ここまでとこれから。

img_1629

 

長年、青空禅フォーラムに通い、ようやく和サンガが東京で始まって、これまでずいぶん伊東先生のもとで学んで来たと思います。その記録であるノートは宝物。どんな本を読むよりもこのノートを読み返せば、そこには自分の今の現れの日々、つまり人生に寄り添ったこの自分オーダーの知恵、ただこれを実践すればそれでよいのだよ、というやさしい親切な知恵が詰まっています。

 

体験して来たドラマはさまざまです。そういえば、加速するように昨年は嬉しいことも悲しいことも、驚くほど淡々と突然(苦笑)起こりました。
和サンガで出会ったばかりなのに当り前のように側にいてくれ、正直でいられる友ができたり、青空禅で出会ってさぁこれから共にいこうねと話したばかりの友が、突然、自死して目の前からいなくなってしまったこともありました。

 

ただ起こっているこれらのことにドンドン、ぐんぐん、グイグイと押し出されるようにして、現れのドラマの中でさまざまな感情、思考、記憶が押し寄せ、その波にもまれ、忘れたり思い出したりしながら、ひたすら愛か怖れかを自問しました。

 

 

伊東先生のお話は分かりやすいとよくいわれます。確かにわかりやすいけれど、あのくらい優秀なレベルの先生ならそんなことは当り前だと思います。
そして、わかりやすいことに満足するよりもっと大切なのは、その先生からの知恵を自らがしっかりとつかみ、自己検証する真剣さ。そして親切さにくるんでそれを促している先生の意図を見る。その先の自己責任。
わかりやすいことよりも、その先の自由まで導くあの無私っぷりこそ、根気強さと真我への誠実さ、情熱の純度こそ、他には見ることのない点だと感じます。

 

img_1638

 

探究そのものがいやになったり、挫折しそうになっても途中で諦めず、わかっちゃったりせず、「分からない」をただ行くのは、真我への誠実さでサポートされているからです。和サンガや青空禅の友たち皆、きっとそうだと思います。

自己の本質にこれほど情熱的なのは、ちょっとした変り者かもしれません。
ホンモノの変わり者にはデリカシーがあります。
「私って変わってるの〜」なんて言っているようでは、全く変ではありません。

一見優しさに見えるデリカシーとは、決してブレることのない強さの証拠です。
軽みとは、ハガネの強さが根底に静かに静かにあるものと思います。

 

もう少ししたら、新しいことをプロトマニアで始めるのです。
身体の専門家、とっこさんの季節の講座。
そして自分もちょっとした試みをゆっくり始めるつもりです。
伊東先生、中尾先生、そして宋先生、これからはとっこさん、
えみちゃんや親友のリリーちゃん、そして自分。
…現れのカタチがなぜかここに集まり、なのにその全ての源がひとつである様子を、静かな感動とともにハートが感じています。

 

 

 

 

広告

2月の青空禅フォーラムが決まりました、2/5(日) 開催 ♪

青空禅フォーラム伊東充隆

 

2月の青空禅フォーラム、2月5日(日) 14時から16時

 

となりました。

立春の次の日、日曜日です。

 

青空禅は、自分とは何か?について、

これまで信じ込んで疑ったことのないこと、そういえばあらためて考えたことがなかったこと、わかっているつもりで実は全然はっきりしていないこと、などに触れるチャンスです。

この世界、時間、記憶、感情、言葉、自分と私 …

すべての根っこを明らかにする、そんなひっくり返るような体験が青空禅。

それを知ってどうなるか?

まずは知ってみましょうよ。

知っても何もならないよ〜とはよく言うけれど、何もならないけど、なるんです。

だってすべての根源だからね。

 

 

ものはためし、も大歓迎です。ちょっと様子見、も大歓迎です。

一度、お気軽にご参加下さ〜い。

 

プロトマニアならではの、おいしいお茶とおやつ付き♡(こっちがメインじゃぁありませんけど、これもここでは、重要!)

