確信のような何か。

 

ふっと浮かんだ確信みたいなものは、

そこに理由はないし、言葉で説明もできないけれど、

確かにそうだとしか言いようがないもの。

 

 

そういう何かや感覚を、これまでいくつ見逃したかなぁ。

見ても、ちらっと見ただけで関心を向けなかったり、

そのままスルーしたこともあるでしょう。

 

そんなこともあったでしょう。

 

 

でも、どうしてもそうでしかない、という声に抗えない時がありますね。

抗う必要さえなかったということは、あとから感じたりします。

 

 

広告