9月空のお茶会、ふくふくと自問自答。

 

質問:善いことをするとか、身なりをよくするとか、思いやりをもつとか、金持ちになるなどということはどうでもいいことだとなると、そうした関心をなくしたあとに、何が残るのでしょうか。

 

すべてはそこに残っています。ただ不安がなくなるだけです。葛藤がなくなります。そしてリラックスしているので、自分の美を感じ、自分の善を自覚し、人生に必要なものは何でもあるのだということがわかるようになります。

(バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り 体験と意識 P88より)

 

というのが、9月のお茶会の始まりの「バーソロミュー」からの言葉でした。事前に今日はここから読もうと決めずに、参加者のお一人がその場で本をパラっと開いたところから、読み始めました。

 

 

考えることをしないでただ経験しているとき、自分という存在の神秘とパワーとすばらしさを人は体験します。

 

 

記憶を引っ張り出してお話を紡ぐ『思考』の後にくっついて行かず、「それを考えているのは誰か?」「その考えは何処から来ているか?」と問う。すぐに言葉を紡がない。重要なのは答えではなく、問うことそのもの。間を作る。その思考が発生した0,1秒前は? ・・・何も無い。その何も無さが入口。

 

 

ワークショップの会場で静かにすわってこれを実行できても、人間の現象界で実際に生活していく場合にこれを実行できるとは限りません。ほとんどの場合、ここで体験したことを人は忘れてしまいます。

 

先生から聴いたこと、先生がいる場では理解できたし、実行できるけれど、ひとり日常の中に戻ると忘れちゃう〜。最初はみんなそうなのです。それでも諦めずに。

 

本当を言えば、人はつねにこれを実行しているのです。〈人生を生きる〉ということをしている〈自分〉というものがある、と人は思っています。でも、そうではありません。 ” 大いなる源 ” がすべてをつかさどっているのです。そして” 大いなる源 ” がすべてをつかさどっているのであれば、自分が何かをしているときに、同時に、” 大いなる源 ” の存在を感じて当然ではありませんか。” 大いなる源 ” が片方にあり、自分と自分の人生がもう一方にあって、この二つは別の者だという考えは、消し去るべき固定観念です。

 

いろいろやっていくうちに『花が花を見ている』ことに気づきます。思わず注意を向け、気になってつかんでしまう「感情・思考・気分」のレッテルをはがして、言葉の意味やイメージ、概念を外し、最後には大いなる源という言葉すら外した時に、ただ在って、すべてはそこに残っています。

 

「求めよ。さらば与えられん」「心を静めよ。さらば汝は知るだろう」

何も私は、むずかしくてつらいことをしなさいと言っているのではありません。わたしがお願いしているのは、すでに人々が実行していることなのです。そして体験の中にふくまれているものに気づいてほしいのです。

 

継続は力なり。自分なりに実際にやってみる。先生や本が教えてくれたことを自分で検証する。先生や専門のセラピストの方たちは、いつでも方向を差し示したり寄り添ってくれるから安心して検証しよう。

 

自分の権利を何としてでも主張したいと思ったなら、こう自問してください。「自分は一番になりたいのか。それとも” 大いなる一 ” でありたいのか。

 

 

でも、仕事ではムッとしちゃうこともあるもの。・・・ムッとしたら何が困りますか?と問い、問い、深く下へ潜ってみると、いったいその抵抗は自分のどんな信念や固定観念から発生しているかが見えて来た。それが見えたらちょっとほっとします。その信念や思い込みすら、可愛く感謝したくなったりもします。

 

9月の空のお茶会は、ザ・空のお茶会。(そのもの〜〜♪)

先生から教わったことをやっているけど、こんなところが相変わらずなの〜、と誰かが話し始めれば、みんなで話す。溝口あゆかさん、伊東充隆先生、バイロン・ケイティー、ルパート・スパイラ、トニー・パーソンズ、タクさん、瞑想あれこれ、ボディワークなどなど・・・いろんな知恵や角度。そのうちに最初の本人が、知らず知らず自分で答えを言っていました〜♪

 

