天真爛漫、浮かれポンチの生命

 

夜の東京湾上空、飛行機がこちらに向かってどんどん下降して来る。

 

すごーい、すごーい! 迫力満点。

 

おおはしゃぎ。

 

 

 

ほとんど幼稚園児。

 

 

 

 

そんな夜もあります。

 

 

明日のプロトマニアは、空のお茶会 です。

先生はいないから、誰かに教わるという視点を手放して自分を信頼してみる。

誰でもいつでも、ふらりと遊びに来てくださいね〜。

 

 

 

 

*先生はいません、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

中尾先生の絵画鑑賞講座『ボナールとナビ派』、まもなく。

 

中尾先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、4月で第36回目。ってことはもう3年続いているということで、それはそれは素晴らしいことだと実感するわけです。

 

参加することで、

 

 

何か資格が取れる、わけでもなく、

 

現世利益につながるノウハウもの、でもなく、

 

これに参加すると救われます〜!、とかでもない、

 

 

この中尾流。

 

思い返せば、最初はごく少人数の回もあり、寺子屋準備係は内心ヒヤヒヤしながら山あり谷あり、今は毎回なんとも良い雰囲気です。この講座は淡々と穏やかに3年間、プロトマニアを支えてくれました。

 

中尾先生、ありがとうございます〜♡

皆さま、ありがとうございます〜♡♡

 

この講座は、誰さんよりも知識が多いとか、たくさん絵を見ているとか、美術に詳しいことが美点にはならず、優越感にもならないところがミソ(笑)。

美点になるとしたら、全体のハーモニーを感じてその場に楽しい発言をしたり、中尾先生の大いなるクマサンっぷりを笑っちゃうってこと、かな。

 

中尾先生の「ボナールとナビ派」のお申し込みは、中尾流4月と書き添えてこちらからどうぞ〜 →

 

 

 

置いてきぼり、は、なし。

公園で川の向こうの風景。

保育園の子どもたちが先生に連れられて遊びに来ていました。先生に促されてみんな階段を上がって行くのに、ひとりだけ何かに夢中になっている子がいます。先生が「★★ちゃ〜ん、置いて行くよ〜」と声をかける。子どもは何かを指差しているけど、先生は来てくれない。先生がもう一度呼ぶ、それでもゆっくりゆっくり。そしてようやくやっと、子どもは階段をよいしょよいしょと上がって行きました。

 

置いてきぼりの不安より、目の前の好奇心でいっぱいのこども。

 

 

しんりのたんきゅう〜、なんて言って探し求めていた若い頃、何を勘違いしたか、真理の探究のために結婚するのを止めちゃったことがあったけど、その頃の自分は「きっと真理というものは、ちょっと苦しくても緊張してがんばらないと近づけない日常からかけ離れた神聖なものなのだ」と勝手にスペシャルなイメージを持って思い込んでいた。そして、そういう自分を良くも悪くも周囲の友だちとは違っている、スペシャルなのだと、思っていたのかもしれません。

 

真理の探究の末、偶然にも伊東先生の青空禅フォーラムに出会ってここまで。紆余曲折ありましたが、どうもこのところ落ち着いてきたみたい(♪)

 

これまでにも増してふつうにふつうに、フツウ道を行きますよ〜

 

置いてきぼり、はないからね。

 

 

 

*先生はいません、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

ただ在る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*先生のいない、読書会〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

*ふだんの言葉で伝える  ” 自己の本質  ” 、決して変わらないもの、とは〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても楽しい!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

第36回 ボナールとナビ派

4月23日(日)13時から15時30分

お申し込みはこちらから→

 

4月、バーソロミューと共に。

IMG_2501

 

「・・・この旅の目的は、常に存在する覚醒意識の流れに目覚めてもらうことです。そしてヒマラヤで現在の瞬間にゆったりとくつろぎ、覚醒意識に完全に身をまかせられるようになってもらうことです」

 

