7月第39回中尾さんの絵画鑑賞からは、言葉が溢れ出る。

 

中尾陽一先生の「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」。
7月は6月に引き続き、イギリスの画家ターナーの後編。後編では、ターナーと並ぶイギリス風景画の巨匠、コンスタブルを見ていきました。

 

 

 

コンスタブルは、ターナーと1歳違いで1776年生まれ。この二人は生まれや育ちにはじまり、画家人生全般で何かと違いがあります。

 

ターナーは、14歳で既にロイヤルアカデミーに入学を許され、27歳にしてロイヤルアカデミー正会員に推挙される、つまり一流画家と認められるという早熟の天才ぶりですが、コンスタブルは24歳でロイヤルアカデミーに入学して53歳でようやく正会員に選ばれました。

 

 

いつものように、コンスタブルの作品はどんなものかをスライドで見て行きます。

 

 

ターナーとは違いますね〜

 

「空が画面の半分を占めていますね」

「水面の描き方がすごい」

「イギリス的というか、すごく真面目に描いている印象」

 

参加者からはどんどん言葉が出ます。コンスタブルの絵の特色を的確にとらえている感じ。

 

 

イギリス国内外を動き回って(!)作品を制作し、生活はやや破天荒で変わり者だったターナーと比べると、コンスタブルはイギリスから外へ一度も出た事がありません。どこへも行かず、馴染みのある風景を描きつづけました。そして家族や友人を大切にしたそうです。

 

干し草車 130x185cm 1821年

 

一見、なんの変哲もない風景の中に瑞々しく詩情あふれる印象を描き切っているコンスタブルは、イギリスでの評価よりもフランスで評価が高かったそうです。

美術史的に言うと、この頃までは風景を描いた「風景画」というものはなく、風景が描かれているのは「歴史画」でした。そんな時代に自然を感じさせる「人間と自然の調和」を描いたコンスタブルは、風景画の開祖的存在。画面の上に微妙な色調の色を置いて表現するコンスタブルの手法は、印象派の技法、点描の先駆とも言われます。

 

主教の庭から見たソールズベリー大聖堂 1823 年

どの部分もとても生真面目に描かれているけれど、スケール感がありますね。

 

1824年頃 Seascape Study wir Rain Cloud

完成度の高いコンスタブルの絵。その下絵では、感動をそのまま描いていました、こんな風に躍動感いっぱいに。

 

 

 

「コンスタブルの絵は、どこもかしこもちゃんと描いてあって、ジクソーバズル的というか・・・」

 

という面白いご意見が出ました。

 

「ジグソーパズル・・?・・?・・?」(そのココロは???)

 

・・・

 

と、しばらくあれこれ意見の交換があった末に、

 

「わかるわかる、なるほどジクソーパズルね」

 

となりました。

コンスタブルの作品は、細部まできっちりと描かれていて、ジグソーパズルにするとおそらくどのパーツにもストーリーが見える、ある。ひとつひとつ組み合わせて行って、最後の1ピースで、みごとに、ハイ完成!、さぁ壁に飾ろう〜〜と思うような作品。お部屋にあったらいいなと思える風景画。

 

 

参加者の皆さんの感想、ご意見がどんどん出て、思わず聞入ってメモをとるのがやや手薄になったワタクシ。その皆さんの集中力と先生とのやり取りが、ずいぶん変わって来たな〜と感じます。毎回参加して下さるからということでは片付けられません。この中尾流全体が目指すところの、

 

 

知らない絵を見た時に、どう思うか感じるかを言葉にできるようになる。

 

 

が、目に見えて育まれている。中尾先生のリードで、その時集まった参加者からどんどん引き出されていくことば。

 

 

すばらしい〜〜〜!

 

ターナーのような天才破天荒ウサギさん型の芸術家も魅力的、でも、ちょっと地味だけど着々と我が芸術を完成させるカメさん型芸術家の存在感もすごい、ということが、後編を通して見えて来たかなと思います。

 

コンスタブルの言葉。

「この広大な世界に、同じ日は二度となく、同じ時間も二度とない。そして天地創造以来、一本の樹に同じ二枚の葉はない」

 

 

・・・と実況中継としてはやや中途半端ですが、お後がよろしいようで・・・。

 

 

7月のオヤツはこちら。

 

黒米の皮にずんだあんのお大福。集中するとお腹がすきます。

 

ご参加の皆さま、中尾先生、7月も楽しい白熱、ありがとうございました。

 

さて、次回は8月27日(日)の13時からです。

次回のテーマは、真夏にはやっぱり、

 

「アンリ・ルソー」

 