お互いに知っていることを使ったり、知恵を出し合って、話が行き止まりな感じになっても、専門家じゃないからそれ以上はわからなくてごめんなさいね〜と言う。その暖かさと無理の無さ。そして正解をつかもうとしない、つかめない素晴らしさ。ふくふくしていいお茶会でした。

 

空のお茶会は先生がいないけれど、すべてがメッセージで先生。

 

自問自答の真髄は、実はこれなのかな。

 

今日のオヤツは人数が少なかったから、スペシャルシュークリームでした。案の定食べてしまって写真はありません。何は無くともおいしいオヤツとお茶でリラックス。一休み一休み。

 

 

 

 

広告

とっこさんと心身を調和させる。

 

穏やかな日曜日、いかがお過ごしでしょうか〜

このところ宇宙や世界は激しく動いているみたい。私たちも自然の一部だから当然影響を受けますね。目に見えるものから見えないものまで様々な大波小波の中で、この身体はそれに適応して生命活動を続けています。

 

季節が変わる頃に体調を崩したり、風邪を引きやすいのは、バランスを取ろうとするからだの働きと言われます。そんな健気なからだのこと、次の日曜日の夜、とっこさんと一緒に目を向けてみませんか?

 

とっこさんの季節ごとの心身調和のための学び〜長月の身体と心を整える

 

とっこさんからのメッセージをご紹介しますね〜

 

 

暦の上では秋となる長月、とはいえ残暑の続く初秋です。夏という季節のままの生活を送っていると、身体は整えられず、冬への準備もできず、身心の不調へとつながります。皆さんと一緒に、長月という季節の身体と心を学びながら、身心を秋モードに切り替えていこうと思います。今回は夏に引き続き、「秋の養生法」をご紹介する予定です。秋は夏に成長した植物が実を結ぶ季節。すべてが成熟し、収穫を迎えます。秋は夏の疲れを癒し、冬に備えて身心を整える季節ですから、しっかりと季節の変わり目の養生を学んでください。秋、自然界も陽から陰へと変わる時。春・夏と陽気に満ち、外へ向けていた気持ちを内へと向けるための、「満たされる感覚を養う呼吸法」も楽しんでいただく予定です。

 

満たされる感覚を養う呼吸法・・・ いいなぁ、それ。

 

今回は講座中、初めての夜開催。秋の夜、閑かにご自身の身体と向き合ってみませんか。

 

お申し込みはとっこさんとお書き添えの上、こちらからどうぞ→

 

 

からだは素直。

 

第3回青空禅塾10月1日(日)開催〜真下に潜る。

 

車が車検でしばらくお留守のため、代車があてがわれました。

 

それはちょっと(ずいぶん?)古めの小さな車で、ややポンコツながらさすがに車のマエストロがいるガレージから来ただけあって大事に整備され、まだまだ走れるよ〜〜と言ってるみたいなエンジンのいい音。ヨーロッパ映画で田舎道をガタガタ走っていそうな車。

 

そいういえば、青空禅塾の時に伊東先生が、

 

 

「・・・そんな時は、思考に着いて行かずに内容は置いておいて、その根っこを見るんですよ。ディープブルー(グラン・ブルー)みたいに真下に潜って行く感じ!」

 

 

と言ってたなぁ。

 

長く続いて見える一本道の先へと進まずに、クルッと真下へ潜る!

 

・・・ということで、懐かしい映画のCDを聴きながら運転しています。

 

 

10月の青空禅塾は、10月1日(日) 13時から17時 です。ぜひご一緒しましょう〜

 

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

 

伊東充隆 主宰  第3回 青空禅塾

 

10月1日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

やっぱり、ダイジョウブ。

 

青空はね〜、

 

あの雲はちっこいからここにいる価値は無いとか、

 

あの雲は大き過ぎるから消してしまえとか、

 

そんなこと、ひと言も言わず、そのままあることを受け入れている、許している。

 

 

わかってるけどできないの〜〜〜って言っちゃう時、その気分、そのままをちゃんと感じてみる。あっと言う間に大丈夫なフリをしないように。誰もできないことを責めたりしないし、叱られもしないし、否定されたりしないから大丈夫。

 

合い言葉は、

 

 

大丈夫。

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

9月16日(土) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

 

伊東充隆 主宰  第3回 青空禅塾

 

10月1日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

be like the breeze

 

Don’t run after projections on the screen, be very wise.

