さいとうえみさんの「介護のこと。入門編」へ

FullSizeRender-288

普段は殆どテレビを見ませんが、お正月は見ました〜

その中に、面白いドラマがあって、

マツコロイド(マツコ・デラックスのアンドロイド)が出演!

片桐はいり演じる笑子おばあちゃんとの会話。

 

笑子

「何も出来なくなって人に迷惑かけるのにいる意味なんてあるの?」

 

マツコロイド

「意味があろうがなかろうが、すでに私たちはここにいる。

その事の方が重要なんじゃないかしら?」

 

さらに、ならばいてもいいのか?、と応じる笑子おばあちゃんにひとこと

 

「っていうか、もういるし」

 

… 生きているんだか感情があるんだかないんだか。

なんだかわからない淡々とした声と発言のアンドロイド、

マツコロイドの言葉だけど、真を突いていました。

 

このドラマは、脚本家の木皿泉さんの「富士ファミリー」というもので、

俳優さんたちの演技がすばらしく、わははと笑えて、かつ深いドラマでした。

 

人は皆、年をとって誰かの力を借りなくてはならなくなります。

迷惑をかけたくないと思ってもかけるし、

大丈夫だと思っていても足りないわからないことは出て来るし、

愛情があってもイライラするし疲労困憊するんです。

今、介護、看護、介助のこと、さまざまな問題が出て来ています。

ごく身近なテーマです。

私もその中に在ります。

 

プロトマニアでボディバランスセラピーをしてくれているさいとうえみさんが、

仲良しのはっしーと1月23日(土)に

 

介護のこと。入門編

 

を開催します。

えみちゃん自身が体験して感じること、わかること、

そしてセラピストとしての視点から、

皆さんに伝えられることを沢山用意してくれています。

 

まだ若干、お席があるようですので、

今まさにその中にいて、ちょっと苦しい〜とか、

どうしていいかわらない〜とか、

誰かに話したい〜とか、

周りにそういう人がいるから助けになりたいとか、

ただ知りたいとか、

人ごとでも自分ごとでも、ぜひ参加してみてください。

高齢者だけのことではなくて、隣人みんな、人間みんなのことだと思うのです。

えみちゃんのスッキリしたエネルギーとまなざしは、

完全解答や解決でなくても、きっとお日様のような力をくれると思います。

 

 

 

11月のプロトマニア ♪ ♪ ~♡

FullSizeRender-239

さてさて、まもなく11月です。

 

11月のプロトマニア。

スタートは、伊東充隆先生のもとで「  東京和サンガ  」のスタート。

根拠は全くないけど(笑)なんとなく素敵な、イチ 並びの11月1日から。

 

そして、中尾陽一さんの「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

11月22日(日)の中尾流のテーマは、マティス。

鮮やかな色彩、単純化された形、風がふわりと吹くような軽やかさ、マティス。

中尾さんの美術へのアプローチは、知識を増やすことを目指すものではなく、

沢山の作品を見て(レクチャーですのでとりあえずスライドです)見る目を養う、

そして自分のことばに置き換えてみる、という、それぞれの参加者がマイペースで

自分の知性と感性を耕すような時間です。

いつからでも、どなたでもご参加、大歓迎です。

 

伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」は23日(月祝)です。

私とはいったい誰なのか?、いったい何の為に生きているのだろうか、

何が現実で何がそうでないのか…

誰しもが一度は考えるこんな問いに伊東先生がさまざまな角度から応えます。

そして、非二元、ノンデュアリティー、悟り、真我、自己の本質、

そんな言葉やお話に興味がある? 求めて来たけれど何かピンと来ない?

ふむふむ、では、ぜひ伊東先生のお話を聴いてみて下さいね〜

ライブで感じ、理解し、マイペースで学べる場。

青空禅フォーラムは、隔月開催します。

 

11月最後、28日(土)は、kiico さんの

森の精・月の精と繋がるクリスマス フォレスとリース作り」です。

去年と同様、皆さんには大人の男の子、女の子になっていただきましょ〜

本当に楽しくて、世界でたったひとつのリースが出来上がります。

こちらは今、残席2名 です。お申し込みはお早めにどうぞ♡

 

