伊東充隆先生と東京和サンガ 〜 気づきは自由だ

非二元伊東充隆青空禅マハラジ

 

真理の探究、自己の本質、非二元への途上には、

勝手な誤解もあればヤサグレもズレまくりもあるけれど、

誰にでも必ずもれなく、その瞬間ベストなことが起こっている。

瞬間の中で、寛ぎを最優先すれば、自ずと最適化が現れる。

だから安心。

それを実感してそのことを信頼できた、ということは大きな大きな収穫です。

東京で初めての 伊東充隆先生の 東京和サンガ では、

参加者の誰もが自分の足で立っていて、

「  参加してたらどうにかしてくれるんでしょ 〜 」みたいなムードは全くなかった。

それがなにより爽快。

そんな真摯で成熟した仲間と、誠実な伊東先生と共に

それにコミットしたこの6ヶ月。

土曜日が、東京和サンガ一期の最終回です。

 

質問者:

それを探究することに苦労するだけの価値があるのでしょうか?

 

マハラジ:

それがなければ、すべてが苦労だ。もしあなたが正気で、創造的に、幸福に、

そして分ちあえる無限の豊かさをもって生きたいと願うならば、

あなたであるものを探究しなさい。

マインドは身体の中心にあり、意識はマインドの中心にあるが、気づきは自由だ。

身体はその衝動を持ち、マインドはその苦痛と喜びを持っている。

気づきは無執着で、不動だ。それは透明で、静かで、穏やかで、油断なく、

恐れがなく、欲望も恐怖もない。

あなたの真の存在として、それに瞑想しなさい。

そして日々の生活の中でそれで在ろうと試みなさい。

そうすれば、あなたはその豊かさを実現するだろう。

マインドは起こっていることに関心を持つが、

気づきはマインド自体に関心を持つのだ。子供はおもちゃを追い求めるが、

母親はおもちゃではなく子供を見ている。

たゆまず見つづけることで、私は完全な虚空となったのだ

そしてその虚空とともに、すべては私に戻って来た、ただマインドを除いて。

私はマインドを失い、取り戻すことができないことに気づいたのだ。

 

『  I AM THAT   私は在る  ニサルガダッタ・マハラジとの対話  』より抜粋

 

 

 

*伊東充隆主宰* 青空禅フォーラム 4月28日(木)19時より〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

*伊東充隆主宰* 東京和サンガ6ヶ月コース2期 6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

ひとりあそび 〜 青空と雲

sweet

 

最近のマイブームは、

ネーミングを変えてみるという、ひとりあそび。

 

「怒り」と名付けているゴゴゴゴゴゴっと押しの強い赤いエネルギーには、

 

躍動

 

と名付ける。

すると、ゴゴゴゴゴゴ、は、危険アラームではなく、

高らかに鳴り響く鐘の音のようになり、解放すら感じる。

 

ちょっとした「イラっとします」は、胸の辺りがなんだかモヤモヤしている。

「怒り」ほど大物ではなく、フラフラしているチンピラ的そのモヤモヤを、

 

もふもふ 

 

と言い換えて、

 

 

なんだか  もふもふ  するなぁ…

 

 

とマジメににつぶやいてみると、ぷっと吹き出してしまった。

 

これまであったはずの「コワイ」「厄介な」「重たい」何かは、

そんなあそびで簡単に消え、

それが流れ行くのを、落ち着いて見続けることができる。

 

 

青空に浮かぶ雲は、常にそのカタチを変え留まることなく、

ゆっくり動いたり、ぐんぐん流れたりしながら、

最後の最後は、シュッ!と瞬間消える。

 

あとには、

 

自由自在の空   

 

ばかり。

 

 

 

*伊東充隆主宰*青空禅フォーラム 4月28日(木)19時より〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ。

*伊東充隆主宰*東京和サンガ6ヶ月コース2期6月スタート〜募集中

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ。

 

 

フツウのこと

伊東充隆 和サンガ

 

今日の東京は寒かった。

桜が咲き始めて、杏の花はかわいらしいし、木蓮はエレガント、

すみれの花も可憐だし、毎朝きーきーとパンをねだりに来る鳥は、まだ渡らない。

寒さと暖かさの行ったり来たり。

とてもフツウだけど、ひとつひとつが素敵なこと。

 

