ゆっくりする。

 

力を抜く、余計な力みを解く。

身も心も。

それは本質に向かう時に、とても助けになります。

 

意識的にくつろぐ時間を作ることは、大切。

 

 

意図的にゆっくり話す。ゆっくり歩く。ゆっくり動く。ゆっくり食べる。ゆっくり呼吸する。

 

 

試しにやってみてくださいね。

こんな簡単なことで、気づくと身体も心も理由なくホッとしているからね。

 

 

 

中尾流でターナーに迫る、その1。

 

 

中尾さんとイギリスを代表する画家、ターナーを鑑賞しました。

 

 

 

 

いつものように作品をスライドでざっと見て行きます。

ターナーは、1775年生まれで1851年に生涯を終えているのですが、この時代にしては長生き。76年の間に2万点以上の作品を描いて残しています。ちょっとした数ですよね。

 

 

中尾陽一絵画鑑賞入門講座

 

14歳、若くしてロイヤル・アカデミーに入学を許可されたターナーは、20代半ばで既に一流画家と認められました。

自画像を見ると、順風満帆のエリート画家のようですが、実際のターナーは背が低くてわし鼻のずんぐりしたひとだった模様。・・・なぜにこの好男子自画像???

 

 

ターナーと言えば、どんなイメージですか?

 

 

といつものように参加者ひとりひとりに問いかける中尾さん。ターナーに持っているイメージを自由にひと言ずつ。特にない、よく知らない、そんな時は、それでオーケー。

 

 

ターナーは、初期には歴史画を描き、最終的に画業で行き着いたのは、光、そして海のエネルギーを表現する画面。参加者の印象は、広大は風景画と、モヤっとぼんやりした絵というイメージに分かれました。

 

 

 

 

具体的な物を最小限描いてはいますが、何が描いてあるかよりも、ターナーが何を描きたかったが伝わってくるよう。全体が渾然一体となって訴えかけて来る。

 

 

 

 

「ターナーは、自然のエネルギーを描くために、船の柱に身体を縛り付けて何時間も荒海の中でスケッチをしたといいます。」

 

 

 

中尾陽一絵画鑑賞入門講座

この絵は、どんな風に見えますか?

タイトルは、『雨、蒸気、速度』です。そう、雨の中を向こうから汽車が走って来る。スピード感。

 

「五感で感じることを描こうとすると、かたちは消えて光も消えて原初の絵になっていく。それを左脳的にやったのが抽象画ということになるかもしれませんね。」

 

 

ターナーは若くして、目に見える写実的なものは完璧に描けてしまったのですね。描け過ぎてしまったその後どこへ向かうかというと、それが目には見えない海のエネルギーであり、光だったのです。彼の絵は、説明的でない世界へと進んで行きました。

 

 

さてそこで! この中尾流に登場したのは、日本画の長谷川等伯です。

 

 

 

「長谷川等伯に共通するものを感じます」 と中尾先生。

 

 

 

 

気韻生動

 

 

え〜っと・・・せいは、静でしたっけ??

 

中尾流の参加者には博識の方がいらして、たとえ先生が字をうっかり忘れても、すかさず助け舟が出ます(笑)

 

そして、「その絵は、等伯が愛息を亡くした後に描いたもの」とどなたかがおっしゃれば、「それを聞いてあらためてこの絵を見ると、余計に胸に迫るものがありますね」と他の参加者の方の感想。みなさん、知性・感性、豊かで素晴らしい!

