芸術は気づきを喚起する

 

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形として救い上げた作品を残しました。それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉で表したものと同じです。

 

芸術家のやり方は知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

セザンヌは、「一本のニンジン、新たに観察されたニンジンが革命を起こす、その時がやってきている」と言いました。

 

ありふれたつまらないものであっても、そのものの中心、つまり、その体験の中心に触れることで、これまでに見たことのないものを発見し、この発見が、自己、他者、世界についての見方を変換する、とセザンヌは言ったのです。この真の革命の前では、他のいかなる革命も意味を持ちません。

 

芸術家は、この気づきを表現し、喚起する何か、つまり、観た者を直接この体験的理解に導くような何かをつくり出そうとします。芸術家は、革命の引き金を引こうとするのです。

 

芸術家は、その現実を喚起する体験のビジョンを改めて現出させようと、観る者をその現実に引き込む力を込めた作品をつくり出そうと試みるのです。

 

フランス人画家、ピエール・ボナールがつかもうとしていたこともこれと同じです。ボナールは、思考が世界を、知覚する主体と知覚される客体、そしてこの客体を「数限りない物事」に分割する前の、時間を超えた知覚の瞬間をつかもうとしました。

 

ボナールにはそのビジョンはどのように見えたのでしょう? 彼が見たのは、色彩に溢れ、濃密で、調和した、活力とともに踊る世界でした。彼の世界では、バスタブの縁や古びた床板にも、頬の曲線や手の表情と同じだけの注意が払われました。同じだけの愛が注がれたのです。

 

中略

 

 

芸術家の体と心(マインド)は、自然が、それ自体をそれ自体へと翻訳するための媒体です。自然が、それ自体のアイデンティティを探し、現実化するための媒体なのです。このことをセザンヌは次のように表現しました。「私は景色の主観的意識になり、そして、私の絵はその客観的意識になる」と。

 

 

『プレザンス 安らぎと幸福の技術』 ルパート・スパイラ著 Part 5 自然の鏡 P213〜より抜粋

真の芸術には、突抜け、溶解させる性質があり、それは、視覚、聴覚、味覚、触覚、臭覚、といった知覚の見かけ上の要素を導引して、よくある二元的な見方が純粋体験へと崩壊するのを早めるのです。

 

 

” 問題は私たちが向ける注意からできているのです。”

 

スクリーンが全ての映像に浸透するように、私たちの自己はすべての体験に浸透します。ですが実際のところ、スクリーンは映像に浸透しません。スクリーンがなければ、そこには映像もないのです。

 

「映像」は、スクリーンがそれ以外の何かに見えたとき、それに与えられる名前です。これと同じで、「部分」、「分離」、「個人」、「対象物」、「他者」は、体験が、私たちの自己、気づいている現存(プレザンス)、純粋な親密さ以外の何かであるように見えたとき、それに与えられる名前です。

 

私たちの真の自己にはそのような分離は見えませんから、分離の感覚を取り除きたいとも思いません。問題を見て、それを取り除きたいと考えるのは誰でしょう?それは架空の自己です。

 

中庸の状態を解決されるべき問題へと変えるのは、架空の自己という見せかけの現存(プレザンス)です。

 

存在しない問題に対応することなど不可能です。対応することで、私たちはそれを現実として受け止めます。問題は、私たちが注意を向けることによって育ちます。実際、問題は私たちが向ける注意からできているのです。

 

存在するものに抵抗し、存在しないものを求めることがなくなると、つまり分離した自己という活動がなくなると、つなぎ目のない要素として現状はシンプルに存在し、体や心(マインド)に必要とされることは何であれ、全体のための全体によって調整されるようになります。

 

緊急事態があれば、体や心(マインド)はエネルギーを使って対応しなければならないでしょう。しかし、そこに架空の自己はいないので、結果、これまで体験がそれを通して見られていた分離という歪んだレンズを用いて対応することはなくなります。

 

こうした状況では、体と心(マインド)はその状況で果たすべき役割を果たし、必要とされることは何であれ、効率よく、正確に行います。緊急事態が過ぎ去れば、体と心(マインド)はいかなる余韻や痕跡も残さずに、開かれた、透明で、リラックスした自然の状態に戻ります。

 

こうして体と心(マインド)は、分離という感覚の逃げ場にならず、その自然な繊細さは無傷のままに保たれます。

 

同じように、世界もまた、遠く離れ、分離した、不活性の対象物であることをやめます。世界は振動し、活力に満ち、親密で、私たちの活動は常にそれと軌を一にします。なぜなら、私たちの活動は世界の内部で発生し、架空の外部から押しつけられてはいないからです。

 

ルパート・スパイラ著「プレザンス 安らぎと幸福の技術」第1巻
Part 6 体験 問題はない P279 より抜粋

 

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

素晴らしきかな、綴られるものがたり

from Italy

 

つい最近のこと、ある人からものすごい怒りをぶつけられました。

アイテテテ〜〜〜〜〜

相手が私の全てにとても苛立っていて、

私のモラルや責任感についての批判的な言葉をたくさん浴びました(泣)。

関係が近い程、その強さや鋭さは厳しいものになります。

私は感情的になって、反論の言葉をたくさん用意したのですが、

最後にふと、や〜めた、と思いました。

ちょっと空白を作って見てみました。

もし応酬したら、ループになって繰り返しの無限大。

最近、世界のあちこちで起きているテロ、争い、攻撃、暴力に似ている!

