とっこさんと長月の心身調和。

 

いきなりですが、こちら、小西美智子さん、ヒトヨンデとっこさんです。

なんだか愛おしそうに足の指を廻しておりますねぇ。そして肩から腕あたりの筋肉が美しいです。とっこさんは、ピラティストレーナーであり、ご自身はダンサー、パフォーマーですから。

 

 

台風が心配な連休の日曜日、とっこさんと秋のからだとこころの調和講座、

 

「季節ごとの心身調和のための学び〜長月の身体と心を学ぶ」

 

で学びました。

 

この日は、シリーズで初めての夜開催。

夜はどうしてもお家を空けられない方もいらっしゃるのですが、夜のプロトマニアはね〜独特の雰囲気があって、すっごく素敵なんですよ(自画自賛♪)。落ち着いたエネルギーが穏やかに満ちて、知らないうちに集中できるし、深くリラックスできるのでオススメです。

 

いつものように、最初にとっこさんから講義を受けます。今回は長月(ながつき)の心と身体を学ぶ、なので、夏のままの身体にけじめをつけて(笑)、秋へと向かう心構え身体構えを教わりました。

 

身体とはまさに自然そのものなので、季節の変化とともに身体が変わり、そして心もそれと一緒にバランスしながら次の季節への準備を整えて行きます。

 

 

その変化が分かるのは、ふだんの自分を知っているから。「いつもと違う、いつもと違う痛みがある、そういう時は気にすること、用心すること。それ以外はあまり気にしない!」

 

「普段から、体温や血圧を計ることは大切。」雑誌やテレビ、ネットの情報と自分を比較して過剰に不安になるよりも、普段の自分と比較する。自分の常態を知っておけば、情報に振り回されない。人がこうでも自分の基準はここだからダイジョウブ、とかね。「これ、とても大切なことですよ」ととっこさん。

 

「食欲の秋、というけれど骨盤が閉まるこの季節は本来少しの量で身体は満足します。だから、もりもり沢山食べる秋、ではなく、秋の身体を補うものを食べる欲というつもりで食欲の秋を過ごしましょう。」

 

たくさん笑わせてくれるとっこさん

 

 

休憩をはさんで、後半は冬に備えて身体を整えるエクササイズ。実際にからだを動かし、呼吸法もやってみました。

第二の心臓、ふくらはぎをしっかり動かして血流を良くするエクササイズや股関節をしなやかにする動き、骨盤が正しい位置にあるようにオシリの奥から伸ばすストレッチなどなど。腰痛や座骨神経痛に効くエクササイズもやりました、すっきり〜脚がそこはかとなく真っ直ぐきれいになった♡

そして最後にとっこさんの声の誘導で行う呼吸。あ〜気持ちよかった。

 

 

「何かやったら、必ずやる前とどう違うか、感じてみて下さいね!」

「ハイッ!」

 

 

 

とっこさんはとってもいい先生です。その場で出会った皆さんに、一期一会の責任と愛情を持って全力で接しているのが伝わります。だからファンが多いのでしょう。飛行機であちこち飛び回る人気者で超多忙のとっこさんに、プロトマニアで講座をしていただけるのは、本当にラッキーで私は嬉しいです。

皆さんにもぜひ一度とっこさんと出会ってほしいな〜と思っています。次回の講座は今年最後12月、師走の心と身体を学ぶ! ぜひ来てね〜

 

 

*からだとこころはつながっている〜

 

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜師走の身体と心を学ぶ」

 

12月17日(日) 14時から16時まで

 

お申し込みはとっこさんと書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

広告

とっこさんと心身を調和させる。

 

穏やかな日曜日、いかがお過ごしでしょうか〜

このところ宇宙や世界は激しく動いているみたい。私たちも自然の一部だから当然影響を受けますね。目に見えるものから見えないものまで様々な大波小波の中で、この身体はそれに適応して生命活動を続けています。

 

季節が変わる頃に体調を崩したり、風邪を引きやすいのは、バランスを取ろうとするからだの働きと言われます。そんな健気なからだのこと、次の日曜日の夜、とっこさんと一緒に目を向けてみませんか?

