とっこさんと弥生の身体と心を学びました

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び」,第1回を開催しました。

自分が主催していて言っちゃいますが、

すご〜〜〜く、クオリティの高い講座になりました。

私、身体のことにはちょいとうるさいのです。そんな私が、このとっこさん講座の素晴らしさを自信を持ってお伝えします。これからの展開が楽しみだな〜♪

 

今日も準備万端。

 

最初はボディーチェック。みなさんのからだを専門家とっこさんが見て、今そのままの状態をお伝えし、改善のためのアドバイスをしてくれます。まずは自分のからだを知らないとね。

 

チェックすべき身体の部位について説明。自分のからだって知っているようでよくわかっていません。触る、もむ、押す、さする…を習慣にしよう。

 

 

こんな風に、

 

 

骨盤の傾きをチェック、

 

仙骨の様子、しっぽはどっち向いているかな?(笑)

引っ張られた結果、筋肉はどっちにねじれるかな?

 

からだの説明は実際に人の身体を見ながらだととても分かりやすい。
全員が全員の学びのための具体例になって、お互いさまで、ありがとう、です。

 

弥生(春)のからだは、冬の間に貯めたエネルギーを放出しようとするのです。季節ごとに身体は動き、変化するのです。春の骨盤は弛んでバランスを調整しようとするので、心身共に安定しないのがこの季節。日本では新学期、新年度が始まって新しい環境にチャレンジする時期ですが、本当は新しいことを始めるのには向いていない。じっとしてぼーっとしていたい心身なのですが、社会のしくみで致し方ない。そんな時は、からだや心の変調に慌てず焦らず、なんとかしようとせずに、ゆっくりそれを受け入れましょう。「笑いながら秋を迎えよう!ぐらいでオーケーです」と、とっこさん。

 

休憩をとりながらの2時間講座ですが、みなさんとても熱心でお休み時間も先生に質問いっぱいでした。

 

後半はいよいよからだを動かします。セルフマッサージや呼吸法を学びました。

 

 

足つぼとマッサージ。指をよくひらいてね。

 

 

とっこさんの話術は軽快でユーモアたっぷり。だから楽しく時間が過ぎていきますが、実は伝えられることの内容が濃くてクオリティがとても高いのです。あまり身体を動かしたことがない方達には楽しく分かりやすく、そしてインストラクターなど身体のことを知っていればいるほど、伝え方の巧さを感じられると思います。

 

とっこさんは、一所懸命にみんなに「自分のプロになろう」ということを伝えています。心だけでなく、身体だけでもなくのアプローチが、さすが哲学カフェ主宰の哲学の徒とっこさんです。

からだは素直でさまざまなことを伝えてくれているのです。とっこさんの講座は、笑いながら、驚きながら、身体の声に耳を傾ける時間です。

 

次回は6月開催。

自分の身体を知ることの大切さ、心地よさ、ぜひ皆さんに体験していただきたいと思います。

お申し込みはお早めにどうぞ〜

 

*からだとこころはつながっている〜

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び〜水無月の身体と心を学ぶ』

6月18日(日) 14時から16時

お申し込みはこちらからどうぞ→

 

広告

ヨガが教えてくれること。

fullsizerender_1

 

昨夜はヨガの個人レッスン。

私がヨガに出会ったのは、高校生の時でした。かなり昔(苦笑)。

おつきあいの長いヨガですが、主なる先生は2人だけ。

ヨガが哲学であること、呼吸の大切さを教えて下さったのが龍村修先生。

今はお会いすることもありませんが、「教えるのではない。下座のこころで常に精進勉強を」という先生のことばを、忘れずに携えています。

 

ヨガって本当にいろいろなことを教えてくれます。昨日のレッスンでは、さまざまなストレスや緊張を溜め込んだ身体をゆっくりとほぐしていきました。終わった後は、からだの周囲がひとまわり大きくなった感じ。