 

fullsizerender_2

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

決して変わらないもの〜和サンガ東京3期

和サンガ東京3期伊東充隆

伊東先生の青空禅や和サンガで一緒に学んで来た友人がフェイスブックに書いていたのですが、「馬を水辺まで連れて行くことはできるけれど、飲ませることはできない」。これはイギリスのことわざです。そこまで導いてもらっても、その先は自分次第ということ。導いてもらったこと、飲んだことに感謝と書いてありました。なるほど、その通りだなぁ。

 

先週末にスタートした伊東先生主宰の継続コース、東京和サンガ。初回の冒頭で、先生から、

 

「このことが語られる時、ただ在る、実在、存在、本当に在るということが言われるけれど、ここで差し示そうとしている存在は、何か対象(もの、こと、状況、概念)、認識できるものが在る、ということとは全く違うということを再確認して、そこを出発点にしましょう。真我、私の本質、実在を定義付けすると、決して変わらないもの、変えることもできないもの、在りつづけているもの。その本性を知り、存分に味わおう。」

 

というお話がありました。とてもシンプル。あらためてこのことが明確になって、目が醒めるようでした。自分には「絶対に変わらないものってなんだろう?」という疑問が出発点だったので、ティーンエイジャーのあの時の問いに再会したようでした。伊東先生の講義はいつも一期一会だと、これまたあらためて感じました。

 

さて、それじゃ、誰がそう言ったの?誰がこの世界を作ったの?という疑問が湧いたとしたら、それは自らが確かめるしかありません。そうでなければ「〇〇さんがそう言ったから、本に書いてあったから、神さまが作った…」という方向に行ってしまう。すると、信じるとか信じないの宗教みたいになってしまうし、対象が生じてしまうものね♪

 

自らが確かめるという自由がここにはあるのです。でもちゃんとサポートしてくれる先生がいる。それが「和サンガ」です。毎回毎瞬、いつでも扉は開かれています。

 

 

 

東京和サンガ伊東充隆

初回はなんと!伊東先生のお誕生日の日でした。

…ってことで、こんなバースデーケーキがオヤツ♡(お菓子の先生手作り)美味しかった!

吾唯知足。「知」だけど「和サンガ」だからノギヘン! みんなで和気あいあい。和やかに。

先生、今期もどうぞよろしくお願いいたしま〜す♪〜

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタートしました。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

1月のプロトマニア

fullsizerender

1月のプロトマニアは、先週末はじまりました。

伊東充隆先生主宰の「和サンガ  東京3期6ヶ月コース」でした。

このコースは、毎月開催している青空禅フォーラムで伝えられていることをさらに丁寧に掘り下げ、参加者が生きる日々に深く根付かせて味わっていくための集中コースです。大阪や広島では1年間の継続コース、東京はスピーディーに半年コースで、今回3期が始まりました。

 

伊東先生の講義の醍醐味は、最古の哲学とも言われるヴェーダンタの智慧と、最先端最新の量子物理理論のエッセンスが、実は自然に繋がっているということを知ることができることでもあります。その知識の幅広さと柔軟でクリアな知性が伊東先生。そして、先生自体、常に一新され、前の印象なんて一笑で消えてしまう。だからいつも、お話も先生も一期一会です。

 

そこで出会う人たちは、知ってか知らずかたったひとつのことに向かって集まっているので、目に見えるところは様々な色どりなれど、真我について、どんなところでモヤモヤしているのか、どういう場面で立ち止まってしまうか、ありのまま正直でいられるのがとても嬉しい関係になります。青空禅とはひと味もふた味も違うので、真剣な人にとって、得難い場です!和サンガ3期は今月末までお申し込みを受け付けています。ご興味のある方はどうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。 ♬→

 

そして、月末の29日(日)には、中尾陽一先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」です。1月で第33回、テーマは「ゴヤ」。昨年は同じスペインの画家ヴェラスケスを取り上げました。17世紀に活躍したヴェラスケスを穏やかで安定した人生を生きた画家とすれば、ゴヤはその後の18世紀から19世紀初めまでの時代を劇的に不安定に(笑)激走したようなイメージです。

 

中尾先生の講義の面白さは、美術史を追ったり作品の意味を細部にわたって分析するのではなく、その芸術家の作品と人物を繋ぎ、時代を繋ぎ、芸術を全体的に見ていくところ。そして参加者がその画家を知っていても知らなくても、たった今見た印象や感想をことばにさせてくれるところ。最初、少し戸惑いがあったとしても、その人の言葉が沸き上がってくるのを先生はゆっくり待って間をとってくれるます。だから誰でも安心して、素直にそのまま発露できるのです。そのリードの仕方をうしろから観察していると、本当に温かく愛があって♡、いつも嬉しくなってしまいます。

プロトマニアの中尾流では、自分は芸術はわからないから〜、もう今さら恥ずかしくて〜、途中からでは着いていけない〜、といった言葉や思い込みは(笑)ちぎって捨てて忘れましょう。だいじょうぶです。いつからでも、どんな方でもご参加ください。愉しいです。

 

というわけで、今月も二人の素敵な先生の講座をやっています。

おふたりの共通点は、ど〜んとした安定感と穏やかさ。

これは本当に素敵。すばらしい先生たちです。

 

プロトマニアのキーワードは、大人の男の子、女の子!

