そらのお茶会のミッションはひたすら、リラックス。

 

10月の空のお茶会は、男女混合チーム。お茶とオヤツとおしゃべりをバーソロミューと一緒にのんびり楽しみました。

 

このところバーソロミューの朗読は、事前に文を抜粋せず、おみくじバーソロミュー。初参加の方にパッと本を開いていただいたところから読む。意図の入る余地がない出発。無防備で始めています♪

 

瞑想とか、ただ座るとか、呼吸とか、いろいろ言われるけど、それはひたすらリラックスのためだと思います。身体もゆるめ、頭の中のおしゃべりもゆるめ、ぼよよ〜んとすることを促します。瞑想法とか座り方、呼吸法のお約束は、身体と頭に「よろしい、ボヨヨンを許可します!」と宣言しているようなものでしょ。そこで眩い光が見えてもいいし、身体が無くなって目玉だけになっちゃてもいいし、溶け去ってもオッケーです。でもそれをつかまない方がいい。それと本質は無関係だから。

 

 

何しろ、リラックスが大事なんだってコト、それが10月のお茶会ではよ〜くわかりましたよ〜

 

 

これまで何年にもわたって、「座って心を静めよ」と言って来ました。肉体や精神や感情が生み出す雑音を消したときに、もうひとつの創造的なエネルギー、つまり純粋な覚醒の存在に気づくことができます。それはあらゆる瞬間にあなたとともにあり、細胞や頭のなか、そして感情のなかに存在します。それがなかったならば、何も存在できません。

私があなた方に使うようにと勧めているのは、このちがう種類のエネルギーなのです。そのなかに入ると、ただちに純粋な覚醒を感じはじめます。そこには思考も識別も形もありません。このエネルギーの場は、愛や健康に関する〈 新しい 〉感覚を人びとにもたらすでしょう。

どうすればこのエネルギーの場に入れるでしょうか。

心を静め、純粋な覚醒のなかに入り、それを感じることです。このことを一時間に何回となく、できるだけ多く実行します。心を静め、入り、感じる、です。

 

このエネルギーの場に入ることを、自分の人生における最も重要なことだと思って生きると、いわゆる静かで小さな神の声が聞こえるようになります。それが静かな声であることは疑問の余地がありません。それが小さな声に思える理由は、人はいつも肉体や心や思考の声に耳を傾けているからです。けれども静かで小さな声はいつも存在しています。それに達する方法は、心を静めて、このエネルギーの場に入ることを日常的に実行することです。

やり方がまちがっているのではないかなどと心配しないでください。とにかく実践することです。そしてその過程で、瞬間的な創造が可能になります。

 

『バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り』第四部 帰還 波と虚空 P199〜200より抜粋

 

 

・・・ね。

 

それは思っているよりもずっとずっと、静かで小さな声。あ〜でもないこ〜でもないと雑音があると、気づけない。

 

言葉や表現にとらわれないでくださいよ〜。バーソロミューの言葉そのものではなく、それが差し示す方向へ、です。

これか〜!とガッテンしたら、おそらくまずそれじゃないから(笑)、ハイまた戻って戻って。一緒に静かにしましょ。

 

空のお茶会はひたすら、リラックスのために。

 

 

季節の和菓子でお抹茶ごっこしました。

 

南から飛んで来てくれた、しあわせはこぶとりサブレ。

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

11月12日(日) 14時頃から16時頃まで

 

参加費は2000円(お茶とおやつ付き) 当日参加も大歓迎〜♪

 

 

 

空のお茶会の生まれ故郷はこちら。

*「私」の位置はどこ?  「自己の本質」とは在ることそのもの・・・

 

伊東充隆 主宰  第4回 青空禅塾

 

11月5日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾と書いて、こちらからどうぞ→

 

広告