ただ直接の洞察だけが自己を露わにする。

 

 

マハラジ

・・・あなたはとても多くの言葉を学び、とても多くの言葉を話してきた。あなたはすべてを知っている。だが、あなた自身を知らないのだ。なぜなら、自己が言葉を通して知られることはないからだ。ただ直接の洞察だけが自己を露わにする。内側を見なさい。内側を探求するのだ。

 

質問者

言葉を放棄するのは難しいことです。私たちの精神的人生は、ひとつの絶え間ない言葉の流れなのです。

 

マハラジ

それはやさしいとか難しいという問題ではない。あなたに選択肢はない。試みるか、試みないか。それはあなたにかかっているのだ。

 

質問者

私は何度も試み、そして失敗してきたのです。

 

マハラジ

もう一度、試みなさい。あなたが試みつづけるなら、何かが起こるだろう。試みなければ、あなたは立ち往生するだけだ。あなたはすべての正しい言葉を知り、聖典を引用し、討論において優秀であるかもしれない。しかしそれでも、ただの薄っぺらな人間のままだ。あるいはあなたは目立たない、謙虚な、取るに足らない人かもしれない。それでも、愛に満ちた優しさと、深い智慧に輝いているかもしれないのだ。

 

 

 

Ω  I AM THAT  Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
『アイ・アム・ザット 私は在る』ニサルガダッタ・マハラジとの対話     

『自己同一化からの自由 』 P533より抜粋

 

 

 

 

* ” 私  ” は何処に在るのか、決して変わらないものへの入口

伊東充隆主宰 第1回青空禅塾

8月6日(日) 13時から17時まで

お申し込みは青空禅塾参加と書いて、こちらからどうぞ→

 

広告