バーソロミューはそこで一息ついて、何人かの顔に信じられないという表情が現れたのを認めると、前にぐっと乗り出して尋ねた。「できないことはないはずですよ。できないと思っているのはあなたたちだけで、わたしはここでちゃんと、あなたたちにはできるから、いまいっしょにやりましょう、と言っているのです。こうした集まりをあと何回すれば気がすむのでしょうか。あと何カ国訪問しなければならないのでしょうか。あと何回団体旅行を企画すればよいのでしょうか。

 

もう実践の時が来ました。どんどん実行するべき時です。〈 実践 〉というのは具体的にどういうことか、説明しましょう。あなたはこれまで神を探してきましたが、あなた自身が神の体験そのものだということを忘れています。現在の人生が自分の求めてきたものだとはとても信じられないので、現在の体験を別の名前で呼んで、それとは別の何かを求めて果てしない時間とエネルギーを使っています。

 

でも実際のところ、いまここにあるものが〈 それ 〉なんですよ。いま現在あなたが体験していることが、あなたの求めてきた〈 もの 〉なんです。わたしの言葉が真理でないと主張する人はそれを見つけられません。イライラしたり退屈だったり、蒸し暑さにうんざりしたり、心配したりする自分の心や、自分の現在の夫婦関係などが神の体験であるはずはないと思いたいでしょう。

 

これから三週間の旅が終わるころには、こうした気持ちも神なのだということがわかるようになります。ただし、いま現在の瞬間に専念して、何も考えずにこの瞬間をありのままに感じつづけることができたら、ですが。批判したり分析したりすることなく、すべてを聞き、すべてを見てください。ただそこにいてください。その瞬間のありのままの状態の中でありのままの自分を素直に体験してください。あなた方はすでにいまここに完全な姿であるものを見つけようとしているのです。おぼえていますか。覚醒を妨げる最大の障害は、自分は覚醒していないという思い込みです。」

 

バーソロミューは体を起こすと、遠くを見る目つきになって言った。「いま現在体験しているものが覚醒ならそんな覚醒はいらない、とあなた方はこれまで何度も言ってきましたね。でもそう思うのは誤解しているからです。自分の体験の中に” 大いなる光 ” があるのがわからないからです。これがどういうことなのか、発見してください。どこかほかのところに ” 大いなる光 ” を探しに行っても決して見つかりません。なぜならいまここで起きていることの中にすでにあるのですから。わかりますか」そこで言葉を区切ると、わたしたちをじっと見つめた。彼の言葉をなんとか理解しようと努力している人たちの焦燥感が感じられた。

 

『バーソロミューの旅日記(上)』京都の一日目ーバーソロミューの意外な第一声 より抜粋

 

*この本は、1992年にアメリカ人とオーストラリア人のグループが日本とインドへ旅した時の物語です。

 

バーソロミューのお話の中に出て来る「神」や「大いなる光」という言葉を、「真我」や「真理」、「私」に置き換えて読んでみるのもよいかもしれません。

 

非二元が脚光を浴びた(?)この数年ではなく、スピリチュアル全盛の90年代にバーソロミューが伝えようとしていた自己の本質。

 

今この本を読むとわかりますが、バーソロミューはスピリチュアル的なとらえ方や感覚を否定すること無く、禅で言うところの廓然無聖、何も無いすら無い自己の本質へとゆっくりゆっくりユーモアをまじえて愛情深く私たちを促してくれています。

 

ちょっと時代遅れ?くらいな優しさだからこそ、今の自分の立ち位置に素直に正直になることを怖れることなく、少しずつバーソロミューの言葉の深さに耳を傾け、真意をとらえることができるかもしれません。言葉の催眠にかからずに。

 

バーソロミューが誰であれ、何であれ、感謝と尊敬を感じます。私と同じように深い深い安心、真実の私を探して来た友人たちも、きっとバーソロミューにサポートされることでしょう。悟りとか真理!  なんていう大袈裟なものでなく、求めることもなく、日々をやさしい心持ちで過ごせること、何も特別なことがなくても充ち満ちていることに気づくのかもしれません。

 

 

*先生のいない、読書会〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

正しい?間違い?は条件反射のように。計らない空のお茶会は4月22日(土)

この座禅をするカエルくん、なかなかいい味を出してくれているので、プロトマニアの青空禅フォーラムコーナー担当に任命することにしました。お顔はぼーっとして愛嬌がありますが、座禅をする後ろ姿に哀愁がありますねぇ。

 

さて、先日の和サンガ第4回目の時、私たちとのある対話の途中、伊東先生から「すぐに良いか悪いかと気にしていることにまず気づきましょうね」と促されました。

うん、なるほど私たちは無意識に「これでいいんですか?」「正しくやっているだろうか?」「ちゃんどできているのかな?」と確認しますし、したくなります。

 

 

あれは正しいのか?間違っているのか?

