山谷あっていい関係。

 

昨日はね、「いい夫婦の日」だったんですって。いろいろな記念日がありますが、いい夫婦の日ってなんだかいい響きですね。

 

こういう記念日は、お互いにあらためて相手を見直して感謝したり、普段言わないことや言えない気持ちを表すきっかけになりますね。

 

私の周りには、雰囲気が良くてすてきなご夫婦が何組もいらっしゃいます。「端から見るとそう見えるだけよ〜」とおっしゃいますが、ハタから見てもハラハラドキドキ見えるよりは、醸し出される温かい雰囲気はいいものです。長い夫婦の歴史の中では、いろいろ事件もありつつ、山谷あってハーモニー♪、適度な良いあんばいの「仲良きことはウツクシキかな〜」がよろしいような。

 

 

さて。これは、かつての我が両親の後ろ姿と相棒犬ハリーの写真です。この時、このご夫妻は共同作業で天ぷらを揚げておいででした(笑)。ハリー君も参加。

 

昔の人たちですから表立って特別仲良しなわけでなく、ごくフツウの両親でした。父が逝った後に母が「一緒に散歩したかったのに・・・」とぽろりと呟いたから、ちょっとした不満はアレコレあったでしょう。ただ今思うと、それぞれ、私たち子供には相手のことを悪く言うことはありませんでした。この写真は今も台所の片隅に掛けてあるのですが、オオババ様になった母と、身体にオサラバした父とハリーは、いつもここで私の日常を見ていてくれます。

 

望むと望まざると独り身の人にも夫婦の人にも、2人と一対一は最初の関係性。親子兄弟でも夫婦恋人友だちでも、たった今、目の前にいる人を丁寧に見ると、はたと気づくことが大小あります。

 

近ければ近い程、見えなかったり,見たくなかったり(笑)するものです。相手にイライラする時は、相手のせいというより自分が痛いところを突かれているからだったりします。ただ、無理に見ようとしてもそれはなかなかムリなので〜。でもある時、図らずも「あらっ!」という瞬間があるかもしれません。

 

山か谷かはそれでそのままよくて、ここは何より、相手があることで「見えた」こと自体が有り難い。自分を知るチャンスですね。真剣に観察するチャンスです。身近な人はカラダをはって(笑)見せてくれているのかもね〜

 

3週間以上、仲良くきれいなままの薔薇。

広告

見えなくても見えるもの。

 

 

何を感じるか、考えているかを、言葉で表現することって、大切だと思います。

 

でも、誰かと話していたり、誰かが書いたものを読んでいて、この人の表現や文章は好きだなぁとか、すっと入って来るなという時、それは言葉自体ではなくて、言葉のうしろにあるセンスみたいなもの(もしかするとエネルギー?)に魅かれたり、共振できるってことなのかもしれないなぁと思います。見えないけど見える。言葉のひとつひとつは、実はあまり重要ではないのかもしれませんね。

 

本質に関してお話するときも、カッコ良くとんがった険しいムードじゃなくて、キラッと明晰でありながらフワリとそこへ導くような、そんな表現が好きだなぁ。たとえ、厳しさがあっても、慈愛は伝わる。本当の優しさと厳しさは同時に存在して、ふたつでひとつ。

 

 

 

 

 

 

冬支度〜♪ kiico さんのリース作りやとっこさんの心身調和。

 

東京はだんだんと寒くなって来ました。気がつけば11月第3週に入って、街の中にはクリスマスの気配。イルミネーションも始まっています。

 

プロトマニアの寒い季節は、寒〜〜いんです。もともとがフツウの事務所仕様のビルを改装しているので、暖房は天井から暖風が吹き下ろして乾燥しがちだし、足元も冷えちゃうので、ずいぶんいろいろ寒さ対策を練ってきました。

でも、寒い季節のプロトマニアの雰囲気は、ちょっと異国みたいで好きです。この床は、マーモリウムというナチュラルな素材です。昔、イタリアの田舎で見た光景を思い出して斜めの市松模様。この空間でヌクヌクしながら、ちょっとした非日常を楽しみ、冬支度をする講座を12月に開催します。

 

まずはkiico さんのグリーンリース作り。実はもう定員になっていますが、もし、今年はひと味違うリースを作って飾りたい方は、ぜひキャンセル待ちにアプライしてくださいね。ご案内ができるかもしれませんから!