そのココロは、

 

無 邪 気

 

ってこと。

プロトマニアでお会いしましょう〜

ぜひ遊びに来て下さいね。お待ちしています。

 

プロトマニアProtomania201701

朝の散歩途中で出会った、ろうばいの花。

 

どうか見過ごさないで下さい。

img_1315

 

あなたが自分自身と呼んでいるあの慣れ親しんだ感覚、間違って〈自分〉と呼んでいるあの感覚に気づくように、ここでまたお願いしたいと思います。実際のところ、あの慣れ親しんだ感覚というか、歓喜の絶頂から憂鬱のどん底まで、愛から憎しみにいたるまで、不安から喜びにいたるまで、あらゆる過程に存在する感覚こそがあなたの本質です。あなたは  ”わたし”  を間違って〈自分〉と呼んでしまったのです。生まれたり消えたりするのは有限の〈自分〉です。あなたといつもいっしょにいて、朝目覚めた瞬間からもっとも深い夢の瞬間までいるのが  ”わたし”  の本質です。
あなたは  ”わたし”  の本質をいつも感じているのですが、それをいままでは間違った名前で呼んできました。これまであらゆる瞬間に感じてきた感覚こそがあなたの求めているものです。ほかのあらゆるものはその上に反映されます。こうしてここにすわっているときも、常に変わらず存在するのはその純粋な意識です。わかりますか。あなたは自分がすでにそうであるものを求めているのです。あまりに明らかで、不変で、強く、なじみが深いので、それがわからなかったのです。どうか見過ごさないでください。

 

「バーソロミューの旅日記(下)〜インド編〜」カルパの五日目 P229 より

 

fullsizerender_1

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタート。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

快晴の元旦、青空に。

img_1406

 

我が家は元旦が父の命日なんです。

命日がお正月だと、滅多なことでは忘れません。

 

もう一昔前ですが、40代初めの秋のある日、

急に父から膵臓がんで余命3ヶ月であると告げられ、

そのときから彼はたった2ヶ月足らずのうちに逝ってしまったのでした。

大雪の大晦日の夜中彼の側にいて、サラバの瞬間は翌日、元旦お午でした。

ちょうど今年のような、キラキラした光の快晴の元旦でした。

 

快晴で思い出したのは、そのあわわわわ〜っという時期に力になってくれたのが、

そ〜いえばそういえば(笑)、青空禅フォーラムの伊東先生なんです。

私の大の仲良しが先生の友人で、私には友人の友人だったせんせい。

『ドクターの伊東先生』という認識のないままただお知り合いでしたが、

あの時、代替医療のお医者である伊東先生からアドバイスして頂いたあれこれで、

父は痛みもないまま、本人的に「美学」を全うし、

この世界と見事なサヨナラをしたのでした。

 

先生は父の病状に望みが全くないことは分かっていたけれど、

本人が出来る限り楽にいられて、それを見守るしかない家族にできることを、

私の仲良しと共にサラッと提供してくださったのでした。

毎日が真剣勝負みたいに必死で濃密な短期間でした。

 

 

元旦の快晴の空と透明感でふと思い出して、あらためて、

あぁ、本当にあれはありがたかったなぁ、と思いました。

父はサルトルや西田幾多郎LOVEの怠けもの哲学者で、私の良き友でした。

自分なりの美学で終わりを迎えようとしていた父と過ごした、

生涯忘れられない、とてもとても凝縮された体験だったのでした。

 

…    サルトル?   西田幾多郎?

そうなんです、父は真理を求めて一生をかけていたのです…

という描写はカッコ良すぎ。

〜ウハハハハ〜    父も苦笑しているわ  〜

 

そんなドラマティックなお話はなく、因果はないまま、

なんだか知らないけど自分は伊東先生の元で真我に触れ、

こうして父もみんなも自分も全員が、どこかでいつか本質を求めちゃう、

求めていた、求めている、わけですね。

 

久しぶりに父を身近に感じてみると、

 

 

あ せ る な

 

 

ということばが聴こえました。

全てのことはメッセージ。

伊東先生から学んだこれまでが、ふわりとゆっくり花開く予感の新年です。

 

 

img_1384

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)1月7日(土)スタート。

引き続き、募集中(応募締切りは1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の外への入口は今にある。

img_5668

 

 

