i Medic & Art 伊東先生と医とアート

iMedic&Art Protomania

i Medic & Art の伊東先生が、非二元のティーチャー大和田菜穂さんと

雑誌『  スターピープル   Vol.59  』(ナチュラルスピリット社)で対談しました。

ノンデュアリティから見た不生不死」というテーマ。まもなく発売です。

 

今更ですが青空禅フォーラムの伊東先生はそもそも、お医者です。

そのことはあまりここで書いたことがありません。

なぜなら私にとってはお医者、というより、

真理の探究の先生であり、良き友だからですが、

お医者なので広島沖縄の青空禅や都内での他の講演では、

病気や健康、さらにはデリケートな死や生をテーマにされることもあります。

 

先生のウェブサイトを見ると

西洋医学の現場から代替医療へ、そしてその先へと向かって今に至る、

先生の熱い想いが伝わってきます。

あらゆる角度からの、生きることへのサポート、

それを目指したお仕事であることがわかると思います。

全人的。

その根底にあるキーワードが「私とは何か?」です。

 

今、生きているこの社会は、合理性、利便性が優先して、

専門化、細分化しています。

「判断」と「選択」の高速連打(笑)だなぁと感じます。

先日、母の病院診察に付き添っていて、あ〜ぁとため息が出てしまいました。

お医者は目の前の患者が話す言葉を聞いているようで、聞いていません。

ましてやその発せられた言葉の奥にある気分や感情には、思い至らない様子。

医療全体のシステムが問題なのですね、きっと。

 

『 AI  使った治療後押し 厚労省 機器の製品化へ指針』

という記事を新聞で読みました。

人工知能は大量のデータを扱い、画像認識や情報検索が的確にできるので、

医療分野への応用が期待される、という内容。

人工知能が病気の見落としを防いでより医療の質を高める、らしい。

 

専門化したお医者が延々とやって来たことを、AI が瞬時にやるようになったら、

そこで生まれるはずの時間は、患者さんにたっぷり向けられるといいな!

お医者はまずその患者のエネルギーを読み解く人となる。

(ここからやや妄想♡)

治療する時には  AI  からの情報を参照しつつ、

患者さんの、言葉にできない状況、気分、を診て、

たった今必要なことをサポートする。変幻自在に。

からだのエネルギーが落ちていたらまずそれを上げましょう、そして、

その気分の奥にある正直なありのままのエネルギーは何か?

それをお医者が一緒に見てくれて、

本人が最も効率よく最大限のチカラを発揮するように促される。。。

ということは…

さぁその時こそ〜♪  そうです!!

 

エネルギー遣いの達人、伊東先生の出番です〜!!

 

そして、伊東先生のような理解を持ったひとが、

若くこれからのお医者や治療家、部長や社長や校長や… のための先生となる、

それが普通の世界になったらいいなぁ。

医、といえば、『本質が基本』みたいにね。

 

アートの基本も本質だけど、これはまた別に書いてみたいと思います。

 

 

*5月31日発売の雑誌『スターピープル   59号』には、

伊東充隆先生と大和田菜穂さんの対談が掲載されます。

非二元から見た、不生不死のこと。

「みんなに知ってほしい   ノンデュアリティから見た不生不死

SP59small

 

 

*******************************************

 

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 6月24日(金)19時より〜受付中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

広告