ただ本当に見えている

FullSizeRender-150

今日の東京はとてもとても暑かった!

プロトマニアでは、中尾流の第15回これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座。

今回は、クリムトの風景画をひとしきり見て、野獣派と言われるフォーヴィズムへ。

 

フォーヴィズムの作家といえば、代表格はマティスです。

カラフルな色彩の作品は、きっと誰でも見たことがありますよね。

緻密に描き込む、のではなく、色の効果でそれをそれとして見せる。

参加者からは、好き、わからない、といろいろ意見が出ました。

子どもでも描けそうな絵、という印象もあるようですが、

色の効果で遠近感を出したり、ある色の美しさを際立たせるための配色やかたちなど、

実は緻密な計算がある、というところまでわかりました。

中尾先生の明快な解説を聞きながら、

最初は「なんじゃこりゃ?」だったのが「なるほど〜」に変化していく目のおもしろさ。

 

 

私は絵を見ているとつい夢想してしまうのですが、

 

 

本当は、ただ見えたそのままを描いていたりして。

 

・・・・・ 笑

 

アートは、既存のものの見方を揺さぶったり、価値を疑わせる鍵でもありますが、

ゴッホには本当にあんな風に空が見えていて、クリムトには林の風景はただそう見えていて、

マティスには本当にそこに緑の線がなくてはならなかった、とかね。

それじゃ、思想も技術も研究も歴史もなくて、

元も子もないということになっちゃうので、却下かな。

 

世界を丁寧に見ていると、

実際そういう瞬間があり、そういうカタチがあり、本当にある色、光景かもしれません。

それを再現して描いてしまえるところが芸術なのだけど。

世界は本当に美で充ち満ちているような気がします。

 

IMG_9203

夕暮れの半月

 

広告