Do not lose your peace at any cost.

Things will rise and fall, so not do be caught !

Peace is most important, you have to be happy in the Lila,

no-mind-limitless-happiness with Freedom in your mind,

not problems.

 

 

Remove all becomings, you are Being.

Becoming is effort, Being is no effort.

 

 

You are always That so be like the breeze

that is attached to neither the garbage nor the garden

that it blows over.

 

 

『  THIS   Prose and Poetry of Dancing Emptiness  』 SRI. W.L. POONJA

 

 

お知らせ、7月空のお茶会とかとか・・・

 

土曜日は、7月の空のお茶会でした。

今月は、お茶会らしくお抹茶を点ててみましたよ〜♪何よりも空のお茶会は、リラックスしてゆるめて寛いで、見る、が大切だからね。

 

今回はバーソロミューから具体的なワークもやってみました。先生はいなけど、参加者それぞれに得意技があります。だから先生じゃないけどワークの進行をしてくれる友人がいて、すごく心地よかったです。心配しなくてもちゃ〜んとみんなにとって和やかにうまいこといっちゃうのが、さすがにさすがの、全・体・性!

楽しかったなぁ。

 

空のお茶会は、参加したからには何かしらをつかみ取って帰るわよ〜というガッツと期待をちょっと横に置いておいて参加してほしいのですが、きっと帰り道に、なんだか楽しかったな〜、ゆっくりしたな〜、お風呂に入ったあとみたいだな〜♪、というような、大げさじゃないシアワセ〜な感じがある、かなと思います。

 

8月は、8月20日(日)の午後を予定しています。ぜひ一度参加してみてね。

 

 

それから、わたくしからのちょっとしたお知らせなのですが、

アートの仕事で、写真家の百瀬恒彦さんの個展を8月3日(木)から表参道のプロモ・アルテギャラリーで開催します。プロモ・アルテギャラリーは、この8月でクローズすることになり、ここで開催してきた百瀬さんの個展は今回が最後です。ぜひ遊びに来て下さいね〜

 

普段、私はアート関係のことをこのプロトマニアからは発信していませんが、これから、このプロトマニアにアートも本質も引き受けてもらおうと思います。

 

プロモ・アルテギャラリーは、1999年に私がフリーで画商仕事をスタートした時から、とてもお世話になり、かつ、思い出深いギャラリーです。独立したばかりで、ヨロヨロしている私に、オーナーが「何かやってみれば?」と声をかけて下さったのがきっかけで、パリの街角のギャラリーのように、日常の中にアートがある生活を想定して、有名無名関係なくさまざまなアーティストの作品を集めた内容の展覧会を始めました。その名は『 LOVE  アート!展』(アートを愛して!)

その時の密かな想いは、日々の暮らしの中にアート作品を置いて、作品と向き合う=自分の内面と向き合う時間を持とう、でした。

それは自分にとっては真理の探究の一貫であり、今に繋がる「アートと暮らそうプロジェクト」でした。

最初は、アトリエケチャップカンパニーという名で、そしてちょっと成長してアラカワアートオフィスへ。ホームページのジャーナルもその頃から書いて来ました。

 

あれからいろいろな状況の変化で、仕事も生活も変わりました。今、現代陶芸のギャラリーのお仕事をさせていただきながら、このプロトマニアで、ご縁と共にダイレクトにすべての源、不変なる本質とは何か?ということを考えたり、知るためのあれこれを実現しています。先生方や興味を持って下さる皆さんのおかげさまです。

 

私の長い探究の旅はひとまず終わり、慣れ親しんだプロモ・アルテギャラリーが次のステージへと向かうことになったのを合図に、あらためてプロトマニアにアートも本質も引き受けてもらおうと思います。

 

どんな風にやって行くかはまだわかりませんが、プロトマニアがより概念や名前の枠を外した本質への入口になるように、先生方や友人たちと、そしてこれから出会う皆さんと共に楽しくやって行きたいなぁ。どうぞよろしくお願いいたしまーす!

