くるりと円を描く

sakurasakurasakura

「夢見草」 って知っていますか?

桜の異名なんですって。

桜は夢のようにはかなく散って行くから。

日本には素敵な言葉や表現がたくさん。この感性は素晴らしいなぁと感じます。

 

3月の後半、あらためて振り返って一番最初の最初に戻ってみました。

どうして『真理の探究』なんて始めたんだっけ?ってね。

よくよく思い出してみると、

そのきっかは不思議でもないし、特別でもなく、よくあるようなこと、でした。

 

子どもの頃に、みんなと遊んでいて夕方になり、

じゃあね、バイバーイ! と帰って行く友だち。

その時に感じた不安感や寂しさ。

 

夜の暗い部屋。ベッドの中で天井を見ながら、

死んでしまったら、私はこの世から消えて無くなって、

こうして考えることすらできなくなるんだ!

と思った時に感じた底なしの恐怖。

 

仲良しの友だちが、ある時突然、死んでしまった時の衝撃。

一番わかってくれる近い人だと思っていた恋人が見せた、よそよそしいひんやりした横顔。

 

そんなことがきっかけでした。

きっかけは些細なことで、そこから向かった方向が、

夢中になれるお稽古ごとや大好きな食べることや冒険旅行、などではなく、

永遠はあるのか?

変わらないことは何か?

絶対の真理はあるのか?

だったのでした。

真理の探究は私の運命だ! と、ある時期スペシャルな気分で息巻いていたのが、

あれまぁ、可愛らしいこと。

 

こうしてふと、立ち戻ってみるのはいいな。

そうすると知らぬうちに入っていた力が抜けたり、

寄り目になっていたのが少し俯瞰できたり、

もっと真摯で謙虚な姿勢になったり。

 

先日の青空禅フォーラムで伊東先生から教わった呼吸法、円環呼吸。

それは、吸って吐く、を直線的に捉えるのではなく、

吸ってから吐くに移るつなぎめをとても丁寧に行います。

まるで円を描くようにね。

直線を行ったり来たりする呼吸ではなく、まぁるく円を描くような呼吸。

その繋ぎ目は、私のイメージでは、吸うでもなく吐くでもない、空っぽ。

 

まるいカタチは柔らかくて落ち着きます。

私は小さい時に太っていていじめられたので、

太ることに対して怖れと共に無意識にアラームが鳴って来たのですが、

最近は、ふっくらとたおやかな女性でいるちょっぴり太め、がお気に入り。

くるりと円を描く呼吸、ぜひお試しあれ。

次回の 青空禅フォーラム は、4月11日(土) 14時から16時まで。

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

広告