 

 

気韻生動、気品が生き生きと立ち上る。等伯の作品は、自然が醸し出すエネルギー、目に見えない風までもが見え、聞こえ、感じられる。

 

ここで中尾先生、みなさんに質問。

 

「(対極にある)若冲と等伯はどちらが好き?」

 

これも面白い質問でした。それぞれに良さがありますよね。

私はどっちも好き〜♪

 

 

共通するものを感じるけれど、

等伯は哲学的で無限に広がる印象、

ターナーは、絵の中にその壮大さを閉じ込めている、その天才性で押し込めている。

なるほど。

 

「ターナーは、西洋画の中ではうるさくない絵ですね。描きたいものの為に全てを省いた。モネにも影響を与えているけれど、このターナーのスタイルの直接的後継者はいません。」

 

 

・・・といったところで、さらにターナーは7月の中尾流で後半へと続きます。

 

後半からでも楽しめる中尾先生の講座です。ぜひご一緒しましょう〜

次回は7月23日(日)です。

 

 

*この日、参加者のお庭からクチナシの花が届きました。

小振りのクチナシから、甘いいい香りがいっぱいに広がります。

あぁ〜しあわせ。ありがとうございました♡

 

 

今日のオヤツは、マドレーヌと、これもディズニーランドのお土産にいただいた、サクサクのラスク、でした。ごちそうさまでした!

 

皆さんがお帰りなった後、後片付けをして帰ります。掃除で身体を動かしながら、頭の中は、先生の名ガイドぶりやみなさんの発言や変化を思い出して、あ〜ホントに今日も楽しかった〜。人の気配が少しずつ消えて、静かになっていくこの時間が私はとても好きでリラックスします。こんな時間を頂けて今日も皆さん、中尾先生、ありがとうございました。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第39回 ターナーとイギリス風景画(その2)

7月23日(日)13時から15時30分

 

 

空のお茶会、いずれ特別コーチ招致???

 

あさって、土曜日は「空のお茶会」です。

先生がいない空のお茶会は、2月からスタートして今月で5回目。どんな風に進んでいるかというと、参加者の名言通り「部活」みたいな雰囲気です。「”私”の本質」や「なにか」をいろんな言葉で探していた人たちが、あちこちで教わったり、聞いたり、読んだりして来たことを持ち寄って、話してみるアウトプットの場です。誰かに教わる、分かる、得るということをひとまず横に置いて、今そのままにね。

 

先生はいないのですが、ふと、もうちょっと自然でもいいかなぁと感じるようになりました。先生はいないんだ〜!ってことも、無意識でやたらにつかんでいると自然どころか本末転倒になっちゃう。何しろ本質ですから、何でもあ〜る♪

 

この部活には、たまに『特別コーチ、ご招待日』を設けようかなぁ。

 

考え中♪

 

私は言い出しっぺなので、一応どんなオヤツにしようか、どのストレッチと呼吸法をやろうか、くらいは考えてみたり、いろいろします。

そういえば、ため息『はあぁ〜』と声に出してみると、これがけっこう身体が弛んで気持ちいいんです。〜ため息ついたら幸せが逃げる〜なんて言うらしいけど(!)、人間、そんなことくらいじゃ不幸になりませんから。声に出しちゃうところがポイントよ。

 

 

前にも書いたけど、

 

願いは、ひとつ。

 

あ〜おもしろかった!

あ〜気持ちよかった!

 

と帰りにみんなが(自分も)、ふっふっふっ・・と笑顔になること。

 

プロトマニアは扉。

その向こうは、無邪気。

遠慮はいりません。

無邪気がいちばん♡

ゆったりリラックスしてたらあとは、

 

なんとかなるさ〜

 

 

 

 

生まれ変わっても。

 

クラス会で久しぶりに学生時代の友人たちと再会しました。

これまでそれぞれに様々な時間を過ごして来た友だち。

 

美味しいごちそうを食べながらの近況報告と一緒に、それぞれ一つの質問が与えられました。

 

小学生の時に大人になったら何になりたかった?

初恋のはいつ?

あなたの前世は何だったと思いますか?

振り返ってみて人生一番のドジは?