 

緊張と弛緩。

 

これが基本。右をやったら左。前をやったら後ろ。ギューッと力をいれてから、フッと緩めるからより深く弛む。

 

心地良いリラックス(弛緩)とは、ぐっと力を込めて溜め(緊張)た後の解放。

 

だから緊張することは、それはそれで大切なのです。

心身ともに落ち込んでいる友だちがいても、低迷は次への準備だから心配しないで見守る。

苦しい、辛いも、なかなか悪くないことです。辛いはつらいけどね(笑)

 

なぜか好きでずっと続けて来たヨガと呼吸が教えてくれること。

とてもシンプルな同じことを繰り返していても、新鮮な発見があって飽きさせない面白さ、素晴らしさ。

 

ヨガとは、繋ぐ、結ぶという意味。

不変なるものへの入口。

 

fullsizerender

 

 

 

*空のお茶会〜『バーソロミュー』を読む

2月25日(土)14時ごろから16時ごろまで。

先生のいない、自習のお茶会。真我を伝えるバーソロミューを音読したり、その感想や疑問を話しながら自由におしゃべり。いつもよりわざと(♪)ゆっくり呼吸して、のんびりしましょう。

 

 

 

 

 

くるりと円を描く

sakurasakurasakura

「夢見草」 って知っていますか?

桜の異名なんですって。

桜は夢のようにはかなく散って行くから。

日本には素敵な言葉や表現がたくさん。この感性は素晴らしいなぁと感じます。

 

3月の後半、あらためて振り返って一番最初の最初に戻ってみました。

どうして『真理の探究』なんて始めたんだっけ?ってね。

よくよく思い出してみると、

そのきっかは不思議でもないし、特別でもなく、よくあるようなこと、でした。

 

子どもの頃に、みんなと遊んでいて夕方になり、

じゃあね、バイバーイ! と帰って行く友だち。

その時に感じた不安感や寂しさ。

 

夜の暗い部屋。ベッドの中で天井を見ながら、

死んでしまったら、私はこの世から消えて無くなって、

こうして考えることすらできなくなるんだ!

と思った時に感じた底なしの恐怖。

 

仲良しの友だちが、ある時突然、死んでしまった時の衝撃。

一番わかってくれる近い人だと思っていた恋人が見せた、よそよそしいひんやりした横顔。

 

そんなことがきっかけでした。

きっかけは些細なことで、そこから向かった方向が、

夢中になれるお稽古ごとや大好きな食べることや冒険旅行、などではなく、

永遠はあるのか?

変わらないことは何か?

絶対の真理はあるのか?

だったのでした。

真理の探究は私の運命だ! と、ある時期スペシャルな気分で息巻いていたのが、

あれまぁ、可愛らしいこと。

 

こうしてふと、立ち戻ってみるのはいいな。

そうすると知らぬうちに入っていた力が抜けたり、

寄り目になっていたのが少し俯瞰できたり、

もっと真摯で謙虚な姿勢になったり。

 

先日の青空禅フォーラムで伊東先生から教わった呼吸法、円環呼吸。

それは、吸って吐く、を直線的に捉えるのではなく、

吸ってから吐くに移るつなぎめをとても丁寧に行います。

まるで円を描くようにね。

直線を行ったり来たりする呼吸ではなく、まぁるく円を描くような呼吸。

その繋ぎ目は、私のイメージでは、吸うでもなく吐くでもない、空っぽ。

 

まるいカタチは柔らかくて落ち着きます。

私は小さい時に太っていていじめられたので、

太ることに対して怖れと共に無意識にアラームが鳴って来たのですが、

最近は、ふっくらとたおやかな女性でいるちょっぴり太め、がお気に入り。

くるりと円を描く呼吸、ぜひお試しあれ。

次回の 青空禅フォーラム は、4月11日(土) 14時から16時まで。

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

〜と〜のあいだ

enku

 

思い返すと、初めて座禅らしきことをしたのは高校生の時。

それもカソリック教会の中で!

