愉しいクリスマスでした、中尾さんとみんなと一緒。

img_1273

 

クリスマスは、中尾さんと皆さんとスペインの画家、ヴェラスケス白熱教室。

 

いつもは私も後ろの方で講義をよく聴いてメモメモしているのですが、

今回は今年最後の講座、そしてこの講座初の(!)懇親会をすることにして、

クリスマス会を計画していました。

というわけで、1週間前からアタマの中がクリスマス会でいっぱい!!!!!

講義中は、クリスマス会の準備で内容は半分しか聴いておりません(笑)

(講座の様子はプロトマニアのフェイスブックを見て下さいね)

 

クリスマス会のお料理は仲良しからのツテで、プロのお料理人にお願いしました。

すってきに♪〜おっいしかったぁ〜♪

おやつ番長はお休みながら、おいしいものは実にみんなをシアワセにすると実感。

 

fullsizerender_1

サンドウィッチの中はオムレツ。ちょっとマスタードも利いていた。

 

fullsizerender_4

ケークサレ(甘くないケーキ)中はブロッコリなど。きれい〜

 

fullsizerender_3

こちらは左がケークサレのごぼう。右はほんのり甘いバナナとクルミのケーキ

 

fullsizerender_2

これは、イチジクのマスカルポーネはさみ。美味しかった〜自分好み♡

 

fullsizerender

左は、中華おこわです。奥はサーモン、カブ、ピンクグレープフルーツのカクテル。

 

作って下さったのは、料理教室やケータリングをしている黒岩峰子さんでした。

明るくて元気でオシャレで面白くて色のセンスがよくて、

もしかして自分と同じほめほめ星人かもしれませんが、

プロトマニアの諸々を気に入って下さり愉しそうに、

コレもアレも可愛い〜すてき〜♡と思いっきり言ってくださいました。

 

おいしいものと褒め言葉はひとをシアワセにする。

 

中尾先生のレクチャーは、知識の量を競うものではないし、

誰がどんな質問をしても、先生が飄々と受けては返してくださるのです。

ちょっと的外れかな、恥ずかしいかな、なんて思っても発言してみると、

そこからどんどん次の世界を拡げてくれるのが中尾先生です。

そのうつわの大きさ、おおらかさ、おだやかさ、クマさんっぷり、

ぜひ一度ご一緒に。

来年の最初のレクチャーは、1月29日(日) 午後1時から3時半まで。

スペインの巨匠、ゴヤをとりあげます。

 

 

 

fullsizerender

昨日の九段の空。

 

広告