これは善いことで、あれは悪いことではないか?

あれがホンモノで、これはニセモノ。

あっちが正統派で、こっちは浮かれポンチ(・・・あ、違った(♪))

 

といった具合です。

この世界全体が二極で出来ているので、そういう脳の機能は止められません。二極対立はシーソーのよう。あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
そこでできることは、それに意識的でいること、気づくこと。

その物差しで計り続けることは、シアワセでしょうか?

それを問い続けることに意味があるでしょうか。

観点は、観る点、位置が違えば違って見えています。

そしてよくよく見てみれば、善悪どちらも、どれもこれも、『概念』です。

 

正しさか、愛(無分別)か? どちらが和やかでしょうか。

 

調和はどこにあるでしょうか。

 

・・・バーソロミューは、そんなことも私たちに問いかけ、明晰にリラックスしてただ見ることへ、判断の手前、思考の 0.1 秒前 !へと促します。

 

真理、悟りのおはなしの中で登場する「私はいない」という言葉。それが今の自分の感覚と乖離しているならば、やみくもにその言葉をさぐって迷子になるよりも、まず身近なことからひとつずつ自分で確かめてみることが大切だと感じます。

 

それはたったひとりでやることだけれど、そばで忍耐強くサポートしガイドしてくれるのが、青空禅や和サンガの伊東先生であり、空のお茶会のバーソロミューなのです。

 

誰が先生?

分かっている?  分かっていない?

問うこと無しの、空のお茶会。

 

過去や未来を現在の瞬間に引きずり込んで、偽の自己を悲劇や喜劇の主人公に仕立てようとしている自分に気づいても、あせらず気を楽にしてください。この過去や未来のドラマの主人公はわがままで、常に自分が正しいと思いたがり、権力を欲します。それに抵抗しないで、リラックスして、いまの瞬間に意識を向けましょう。大きく呼吸しましょう。浮かんでは消える想念を眺め、生まれては消える音を聞き、たえず変化する目前の景色を眺めましょう。意識を完全にこの瞬間に向けます。そうすると、一瞬ののちに次の一瞬が来、それをくりかえしているだけだと気づきます。生きる目的は、いのちが躍動するすばらしいこの純粋な瞬間を一瞬一瞬楽しむことだとわかります。

 

『バーソロミューの旅日記(上)日本編』 京都の四日目 より抜粋

 

 

 

 

*先生のいない、読書会〜

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

4月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→

青空禅フォーラムは4月29日(土祝)です

青空禅フォーラム

 

青空禅フォーラムは今月、4月29日(土祝)14時〜16時まで 開催です。

 

 

伊東先生の青空禅では、

 

自己の本質を

 

青空

 

肉体、思考や感情、記憶や気分など認識できるものすべて(心身)を

 

 

 

に例え、概念を超えたそれの入口へと丁寧に向かいます。

 

 

 

 

青空は在る。

 

 

 

 

雲は雲なだけ。

 

 

 

 

不立文字

 

と禅で言われるそれは、言葉を発した途端、それではない。

 

 

ではどうしたら? と問うことよりも、

言葉という制約、概念から解き放たれるそのことに、

深くほっとするかもしれないし、

言葉にならない変容が自ずと起こるかもしれません。

 

 

知識や方法を重ねることではなく、

つかもう、さがそう、としないことへと青空禅は誘います。

そのことにひたすら誠実な伊東先生の穏やかで静かな情熱の青空禅。

一度、いらしてみてくださいね。

 

 

*自己の本質を知り、意識の軸を変容する〜

伊東充隆主宰  青空禅フォーラム  Tokyo

4月29日(土祝) 14時から16時

お申し込みはこちらから→