というのも、学校で吉祥寺の教会へ行って神父様のお話を聴くことがあったのですが、

その時に、忘れもしない、後藤神父  が教えて下さったのが、

 

目を閉じて、呼吸に意識を向ける

その呼吸は、針の穴に向かって息を吹き入れるように細く長く吐く

 

というものでした。

禅との遭遇!

 

座禅にも瞑想にもいろいろとやり方があるようですが、

ただ呼吸に意識を向ける数秒をちょこちょこ作るのでも十分いいらしい。

日常生活に追われて意識が外へ外へと向かっていると、あっちへウロウロこっちへウロウロ。

外側に振り回されて、間の取り方も忘れて、息もつかない連続したリズムは硬直。

結局はヘトヘトになってしまうので、ちょっと落ち着く瞬間を作る。

それには呼吸を意識するのが一番シンプルで早道です。

呼吸は深い眠りの間にもちゃんと行われているワタシを超えた機能だから、そこに寄り添ってみる。

何かと何かの間、に気づくと、そこには何もない。

なにごとも慌てず焦らず、一拍置くリズムとハーモニー、ですね。

 

 

調息

kactus

緊張と弛緩。

ヨガでやっていることといえば、緊張と弛緩を繰り返して弛緩、つまりゆるむ、くつろぐ深度を深くしていくことです。

その時に呼吸はとても大切。

私たちは普段あまり意識して呼吸をしていないけれど、呼吸を整えることはいろいろと良いことがありますよ。

慌てていると全体が見えないから、深呼吸して緊張を解く。 すると視野が広がる。

特に吐く息が大切です。 意識的にふーっと吐いてみて。

ほら、吐き切ると自然に吸っていますよね。 

だから吸うことよりも、吐くことを意識してみてくださいね。

 

私が好きなヨガの呼吸法に、蜂の羽の音の呼吸法というのがあります。

正式なやり方は長くなるので省きますが、ハミングをするように音を出して呼吸します。

まず、両手で軽く目を覆って自分の内側に意識を集中します。

この時、耳の前部にある突起に親指をおいて軽く耳を塞ぎ、残りの4本指で目の上をそっとカバーしてくださいね。

それからまず息を吐いて、吸って。 

そして次の吐く息で、ん~~~~っと口を閉じだ状態で鼻から顔全体に音を響かせながら息を吐き出します。

吐き切ったらまた鼻から吸って、再び ん~~~~~っと音を出します。 これを繰り返します。

音の高さをいろいろ変えて自分の好きな音程を楽しみます。

 

この呼吸法は、外側にバラバラと散らばる意識を集中させたり、不眠に効果があるそうですよ。

何より音を出すと自分のからだが楽器になっているように音とからだが共鳴して楽しいです。

そしてリラックスします。 さらに繰り返すうちに、あ!なんと呼吸が深くなっています。 

なんて素敵 !

 

悩める心も漠然とした不安も憂鬱も厭世観も、このからだが舞台です。

その状態は身体に現象化しています。 

からだも心も病んだ時には内臓が硬くなったり、胸が緊張したり、冷えたりしています。

だから、お風呂に入って温めたり、ヨガをしたり、良い香りのアロマオイルでマッサージしたりして、

まずはこの緊張を楽にして快適にしてやればよい。

そして呼吸。

調息というのはいつでもどこでもできます。

イライラしたりプリプリした時、緊張して上がってしまった時、頭から悩みごとが離れない時、

ふーっと息を吐いてまずはからだを緩めましょう。

ひと呼吸おけば、ちょっとゆったりした見え方、対応ができますものね。

そして呼吸法を使うとお腹があたたまって、ホッとします。

子どもの頃、お腹を撫でてもらうと気持ち良くて眠くなったように、呼吸で内臓をマッサージして温めてくださいね。