けれども本当は、あなた方はすべて同じなのです。今までもずっとそうでしたし、これからもずっとそうです。最も高貴な人から最も堕落した人まで、全ての人間は同じです。そして、あなた方のちょっとした違いなどは幻影にすぎず、自分で自分をしばるためにあります。そんなものはさっさと忘れてしまってください。無意味なものです。そんなものは、無のなかに落としてしまってください。どうせ無から生まれたものです。今この瞬間にこそ、”大いなる一”の完全性が存在することを、かたく信じてください。この完全性に触れることができるのは、今この瞬間においてほかはありません。

 

バーソロミュー 瞬間(いま)に生きる P205 より抜粋

 

fullsizerender

 

この完全性に触れることができるのは、今この瞬間においてほかはありません。

 

img_1280

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)募集中

(応募締切りは新年1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

 

エゴはどこにも連れて行かない

img_1120

 

 

自分にとって、もっとも強烈にリアルにあったものを使うことで、

何もないということが、逆に強烈にリアルになる。

ふと。

 
エゴ、思いや感情はどこへ連れて行ってくれるの?

あぁ言ったかと思えば、こう言う。

デタラメにあちらへ行ったり、こちらへ行ったり。

やりたい放題。

 

 

エゴはどこにも連れて行かないもの。

 

 

 

fullsizerender

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)募集中

(応募締切りは新年1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

やさしいきもち。

fullsizerender

 

 

「たとえばさ、あんたが午後の4時に来るとするだろう、
するとおれは、3時からもう幸せな心持ちになるだろうね。」

 

 

fullsizerender-2
「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、
そのバラの花のために、時間をむだにしたからだよ」

 

 

星の王子様のキツネとは、友だちになれるかも。

 

 

fullsizerender

 

 

手に触る ものこそなけれ 法の道 それがさながらそれにありせば

良寛

 

 

良寛さんに憧れている。

良寛さんの大きなところ。

良寛さんは自分に意地悪する人にも、怒る人にも、心から優しく接したそうです。

が、誠実さ故につらい思いをしてしまう人に、良寛さんはこう言ったんですって。

 

相手がつんとしていたら、こちらもただつんとしていたらいい。

 

あはは… 力、抜けるなぁ。

 

こういうやさしいきもち、

… ウフフ

よね。

 

 

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)募集中

(応募締切りは新年1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→

 

 

和サンガ 東京3期 募集中〜誠実さ

img_1175

 

自己の本質。

私とは何か? 私とは真にどこにあるのか。

それを知って、「私」の土台ごと変換する和サンガ。

 

私とは何か?

なぜ生きているのか?

あまりにも当り前に信じ切っている、

考えている私が私、哀しみや歓びを感じている私が私、傷つくからそれが私、

ぶたれたら痛い肉体が私、いつか死ぬだろう肉体が私…

当り前過ぎて、そんなこと疑ったこともないけれど、

いつまでたってもふと感じる違和感や落ち着かない感じ、もどかしさ。

確かにある。

それで始まる。

真の我を求めて本を読んだり、ワークショップに出かけたりする。

 

 

土台だった当り前を、和サンガでは丁寧に丁寧に検証しながら、

真実を見ていくのです、明晰に。

伊東先生の解説や対話の丁寧さは、見て聞いていて、敬服する根気強さです。

それを簡単に「親切」とも言えるけど、

真我への「誠実さ」と言いたいと思います。

 

ただいま絶賛和サンガ3期募集中だし、

この和サンガの素敵さや純度の高さを知ってもらいたいと思っています。

伊東先生の伝え方、姿勢、内容の素晴らしさが伝わるように書きたかったけど、

伝わっているかなぁ。文章へたくそだからなぁ。

 

もちろん、このことに関する素晴らしいティーチャーや集まりは他にもあるけど、

ひとことで言うとね、

伊東先生、

 

ほんとにいい人なんです。

(笑)

 

だから一所懸命で、みんながどうやったらピンと来るかとか、

どこでこんがらがっているかとか、静かにじっと見ては解いてわかるように、

そしてそこにいるみんながそれを一緒にその場で共に体験できるように、

とても丁寧に、いつも全力で向き合ってくれます。

先生と呼ぶけれど、上下も左右もないのが、伊東先生(笑)。

 

非二元は迷信的なところがなくていい、

と感想を書いて下さった参加者がいらっしゃったのですが、

本質とはそういうものだと思います。

そしてそれを何よりも知っている伊東先生の会だから、

押し付けず、決めつけず、去る者追わず来るもの拒まず。

 

ぐるぐるしたところのない、スッキリしたお話はここにあります!

ご参加、お待ちしていますよ〜

 

fullsizerender_1

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰   

和サンガ   東京3期(6ヶ月コース)募集中

(応募締切りは新年1月末日)

詳細・お申し込みはこちらから→