解いていく。

 

非二元、という言葉が、いまだに私にはピンとこないのですが、

そういえばずっと以前は、真我という言葉もピンとこなかったなぁ。

 

その人の話は聴くたびに新鮮で、たった今出会ったように新しい視界がいっきに開けたり、その本は読むごとに意味が深くなり、これまでいったい何を読んでいたんだろうと苦笑したり。

 

行為はあれど、行為者はいない、と言われる「行為者はいない」について、タクさんが書いていたブログ、

 

いやね。
ホントおらんのですよ。行為者なんて。
単にそう見なしているだけでね。

なので、見なしている間だけあるように見えてるわけなんですけどね。

 

を読んで、ふと、 ん??・・・見なしている間だけあるように見えている・・・あれま・・たしかに。

 

 

言葉のおかげで概念が生まれて、概念で一人前になって、概念のなかにとっぷり浸って、その概念を探究して、ある時くるんとターンして、そこから今度はぽりぽりと概念の枠を外し、解いて、見ていく。

 

友だちは「ぜ〜んぶ違っているかもしれないしねっ、ふふふ・・・」と、目を細くしてニッコリ笑ったし、また別の友だちは「私は自然からそれを確かめて行けばいいと思う」と言っていた。

 

 

言葉を重ねて、言葉の催眠にかからないこと。

その気にならないこと。

 

 

 

何もしないこと。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中