 

とっこさんの季節ごとの心身調和のための学び〜長月の身体と心を整える

 

とっこさんからのメッセージをご紹介しますね〜

 

 

暦の上では秋となる長月、とはいえ残暑の続く初秋です。夏という季節のままの生活を送っていると、身体は整えられず、冬への準備もできず、身心の不調へとつながります。皆さんと一緒に、長月という季節の身体と心を学びながら、身心を秋モードに切り替えていこうと思います。今回は夏に引き続き、「秋の養生法」をご紹介する予定です。秋は夏に成長した植物が実を結ぶ季節。すべてが成熟し、収穫を迎えます。秋は夏の疲れを癒し、冬に備えて身心を整える季節ですから、しっかりと季節の変わり目の養生を学んでください。秋、自然界も陽から陰へと変わる時。春・夏と陽気に満ち、外へ向けていた気持ちを内へと向けるための、「満たされる感覚を養う呼吸法」も楽しんでいただく予定です。

 

満たされる感覚を養う呼吸法・・・ いいなぁ、それ。

 

今回は講座中、初めての夜開催。秋の夜、閑かにご自身の身体と向き合ってみませんか。

 

お申し込みはとっこさんとお書き添えの上、こちらからどうぞ→

 

 

からだは素直。

 

立秋も過ぎましたので、とっこさんの講座〜

 

立秋は昨日だったのですが、今日の暑さと言ったらね〜

立秋だからって、さっさと秋になるわけじゃないのですが、その辺りのお話はプロトマニアでも講座をして下さった 景山えりか さんのウェブサイトを読んでみてくださいね〜

 

それにしても私たちは自然なので、からだがそれと共にあるのを感じます。都会での便利な生活に慣れているのでエラそうなことは言えませんが、私はヨガを通して身体の声を聴くのが日常に根付いている方だと思うので、ちょっとした皮膚の乾燥やむくみでもシグナルかな〜と受け止めています。

 

9月にはプロトマニアで小西美智子さん、とっこさんの秋の講座があります。

 

とっこさんの『季節ごとの心身調和のための学び』長月の身体と心を学ぶ

 

一年を通して、季節ごとに開催するこのとっこさん講座。

秋は 9月17日(日) 夜 の開催です。

 

*とっこさんからのメッセージ〜

暦の上では秋となる長月、とはいえ残暑の続く初秋です。夏という季節のままの生活を送っていると、身体は整えられず、冬への準備もできず、身心の不調へとつながります。皆さんと一緒に、長月という季節の身体と心を学びながら、身心を秋モードに切り替えていこうと思います。今回は夏に引き続き、「秋の養生法」をご紹介する予定です。秋は夏に成長した植物が実を結ぶ季節。すべてが成熟し、収穫を迎えます。秋は夏の疲れを癒し、冬に備えて身心を整える季節ですから、しっかりと季節の変わり目の養生を学んでください。秋、自然界も陽から陰へと変わる時。春・夏と陽気に満ち、外へ向けていた気持ちを内へと向けるための、「満たされる感覚を養う呼吸法」も楽しんでいただく予定です。

 

忙しい時も、元気な時も、自分の身体をよく触って眺めて、仲良くして行きたいですね〜

楽しいトークと的確なアドバイスや知識を伝えてくれるとっこさん。

お申し込みは「とっこさん講座」と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

とっこさんと一緒に、水無月の学び。

 

昨日の日曜日、プロトマニアは、

とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び〜水無月の心と身体を学ぶ」

を開催しました。

 

 

 

 

前半は講義中心。夏を控えた季節は湿気、水分が身体の中に停滞しやすく代謝が落ちるので、めまいやむくみ、胃腸の不調や関節痛などが起きやすいそうです。

食べ物、飲み物は、冷たいものはたくさん摂らずになるべく温かいもの、火を通して調理したものを摂るように、とのこと。

 

 

*テキストを読むとっこさん。とっこさんは、ご自身がパフォーマーで詩を読みながら(もちろん自作の)踊ったりもするのです。ゆえにテキストの朗読も耳に心地よい。

 

 

 

そして、体内の湿気を追い出してめぐりをよくするためのストレッチ実践編へ。

普段の生活の中でできる運動を習慣にすることが、季節の変化をうまく乗り切るバランスのよい身体を作るのです。

 

 

手のひらでおでこを抑えながらおへそを覗き込むように息を吐きます。これは横隔膜を沢山動かす呼吸へと繋がるストレッチ。お腹に横向きにあるベルトのような筋肉、腹横筋は内臓を支える。飲み込む時に使う食道括約筋も鍛える。私たち、飲み込むなんて当り前と思っていますが、この「飲み込む」にも筋力がいりますよ!