コンテンツはいろいろあれど、ぐーっと俯瞰してみるとただのエネルギーの動き。

巻き込まれないで、そこから一歩さがる、という選択をしてみました。

いやいや、これまでの学びのおかげで私も大人になったものだ、、、。

 

そんなこんなの中で、タイミングよく世の先生たちの言葉をキャッチ。

以前,ご紹介したことのある 溝口あゆか さん のブログ や、

セラピストの 西川佳宏さんのブログ  に書いてあったタイムリーな記事、

そして 湯浅和花さんのブログ が、とても役に立ちました。

ありがたや! こういうものなんですね〜。

 

今はインターネットのおかげでいろいろな情報や先生にたどり着くことができます。

非二元ということばを知ったのも、実はごく最近のことなのですが、

以前よりもずっと、情報や言葉が整理されて来たように感じます。

英国の覚者、ルパート・スパイラさんの動画を見て、モヤモヤしていた霧が晴れました。

これを紹介しているのが、心理セラピストの湯浅和花さん。

ご自身が深い体験をお持ちのセラピストなので、

非二元や悟りをもっと身近にと、分かりやすく明快な表現をされています。

深刻じゃないし、特別じゃないし、晴れやかな美しい笑顔がシンプルに物語っている気がします。

その和花さんが翻訳し紹介している「誰にも個人的な責任はない」というスパイラさんのお話。

 

怒りを私に向けたひとのことを責めることもなく、

私が私を責めることもない。

分離がないということは、すべてが私でひとつだから、

誰のことも傷つけないし、傷つくこともないし、傷つく私はいないのですね。

… というこれもみんな所詮は思考の中の出来事だから、サラサラと流れて行く。

あるのは、あるものがただあるだけ。

 

何度も何度もヤサグレながらも、続けて学んでいる 青空禅  という場が、

さまざまな人との出会いやサポートを運んで、物語を綴ってくれます。

ここが、最大の鏡かも。

 

 

芸術は本質へ戻る通路

 

nightdriving

プレザンス より

 

言い換えるなら、芸術の目的は、分離した内側にある自己の中心に横たわる傷、つまり、

私たちは断片であり、分離した内側にあり、体に閉じ込められ、

見ず知らずの敵対的な世界と断続的に散発的にやりとりをし、無力さ、迷い、怖れを感じ、

そして死ぬことを運命づけられているのだという、この信念と感情を癒すことにあります。

 

それはつまり、体験的なやり方で私たち本来の状態、私たちはすべてと親密にひとつであることを知り、

感じている自然な状態に還ることです。さらに言うなら、ひとつになるための分離した内側にある自己は存在せず、

独立した対象物、他者、世界もないということを体験的に明らかにすることです。

そこにはひとつの、つなぎ目のない親密な全体があって、それは常に動き、変化し、けれどいつも同じでここにあり、

体、心(マインド)、世界のあらゆる体験という形をとりながら、いつでもそれ自体であるのです。

 

画家セザンヌは、「世界の生における一瞬が過ぎていく。その瞬間の真実を描き、すべてを忘れる。

その瞬間になり、敏感な受け皿になる。見ているもののイメージを与えるため、それまでに起こったことすべてを忘れる」

と言いました。

 

その瞬間になり、その瞬間として、瞬間から瞬間への体験の全体としての自己を知り、

その瞬間とすべての瞬間の要素としての自己を知り、芸術家として「イメージを与える」こと。

つまり、この理解を運ぶ何か、運ぶだけでなく伝え届ける何か、慣例的な二元的視点を通り抜け、溶かし、

この体験的な理解を喚起する力を秘めた何かをつくること。

セザンヌは、形はないけれど常にここにある体験の現実を、ぎりぎりのところで形としてすくい上げた作品を残しました。

それは、パルメニデス、ルーミー、クリシュナメノンなどが言葉であらわしたものと同じです。

 

芸術家のやり方は、知覚を通じてのものであり、哲学者は思考を通じて、帰依者は愛を通じて同じことをします。

 

~~

芸術は、私たちの文化に根づいている不定愁訴、つまり、孤独、絶望、分離の感覚、そして愛への渇望を癒してくれます。

私たちは芸術作品をただ見るのではなく、それに参加するのです。

芸術の本質とは、私たちが拒絶した世界、他なるものであり、分離し、

生命を失った物質でできていると見なした世界を、近くに、親密なものとして取り戻し、

私たちの自己がそれとひとつであると知ることです。

 

 

「プレザンス 安らぎと幸福の技術」第1巻  ルパート・スパイラ著 より抜粋