心。とっこさんはからだのことを哲学しながらユーモアたっぷりに伝えてくれるので、プロトマニアによくぞ来て下さいました!と私も一緒に参加します。各地でご活躍のとっこさん講座です。お申し込みはぜひお早めに。

 

 

 

プロトマニアの「大人の男の子、大人の女の子になって:学ぶ編」は、なくてはならないアートレクチャー。
中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、25日(日)午後です。

 

 

 

6月は「ターナーとイギリス風景画」。

 

ターナーの風景画は好きな方が多いようですが、そこは中尾先生、ただ見てホッとする絵画ではおさまりませんよね。これまでも中尾流の切り口で、嫌いだと思っていたけど好きになったり、知らなかったけどすごいんだ〜と発見したり、絵画ってこういものでしょ?と思っている既成概念をゆさゆさと揺さぶる中尾先生です。

 

きっとターナーも、

 

ツッコミどころ満載〜♪

 

乞うご期待、です。

 

 

 

 

6月もますます、プロトマニアで身も心もゆるりとゆるめながら、日々を大いに楽しみ味わっていきましょう〜

 

5月のプロトマニア

ちょっと出遅れましたが、5月のプロトマニアのご案内です。

 

まずは、5月最初の、伊東充隆主宰  和サンガ 東京6ヶ月コース。

今回は冒頭に先生から「基本に立ち返って・・・」ということで講義がスタートしましたが、この「基本に立ち返る」というのは折にふれ先生の口から登場します。基本に始まり、基本に終わる! そうなんです。とてもシンプルで何気ないことをコツコツとやり続けることが、安全で確実でどんな人にもできることだよ、と先生はいつも伝えています。

たくさんのイメージや情報で覆われた「それ」。まとわりついた、一見ステキな♪ベールを、一枚ずつはがす。あれ?ホントにそれ?というほどの無垢に辿り着く。

和サンガは、7月から沖縄でも開催されます。東京の次のスタート予定はあらためてお知らせしますが、東京の和サンガは、さらさら〜っとしていて、大袈裟じゃなくてシュッとして江戸っ子な感じで(笑)なかなかに粋でござんすよ。

 

 

 

そして、プロトマニアのアートの柱は、中尾陽一先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

5月28日(日)は「バルテュス」です。バルテュスは、奥様が日本人でお美しい方ですが、そんなこともあってか、これまで何度か美術界だけでなく話題になっている画家です。描かれているもの、テーマが少女のエロティシズムだったりするところで、その絵の好き嫌いがハッキリしてしまうこともあります。とにかくどこか怪しい雰囲気をたたえた作品とご本人。不思議感、満載です。そんなバルテュスを、中尾先生がどんなアングルから見つめていくか、参加者の皆さんへのガイドがとても楽しみです。中尾流は、美術に詳しくても知らなくても、その場で美術を楽しむことができる!と実感していただける講座。ぜひご一緒しましょ〜。お申し込みお待ちしております。

 

 

 

ふふふ、5月21日(日)は、空のお茶会です。

先生がいない空のお茶会では、バーソロミューのメッセージを中心にして、真の私に纏わるあれこれを参加者が自由に話します。私がこの会の部長なので、こうしようか〜あれしようか〜と言い出しっぺにはなりますが、セラピストでもないし、専門家ではないので、みんなが一緒に考えてくれます。バーソロミューを読むことにしたのは、真理、愛を伝えるバーソロミューが話すことが、私たちの日常の具体的なワンシーンをたとえ話にしていたり、そうそう、ついそうなってる〜っていうようなありがちな場面をたくさん引き合いに出して、分かりやすく伝えているからです。目に見えないことを見えることの中にユーモアを交えて繋げて行きます。私は便宜上、真理ということばを使いますが、行為としての愛ではなく、それそのものである愛が私であることを、優しく伝えています。

ここでそれを話したり確認することは、私たちが長い間、誰かから教わることに慣れてしまっていることから少しだけ離れて、同化や願望や催眠によってそうなのではなく、本当に本当にそうなのか? を正直に自らに問う、という静かな作業になるのではないかと思います。いろいろ楽しくやっているのでよかったら、いつからでも遊びにきてくださいね。

 

 