そして、12月には景山えりかさんがまたまたプロトマニアに来て下さいます。

暮らしに活かす旧暦のエッセンス 〜冬至を楽しむ〜

旧暦の知恵は生活に根付いていて、長い時間の中で伝えられたきたもの。

だからそれは大きな自然の動きとゆったりダンスするみたいに、

身体にも心にも優しいんです。

えりかさんのお話は、とてもシンプルで分かりやすいし、

何より難しいところがありません。

冬も楽しくなる、冬至を楽しむ、ぜひご参加ください。

 

そしてそして、こんな寒さに向かう季節には、

さいとうえみさんの「ボディーバランスセラピー」をどうぞ。

ただいま不定期にて予約受付中です。

ご希望の方は、メールでお問い合わせくださいね。

えみさんのセラピーは、とてもふんわり芯から効きますので、

繰り返し施術を受けてみることをおすすめしますよ〜♪

 

プロトマニアは、忙しい日常からふっと離れる時間をご用意しています。

いろいろな思いや出来事から少しだけ離れて、自分に帰る時間です。

それは自分の内側と向き合う時間を作るっていうこと。

そこで、もうひとつ!

番外編ですが、私の師匠からのご縁でお友だちになった  Az さんの

グリーティングカードのワークショップもご紹介します。

11月14日(土)クリスマスカード作り@プロトマニア

Az さんはグリーティングカード作りをアメリカで続けて来て、

帰国された今、カード作りの楽しさ、カードを送る気持ちを大切にすること、

などなどをコツコツ伝えようとしています。

私もね、ちょっとしたお礼の気持ちや嬉しかったこと、感じたことを

カードに書いたり作ったりして送るのが大好きです。

カードを作りながら、相手のことを考える、thinking of you ♡

お友だちへ、遠くに近くにいるあの人へ、ご両親や尊敬する方へ、

ちょっとした気持ち、温かい気持ちをカードにのせて贈ってみませんか。

お申し込みは、Azさんのサイトからどうぞ。

FullSizeRender-241

Az さんが作ってくれたカード。これは私の高校時代の制服です。

Az さんと私の高校は別々。でもお隣の駅同士だったのです。

思いがけず、こんな懐かしい(笑)制服との再会。

Az さんの優しい気持ちを受け取りました。

 

 

プロトマニアを巡るいろいろ

thankyouk7

朝晩すっかり涼しくなりましたね。

明日からシルバーウィークのお休みが始まるという方も多いことでしょう。

自然の動きも世の中も、やけに騒がしくて落ち着かない感じがしますが、

皆さんはいかがですか?

 

この秋の休暇の最終日、プロトマニアは景山えりかさんの

『暮らしに活かす旧暦のエッセンス〜中秋の名月を楽しむ』

です。いらしゃいませんか?

知っているようで知らない季節の行事の意味や天文のお話が聴けそうですね。

えりかさんのお声は、耳に心地よい響き。

そしてお話がとても整理されて丁寧なので、すぅっと聴きやすいと感じます。

ご活躍中のえりかさんをプロトマニアに迎えることが出来るのは、とても光栄。

 

中秋の名月のお話だから、アート畑の私は鈴木敦子さんという画家が描いた

小さなお月様の絵を用意しました。

プロトマニアの壁に飾った赤い牡丹の花を描いたのが鈴木さん。

あの赤い絵は、初めて見た時におおらかで逞しい女性性を直感しました。

鈴木さんの絵は静かで強くて、絵と対話ができるところが大好きです。

 

 

 

10月になったら、さいとうえみさんのボディバランスセラピーも始まります。

えみちゃんのセラピーは、私から見ると形式がなくて、

「子どもの頃、おばあちゃんにお腹をさすってもらって安心して気持ちよかった」

みたいな感じです。

研鑽を積んで高い技術や知識を持ったセラピストは素晴らしいですが、

えみちゃんのはちょっと違います。

常に勉強を続けつつ、勉強を軽くひとっ飛びした天性を感じさせるセラピーです。

とても自然。

私の好みかもしれませんけどね! 実感です。

 

それからプロトマニアの生みの親みたいな青空禅フォーラムの青空仲間が、

それぞれのスタイルで青空意識を伝えています。

広島のセラピスト坂本範子さんや、

東京でこれまで一緒に学んで来た青空永音さん。

青空永音さんは、坂本さんに続いてインターネットTVに登場予定。

このご紹介はあらためて近日。

 