私、大好きです。夢の中で見たようなルソーの世界。楽しみ〜〜〜〜♪

ぜひご一緒しましょう〜

8月告知文はまた中尾流コーナーにアップしますので、お楽しみに。

 

 

*美術のことを知っていても知らなくても、ただ楽しもう!〜

中尾陽一主宰 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座

 

第40回 アンリ・ルソー

8月27日(日)13時から15時30分

 

 

 

 

広告

たった今にすべてがある回想。

 

しばらく忘れていたことを、ふと思い出す。

 

 

 

 

忘れていた感覚。

 

 

 

 

忘れていた想い。

 

 

 

 

触覚。

 

 

 

 

臭覚。ふとした匂い。

 

 

 

 

ドキドキ。胸のざわつき。

 

 

 

 

 

白昼夢。

 

 

 

 

 

 

声。くすぐるような甘い音。

 

 

 

 

 

 

愛おしさ。名付けられない。

 

 

お知らせ、7月空のお茶会とかとか・・・

 

土曜日は、7月の空のお茶会でした。

今月は、お茶会らしくお抹茶を点ててみましたよ〜♪何よりも空のお茶会は、リラックスしてゆるめて寛いで、見る、が大切だからね。

 

今回はバーソロミューから具体的なワークもやってみました。先生はいなけど、参加者それぞれに得意技があります。だから先生じゃないけどワークの進行をしてくれる友人がいて、すごく心地よかったです。心配しなくてもちゃ〜んとみんなにとって和やかにうまいこといっちゃうのが、さすがにさすがの、全・体・性!

楽しかったなぁ。

 

空のお茶会は、参加したからには何かしらをつかみ取って帰るわよ〜というガッツと期待をちょっと横に置いておいて参加してほしいのですが、きっと帰り道に、なんだか楽しかったな〜、ゆっくりしたな〜、お風呂に入ったあとみたいだな〜♪、というような、大げさじゃないシアワセ〜な感じがある、かなと思います。

 

8月は、8月20日(日)の午後を予定しています。ぜひ一度参加してみてね。

 

 

それから、わたくしからのちょっとしたお知らせなのですが、

アートの仕事で、写真家の百瀬恒彦さんの個展を8月3日(木)から表参道のプロモ・アルテギャラリーで開催します。プロモ・アルテギャラリーは、この8月でクローズすることになり、ここで開催してきた百瀬さんの個展は今回が最後です。ぜひ遊びに来て下さいね〜

 

普段、私はアート関係のことをこのプロトマニアからは発信していませんが、これから、このプロトマニアにアートも本質も引き受けてもらおうと思います。

 

プロモ・アルテギャラリーは、1999年に私がフリーで画商仕事をスタートした時から、とてもお世話になり、かつ、思い出深いギャラリーです。独立したばかりで、ヨロヨロしている私に、オーナーが「何かやってみれば?」と声をかけて下さったのがきっかけで、パリの街角のギャラリーのように、日常の中にアートがある生活を想定して、有名無名関係なくさまざまなアーティストの作品を集めた内容の展覧会を始めました。その名は『 LOVE  アート!展』(アートを愛して!)

その時の密かな想いは、日々の暮らしの中にアート作品を置いて、作品と向き合う=自分の内面と向き合う時間を持とう、でした。

それは自分にとっては真理の探究の一貫であり、今に繋がる「アートと暮らそうプロジェクト」でした。

最初は、アトリエケチャップカンパニーという名で、そしてちょっと成長してアラカワアートオフィスへ。ホームページのジャーナルもその頃から書いて来ました。

 

あれからいろいろな状況の変化で、仕事も生活も変わりました。今、現代陶芸のギャラリーのお仕事をさせていただきながら、このプロトマニアで、ご縁と共にダイレクトにすべての源、不変なる本質とは何か?ということを考えたり、知るためのあれこれを実現しています。先生方や興味を持って下さる皆さんのおかげさまです。

 

私の長い探究の旅はひとまず終わり、慣れ親しんだプロモ・アルテギャラリーが次のステージへと向かうことになったのを合図に、あらためてプロトマニアにアートも本質も引き受けてもらおうと思います。

 

どんな風にやって行くかはまだわかりませんが、プロトマニアがより概念や名前の枠を外した本質への入口になるように、先生方や友人たちと、そしてこれから出会う皆さんと共に楽しくやって行きたいなぁ。どうぞよろしくお願いいたしまーす!

 

空・そら・ソラ

 

 

 

 

 

 

伊東充隆先生の青空禅塾、8月第1回!