 

 

 

 

平らかに和らぐ〜東京和サンガ2期 6月スタート

伊東充隆

 

プロトマニアでの伊東充隆先生の青空禅フォーラムや、

ようやく始まった東京和サンガのお手伝いをしています。

とっても楽しいです ♪

和サンガ、これは「自己の本質」に深く触れて戻るための場。

飽きっぽくてすぐに諦める私が、紆余曲折の人生の中で、

これだけはずっとずっとなぜか諦めずに手放さなかった、知りたかったこと。

それは元から手放しようもないのだから。ただ目覚め、そこに戻るだけ。

    「自己の本質」「不動なるもの」

それを知ってどうするの? どうなるの? と問われたら、

何よりも、どんな博愛よりも  博愛  ってことに疑いがなくなるでしょう、

平和という、平らかに和らぐことの本来のすがたを知るでしょう、

というのが、約半年和サンガを体験したこの瞬間の私の実感。

もちろんそれは、見ることも知ることも触れることもできないんだけどね。

 

 

というわけで、私は係りの者であり、同時に受講生です。

和サンガは、伊東充隆先生のインスピレーションで生まれました。

東京でどんな人たちが参加しているかというと、

セラピスト、心療内科の先生、アーティスト、会社員、主婦、個人事業主、など。

 

 

伊東先生による自己の本質に触れる場「和サンガ」は、

これまで大阪や広島で開催されて来ました。

先生の本拠地である東京では昨秋から「東京和サンガ第1期」がスタートし、

それまでの青空禅では体験することのなかった深く大きく温かな「場」のエネル

ギーに包まれて、参加者それぞれが真剣にそれへと向っています。

 

東京和サンガは少人数制で伊東先生から丁寧なサポートを受けられるところが、

他講座との大きな違いです。

伊東先生がそれぞれの受講者の歩みや態度を的確にキャッチして、

その時その人にとってベストな方向や方法を指し示していく密度の高い対話、

心地よい距離感で仲間同士が学び合えるスタイルや、

アトリエのような会場環境など、

他では味わうことができない誠実さと安心感の中で学んでいただけると思います。

 

6ヶ月間、伊東先生と参加メンバーが共に「真我」に深くコミットすることで、

気づきは自然に深まり、無心の「場」が育まれます。

その「場の力」のダイナミズムにサポートされながら、

自己の本質を知って目覚め、

そこに留まりながら世界を見て生きることの臨場感を獲得して行く、

それが、『 東京和サンガ 』です。

どうぞ万障お繰り合わせの上、ご参加くださ〜い。

 

 

お申し込みは、yoyoa@mac.com  で承ります。

 

 

 

伊東充隆 主宰  
東京和サンガ 6ヶ月コース 2期  **************
 
講師: 伊東充隆
 
日程: 2016年 6月~11月 6回講座
    
    6月4日(土)   7月16日(土)   8月6日(土)
    9月3日(土)  10月1日(土)    11月5日(土)
 
    いずれも 13時~17時(4時間)
 
 
場所: プロトマニア  東京メトロ 九段下駅 下車徒歩2分
            千代田区九段北1-12-5 6F
 
 
受講料: 1回 20,000円 
     一括前納の場合    110,000円(1回あたり 約18,300円)
     
     *継続受講者  には、優待受講料があります。                   
               
 
定員 : 15名
 
 
☆原則的に6回の出席をお願いいたします。
 
☆欠席の場合は、CDまたは DVD をお渡しいたします。
 
 
キャンセルポリシー: 途中キャンセルの場合は、残り講座回数分の受講料の納入をお願い致します。
 
お申し込み・お問合せ: 東京和サンガ事務局     
            e-mail:   yoyoa@mac.com    
            phone:   090-2469-4450(荒川)
 
☆ご質問や、ご不明のことは、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 
 
********************************************************
伊東充隆 先生の和サンガとは…
********************************************************

 

伊東充隆2016

マハラジせんせい と 伊東先生

伊東充隆aozorazen

うちのウサギ。

座禅を組ませてみました。

 

そろそろ 東京和サンガ 2期の募集要項をお知らせします。

和サンガについてはまた別に書こう。

『和サンガ』の存在は、ちょっとスペシャルな思い入れがあるからね!

