春の贈りもの

thankyou

 

 

大の仲良し相棒犬、おじいさんハリーが目の前からいなくなった時、

お墓に姫リンゴの木を植えました。

それがちっとも成長しないんですが(苦笑)、

毎年、可愛らしい白い花をぽちっとつけてくれます。

 

 

thankyou

 

 

朝、なるべくお散歩をします。

家のすぐ側には大きな公園があって、東京でも自然の中で静かになれます。

美しい光や生命と出会います。

 

 

thankyou

 

ふと気づいたら、春の光になっていますね。

トンネルをようやく抜けたばかりでは、

キラキラする明るい光にはまだ慣れていなかったり、

思い切りこいでいたブランコは、

こぐのをやめてもしばらくはゆらゆらし続けるものだけれど、

それ、もう終わってるんじゃないの?と、友だちが言って、

あ、そうだった、とまるで人ごとのようにすっと腑に落ちて、

 

思わずふたりでにっこり。

 

 

広告