おおらかに

IMG_8621

『100万回生きたねこ』の著者、故佐野洋子さんの本が出ました。

見つかった原稿を本にしたものです。成長する息子さんへの想いを綴っている。

佐野さんの絵の崩し具合のセンスはきっと誰にも真似出来ないし、文章もいい。

観察眼がすごいなぁと思います。

 

しかし、私はただ一度、息子に感動したことがある。
息子が六歳の時、クラスに好きな女の子がいた。
幼い息子は女の子が遊びに来ても、興奮してはしゃぎ回って、
そうぞうしくとび回るだけだった。
女の子は、大人っぽく「いやーね」とまゆをひそめて笑っていた。
彼は、彼女をよろこばせるすべを何も持っていなかった。
興奮のひとときが過ぎて、気抜けたような夕食の時、彼は私に言った。
「ママ知ってる、さっき××ちゃん、ベランダからじっと外を見ていたんだよ、ずっとだよ。
××ちゃん、何を考えていたのかなぁ」
サルのようにおたけびを上げていた彼は、彼女をずっと見守り続けていたのだ。
自分でないものが、何を考えているのかと自分に問うていたことを知って、
私は彼を一人の人間として信頼したいと思った。
もし彼が大人になった時、彼が愛する者を理解しようと努めるだろうと信じたかった。
私の息子は誰が見てもいい子ではない。
学校で一日五回も立たされ、
目をつぶりながら「お前はどーしてそうなんだ」と悲しげにつぶやくと、息子は先生の真似をする。
私はため息をつき、息子をにらみつける。
剣道の先生になぐられて失神したと言う。あくびをしたのだ。
そして家に帰って来て、失神した様子を実演してみせる。
何でもやってくれと思う。子供時代を充分子供として過ごしてくれたらそれでいい。
悲しいこともうれしいことも人をうらむことも、意地の悪いことも充分やってほしい。
そして大人になった時、愛する者に、
君は何を見ているのだと他者の心に寄りそってやって欲しいと思う。

 

「私の息子はサルだった」 佐野洋子 著 より抜粋

 

面白くて鋭くて愛情溢れていて、ちょっとウルッとしそうになる。

息子さんは、お母さんにあることないこと本にされてかなり嫌だったみたい。

もう書かないで、と怒ったそうです。

そしてお母さんが亡くなった後に見つけたこの原稿を読んで、やっぱり本にしたのですって。

その息子さんの「あとがきのかわり」には、こうあります。

 

すべての行にうっすらと大袈裟と嘘が見え隠れする。
ほらな。やっぱりな。こういうのが嫌なんだよな。
だけど何度か読んでいるうちに、
もしかしたら僕から見た大袈裟と嘘が、彼女の中では全て真実なのかも知れないと思い始めた。
同じ時間、同じ場所で僕が見ていたものが彼女には違うものに見えていたのかも知れない。
全く同時に違う体験をしていたのかも知れない。そうか。そうかもな。

 

 

これまた、いいなぁ。

 

こんな文章に触れたり、

プロトマニアで好きなクリムトをあらためて冷静に見てみたり、

いつもと違う場所で違う人たちと過ごしたりしていると、

きれいごとも、赤裸裸も、どちらもいいし、

二元でも非二元でも、やっきにならずどちらでもいい。

どちらかを問うこと自体が、どちらでもよくなってきます。

 

おおらかにいる。

 

ヨガの先生が言っていた、まぁるく生きるということ、

景山えりかさんが言っていた、果てはない、ということ、

伊東先生が教えてくれた円環呼吸、

青空禅で知る無分別。

すべて繋がって、すべて夢の如し。

 

…ってまたワケのわからないブログになりましたが、

普通の私、特別じゃない私が学び、知る「本当の私」、

これ以上分けられない世界の果てについて触れるなら、

8月の青空禅ワークショップがオススメです。

 

IMG_8570

 

 

 

 

伊東充隆 先生の青空禅ワークショップ8月開催

IMG_8584

伊東充隆先生の青空禅フォーラムは、毎月、開催しています。

〈 i Medic & Art + Protomania 共催  7月は、19日(日)開催 〉

 

これがプロトマニアの大黒柱である「自己の本質」に触れる場。

8月には、夏の集中講座、青空禅ワークショップがあります。

青空禅フォーラムで触れる青空意識( 真我、非二元、純粋意識  …  )のコツをつかみ、

日常生活の中での具体的な実践、応用方法などについて、

講義と瞑想とワークで学ぶ半日です。

 

 

 

自己の本質ってなんじゃ???