 

この写真のお弁当の梅干しは、半世紀に渡る人生で初の梅干し作りの作品です(大げさ〜)。幼稚園の頃にはもう庭にあった梅の木が、お引っ越しや隣の家の火事の炎の熱さにも負けず生きつづけ、毎年梅の実をつけてくれるおかげです。いったい梅の木は何歳なんだろうか・・・

そして、夏のお弁当のご飯には、やっぱり梅干しは欠かせません。

 

というように、人生にはさまざまなドラマがありますが、その中でも欠かせないのは、

 

 

私とは何か?

 

 

という根源的な問い、だと思います。

 

それは知っていても知らなくても、お腹はすくし、腹も立てば涙も出る、愛情をたっぷり感じたり、ウットリすることも起こりますが、

 

 

私とはどこにあるのか?

 

 

を見破ると、起こるそれらをただそのまま、あるがままに見ているということが、日々の在り方に変わるかもしれません。

 

 

「非二元」とか「悟り」とか、言葉やイメージが盛り上げたブームがようやく落ち着いて来たところで、今、ゆっくりとそれに触れる場は、

ここです!

 

 

伊東先生の『青空禅塾』

 

 

伊東先生は、変わらずぶきっちょなほどに誠実に「真我、ファースト」でやって来た人だから、天才肌ではなく、コツコツ地道で、誰にでもわかる言い方やフツウの暮らしの中でできるちょっとしたコツを伝えて、さらっとサポートしてくれます。先生のそれまでのたくさんの実験、実践で実感したことを、惜しみなくわけてくれるのです。何よりみんなの疑問、つまずき、迷路に、共感してくれます。

 

共感・・・

 

 

私は、ダメだ。

私は、まだまだ、だ。
私だけ、知らない。

きっとだめなんだ、やっぱりだめなんだ〜、

ホラやっぱりだめだ〜〜〜〜

ワァァ〜〜〜〜〜!!

 

 

・・・みたいな叫びにも、先生はただ静かに、穏やかに、頷く。

 

 

梅干しみたいに、やっぱり永遠。

戻って来るのはココ。

青空禅塾は、毎月1回、4時間、それにたっぷり集中する塾。

伊東先生と真我の友人たちと。ぜひご一緒に。

 

 

 

* ” 私  ” は何処に在るのか、決して変わらないものへの入口

 

伊東充隆主宰  青空禅塾 

 

8月6日(日) 13時から17時

お申し込みはこちらから→

 

 

 

 

 

 

慎ましく、果てのない。

 

非二元を伝える役目のティーチャーたちは、非二元と問題解消は関係ないから、非二元を知ったところで、何の役にも立ちません、人生の一発逆転はあり得ません、苦しみの解消や癒しにはならないよ〜と、親切に誠実に伝えています。

 

それは癒しや苦しみを消すツールじゃない。

 

確かに。

 

でも、ゆったり落ち着いた感じは、

 

派手さはないし、実に慎ましやかだけど、いい。

 

何よりも、とびきりいい!

 

 

 

分かった!と思ったり、この感じ〜♪と感じているのは、それそのものではない。

そもそも、言葉や概念で表せないのだからこそ、果てもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月空のお茶会は今週の土曜日です。

 

今週の土曜日は、空のお茶会です。

 

 

空のお茶会を思いついた時と、今はずいぶんと違っていて、それゆえにちょっと困ったなぁと思ったりもするのですが、この会は先生にお願いしているのじゃないし、その時の風の向きや吹き具合で、あれこれやってみようと思っています。

 

 

 

 

プロトマニアと対話しながら、

 

 

 

 

なによりリラックスがたいせつ。

 

 

 

 

 

何もしないことも、とってもとっても、たいせつ。

 

 

 

 

*私の本質、ハートを頼みに自分で確かめよう〜

 

空のお茶会〜バーソロミューと共に。

 

7月22日(土) 14時頃から16時頃まで

参加費は2000円(お茶とおやつ付き)

 

 

 

あるがままに

 

ちょっと久しぶりに、ラマナ・マハルシの「あるがままに」を読んでいます。

 

私はアートを先生にして真理を探究していました。この世界の本質は何か、絶対的なものは何かを知りたいと思っていたのです。

人生の不惑を過ぎた頃に伊東先生と出会い、このラマナという人を知りました。吸い込まれてしまいそうな澄んだ眼差しと穏やかな笑顔。でも裸だし。でも読んでも読んでも、何を言っているかわからないし(笑)。

 

不思議なこの10年・・・

 

昨日、ちょっとだけ寂しいことが起きて、やっぱりこの世界には「ずーっと」はないんだなぁとションボリしました。10年前にも、

 

「ずーっと、変わらないものは、何? 」

 

と問い、寂しいことも、悶々モヤモヤ、不安なこともありました。でも今は、寂しいけれど前とは何かが違うなぁと感じます。

 

 

 

質問者

もし真我そのものが気づいているのなら、なぜ私は今でさえそれに気づかないのでしょうか?

