私が何かを知らない?

 

人間が苦しむ理由。インドの哲学書ヴェーダンタの中にそれが書いてあります。

そのひとつ。

 

私たちが、自分が何か?  を知らないこと。

 

 

不安に思ったり、苦しんだりする私たち。私、私、って言うけれどそれはいったい何を指しているのか?・・・あらためて考えてみると、

 

実は何も分かっていません。

 

それをわからないまま、わかるものにばかり目を奪われています。

 

 

私って、わかっていますよ、もちろん自分のことでしょう? 自分個人のことを「私」と言って生きていますから。

 

・・・それは本当ですか?

 

 

ところで「自分」って何かというと、丁寧に見てみれば、心と身体に条件づけられたものを指しています。目を奪われているもの、わかっているもの、わかっている自分とは、この思考、気分、感情、記憶、イメージ、国籍や性別など。

 

普段、私たちはこの「自分」が「私」だと当然のように信じて生きています。同一化しているってことですね。

 

じゃあ、もう一度。ほんとうに、

 

 

私 = 自分

 

 

なのかな?  これを検証してみます。

 

 

私は、思考だ、感情だ、記憶だ、身体だ・・・

さらに、

 

私は、真我だ。

私は、無だ。

私は、神だ。

・・・・

無意識に思っていたり、学んだ情報で思い込んでイコールにしているものだけで、こんなにあります。

 

ところが思考も、真我も、無、も、言ってみれば概念です。実体はありません。

 

私 = 自分。

私たちが普段から当り前だと思っているこれを疑ってみて、その信念を解いていくのはそれほど簡単ではありませんね。

 

もし「私」が何か? が分かった!と思っても、私は〜だ、ということが分かる、つまり実はそれはまた何かと = イコールにしているんですね。

わかった! と思った瞬間、何かにイコール。すなわち、実体はなく、不変の本質ではないということ。

 

 

ということは「私」が何か? を直接見ること、知ることは、できないのですね。

まずは、何ではないか、だけを見てみましょう。引き算です。

 

 

・・・・・といったことを、伊東先生はお話します。

もう知っているつもりでいることも、丁寧に見て聴いていると、おや?という発見があったりします。これまでいろいろな本を読んだり、お話を聴いて来た方でもきっと、盲点に出会えるかもしれません。

 

盲点は、ひとりでは見えないのよね〜

 

 

* 言葉ではない。不立文字の「自己の本質」とは・・・

伊東充隆主宰 第2回青空禅塾

 

9月2日(土) 13時から17時まで

 

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

 

 

 

 

 

広告