 

自己の本質(青空意識)は、悟り、非二元、覚醒、… という言葉でも表され、

目新しいことではありません。

そして昔々から時代の流れの中で、時折、☆ブーム ☆  がやって来ます。

この「自己の本質」が、最近「非二元」という言葉でちょっとしたブームのようです。

私のヨガの恩師が、こんなことを言っていました。

 

今の人たちは四角く四角く生きている、

もっと円く生きれば、いのちが喜ぶのに…  と。

 

四角(規則、通念、多数派)で囲う、閉じると風通しがワルイ、

でもはみ出さないし、理解(管理、判断)しやすく、合理的で早い、

ただし、自由ではない。

非二元がブームなのは、そんな 四角い世界 が、

風を求め、探している、という表れでもあるのかもしれません。

 

じゃぁ、

 

自己の本質を知って何になるのか? 

 

知って資格が取れるわけじゃない、

社会的成功のための方法でもない、

直接の問題解決、でもない。

けれど、

本当の自由に応えられるのが、この「自己の本質・青空意識」であり、

「青空意識に触れる場との出会い」は、おおらかに吹く風なのだと思います。

 

 

人は誰もが幸せになりたいし、今、幸せを感じたいはずです。
しかし、変化して止まないこの現れの世界では、
望んだ幸せは得られる事も得られない事もあります。
そしてたとえ得られても、今度はその幸せを守ろうとする緊張や失う恐れに苦しむ事になります。
つまり、欲望や願望を達成することで得られる幸せは、
結局は割に合わないゲームをさせられている様なものだと、いずれは気付かされるのです。

幸せを探そうとか、もっと幸せになりたいという想いに着いて行かないで、
その想いの源にそっと気付いて行くと、意識は自ずと今にあり、そこには、

 

変わることのない、普遍で静かな幸せが、すでに在ることがわかります。(非二元の幸せ)

 

ここが土台になると、欲望や願望、そして悩みや葛藤でさえ、遊びになります。
それを知識や教養ではなく、
心の底から実感してもらうサポートと場を i Medic & Art は、提供して行きます。

i Medic & Art 代表 伊東充隆 ウエブサイトより )

 

 

というわけで、

来るも去るもなく、ブームとはまったく関係なく続いてきた青空禅フォーラム、

そのスペシャルヴァージョン、青空禅ワークショップは参加者全員のための 実践編 です。

知識や教養   ではなく、やってみよう!

本気で熱く軽やかに、伊東先生と共に青空へ向かいましょう ♪

 

 

 

青空禅ワークショップ
■  日時      2015年8月1日(土)13時  〜17時(4時間)
■  定員      12名
■  参加費     20,000円
■  会場      プロトマニア( 東京メトロ九段下駅  徒歩3分 )

 

お申し込み、お問い合わせは、

yoyoa@mac.com ( 荒川陽子 )まで

または こちらから どうぞ。

お名前、ご連絡先を明記してメールでお申し込みくださいね〜

 

 

Protomania      〒102-0073  東京都千代田区九段北 1-12-5 市田ビル6F

* 東京メトロ 東西線 九段下駅7番出口より 徒歩 1分

* 東京メトロ 半蔵門線・都営新宿線 九段下駅3b出口(北の丸スクエア)より 徒歩 2分

* JR 飯田橋駅東口より 徒歩 7分

★      九段北一丁目交差点(角にオレンジ色のカフェ)より九段中坂を30mほど上った右側

お向かいには   築土神社   があります

MAP2015

 

map for access2

 

 

 

素直で正直

FullSizeRender-142

 

 

あぁ、気持ちいい〜♡

 

とか

 

わぁ、きれい〜〜☆

 

とか

 

きゃー、うれしいっ  ♪

 

とか

 

たまに、

 

ギョッ、厳しい〜

 

とか、

 

 

日々、忙しいけど、これでいいのだ。

 

 

 

内なる真我が最も偉大なグルだ

IMG_8569

 

本質、非二元、ノンデュアリティ、真我、悟り、真理、神、愛、平安、それ ………

たくさんのことば、ことば、ことば。

溢れる言葉、さまざまな教え、概念、人々、出会い  …

 

情報とエネルギーの中、手探りで渡って来たのは、

ただ、絶対的なことが知りたかった、から。

言葉は美しく、時として慰めになり、また道しるべになるけれど、危うい。

 

 

 

あなたは観念に実在性を与えている。だが、観念は実在を歪曲したものなのだ。

すべての観念化を放棄しなさい。

沈黙し、醒めていなさい。

それに対して誠実でありなさい。

そうすればすべてうまくいくだろう。

 

 

「 I  AM THAT 」 Nisargadatta Maharaj  ニサルガダッタ・マハラジ

 内なる真我が最も偉大なグルだ より抜粋

 

 

 