このところまた、くるっと元に戻って来た感じがします。

プロトマニアの運営も、真理の探究も、

油断するとついあれこれと比べて焦ったり、

力が入り過ぎてしてしまうんですが、

どこかでちゃ〜んと知っている感じを頼りに、

浮き足たたず、地道に、偉大なるフツウへ向かう秋のスタートです。

 

 

 

 

 

春だから〜ボディバランスセラピーを

owls

 

今日はあちこちで一年生を見かけました。

新学期の始まりですね。

 

お父さんとお母さんと小さな一年生。

子どもだけでなく、お父さんもお母さんも一年生みたいに、初々しい。

 

お腹に生命が宿った時から「お父さん」「お母さん」なのではなくて、

こうやっていろいろな体験をしながら、

子どもたちと一緒に、お父さん、お母さんへと育って行くのですね。

新米さんからベテランお父さん、お母さんへと。

 

春は、寒い季節から暑い季節への準備中。

からだもこころも揺れ気味で、不安定。

本来は、新しいことに取り組んだり、スタートにはふさわしくない季節、と習いました。

 

確かにね。

芽吹いたり、伸びたり… エネルギーがぐるぐる、ゆらゆらとうごめいています。

そんな時こそ、ボディーバランスセラピーで自分でも気づかぬゆらゆらを調整してもらいましょう。

 

今月の さいとうえみさんのボディバランスセラピー は、

4月25日(土) です。

ご予約受付中。

 

 

 

 

 

 

 

春@プロトマニア

sundyart

日曜日の午後は、中尾さんの絵画鑑賞入門講座でした。

このレクチャーは昨年3月にスタートしたので、一周年。

お休みの月があったので、次回4月で、記念すべき第12回目です。

中尾さんのレクチャーは、一般的な西洋美術史講座とは全然違う角度からアートに触れます。

一人の芸術家、作品、その周辺の逸話(これが中尾さんの幅広さを実感させます)、

という知的理解と、どう感じますか?という「あなたの感じ方」の感性のスイッチを入れます。

参加者全員が、ご自分のありのままの感じ方や想像力を自然に働かせて行きます。

すてきでしょ!

毎時間、その世界に引き込まれて、旅の気分です。

次回は4月5日(日)。テーマは今回のヴェネツィア派その2とあのカラヴァッジオ。

どのカラヴァッジオ???と思った方は、中尾流をぜひ一度体験してみて下さいね。

お申し込みをお待ちしています。

 

そして今週土曜日は、さいとうえみさんの「ボディバランスセラピー」です。

今回は、最終回17時がまだご予約いただけますよ〜

えみちゃんのバランスセラピーは、重ねて受ける程にその効き方が深くなる気がします。

リピートして下さる方が多いので、みなさんもきっとそう感じていらっしゃるのだと思います。

 

今月は、プロトマニア初登場の景山えりかさんの星のティーセラピーがあります。

えりかさんの美しい手さばきから生まれる極上のお茶を味わいながら、

大きな宇宙とからだの繋がりを感じたり、発見したり!

まだお席がありますので、どうぞお誘い合わせの上、お申し込みくださいね。

 

そして、プロトマニアならではの場「青空禅フォーラム」は、

3月29日(日)午後です。

東京の青空禅フォーラムをプロトマニアで再開してせっせと参加して来ましたが、

この春以降はなんだか予感がします。

なになになに??? どうぞお楽しみに!

 

九段の桜の季節はもう目の前です。

お堀の廻りの桜の美しさ。

舞い散る花びら。

プロトマニアのスタートは4月でした。

出会いやたくさんの人に育まれた今のプロトマニアを感じながら、

マニアックでオッケー!の場、プロトマニアをこれからも丁寧にやっていこうと思います。

protomaniamania

 

 

 

ゆだねる気持ちよさ

foremi

カラダって素直だなぁとつくづく思います。

思考が絡むとねじれてしまうことも、

カラダはそのままを表してくれる。

自分と思っている「意識」では気づけないけれど、

カラダは勝手に素直。

おいお〜い!と訴えてみたり、コレコレちょっと…といさめてくれたり、

よしよし〜と修正してくれたりします。

雨の土曜日@プロトマニア、さいとうえみさんのボデイバランスセラピー。

彼女はさりげない。

おじょうずを言わないし、情報でからめとるようなアプローチもしません。

ただ二本の脚でしっかり大地に立って、寄り添ったり、手を添えてくれたり、

ちょっとリードしてくれたりします。

だから最初は変化をわかりにくいかもしれないのだけれど、

確実にサポートが届いていると信頼できる。

私はそういう彼女をとても尊敬しています。

アタマでわかろうとするとわからないことも、

カラダは知らないうちに示してくれている。

自分がカラダを操縦しているという信念をちょこっとお休みして、

たまにはただ委ねてみるといいと思います。

そして委ねるってなんて気持ちよいことでしょうか。

えみさんは、それをそばで見ていてくれる、そんなひと。

さいとうえみさんのボデイバランスセラピーとは

greenapple

明日のプロトマニアは、さいとうえみさんの「  ボディバランスセラピー  」です。

 