 

kiico さんは、ナチュラルでチャーミングな女性です。プロトマニアで何度もワークショップをしていただいていますが、毎回、みんなが思わずオトナの女の子、男の子になって無心でリースを作って笑顔でサヨナラできるのは、kiico さんのさりげない目配り気配りとセンスのタマモノじゃないかなぁ〜♡  毎年楽しみな時間。まだ未体験の方に、なるべくご案内したいと思っています。

 

そして、冬に向けてぜひ参考にして頂きたい情報と体験満載なのが、とっこさんの心身調和の学び講座です。12月17日(日)の14時から16時まで。

 

とっこさんは、哲学を語りながら身体にアプローチするという、その道ではちょっと異色の(笑)パフォーマーでありピラティスの先生です。とっこさんの楽しい話術とリズム感あるリードで、ご自身のからだをじっくりと見てあげてください。そしていつも気にしていなかった身体のあちこちに意識を向けて、寒い冬へと向かって下さいね。こちらもお申し込みをお待ちしています。

 

 

寒くたって、マフラーぐるぐる巻きにして冷たい空気の中を歩く冬もまた楽し♪

シェリーベイビーという名前のオンジウム。チョコレートの香り!

 

 

ワンパターンはお好き???

 

何かしらムッとしたり、ヤヤヤ!それは由々しきこと〜なんて反応しちゃう時は、無意識にかつての記憶を参照して、目の前のことをジャッジしている。ジャッジは結局、自分を窮屈にする。判断は良くても悪くても、判断でしかない。

 

それがいつもの「ワンパターン」に見えたり思えたりしたら、記憶というフィルターをかけて、タッタイマを見てしまっているのかもしれませんね。

 

 

タッタイマ生マレタカノゴトク

 

明日は、そらのお茶会!

 

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

微かな疑いの「?」

 

ヨガクラスで動きながら、ここを伸ばすと気持ちよいですよね〜と、うんうん頷いていた70代のマダムが、ふと

 

 

「この気持ちいいって、どこがそう感じているんですか???」

 

と質問。

おっ!いきなり哲学的〜〜〜

 

 

「脳ですか?」

 

「う〜ん、脳はそういう表現で解釈しているんでしょうね〜〜〜」

 

 

世界はナゼあるんでしょう?

私はどこにあるんでしょう?

私とは何でしょう?

答えはあるんでしょうか?

それは本当なんでしょうか?

 

思い込みや記憶していることに、かすかな疑いの「?」が。それは、ふと起こる。

 

 

爽快♪

 

11月の空(そら)のお茶会は、11月12日(日)の午後です。ひとりでは見えない聞こえない気づかないことが、おしゃべりしながら浮かんでくるかもしれません。結論も正解も、あってもなくてもいいのかも、ってふと思うかもしれません。

 

災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。
死ぬる時節には死ぬがよく候。
これはこれ災難をのがるる妙法にて候。

良寛

 

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 思い込みをひとつずつはずしてみたら。

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

何も無い、もない愛。

 

 

こんな自分が一度だけ、

 

「もう生きていてもしょうがないな〜」

 

と思ったことがある。身体にも声にも頭にも力がまったく入らなかった。

 

 

そんなこと自分が思うなんて、思いもしなかった。こんな自分が思うなんて、夢にも思わなかった。

 

 

・・・そのくらい、自分なんてわからない。知らない。

 

変わる。変わり続けるのが自分と思っているアレコレ。

 

 

 

出来事は変えられないけど、でもそれをどうとらえるかは、自分が決められる。

 

 

外側の思考や出来事や感情に注意をむけずに、一瞬、何もない沈黙という愛へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまんまを見る。

 

信号待ちしている時、やはり信号を待っている犬と飼い主に、ふと目が行く。その犬のなんとも呑気な表情を見て、思わず吹き出してしまう。

 

路上で車を誘導しているおじさん。あ〜こういう子どもっているいる、とおじさんが子どもだった頃の顔を想像して、思わず微笑んでしまう。

 

 

見られているという意識がお留守とか、どこか1点に注意が集中していない時って、みんな子どものようなそのまんまの顔をしていませんか?