5月ものびのび、爽やかなプロトマニア、です♪

 

毎瞬毎瞬、ダンスをしている。

数年前にね、アルゼンチンタンゴのレッスンを受けに通ったことがあるのです。

オシャレ〜な男友だちが、当時イソイソと通っていて、ある時着いて行ったら、そこにあった女性用のダンスシューズがあまりに美しくて素敵だったので、それじゃ私も!と始めました。

レッスンは体験コースだったので、最初から先生と組んで踊るのですが(踊るっていうよりスタジオのあっちからこっちへ移動するレベルだけど)、その時に先生から「自分で勝手に行くな〜〜〜!」と注意されるんです。

 

なにも私が先生を引っ張ったり押したりしているのではないのですよ。パートナーが次にどちらに進むか、右かのか左なのか、前なのか後ろなのかを察知して一緒に動いたつもり。でも、先生が発する微細な重心の移動、すなわちリードにゆだねなさ〜いと何度も注意されました。それじゃ任せようゆだねようと意図して任せると、既に半歩遅くてドタバタと先生の足を踏む。

きゃー、どしたらいーのー???

と、あっという間に挫折したのですが、大変よろしい経験でした。

 

 

先日の和サンガで、

 

二人の間で行われるコミュニケーションは、キャッチボールではなく、実は同時に応答していることが研究によって明らかになっている。つまりコミュニケーションとは、A があって B が起こるのではなく、同時に創造されている。2人でダンスをしているように。

 

というお話がありました。

 

バーソロミューの本の中にも「私たちは、毎瞬毎瞬、目の前のこと、ひと、態度を創造し合っている。日常の繰り返しのパターンにはまってしまっているから創造の喜びを忘れているけれど、本当は毎瞬が創造の喜びに溢れているのだ」というくだりがあります、と先生がおっしゃっていました。

 

この2つの伝えられたことの中には「対極」がありません。原因と結果がありません。あの人やあのコト、もなく、誰かのおかげや自分のせいもなし。せっかくいい気分だったのに、あの車の危ない急ブレーキのせいで台無し!はないのです。すべては同時に発生していると伝えているのです。同時発生だから A と B の間も分離もないですね。 え?

 

 

前に見たテレビで科学者が、

 

ありそうもないことだからといって、それを否定すべきではない

 

と言っていました。

「そんなことはあり得ない」という思い込みの前提をはずして、子どものようなまっさらな目で、素直にただ起こるそのままを見ているだけでいいのかもしれませんね〜

 

そこが難しいんだけど!

 

 

・・・という反応も、ただ見ている。それ以上、あれこれ考えを膨らませると合わせ鏡のように延々と続くから、一瞬、間(ま)を空けるひと息をどうぞ。はい、おしま〜い。

 

 

 

 

 

*空のお茶会〜バーソロミューと共に。

3月19日(日) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

和サンガ東京3期第3回目〜伊東先生と共に。

fullsizerender

昨日は、和サンガ東京3期の第3回目でした。東京の和サンガは6ヶ月コースだから、半分まで来ました。

 

和サンガの場は、おそらく普段の生活ではいちいち立ち止まらないような、当り前過ぎて確認したこともないような事や言葉について、見直したり考えたりする機会があります。

 

たとえば、自分が最も欲しているものは何か、とか、ごくフツウに「安心」と言うけれど「安心」とはどういうことをイメージして言っているのか、とか。

 

そんなこと考えたって仕方ないとか、わかってるもんねと思いますか?
でもね、そういえばよく考えてみたことがなかった、ちゃんとわかっていなかった、確認したことがない、勝手に信じ込んでいた・・・たくさんあって、驚くのです。年齢を重ねていればいるほど体験も知識もあるので、ついぞ疑ったことがない言葉や概念やクセがいろいろあります。

その「当り前」が前提となってこの世の生活をしていたりします。

・・・案外、アバウト。

でも、実はそれが当然のことではない、かもしれないぞ・・・ !!!