 

この『和サンガ』の生みの親は伊東充隆先生です。

「サンガ」とは、人びとの集まり、の意味。

「和」とは、自己の本質に繋がり調和して平和をもたらす力と智慧の象徴。

 

伊東先生が青空禅や和サンガでするお話や対話をずっと聴いて来て、

「先生は絵を描くように、彫刻を彫るようにお話しします」

と、以前このブログに書いたのですが、

先生の伝え方をイメージするとふと、抽象画が浮かびます。

淡い色と面で描かれた絵。

ちょうど 岡田謙三の絵 みたいな。

 

目の前の風景を成り立たせている具体的な物、

一つ一つを写実的、説明的に描くのではなく、

それはあるけれど、

その存在をカタマリにしたり、色に置き換えて描いて見せる、

そんなイメージです。

 

アタマの中に当り前に入れ代り立ち代り浮かぶ感情や思考、

そのいちいちの事情や理屈や疑問や矛盾を眺めてはいるけれど、

そこが大事なところではない。

先生の静かなまなざしの先は、

表面に見えるおなじみのかたちや名前を削ぎ落して残った、それだけ。

 

それがコツなんだなぁ

 

って、抽象画を描いているマボロシの場面を思い浮かべながら、

先生が話すのを聴いています。

 

 

マハラジせんせいが言っていた。

 

実在は闇と沈黙の中で見いだされる

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなことが確実なのだ

ニサルガダッタ・マハラジ

 

質問者:

単に「私は在る」にとどまることによって、これらすべての栄光がやってくると言われるのでしょうか?

 

マハラジ:

複雑なことではなく、シンプルなことが確実なのだ。しかし、人びとはシンプルなこと、簡単でつねに手に入るものを信頼しない。私が言うことを素直に試みてみたらどうだろうか? それは一見小さく、無意味に見えるかもしれない。だが、それは巨大な樹に生長していく種子のようなものなのだ。あなた自身に機会をあたえなさい!

 

 

『I  AM THAT  私は在る ニサルガダッタ・マハラジとの対話』より抜粋

 

 

中尾流絵画3月と伊東先生の青空禅4月

青空禅 絵画鑑賞入門

春がやって来ましたね〜 匂いがします ♪

 

さて、中尾陽一さんの「 これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座 」、

3月は2月に引き続き、セザンヌ。

 

「近代絵画の父 ポール・セザンヌその2」

3月27日(日)13時から15時30分

 

毎回、中尾さんがレクチャーの予定内容をテキストにして下さるのですが、

今回いただいたものを読んだら、

中尾さんの柔軟でいつも新鮮な目と頭脳と感性に感激しちゃいました。

やっぱり、プロトマニアの先生って素晴らしいのだ。

初めて参加する方も楽しめる美術講座です。

ぜひいらして下さいね〜

 

 

そして、青空禅フォーラムの予定も決まりました。

 

青空禅フォーラムTokyo  

4月28日(木) 19時から21時

 

青空禅はしばらく平日の夜を中心にスケジュールを組んでいます。

でも、日中しか来られない方のことも、ちゃ〜んと考えていますので、

スケジュールをチェックしていて下さいね。

 

プロトマニアの青空禅は、少人数でのんびりした雰囲気の中で、

じっくり伊東先生のお話を聴いて質問や対話ができるところが、売り(笑)。

いえ、本当にこんな贅沢はないと思いますです、ハイ。

前回、久しぶりの夜開催で感じましたが、

最近の伊東先生のお話は純度を増している。

だから、

青空禅で受け取った印象、感覚、気分、矛盾も疑問も、

なんとなく心地よかったな、それどうなのよ? わからな〜い、も  …

すべて含めて、青空禅ありのままそのままを、

そっと、そのままお持ち帰りいただけたらいいなと、切に思います。

昼間の開催では、青空禅の後にお買い物に行ったり、

お友だちと会ったり、おしゃべりしたり、

青空禅で受け取ったものがフワフワ散ってしまうような気がするのですが、

夜ならだいたい直帰ですからね(うふふ)、

あのエネルギーをそぉ〜っとだいじにだいじに懐に温めながら、

帰っていただきたいんです。

 

 

 

ホントにプロトマニアの先生方は、

純粋で無邪気で、熱い!