 

空・そら・ソラ

 

 

 

 

 

 

7月空のお茶会は今週の土曜日です。

 

今週の土曜日は、空のお茶会です。

 

 

空のお茶会を思いついた時と、今はずいぶんと違っていて、それゆえにちょっと困ったなぁと思ったりもするのですが、この会は先生にお願いしているのじゃないし、その時の風の向きや吹き具合で、あれこれやってみようと思っています。

 

 

 

 

プロトマニアと対話しながら、

 

 

 

 

なによりリラックスがたいせつ。

 

 

 

 

 

何もしないことも、とってもとっても、たいせつ。

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

7月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

先生もあなたもわたしも、素晴らしい!

 

明後日は、5月の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。

中尾さんと一緒に、バルテュスの作品と人について、見て感じて考えていきます。

 

 

学校嫌いの私がイメージした寺子屋のプロトマニアは、お勉強する場所ではありません。もちろん知らないことを先に知っている専門家から教わる時には、リスペクトは最大限に真摯に学びます。ただ、知識を得ることが目的の場ではなく、自らの欲求に従って学び、感じ、変化するきっかけの場がいいなと思っていました。勉強するのではなく、伝えられる知識の間の目に見えないニュアンスを自ら耕すような感じ。

 

中尾さんの講座は、毎回来て下さる方たちの中に変化が見えるのがとても楽しいし、嬉しいし、ステキだなぁと感じます。

 

 

中尾先生、素晴らしい先生ですね。

 

 

と言っていただくと、我が事のように嬉しく、エッヘン、でしょ〜?!と鼻高々です。

でも同時に、

 

 

そういうあなたも、素晴らしいです!

 

 

と思います。

 

 

 

先生の素晴らしさを実感しているあなたは、素晴らしい!

 

 

 

プロトマニアは「真理の探究を思いっきりするぞ〜〜〜」と心の中で叫んで始めたのですが、最近、プロトマニアをずっと見ていてくれる友だちに「真理の探究だっけ?  なんでそんなこと考えるのか、不思議だったわ〜」と言われました。そういうことを言ってくれる友だちが、私は大好きです。

 

青空禅や和サンガで伊東先生から学んだことが基盤になって、最近は、他のティーチャーが言っていることもよくわかり、鮮明に伝わって来たり、これまで聴いてきたことが繋がって、先生が伝えていたことはこのことだったかと合点するようになって来ました。

 

それは、真理、真我について、絵画や中尾先生の話、参加者のみなさんの発言を聴きながらアレとソレが繋がったり、伊東先生の話を何度も聴いたり、バーソロミューやマハラジや同じ本を繰り返し読んだりしながら、同時に、そんなことなんで考えるの?という友人たちや、やれやれと思いつつ、相手を否定してつぶし合うのではなく、ただ率直に今の位置から話し合えるチャンスがあったから。

 

 

私は、ちっがーーーーう!

 

 

私は、こーーーーーいう人なんですっ!

 

 

という強固なヨロイのひもが知らず知らずのうちに弛み、新しい感覚やまなざしに変化していくことは、

 

 

素晴らしい!

 

 

素晴らしくきもちいい!

 

 

 

ふと気づいたら、ぜったいイヤと思っていたことまで、溶けて流れて無くなってしまっていたりしてね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和サンガ 東京開催中〜青空と伊東先生と一緒。

和サンガ東京

 

毎月第1土曜日の午後は、伊東充隆先生主宰の和サンガです。

和サンガは、自己の本質を知り、実感し、それを生きよう(説明が下手なので詳しいことはこちらから)という人たちが、伊東先生の元で継続して学ぶ場です。

 

東京は6ヶ月コースなので、半年があっと言う間に過ぎて行きます。この大都市の疾走するスピード感、エネルギーと共振しながら、参加者それぞれがそれぞれの位置で誰と比較することもなく、本質とは何か、私とは何かに向かいます。参加者は知性によって得た知識を支えにし、感性によって実感に遭遇するためのシンプルなコツをそれぞれが実践しています。

 