ヨガをやって来て、肉体を通してわかることを教わったけれど、

肉体にとらわれてしまうと、それはそれで迷い子になってしまいます。

だからといって、やはりカラダは気になる。

調子が良くないと、気持ちが沈んでしまったり、イライラしますよね。

精神的なトラブルも、実は身体からまず調整することが早道、ということは多々あります。

私は最近、いつもどこかがかすかに「痛い」ことがどれほどストレスか、

ということを実感しました。

腰を痛めた時も、腰が悪い人の気持ちがようやくわかったし、

体験してこそ共感できる。

 

さいとうえみさんのボディバランスセラピーは、たぶん、どこにもないセラピーです。

えみオリジナル、なんですね。

だからどうやって説明したらいいか、正直よくわからないんです。

やっぱり、体験してみてね、としか言えないのは、なんとだらしない広報担当、でありましょうか!

しかし!

これはとてもおすすめ、とあえて体験していただくことをおすすめしちゃいます。

 

そんな頼りない説明をする私ですが、

私がえみさんを信頼してしっかり手を結んでいられるのは、

間。

ま、が同じだからなんだと思います。

間の取り方って、感覚ですが。

えみさんは、人を治そうとするのでなく、

 

ただ話を聴いたり、一緒に笑ったり泣いたりする、そっと寄り添う気持ちでいる。

昔で言う、タバコ屋のおばちゃん感覚(笑)でやろうと思う

 

と言っています。

そうこうするうちに、会わないと気になるひと、

それが さいとうえみ なのであります。

 

来年からはプロトマニアに定期的に来てもらう予定なので、

ぜひ一度、ボディバランスセラピー、体験してみてくださいね。

 

 

まんまるの愛

moonfromnoto

…とそんなわけで(どんなワケかは前回ブログをお読みくださーい)、

女であることと仲良しになった私は、女でよかったな〜と思っている今日この頃です。

つまりは、自己肯定したっていうことなのだろう。ふむふむ。

 

この秋はとても素敵な女性たちによるワークショップを計画しています。

11月は、さいとうえみさんの「ボディーバランスセラピー」〜呼吸を中心にからだのバランスを整える~

12月は、kiico さんの「木々と繋がり作るリース」〜クリスマスシーズンに向けて植物と対話しながらリースを作る~

お二人とも、自然としっかり繋がっているんです。

おおらかさと繊細さ、大地に根を持つたくましさ、

そして、とらわれのない悪戯っ気を感じる女神さまみたいな方たちです。

ご予約の受付を始めました。

詳しくはワークショップ のコーナーからご覧くださいね。

 

 

女性であることは本来、とてもおおらかでどっしりしたエネルギーなのだと思います。

その中に 美しさ、柔らかさ、可愛らしさ、強さ、激しさ、などなどがあります。

自分の中の女性性と男性性のバランスを感じることや、

生命の根源である女性の「性」のことも、実はとても大切。

プロトマニアの主軸である「この世界の本質とは?」を、

女性ならではのアプローチをしている先生たちをお迎えして、

いろいろな角度からみなさんと対話したり実感してみたいなと思っています。

もしかすると、女性から発せられる言葉やエネルギーで男性の参加者が増えていくかもしれませんね~

本質には何ものも分けるものはありませんから。

 

今日は満月、そして皆既月食。

このブログの上の写真の中にも、まんまるお月様があるんですよ! 見つけてね。

いつもすてきなコラージュと言葉をお葉書に載せて届けて下さる陶芸家、能登実登利さんのお月様です。

陰陽で言うと、月は陰で女性性、太陽は陽で男性性を象徴します。

そして天地では、地が陰で天が陽。

男も女も、お互いになくてはならないし、

どちらも欠けずに優しく大きく在るのがこの世界なんですね~

まんまるのおっきい愛、ってことですね、きっと。