「私」という想定を創作する思考は、敵ではない

IMG_4040

 

思考とは、あらゆる物事にラベルを貼って説明することにより、安心安全なものに

見せることなのです。

思考はこの上なく安心安全な想定、つまり「私」を創作します。この体の中には

「私の人生」や「私に」起きることをコントロールしている誰かがいる、

と想定するのです。

 

 

 

 

「あなた」や「私」という言葉でさえ、絶えず会話や書物で使われています。

想定されたこの「私」は、すべての経験や感情、その他の思考を「私のもの」

であるとか、「私」にとって意義があるとか主張します。

そのような想定の本質をよく見て、これは思考が枠を設けて限定しているに過ぎな

いことに気づいてください。この「私」も、枠をはめるためのひとつの思考に過ぎ

ないのです。本当のあなたは、決してひとつの思考の枠に納まるような存在ではあ

りません。

 

思考はいろいろと役に立っていますが、多くの人が考えているような熟達した

指導者ではありません。ただ手助けをしよう、すべてのことを知って安全なものに

しておこう、納得しようと努めているだけです。思考の本質を知り、思考は単に

その義務を果たしているだけなのに気づいてください。

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

思考はこの現れの劇の中で、本当のあなたであるを知りたい、

反映したいと望みます。それは全部あなたのためにしていることです。

それでも、思考がそれ自身を超越したものを真に知ることは不可能です。

 

思考はこの劇の一部です。思考とは、姿や経験という限界あるものを通して、

がこの劇の中でそれ自身を表現するために使う道具なのです。

思考の本質を知れば、愛しさと感謝を持つようになります。

思考には限界がありますが、敵ではないのです。

 

 

『愛の為に死す』ウンマニ・リザ・ハイド著  思考の本質 より抜粋

 

 

広告