中尾流と美術とビックリ!がもたらす自由

FullSizeRender-275

日曜日は、第20回「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」

でした。

もう20回だって!

帰りに中尾先生としみじみ、

「すごいな〜、あっという間に20回」

と話しました。

 

少人数ながら熱心に毎回参加して下さるみなさんと、

ゆっくりじっくり美術と向き合って来ました。

ひとりの芸術家の作品を見ていくということは、

その人の人生をまるごと見て行くようなものですね。

葛藤や模索、歓びや苦しみ、失敗や挫折、屈辱、栄光…

さまざまな光景が見えてきます。

 

第20回では私が大好きなマティスがテーマでしたが、

マティスが何故好きなのか?と問われて、風通しが良い絵だから、と応えました。

マティスはその一見した軽やかでヘタウマ風の作風とは裏腹に、

思考し、冷静にじっくり研究する画家。

制作する時には背広にネクタイ、そして白衣のような作業着を着て、

まるで物理学者のような姿で絵に向かったそうです。

その彼が目指したのは「肘掛け椅子のような絵」でした。

見る者が、ただ心地よさを感じる絵。

 

こんなシンプルで難しいことってあるかしら!

 

よく単純に見える絵を見て、「これなら私にも描けそう」と言いますが、

いやいや、単純なものほど深くて、そこへ到達するまでの過程はくんずほぐれつ。

かっこいいですよね。

軽々と見えることって。

そう見せようとしているのではなく、見えるって。

 

中尾さんのレクチャーの魅力は、

「私は、コレコレなんです、だから、コウです」

という思い込みに、切り込みをいれてくれるところ。

この画家は好き、と思っていても、あちこちから多面的に説明があり、

参加者の意見を聴くうちに、あれ?そうでもないかも、とか、本当にそうかな?

と思える瞬間がふとやってくるところ。

逆に、やっぱりそうだった、ということもあります。

 

美術の「美」ってね、ヒツジが大きい、と書くでしょ。

むかしむかし、生け贄はヒツジで、そのヒツジが大きくてビックリ!

だから美しいものや美術とは、ビックリ!

びっくり!こそ美術の真髄なんだそうです。

びっくり!の瞬間って、すべてから自由!!

 

 

中尾さんが次々繰り出すびっくり!に来年も乞うご期待。

 

中尾流

第20回の参加者全員で先生を囲んで記念撮影。

ね、皆さんとっても素敵な笑顔でしょ。びっくり!の後はリラックス、だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告