ピラティストレーナーとっこさんからは、脇腹を鍛えるストレッチや上半身と下半身をつながく内腹斜筋の・・・要は、腹筋をあちこちの方向から鍛えるエクササイズを教えて頂きました。

 

呼吸に合わせて片足ずつ上げます。けっこう、大変。かなり、タイヘン(汗)

 

 

うっと思わず息を止めちゃうけど、ガンバルッ!

 

はい、引っ張り上げて〜〜〜〜

 

あ〜れ〜〜、とっこさんのお腹はぺったんこ〜〜〜

 

 

 

 

そして、後半。

 

夏は咳が出やすい季節だそうです。咳に効くツボをいろいろおしえていただきました。胸の緊張があると咳が出ます。緊張をほぐすには、さすったり、軽い圧をかけたり、またはトントンと軽く指でタッピングする。どれか自分が一番気持ちよいと感じた方法で。

胸の周辺、脚にあるツボ(ツボに関しては自分に甘いのはダメです。・・と、とっこさんが押してくれた途端にイタタタタ〜)、頭や目の疲れのツボなど教えていただきました。

 

最後はため息の呼吸法。これは本当に気持ちよい〜♡ 実はちょっと前のプロトマニアのジャーナルに、ため息呼吸のことを書いていたのです。この日とっこさんがため息の呼吸法をやって下さって、ビックリして大当たり!な気分。声を出しながら息を吐くと、奥の奥から息がはけるのでオススメです。ため息ついても不幸にはなりません、ってとっこさんも言ってた♪

とっこさんのお話は軽快でユーモアたっぷりです。今回もたくさん笑いながら、からだも頭も、お腹も顔もあごも動かしました。普段の私たちは、意外と顔が硬直してたりしますよね。ジッと黙ってパソコンに向かって歯を食いしばってたりして(笑)。笑いは腹筋も顔の筋肉も使うから、全身をほぐすのにはとってもいいかもしれません。さすが筋肉使い、とっこさん!

 

とっこさんの講座は愛情たっぷりで、居心地がよいです。お人柄だと思います。とっこさんが繰り返し繰り返し伝えていることはとてもシンプル。それは、みんなの生活の中にちょっとした習慣として定着するエクササイズや知識です。
難しい事ではなく、私たちがいつでもどこでも自分のからだの面倒を自分できちんと見られる大人であるように、とっこさんはいろいろ考えてくれています。その見えないところでの努力には、本当に頭が下がります。

 

次回のとっこさん講座は9月開催。

参加して下さった方はぜひ続けて、そして、よっしゃ!という方はぜひこの機会に、とっこさんに会いに来て下さいね。おもしろいですよ〜〜

 

ご参加のみなさま、とっこさん、ありがとうございました。

 

 

 

とっこさんと一緒にからだのケアしましょう。6/18(日)開催

 

とっこさんと私はある人の紹介で出会いました。

夏の日曜日の午後、私が住んでいる町の駅前でとっこさんと待ち合わせ。顔も知らないとっこさんなのに、私は見た途端、この人だ!とわかりました。

とっこさんは、長靴下のピッピみたいなお下げ髪で、華奢で、目がクルクル動いて、まっすぐ私の目を見て話す人でした。

その時、プロトマニアのコンセプトやとっこさんがやっている哲学カフェのことなどを夢中で話し合いました。その割にその後はゆっくりで、ごくたまにピラティスのプライベートレッスンを受けながら、いつかプロトマニアで何か一緒にやりたいなぁという気持ちを温めて来たのでした。

 

そして去年、「とっこさんのピラティスレッスン」が実現し、今年は年4回の講座を開いて頂いています。

 

ご縁というのはありがたいものです。

 

からだはとても正直です。

カラダの声を聴きましょう、とよく言われますが、言われている割に、みんな耳を傾けていない(笑)。人間のからだは、耳かき一杯程度のほんの少しのホルモンによっても、大きな変化を見せます。そのくらい複雑だし、そのくらいシンプルなのだろうと思います。

 

自分のカラダの中に、普段触っていないところが、どれくらいあるでしょうか?

