非二元の本質は、悟りもなければ迷いもない(伊東充隆)

wasanga

気づいているのは「私」ではない

 

覚醒とは、夢から覚めることだと言いますよね。

夜、夢を見ていると、夢の中にも登場人物の「私」がいて、他者もいて、

その場の環境があります。夢の中ではそれをリアルだと思っている。

その夢が朝になって覚める時、どうやって覚めるかというと、

丸ごと覚めますよね。

 

夢の中で、自分だけが夢から覚めるとか、誰かだけが突然、「お、悟ったぞ」と

覚醒することはない。

夢の登場人物が悟ったとしたら、それはまだ夢の中です。

夢から覚める時は、完全に丸ごと覚めるんですから、誰が悟っていて、他の誰かは

迷っているというのはまだ夢の中だということです。

悟りもなければ迷いもないのが、非二元の本質だと思います。

 

昨年の初夏、雑誌「スターピープルVol.55」(ナチュラルスピリット)

のインタビューで、伊東先生はこんな風におっしゃっていました

 

伊東先生は、和サンガの最後にもこのお話をしされましたが、

これまでは誰かスター、カリスマ的な存在がいて、

その個人によって非二元が伝わっていくかたちだったけれど、

これからはそうではない、という予感。

 

誰か個人が伝達するのではなくなる!

 

そのひとつの試みとして、和サンガという「場」を催すのです。

 

 

それは誰かが意図したから起きたのではなく、「場」がただ起きた。

 

「場」があるだけ。

 

 

伊東先生のこのインスピレーションに、共振。

なんだかよくわからないけれど、じ〜〜〜〜んとします。

またこのことは書いてみようかな。

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時〜21時

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

雑誌掲載予定

☆5月31日発売〜『スターピープル Vol.59』 ナチュラルスピリット社

伊東充隆/大和田菜穂 対談

 

 

広告