山谷あっていい関係。

 

昨日はね、「いい夫婦の日」だったんですって。いろいろな記念日がありますが、いい夫婦の日ってなんだかいい響きですね。

 

こういう記念日は、お互いにあらためて相手を見直して感謝したり、普段言わないことや言えない気持ちを表すきっかけになりますね。

 

私の周りには、雰囲気が良くてすてきなご夫婦が何組もいらっしゃいます。「端から見るとそう見えるだけよ〜」とおっしゃいますが、ハタから見てもハラハラドキドキ見えるよりは、醸し出される温かい雰囲気はいいものです。長い夫婦の歴史の中では、いろいろ事件もありつつ、山谷あってハーモニー♪、適度な良いあんばいの「仲良きことはウツクシキかな〜」がよろしいような。

 

 

さて。これは、かつての我が両親の後ろ姿と相棒犬ハリーの写真です。この時、このご夫妻は共同作業で天ぷらを揚げておいででした(笑)。ハリー君も参加。

 

昔の人たちですから表立って特別仲良しなわけでなく、ごくフツウの両親でした。父が逝った後に母が「一緒に散歩したかったのに・・・」とぽろりと呟いたから、ちょっとした不満はアレコレあったでしょう。ただ今思うと、それぞれ、私たち子供には相手のことを悪く言うことはありませんでした。この写真は今も台所の片隅に掛けてあるのですが、オオババ様になった母と、身体にオサラバした父とハリーは、いつもここで私の日常を見ていてくれます。

 

望むと望まざると独り身の人にも夫婦の人にも、2人と一対一は最初の関係性。親子兄弟でも夫婦恋人友だちでも、たった今、目の前にいる人を丁寧に見ると、はたと気づくことが大小あります。

 

近ければ近い程、見えなかったり,見たくなかったり(笑)するものです。相手にイライラする時は、相手のせいというより自分が痛いところを突かれているからだったりします。ただ、無理に見ようとしてもそれはなかなかムリなので〜。でもある時、図らずも「あらっ!」という瞬間があるかもしれません。

 

山か谷かはそれでそのままよくて、ここは何より、相手があることで「見えた」こと自体が有り難い。自分を知るチャンスですね。真剣に観察するチャンスです。身近な人はカラダをはって(笑)見せてくれているのかもね〜

 

3週間以上、仲良くきれいなままの薔薇。

広告

見えなくても見えるもの。

 

 

何を感じるか、考えているかを、言葉で表現することって、大切だと思います。

 

でも、誰かと話していたり、誰かが書いたものを読んでいて、この人の表現や文章は好きだなぁとか、すっと入って来るなという時、それは言葉自体ではなくて、言葉のうしろにあるセンスみたいなもの(もしかするとエネルギー?)に魅かれたり、共振できるってことなのかもしれないなぁと思います。見えないけど見える。言葉のひとつひとつは、実はあまり重要ではないのかもしれませんね。

 

本質に関してお話するときも、カッコ良くとんがった険しいムードじゃなくて、キラッと明晰でありながらフワリとそこへ導くような、そんな表現が好きだなぁ。たとえ、厳しさがあっても、慈愛は伝わる。本当の優しさと厳しさは同時に存在して、ふたつでひとつ。

 

 

 

 

 

 

お弁当は、おいしい。

 

急に寒くなって、今日の東京は冬の様です。

 

お弁当ってなんだかおいしい。前の晩の残り物を詰めただけでも、品数が少なくても、買ったものよりはなぜかおいしい。

 

お料理は上手ではありませんが、食べることは好きで、何でも食べるのです。

 

 

おいしいものの師匠から学んだのは、丁寧に暮らすこと。

 

おいしいものを作ってくれる友から教わったのは、最後の味付けは、愛情。

 

 

 

・・・あ、自分のお弁当が自分でおいしいわけだ(笑)!

 

 

 

これでもかってくらいに、雨が降る降る。

 

 

わざとゆっくり。

 

ビックリすることが起きた時、

 

何の準備もできていないのに容赦なくやって来た時、

 

そんな時は、わざと動作をゆっくりにしてみる。

 

・・・かなりゆっくりと。

 

 

そうすると、ひっくり返りそうな気持ち、エネルギーが少しずつ静かになる。

 

 

 

ひっくり返りそうな時こそ、ゆっくりゆ〜っくり。

 

 

 

 

 

 

 

母という役。

 

笑顔を見せながら、娘に会えないドラマをわざと面白おかしく話していたけれど、

 

 

「お母さんには、二度と会いたくないって言われたんです」

 

・・・・・

 

