静寂さえも超えた沈黙へ

IMG_7184

昨日の青空禅フォーラム。

参加メンバーが古くから通っている方たちだったこともあって、

昨日は基本に立ち戻って、基盤中の基盤のお話でした。

 

先生の言葉は揺るぎなく、

言葉の一つ一つが真我の方向へ、エッセンスへと、

静かに舞い落ちていくようでした。

 

真我へと導く伊東先生のお話は、最新の量子物理学から心理学まで多彩で、

聴いていて確かにワクワクするのですが、

それを「わ〜面白いお話だった」に終わらせない、

深くてどっしりした大きなエネルギーがあります。

 

向かうべきは、静寂さえも超えた沈黙へ。

 

 

道元禅師は、「典座教訓」の中で、

苦、酸、甘、辛、塩からいの五味の他に「淡」という概念を加えたそうです。

食べてすぐに感じられる味ではなく、食べ終わってからジワジワとおいしさを感じる。

この「淡い」という感覚、センス。

過剰な主張や派手な演出ではなく、かすかに感じられる 絶妙の風味 

これこそが伊東先生ではないでしょうか。
淡いゆえの美しさ。

 

 

伊東先生へのインタビュー記事が、

5月中旬発売の「 Star People 」55号 特集:ノン・デュアリティ(非二元)とは何か

(ナチュラルスピリット)   に掲載されます。

先生のウェブサイトもそろそろ仕上がり、とのこと。

ぜひお楽しみに。

FullSizeRender-85

 

 

 

広告