伊東先生は、言葉ではない、観念ではないものを、キワキワの明晰な言葉で伝達しています。しかし、先生のお話や言葉を集めて理解したり、言葉で分かることが大切なのではありません。先生の言葉はあくまでも道しるべです。先生がくれる道しるべは、自分ひとりでは気づけない信念や観念に気づき、それが発生する寸前の圧倒的な静けさを実感するように、と促します。

 

そして毎回の和サンガで参加者は、たった今のそれぞれのまま、先生のサポートを真摯に受けて、それを無駄にしない実践へ向かいます。

 

「私とは何ですか?」と問われれば、当り前にこの肉体、この思考、この感情・・・と言うでしょう。でもひとつひとつ調べてみるとそれは「私感覚」であって本来の「私」ではありません。空の雲と同じくどこからともなく現れては消えて行く常に変化してやまないものは、自己の本質ではありません。本質とは決して変わらない変わり得ないもの。変わり行くものを包含する常在のそれ。

 

 

そんなに真剣にやったからって何かいいことがあるのか?と思うのですが、そうですねぇ、たぶん、いいこともそうでないこともあるのかもしれませんね。でも、そのことは、自分しか実感できないから人の言葉を聞いても仕方ないかもしれません。人の言ったこと、書いてあることをインプットすればするほど、余計なイメージや観念、無意識の思い込みが増えて、ただそれそのもの、ということからズレるのかもしれません。

 

5回目にしてようやく自分の方向性がわかった、と笑う和サンガの友人もいます。それって素敵なことじゃない!? その時がその人のベストタイミング!!

 

こんな純粋で素敵な場をつくってくれた先生、みんな、ありがとうございまーす♪

 

 

 

和サンガ東京

*決して変わらない、変わり得ないものを知る〜

伊東充隆 主宰  和サンガ  東京3期6ヶ月コース  開催中

和サンガについては、こちらから→

和サンガ東京へのご質問は、和サンガについてと書き添えて、こちらからどうぞ〜→

 

 

 

 

空のお茶会5月は 5/21(日)やりま〜す♪

 

空のお茶会は、青空禅の伊東充隆先生のもとで学んで来た「自己の本質」について、そんなことをアッチコッチでやっぱり探したり考えたりしている人たちと一緒に、お茶を飲み飲み、お話しましょうというお茶会です。

 

別にお話しなくてもいいんですけどね。誰かに教わるばかりじゃなく、ちょっとつぶやいてみたいなぁ、ってことを、照れずに正直になって安心してつぶやいてみようかな、と。

 

実は私はしばらくの間、言葉アレルギーになっていました。言葉は思考、概念、観念のもと。だから言葉にとらわれる感覚がすごく重くて窮屈だったんです。でもこの世界は言葉で出来ているでしょう? だから、どうやってもそこからは逃げられないんです。言葉アレルギーと言いながら、言葉でいろいろなことをつかんだり、浮き輪みたいにつかまったりしながら、ウロウロしていました。

 

でも、なんとも言い難い反抗期(笑)がようやく終わってみると、言葉の素敵さも危なさも、前よりハッキリよく見えて穏やかになりました。

 

空のお茶会は先生がいないし、どこかの着地点を目指していません。魂の向上のためだったり、霊的進化(どこの誰が、きみは進化した!って太鼓判くれるのかなぁ)の場ではありません。

 

私がハタからそのように見えていたように、学び好きのマニアックな誰かが言葉の世界でドンヅマリになったり(♪)ウットリしたり、先生というネーミングの前で自分で勝手に自己催眠に掛かったり、同化して目がハート♡になっていたら、空のお茶会でいろんなひとのおもしろ〜いツッコミや、正直で本当に愛ある優しいことばや率直さ、時には黙ってジワジワくるコワめの気配も体験したりして(笑)、軌道修正や自己検証するのも悪くないかな、と思うのです。それは、同じ位置で肩を並べる場だからできるんじゃないかなとも思います。

 

とにかく難しいことじゃなく、なにごとも、ひとつも間違えはないから、安心して、思い切りそのまんま。

 

空のお茶会はのイメージは、『部活』です。

体験参加もいいし、サボってもいいし、皆勤してもいい。

よかったら一度遊びにきてください。

 

 

*先生はいません、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

5月21日(日) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)