IMG_8511

 

とどまることなく、

 

IMG_8509

 

刻々と変わるのを

 

IMG_8513

 

ぼんやりと、眺めていました。

 

IMG_8517

 

言葉で囲うことなんて、できるはずがない何か。

 

 

世の中で一ばん美しくって

IMG_8411

 

 

 

 

これが、ぼくにとっては、この世の中で一ばん美しくって、一ばんかなしい景色です。

 

 

星の王子さま  サン・テグジュペリ 著  内藤 濯  訳  より

 

 

 

IMG_8413

 

 

 

 

ハーブと星と宇宙

FullSizeRender-136

 

景山えりかさんの講座「12星座のティーサロン〜ふたご座へようこそ」が終わりました。

今回も、ウェルカムティーに始まり、ハーブのお話、暦のお話、星のお話……

そして、お茶のおいしい入れ方やブレンドの仕方など、

えりか先生からいろいろ教えていただきました。

 

今回はふたご座。

ふたご座は水星が支配星、からだの部位では肩や腕、手、肺、神経系。

…とここで、そういえば肩も腕も手も肺も、二つ組みですね 〜 なぁるほど ふ  た  ご

そして水星は、伝令の神様マーキュリー。コミュニケーションや情報、知識に関わる。

そしてその惑星に対応するハーブは、鎮静作用のあるラベンダーやマジョラム、リコリスなど。

……… という具合に、講座は、天とからだと地にある植物の関連を見ながら、

心と身体を健やかに保つための太古からの知恵を知る、というもの。

 

IMG_8350

 

おいしいお茶の入れ方も教わります。

 

IMG_8363-1

 

IMG_8373-1

 

ハーブティーは様々あって、香りや色を楽しめます。

 

そういえば、飲んだハーブティーが、ちっともおいしくなくて、

香りも薬みたいで、好きじゃなくなったこと、ありませんか?

 

ハーブは原産地やメーカー、お店の扱い方で、ぐっと変わってしまうデリケートなもの。

諦めたりしないで、いろいろ試してみてくださいね、

とえりかさんはおっしゃっていました。

そう、人間と同じ、一度の失敗で、きっぱり嫌いになったりしないでね〜

 

このハーブの知恵は、地球上で人間が健やかに生きるためにうまれたもの。

昔の人が自然や星、月の動きを活かして得た知恵です。

それを科学的に証明することもできると思いますが、

えりかさんがおっしゃるように、

人々が効果を実感したものだけが、時を経て現在まで残っているもの。

それは証明や数値に頼らなくても、充分に暮らしに取り入れてみる価値があり、

あとは、自身のからだの感覚を信頼したらいいのだろうと私は思います。

 

えりかさんの講座に参加したり、えりかさんとお話していると、

余分な力や緊張が必要なくて、静かでゆったりした気分でいられます。

それがなぜなのかなとずっと思って見ていたのですが、

昨日わかったのは、えりかさんは宇宙の視座を持っているから。

 

どこに中心を置きますか? この社会の常識? 私? 溢れる情報?

 

えりかさんはどこを中心にしてもOK、中心はどこでも同じこと。

宇宙というのは限りはあれど、果てはないのだから、

とおっしゃっていました。う〜ん、素敵♡

 

IMG_8372

 

さて、前回も参加して下さった方は、おうちで早速ブレンドティーを作ってみたそうですが、

入れるお茶の比率の加減で、大失敗〜〜〜(笑)!だったそうです。

でもね、その原因をえりか先生から教えていただいて、

また挑戦する気満々になっていらっしゃいましたよ。

後から伺うと、みなさん、帰り道にハーブを調達して帰られていました。

そう、すぐに生かしてみる、自分でやってみる、って、自分にとってもお得。

そんな風にえりかさんの講座を楽しんで頂けたのが、とても嬉しかったです。

 

さて、7月はかに座、と計画していたのですが、

えりかさんといろいろご相談して、唐突ですがこの12星座は一度お休みすることにしました。

そのかわりに、秋から別のアプローチでワークショップをスタートします。

もっともっと暮らしの中で天や自然を感じ、楽しみ、

私たちが健やかに生きられる何かお伝えできるように。

 

まずは9月23日(水祝)にワークショップを行います。

詳しい内容はまたお知らせを致しますので、どうぞお楽しみに!

 

FullSizeRender-137

Thank you Erica san ☆

 

 

 

風のように

IMG_8245

 

 

 

音声に驚かない獅子のように、

網にとらえられない風のように、

水に汚されない蓮のように、

犀の角のようにただ独り歩め。

 

 

岩波文庫『ブッダのことば』-スッタニパータ-第1 蛇の章 3、犀の角 抜粋