理由のない幸せ

fullsizerender-370

先週の土曜日は、伊東先生が主宰する東京の和サンガ第5回目でした。

今回はとても強い、真剣さからの厳しさエネルギーが流れていた、

と自分は感じました。笑いとユーモアはいつも通りなんだけどね〜

 

和サンガは、私と感じさせる自己の本質を知って、実感として深める場

心と身体が私(自分)と頑なに信じている意識の位置から幸せになろうとしても、

シアワセになろう=解決しよう、だったり、

シアワセになろう=達成しよう、だったりです。

そしてそれは、叶ったり、叶わなかったりしてドラマは展開し続けます。

 

「幸せ」の前提、ってなんだろう?

その幸せ感覚は、外からの何かが必要なの? 何かを得なければいけないの?

解決すれば得られるの?

あなたは幸せ感を、どこに求めますか?

伊東先生がいつも話してくれることは、

「幸せ」感の誤解を解くことへとつながっています。

「いつもシアワセ〜」にするために何をどうするか? ではなく、

いつも幸せなのを邪魔しているものを取り除いて行く、ってこと。

 

幸せなのに、これがないと幸せじゃないんだ!と思い込んだり、

幸せなのに、今のままじゃ幸せじゃないって思わせちゃっているもの。

それが邪魔している。

 

常に変わりつづけ、現れては消えて行くものって、

つまりそれには実体がないということでしょ。

そんなものを大事につかんでいたら、現れては喜び、愛し、浮かれ、

消えては戸惑い、不安になり、悲しい苦しいと嘆く。

そんな実体のないものに振り回されている。

 

実体のないものに気づきを!

気づきを信頼しよう。

受け入れる、とか、手放す、なんていりません!

受け入れる、でもないし、手放す、でもありません!

まずは、実体のないものに注意しよう。

 

すでにある幸せ、青空。

 

永遠で原因のない幸福、とマハラジせんせいも言っていたそれ。

 

でもね、正直言うと、土曜日にふと見えちゃった。

自分はまだ、外の幸せをつかんでいたってこと。

あれがあるから、こうできるからシアワセで、無くなったら悲しい感情が溢れた。

それに今更ながら気がついちゃった。

ちょっと慌てたけど、どこかで開き直っていた。

それでも雲(思考や感情や記憶)は勝手にもくもくした。

それでも、また何もできなかった。

できたのは、深呼吸、ひとつ。

空を見上げた。

自分にはどうしようもなかった。

そんな自分は、青空、真我を求めていて、

本当の私が何かを知って世界の果てまで安心したいと思うのです。

そう思いながら、伊東先生がここに機会を作ってくれて、

同じことを求めたり、くんずほぐれつしている人たちがいて、

出会えたことを感謝しています。

愚直に続けることしかできないのだ。

諦めないのだ。

 

広告