と言った途端、彼女の目が涙でいっぱいになって、ぽろぽろぽろぽろ。私も泣きそうになりながら背中をさすって、大丈夫、大丈夫としか言えませんでした。どこが大丈夫なんだ??って内心自分にツッコミながらオロオロと。

 

 

でも、いつも思います。お母さんになった人の素晴らしさ、凄さは、何にも負けない。どんなに仕事ができるよりも、人気者であるよりも、全く異質なテーブル上で理屈抜きに「母」はナンバーワンです。

 

 

母である友人たちの苦労は、残念ながら私には想像することしかできないけれど、父親っ子の自分と母との体験で、良いも悪いも超えた母親という存在の理屈の通らない(笑)凄みを実感しています。

 

それを娘が感じて「母」に感謝するのは、どのタイミングなのかは誰にもわからないけど、でも「お母さん」ってすごいなぁっていつも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

立秋も過ぎましたので、とっこさんの講座〜

 

立秋は昨日だったのですが、今日の暑さと言ったらね〜

立秋だからって、さっさと秋になるわけじゃないのですが、その辺りのお話はプロトマニアでも講座をして下さった 景山えりか さんのウェブサイトを読んでみてくださいね〜

 

それにしても私たちは自然なので、からだがそれと共にあるのを感じます。都会での便利な生活に慣れているのでエラそうなことは言えませんが、私はヨガを通して身体の声を聴くのが日常に根付いている方だと思うので、ちょっとした皮膚の乾燥やむくみでもシグナルかな〜と受け止めています。

 

9月にはプロトマニアで小西美智子さん、とっこさんの秋の講座があります。

 

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び』長月の身体と心を学ぶ

 

一年を通して、季節ごとに開催するこのとっこさん講座。

秋は 9月17日(日) 夜 の開催です。

 

*とっこさんからのメッセージ〜

暦の上では秋となる長月、とはいえ残暑の続く初秋です。夏という季節のままの生活を送っていると、身体は整えられず、冬への準備もできず、身心の不調へとつながります。皆さんと一緒に、長月という季節の身体と心を学びながら、身心を秋モードに切り替えていこうと思います。今回は夏に引き続き、「秋の養生法」をご紹介する予定です。秋は夏に成長した植物が実を結ぶ季節。すべてが成熟し、収穫を迎えます。秋は夏の疲れを癒し、冬に備えて身心を整える季節ですから、しっかりと季節の変わり目の養生を学んでください。秋、自然界も陽から陰へと変わる時。春・夏と陽気に満ち、外へ向けていた気持ちを内へと向けるための、「満たされる感覚を養う呼吸法」も楽しんでいただく予定です。

 

忙しい時も、元気な時も、自分の身体をよく触って眺めて、仲良くして行きたいですね〜

楽しいトークと的確なアドバイスや知識を伝えてくれるとっこさん。

お申し込みは「とっこさん講座」と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

とっこさんと一緒に、水無月の学び。

 

昨日の日曜日、プロトマニアは、

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜水無月の心と身体を学ぶ」

を開催しました。

 

 

 

 

前半は講義中心。夏を控えた季節は湿気、水分が身体の中に停滞しやすく代謝が落ちるので、めまいやむくみ、胃腸の不調や関節痛などが起きやすいそうです。

食べ物、飲み物は、冷たいものはたくさん摂らずになるべく温かいもの、火を通して調理したものを摂るように、とのこと。

 

 

*テキストを読むとっこさん。とっこさんは、ご自身がパフォーマーで詩を読みながら(もちろん自作の)踊ったりもするのです。ゆえにテキストの朗読も耳に心地よい。

 

 

 

そして、体内の湿気を追い出してめぐりをよくするためのストレッチ実践編へ。

普段の生活の中でできる運動を習慣にすることが、季節の変化をうまく乗り切るバランスのよい身体を作るのです。

 

 

手のひらでおでこを抑えながらおへそを覗き込むように息を吐きます。これは横隔膜を沢山動かす呼吸へと繋がるストレッチ。お腹に横向きにあるベルトのような筋肉、腹横筋は内臓を支える。飲み込む時に使う食道括約筋も鍛える。私たち、飲み込むなんて当り前と思っていますが、この「飲み込む」にも筋力がいりますよ!

ピラティストレーナーとっこさんからは、脇腹を鍛えるストレッチや上半身と下半身をつながく内腹斜筋の・・・要は、腹筋をあちこちの方向から鍛えるエクササイズを教えて頂きました。

 

呼吸に合わせて片足ずつ上げます。けっこう、大変。かなり、タイヘン(汗)

 

 

うっと思わず息を止めちゃうけど、ガンバルッ!