・・・

 

私の質問は、「生まれ変わったら何になりたい?」

 

・・・・・

 

う〜ん、私にこの質問が来るか〜と内心思いながら、

「私はもうこれ以上生まれ変わりたくないんだけど・・・」と遠慮がちにつぶやいたら、案の定、みんながちょっとキョトンした顔。でも友人のひとりがすかさず「もしかして、解・脱・?」と笑わせてくれました。「〜じゃぁ、生まれ変わったら、ドン・ジョバンニになりたい!」と言ってみましたが、これも全然ウケなかったから最終的には「いろいろあるけど、今がいちばん幸せだから生まれ変わらなくてもいいのである」とまとめて終わり。

 

同じようにお転婆な若者だった友人たちは今、それぞれにまぁるくて太っ腹の豊かな大人の女性になっています。そんな彼女達の堂々たる話ぶり、無邪気さ、ユーモアや気遣いや優しさを前にして、私は、こんな良いひとたちと友だちだなんて、幸せだなぁとその時感じていました。

 

あまり先の約束はできないのよ、と笑いながら病いと共存する友がいれば、あっという間に逝ってしまった友もいます。シングルマザーになって子ども達を育てて来たひと、平凡なまま来ちゃった〜と笑いながら家庭も仕事も十分に積み重ねたひと、遠い国の子ども達を支援しながら自ら10キロの荷物を背負って聖地へと歩き抜いたひと・・・さまざまでした。

 

どの人もどんな人生も素晴らしい。平凡とか特別なんて誰が決めるのでしょう。そもそもそんなものないし。

 

彼女達も私も(♪)、とっても素敵で、すごく可愛らしくて、自然で、大いに働き、精一杯優しく、よく笑って生きて来ました。

真理や悟りなんてどこ吹く風の友人たち、「もし〜だったら・・」という質問に「・・・だとしても今の自分の方がいいけどね」とそれぞれの「今」に満ち足りていたのは、ファンタスティックでした。

 

後から友だちがくれたメールに、

 

よーこちゃんは、生まれ変わってもまたよーこちゃんがイイと思う!

 

とあって、まったくまったく、おそれ入谷のキシボジン。

 

全体。

 

なるべくね、歩いたり、からだをほぐしたり、深呼吸したりして、からだと自然を触れさせていくことを大事にしよう、って思います。自然に扉を開けておきます。

自分のカラダを触ったり、撫でたり、ひっぱたり、叩いたり、も大切です。あかちゃんの時みたいな感覚(思い出せなくても空想でも)や、オトナ社会のお約束をちょっとサボって、とらわれない自由さに身を置くこともいいですよね。たまにお行儀悪いのを楽しんだり。

 

おばあちゃんの知恵的な、それはもう知っている〜というようなことや、おとぎ話みたいなお話のなかには、よくよく見てみると、決して変わらないことや幸せにつながる鍵があったりします。

 

 

私たちって、一見簡単なことや子供っぽい馬鹿馬鹿しく見えることより、ちょっと複雑なことや科学的な証明や目新しいことが大好き。刺激的で楽しいものです。

 

 

どれを選んでも、どれがピンと来てもいいんですよね。趣味みたいなものですから。馬には乗ってみよ、人には添うてみよ、ですから。

 

最後の最後、全体には嘘も本当もないんですもの。

 

 

 

 

 

 

 

空の効用。

 

 

空を見るのが好きなので、つい空を眺めています。

 

 

 

風が強くても、

 

 

 

 

曇った空も、

 

 

青空も雲も。

 

 

 

空を見ていると、人間は知らないうちにリラックスしているのだろうと思います。

空を見ながら難しいことを考えても、きっと成功しない♪

ぼんやりすることは、とってもいいことです。

無心です。

メディテーションとか呼吸法とか、

また無駄に本を買ったり(笑)、どこかに習いに行かなくても、

一番、簡単で今すぐにできて、これでいいのか合っているのか?なんて関係ない、

ふっと、思いついた時に空を見上げるのは無心の一呼吸と同じ。

簡単すぎる、これじゃない、なんて思わなくても、それが入口。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛、しかないのです、マル。

 