 

マハルシ

そこに二元性はない。現在のあなたの知識は自我によるもので、それは相対的でしかない。相対的な知識は主体と客体を必要とする。それに反して、真我の自覚は絶対的であり、対象を必要としない、

覚えることも同じように相対的なもので、覚えられるべき客体と覚える主体を必要とする。そこに二元性がないとき、誰が誰を覚えるというのだろう?

真我は永遠に存在している。誰もが真我を知りたいと望んでいる。自分自身を知るために、いったいどんな助けが必要だというのだろう? 人びとは何か新しいものとして真我を見たいと願っている。だが真我は永遠不変に存在しつづける。彼らは真我を輝く光か何かのようなものとして見ることを望んでいる。どうしてそうありえよう?真我は光ではなく、暗闇でもない。それはただあるがままに在る。それを定義することはできない。もっともふさわしい定義は、「私は私であるものである」( I AM THAT I AM )だ。シュルティ(聖典)は真我を親指大のもの、髪の毛の先、電気の閃光、広大なもの、最微小より微小なものと記している。それらには何の事実的根拠もない。それはただ存在なのだ。だが実在や非実在とは異なる。それは知識だ。だが知識や無知とは異なる。いったいどうやってそれを定義できるというのだろう?それはただ存在なのである。

 

質問者

真我を実現すると、人は何を見るのでしょうか?

 

マハルシ

そこに見るということはない。見るということは、ただ在るということだ。われわれが真我の実現と呼ぶ状態は、新たな何かを達成することではなく、どこか遠い目的地に達することでもない、それはつねにあなたであるもの、そして今までずっとあなたであったものとして、ただ在ることである。あなたに必要なのは、ただ偽りを真実と見なすのをやめることだけだ。われわれは皆、実在ではないものを実在だと見なしている。ただこの習慣を放棄するだけでいい。そうすれば、われわれは真我を真我として実現するだろう。言い換えれば「真我として在りなさい」ということである。あまりにも明白な真我を発見しようと努力しているあなたを笑うときが、いつかやってくるだろう。だから、この質問に対していったいなにが言えるというのだろう?

その境地は見る者もいられるものも超越する。そこには何かを見ている見る者がいない。これらすべてを今見ている見る者が存在を消し、そしてただ真我だけが残るのである。

 

『あるがままに ラマナ・マハルシの教え』 第一章 真我の本性 P21~ から抜粋

 

 

 

* ” 私  ” は何処に在るのか、決して変わらないものへの入口

 

伊東充隆主宰  青空禅塾 

 

8月6日(日) 13時から17時

お申し込みはこちらから→

 

ハートにきいてみる。

 

 

映画を見て何かを感じるのも、

絵を見て何かを感じるのも、

どこかのお店の包装紙を見て何かを感じるのも、

同じ地平に並べて面白がれるのが、

よろしいんじゃないかと思います。

 

 

 

と、ベテランの陶芸家がおっしゃいました。

 

私もそう思う。

 

何かがやって来た時、過去の情報や経験、記憶から判断するのが常ですが、ひとまずそれを横に置いて、どう感じるか?を見てみるのもいいかもしれません。

 

楽しい

 

面白い

 

うれしい

 

 

そういう感覚を頼みにしてみる。

 

 

・・・いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊東充隆主宰 青空禅塾 8月第1回の日程変更お知らせ〜

 

伊東先生の青空禅塾、8月スタートです。

第1回の日程が変更になりましたので、お知らせいたします。

 

8月5日(土) 13時から17時

あらため、

 

→ 8月6日(日) 13時から17時 開催

 

です。

 

 

日曜日なら行ける! という方は、Lucky lucky you !〜♪

 

 

本質は、とてもとてもシンプルなのですが、

 

そんなにシンプルだなんて言われたら困っちゃう、そのことは高尚なものであってほしい〜、認められません!・・・なんていう私たちの気持ちもよくよくわかってくれる伊東先生です。

 

ひたすら真我に誠実に。

尾ひれもハヒレ♪もなく、なお且つ、慈しみ深く真理へと方向を差し示す先生は、常に変わらず。

 

★8月スタート

* ” 私  ” は何処に在るのか、決して変わらないものへの入口

 

伊東充隆主宰  青空禅塾 

 

8月6日(日) 13時から17時

お申し込みはこちらから→