 

はい、引っ張り上げて〜〜〜〜

 

あ〜れ〜〜、とっこさんのお腹はぺったんこ〜〜〜

 

 

 

 

そして、後半。

 

夏は咳が出やすい季節だそうです。咳に効くツボをいろいろおしえていただきました。胸の緊張があると咳が出ます。緊張をほぐすには、さすったり、軽い圧をかけたり、またはトントンと軽く指でタッピングする。どれか自分が一番気持ちよいと感じた方法で。

胸の周辺、脚にあるツボ(ツボに関しては自分に甘いのはダメです。・・と、とっこさんが押してくれた途端にイタタタタ〜)、頭や目の疲れのツボなど教えていただきました。

 

最後はため息の呼吸法。これは本当に気持ちよい〜♡ 実はちょっと前のプロトマニアのジャーナルに、ため息呼吸のことを書いていたのです。この日とっこさんがため息の呼吸法をやって下さって、ビックリして大当たり!な気分。声を出しながら息を吐くと、奥の奥から息がはけるのでオススメです。ため息ついても不幸にはなりません、ってとっこさんも言ってた♪

とっこさんのお話は軽快でユーモアたっぷりです。今回もたくさん笑いながら、からだも頭も、お腹も顔もあごも動かしました。普段の私たちは、意外と顔が硬直してたりしますよね。ジッと黙ってパソコンに向かって歯を食いしばってたりして(笑)。笑いは腹筋も顔の筋肉も使うから、全身をほぐすのにはとってもいいかもしれません。さすが筋肉使い、とっこさん!

 

とっこさんの講座は愛情たっぷりで、居心地がよいです。お人柄だと思います。とっこさんが繰り返し繰り返し伝えていることはとてもシンプル。それは、みんなの生活の中にちょっとした習慣として定着するエクササイズや知識です。
難しい事ではなく、私たちがいつでもどこでも自分のからだの面倒を自分できちんと見られる大人であるように、とっこさんはいろいろ考えてくれています。その見えないところでの努力には、本当に頭が下がります。

 

次回のとっこさん講座は9月開催。

参加して下さった方はぜひ続けて、そして、よっしゃ!という方はぜひこの機会に、とっこさんに会いに来て下さいね。おもしろいですよ〜〜

 

ご参加のみなさま、とっこさん、ありがとうございました。

 

 

 

実践するということ。

 

ヨガクラスを始めたばかりの頃からずっと来てくれるマダムがいます。

もう70代半ばの方ですが、彼女はその現役時代にはおそらく珍しかったエリートのキャリアウーマンでした。病気で手術をした時も、治療を続けながら病院からタクシーで仕事場に通ったという筋金入り。

今のマダムはそんなことを感じさせないゆったりおおらかな雰囲気ですが、ご自分でも「よく働いた〜」とおっしゃるその密度の濃い時代と経験があっての、今のゆとりであり、もともと持っている性質でもあるのだろうと思います。

 

私とヨガと出会って、もうすぐ10年になる彼女のからだを先日見て、あらためてその変化の素晴らしさを感じました。ものすごい柔軟さとか、ポーズの正確さとか、そういうことではなく、そのひとなりの偏らないしなやかさが素晴らしかったのです。

 

クラスにはほぼ皆勤ですが、ヨガへの取り組み方は自然。とても真面目で熱心、とは違うし、向上することに貪欲、とも違います。よく食べて、よく遊んで、旅行に行く時はヨガクラスはお休みするし、クラスの途中で「疲れた〜〜」と自動的にお休みモードになったりもします。

 

熱狂することも急に冷めることもなく、頑張らず淡々と続ける

 

という感じです。

 

 

マダムは、私がクラスで「これだけはお家でやってくださいね〜」と地味な動きを幾つか伝えたことを本当に実践しています。続けてやった時のささやかな効果を実感して、さらにそれが継続するのだと思います。

 

 

倚りかからず、自分で確かめるから続くこと。

柔らか過ぎず硬すぎない、ちょうどよい塩梅のしなやかさ。

 

 

私がヨガの師匠から伝えられ、そのようにヨガを伝えなさいと教わったことを、そのように受け取ってもらえたように感じることができました。

「アラカワ先生」なんて呼ばれても、実践の先輩には教わることばかり。

 

ただ感謝でいっぱいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

確信のような何か。

 

ふっと浮かんだ確信みたいなものは、

そこに理由はないし、言葉で説明もできないけれど、

確かにそうだとしか言いようがないもの。

 

 

そういう何かや感覚を、これまでいくつ見逃したかなぁ。

見ても、ちらっと見ただけで関心を向けなかったり、

そのままスルーしたこともあるでしょう。

 

そんなこともあったでしょう。

 

 

でも、どうしてもそうでしかない、という声に抗えない時がありますね。

抗う必要さえなかったということは、あとから感じたりします。