いい調子〜♪、と思っていると二極の世界では、どよよ〜ん、もやって来ます。

そんな時に、共に学ぶ和サンガの友人たちがいることは心強いけれど、全然そんなことと関係ない家族や仕事の知り合いや、ものを作る人たちのちょっとした好意やことばが、だいじょうぶだよ〜と、無言で言っていくれていることに気づいたら、そのどよよ〜んは、どよよ〜んを外して、そうだったね〜と、ただ見届けていることができたりもします。

あっちもこっちも、仲間だろうと知り合いだろうと、庭に来る鳥も道を譲ってくれるドライバーもくれないドライバーも。

 

だって、、しかないんだもん。

 

 

ナンチャッテ。

 

 

*先生はいません、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

 

中尾先生の絵画鑑賞講座『ボナールとナビ派』、まもなく。

 

中尾先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、4月で第36回目。ってことはもう3年続いているということで、それはそれは素晴らしいことだと実感するわけです。

 

参加することで、

 

 

何か資格が取れる、わけでもなく、

 

現世利益につながるノウハウもの、でもなく、

 

これに参加すると救われます〜!、とかでもない、

 

 

この中尾流。

 

思い返せば、最初はごく少人数の回もあり、寺子屋準備係は内心ヒヤヒヤしながら山あり谷あり、今は毎回なんとも良い雰囲気です。この講座は淡々と穏やかに3年間、プロトマニアを支えてくれました。

 

中尾先生、ありがとうございます〜♡

皆さま、ありがとうございます〜♡♡

 

この講座は、誰さんよりも知識が多いとか、たくさん絵を見ているとか、美術に詳しいことが美点にはならず、優越感にもならないところがミソ(笑)。

美点になるとしたら、全体のハーモニーを感じてその場に楽しい発言をしたり、中尾先生の大いなるクマサンっぷりを笑っちゃうってこと、かな。

 

中尾先生の「ボナールとナビ派」のお申し込みは、中尾流4月と書き添えてこちらからどうぞ〜 →

 

 

 

ため息深呼吸で、ほら、だいじょうぶ!

IMG_2407

 

ヨガを長くやって来たので、呼吸についていろいろ知りました。

自分の呼吸がどんな具合か、知っているつもりになっているけど、実は知らないこといっぱい。

ヨガで学んだ深い呼吸や、様々なリズムの呼吸法とその効用は、実生活で生かせる知恵に溢れています。

 

 

生かせる本来の呼吸のためには、呼吸しやすい身体が必要です。

だから肩の周りの強ばりをほぐしたり、縮んだ脇を伸ばしてあばら骨の間にきれいなすき間を空けたり、腕が思いの外緊張していることや、手のひらに現れたしこりに気付いたりするところからスタートです。慣れ親しんだ自分のからだとの、新たなる出会いです。

 

からだは、実はとても素直で、その人が抑えている感情や無理や一所懸命に隠していることを、そっと知らせてくれるものです。

そのシグナルは、からだの表面や、目の動き、姿勢、呼吸の仕方などに出ています。

 

シグナルに気づけるように、まずはからだの声に耳を傾けることに意識的になるといいかもしれませんね。あちこち、普段さわらないところを触ってみるのもいいかもしれません。ただ、撫でるだけでもいいと思います。触ったとき、撫でた時、どんな感じがするかな? こんな感じがするなぁと確認してくださいね。

 

 

頭ばかりを信用せずに、理屈抜きの感覚を少し目覚めさせるのは、深いリラックスのためにとてもいいかもしれません。

理屈抜き、っていうのは、なかなか頼りになるものなんです。

 

何かで緊張したり、ニガテな場面でキュッと縮んでしまったら、大きく息を吸って、声に出してため息をついてみてください。

吸って、

 

ふはぁ〜〜〜〜っ

 

とため息吐いて、溜めたもの出して〜。

 

声を出すところがポイントですよ〜♪

3回くらい、深呼吸ため息、をついてくださいね。

(ため息ついちゃダメ、なんて思わないで。)

息をはいた後の、一瞬、な〜んにもないそれ、そのささやかなリラックスをたいせつにね。

 

 

 

 

 

 

*先生のいない、読書会〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても楽しい!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→