 

昨日と今日の耳の硬さ、違いがありますか?

 

腕が片方だけでどれだけ重いか、知っていますか?

 

自分のオシリがどんな柔らかさか、言葉にできますか?

 

 

とっこさんの季節に合ったからだの知識とワークは、まずは自分のカラダと出会い、知り、ちょっとケアしてこれからも仲良く生きて行くためのヒントがたっぷりです。

とっこさんはカラダのプロフェッショナル。その人がひとりずつカラダの様子を見てアドバイスをしてくれます。そしてとっこさんは哲学の徒。人間とは何かを古代の哲人たちを友として考えつづけている人だから、とっこさんの身体講座は人間まるごとを見ています。

そんなとっこさんが、皆さんが快適に生きるためのヒントをユーモアいっぱいに伝えてくれる2時間です。

 

からだに湿気とだるさが籠るこの季節だから、暑い夏の前にプロトマニアでぜひご一緒しましょう。お申し込みはお気軽に。「とっこさん」と書いてね、こちらでお待ちしています→♡

 

 

 

6月18日(日)開催 小西美智子さんの

『季節ごとの心身調和のための学び〜水無月の身体と心を学ぶ』

 

 

とっこさん!〜季節ごとの心身調和の学び

ピラティス

3月から始まる、とっこさんの「季節ごとの心身調和のための学び」プログラム。

とっこさんは、ダンサーでありピラティストレーナーという身体の専門家です。

その一方で子どもの頃に哲学に目覚めた筋金入りの哲学の徒。

そして哲学カフェを主宰しています。

そのとっこさんが長年温めていたプログラム、季節ごとの身体をテキストにして、そこから自分を知るためのさまざまな学びの講座を、プロトマニアで開いて下さることになりました。

 

からだをほぐしたり、普段はほぼ意識しない呼吸について教えてくれたり、

参加者ひとりひとりの身体をカラダの専門家のとっこさんが毎回チェックして、

その人の癖や傾向について見てアドバイスしてくれる予定です。

そしてその季節ごとのカラダの様子、心の様子を学びながら、私たち参加者は自分と出会う、という贅沢な2時間。

 

私は、時々とっこさんのピラティスレッスンをプライベートで受けますが、

とっこさんの話術とユーモアとリズムに乗って、あっという間に時間が過ぎ、

終わると身長が5ミリくらい伸びて、カラダがふわっと軽くなっています。

 

内容や面白さは講座がスタートしたらたっぷりとご紹介することにして、

私がこの講座に来てみてほしいな〜と思うのは、

運動をあまりやっていない、とか、なんとなくカラダがいつもだるい、とか、

わかってるけどリラックスの仕方がわからない、

そして、呼吸が浅い!  という方たちです。

とっこさんの講座は今回特に、わかっちゃいるけどさ…というあなたにぴったり。

まずは少しカラダを動かすのがずいぶん気持ちよいこと、呼吸をすることがどれほどリラックスになるかを体感できます。

もちろん運動大好きな人も、なんせ哲学カフェのとっこさんのレッスンですから、

ただのカラダ講座ではないぞ、かなりりビックリするはず!

 

とっこさんは詩人でもあるから、その言葉の素敵さも心地よいかもしれません。

そして何より、そのプロ根性と熱さにうっとりするかも。

 

プロトマニアのとっこさん講座は、ゆっくりゆっくり、です。

カラダをテキストにして、一緒にとっこさん体験しませんか〜♡

お申し込みはこちらからしてくださいね〜 →

 

fullsizerender_3