 

驚愕! 痛快さ! 自由さ!  でも抵抗! イライラ!(笑)

 

アレヤコレヤ〜、との遭遇。

それだけでも、和サンガってオモシロイ。

 

そんなことを感じた第3回でした。

昨日は、講義の後、プロトマニア恒例の夕暮れプチパーティーをしました。

先生とみんなが和になっておしゃべり。ホノボノしました。

伊東先生は先生だけど、やっぱり師というよりブラザー(♪)兄貴分みたいです。

先生より年上のファンキーな生徒もいるし、いろいろな探究の道中ですれ違っていたかもね、なんて話もあって楽しかった。

旅は道連れ。

残りの和サンガも楽しもう。

 

dscn3207

 

 

 

 

2月のプロトマニア

プロトマニア予定

2月が始まりました。

プロトマニアは、伊東充隆先生主宰  和サンガ東京3期の第2回目からスタート。

和サンガは、自己の本質、真理、真我、純粋意識などのことばで表される、

決して変わることのない、変わることもできないもの、

を見切っていくための継続コースです。2月4日(土)午後!

 

そして2月5日(日)は、青空禅フォーラム

最近の青空禅は、和サンガと遜色ないくらいに真我への純度が高い。

どんな風に進行するかというと、最初に30分弱の先生の誘導瞑想で参加者全員と場のムードを整えてから、先生のお話があります。

お話の途中でも質問がある人はその都度尋ねながら、真我に主軸を置く意識の変換のコツや、探究のひっかかりなどを見て行きます。

 

かつての青空禅はお話の切り口が幅広く、いろいろな興味の方、たとえばスピリチュアル、ヒーリング、禅、代替医療、哲学、ニューエイジ…インドから欧米、ZEN から禅〜までが参加して「面白かったなぁ」と、帰り道に充分満足できる全般的な内容だったと思います。

今の青空禅は、軽やかさはそのままありながら、シャープでストレート。ブレなく、真我、仏性、非二元、悟りについての直球講義です。

もちろん、ちょっと興味があるから聴いてみようかな〜という方も大歓迎です。そして初めて参加したら感じるムードは、真剣で混じりっけナシだからこその清冽さだと思います。それと同時に先生の気さくさや柔らかい笑顔に出逢って、なんだか知らないけどホッとしたなぁって感じて下さることと思います。

お申し込みはどうぞご遠慮なく〜(笑)こちらからどうぞ!

 

そして、最後の日曜日はプロトマニアならではのアートレクチャー、

中尾陽一さんの『これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座』。

2月26日(日)の午後は「ゴヤ」の二回目です。

 

この講座の面白みは、先生の柔軟性や知識の幅広さはもちろんですが、

参加者全員が発言するところ!

「私は美術はよくわからないから発言するなんてヤダだな〜」と思っている方も、中尾先生に「どうですか〜?」とのんびり問われると思わず照れず、その場で思ったことが口から出てしまうという中尾マジック!

そしてそれは、実は「キ・モ・チ・いい〜♪」ということを発見するでしょう。

他の美術講座では味わえない、

知るより(知識も増えますけど)、

考えるより(頭も使って下さいね〜笑)、

ふと感じるって楽しい!(サイコー♡)

そんな中尾流美術鑑賞白熱教室です。

お申し込みは講座名を書いてくださいね〜こちらからどうぞ。

 

プロトマニアで3月から始まるのが、

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び」プログラム

この素敵な講座については、またあらためてマジメに書きます。

 

オマケですが、ワタクシが始めようとしている、『先生のいない、青空、空のお話会』もあります。

…ってね、タイトルもまだ決めてないんですけどね。

「バーソロミュー」を読んだり、参加者が持って来たテーマをみんなで話したり、お茶を飲みながら、自ずからこんがらがりが解けて行くみたいな集まり。

先生がいない、ってところがミソです。

これもまた別に書きます。これは2月から始めちゃおかな♡

…という、プロトマニア的マニアックな浮かれポンチっぷり。

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   青空禅フォーラム  Tokyo

2月5日(日) 14時から16時

*中尾陽一さんの

これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

2月26日(日) 13時から15時30分

 

 

protomania

なんという空っぽさ!

img_1635

 

 

決して変わらない、変えられないものだけが存在ならば、

現れのここには何も存在していない。

なんという空っぽさ!?

 

深刻さや荒々しいエネルギーに巻き込まれないように、

ちょっとだけ、少しだけ、ふと確認する、

静寂を感じてみる。

 

 

 

fullsizerender_1

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→