 

 

 

真っ直ぐ歩かなくても、いいのだ

IMG_2013

今朝お散歩の時。

小学生の子どもが通学路をまっすぐ歩かずに、

公園の中に入って芝生の上を歩いたり、小山に登ったり、

あちこち寄り道しながら登校中。

私は早歩きだったけど、子どもは私をチラチラ見て、後をくっついて来る。

近づいて来たから、

 

今日はがっこう、何時間?

 

と尋ねてみた。

 

5時間だよ。

 

と応えた。

その後、その子と並んで歩いた。

 

その子は、「実はね…、」なんて大人みたいに言ってから、

1年4組であること、次は2年4組だってこと(もうすぐ4月だもんね)、

これから学校中、全員と友だちになる計画なんだってこと、

6年生のお兄さんとも友だちであること、などなどいろいろ教えてくれました。

学校がある曲がり角まで一緒に歩いて、じゃまたね、とサヨナラしました。

 

彼は真っ直ぐ歩かず、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、寄り道くんだった。

そうだ、私と同じだ。

知らないおばちゃんとあんなにお話するなんて、

寄り道仲間の匂いがしたんだね、きっと。

 

中尾陽一さんの絵画鑑賞入門講座、楽し。

IMG_1934

中尾陽一さんの  絵画鑑賞入門講座は2月、3月とセザンヌ を取り上げています。

 

2月最後の日曜日の中尾流では、まずスライドでセザンヌの初期から

全体の作品に目を通しました。

一人の画家のごく若い頃の画風が、時代と共に変わって行くのを見る。

フィルムの早回しみたいにざっと見るのって結構面白いんですよ。

 

中尾先生が「セザンヌを好きな方?」と尋ねると、

はっきり、好き、という方はおひとりだけ。

名前や作品は教科書でも見ているし、何となく知ってはいるけれど…

というのが全体の感想でした。

 

セザンヌって、大きな展覧会では必ず一点くらい出品されている画家なんですね。

セザンヌは近代絵画の父、と言われているんです。

それまでの画家たちが絵画で表現しようとしたこととは全く違うものを、

セザンヌは描くことで試み、それがピカソなどの近代美術の源になったから。

(ちょっとおおざっぱ過ぎかな)

 

この中尾流は22回目を迎えたのですが、継続参加者の方達の意見や感想が、

以前とはちょっと違って来たな、と感じました。

それぞれご自身の目で見たことをご自分の言葉でハッキリ話している。

誰かやどこかからの引用ではなく。

 

テーマはセザンヌでしたが、その流れで中尾さんが原点となるお話をして下さった

お話がとても素敵だったんです。

それは、当り前のようですが、

 

美術とは、楽しくなるもの、美しいもの。

 

ということ。

少なくともこの講座で取り上げる二次元の絵画表現(平面に3次元を描く絵画)に

関してはね。

考えたり、勉強する、というスタンスよりも、

これを見てどう感じる? 気持ちよい? きれい?

それとも違和感がある?(これ、とても大切です)

そして、好き? 嫌い?

まずはそこからでいいんですよ、と。

 

そう、プロトマニア的にも、芸術をお勉強にしてしまったらちょっと残念。

分析して味をみるのは、ちょっとつまらない。

まずは感じる、そしてそれをサラリと支えるのが、知的情報。

何より、まず見ること自体を楽しむことが大事なのではないかな、と感じました。

 

プロトマニア的には、まさに自己の本質に迫るルートの一つが「芸術」です。

芸術も哲学も人工知能の研究も、みんな「人間とは何か?私とは何か?」から。

 

それはさておき、

中尾さんの先生っぷりは素晴らしくて、ホレボレです。

知性と感性のバランスがお見事です。

良い先生との出会いは、その後の「あなた」を「わたし」を、変えちゃうから、

プロトマニアは本当に良い先生をお迎えしていると思います。(大いばり!)

 

絵画鑑賞 中尾陽一

というわけで、次回は3月27日(日) 午後1時から3時30分まで です。

絵画鑑賞を、のんびりゆったり、そしてとっても自由に、楽しんでみませんか。

ぜひ一度、いらしてくださいね。

初めての方、大歓迎ですよ〜  ♪

 

*♪*   2月の中尾流の様子は、プロトマニアの facebook  からご覧ください。