 

そんな無防備な表情をたまたま見ちゃうと、どんなに普段コワいと思っている人も、ややこしい話をしなくちゃいけない場面でも、こっそりウフフ。

 

それがそのまんま見えていること。全部そのまんま見る遊びを練習していると、緊張したりがんばらなくても、リラックスして話し始めたり、ふわっと楽に接しているかも。

 

 

あくまでも、ウフフ、でね。ニヤニヤ、じゃなくね。

 

 

 

*「自己の本質」とは・・・ 思い込みをひとつずつはずしてみたら。

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第42回 20世紀最大の巨匠 ピカソ  2

10月22日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

大雨、降っても中尾流。

 

いやはや、よく降りました。雨。台風の影響も重なって中尾流の開催はどうなることやらと心配しましたが、大雨が降ってもやるのだ、中尾先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。

 

10月はピカソの2回目で、いよいよキュビズムに突入することになっていましたが、今回は大雨大嵐の予兆ありで、少し時間も早めに切り上げることにしたため、前半は、普段はなかなか時間がとれない先生との講義以外の自由なおしゃべりをみんなで楽しみました。

 

 

皆さんが先生に期待すること、今の講座の感想、これから取り上げてほしい芸術家、知りたい美術に関するあれこれ・・・中尾先生だから聞けたり、言えたりすることも多々あったような。

 

 

後半はピカソとキュビズムについて、予告編的にスライドを見て、キュビズムってどんな印象ですか?からスタートしました。

 

これはブラックの作品「レスタックの家」。積み木みたいな簡略化された立体が、キュビズム(立体派、立体主義)のきっかけと言われています。

 

この後、ピカソの「アヴィニョンの娘たち」がキュビズムの始まり。

 

アヴィニョンの娘たち 1907年

 

キュビズムの作品は、そこに何が描かれているかをゆっくりと読み解いていきます。

 

ガラス窓に打ち付ける雨の激しさが時々気になりながら、今回の中尾流は外が明るいうちにお開きになりました。

 

それにしても皆さん、よくあの大雨の中、来て下さいました。

そして私がとっても嬉しかったのは、最年長87歳の長老を気遣って「早めに開催するかどうかお知らせしたら・・・」と数名の常連参加者から事前にメールが来たことでした。まぁまぁ若い(笑)私たちにはなんとかなる雨風の道も、あの長老だったらどうだろう・・・と思いやる気持ち。そんなさりげなくお仲間を気遣う心優しき皆さんと、中尾先生のもとで一緒に美術の歓びを分かち合えることが、嬉しい。

 

来月はあらためて、「ピカソとキュビズム」に飛び込みます。よろしかったらぜひご一緒に。ピカソは、わからな〜いの代表選手のようですが、知れば知る程、なるほどピカソ!です。この機会にぜひその魅力に触れてみてください。お申し込み、お待ちしています。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第43回 20世紀最大の巨匠 ピカソ   「ピカソとキュビズム」

11月26日(日)13時から15時30分

 

お申し込みは中尾流と書き添えて、こちらからどうぞ→

 

 

お弁当は、おいしい。

 

急に寒くなって、今日の東京は冬の様です。

 

お弁当ってなんだかおいしい。前の晩の残り物を詰めただけでも、品数が少なくても、買ったものよりはなぜかおいしい。

 

お料理は上手ではありませんが、食べることは好きで、何でも食べるのです。

 

 

おいしいものの師匠から学んだのは、丁寧に暮らすこと。

 

おいしいものを作ってくれる友から教わったのは、最後の味付けは、愛情。

 

 

 

・・・あ、自分のお弁当が自分でおいしいわけだ(笑)!

 

 

 

これでもかってくらいに、雨が降る降る。