春分はゼロ

sshiromokuren

今日は春分の日。

昼と夜の時間が同じになる日。

来週28日(土)「12星座のティーサロン〜おひつじ座へようこそ〜

でプロトマニアにお迎えする景山えりかさんによりますと、

 

およそ365日をかけて太陽のまわりを1周する地球。

ですが、たえまなく動きつづけているわけですから、スタートもゴールもありません。

それを天文学では、太陽と地球の関係が春分になる瞬間を0度として、

地球が太陽の周囲をまわる起点としているのです。

つまり春分の日は、地球にとって宇宙航海の新しい1年をスタートさせる日

いわば地球レベルのお正月というわけです。

 

なんですって。

ゼロの日ということですね。

スタートもゴールもない、プラスでもマイナスない、ゼロ地点。

地点にもならない(笑)ゼロ。

 

といえば!

二極の世界からワンネスの「 1」ですらない「ゼロ」へのパラダイムシフトに誘うのが、

伊東充隆先生の「青空禅フォーラム」。

非二元ということに関しての陥りやすい誤解や素朴な疑問に、

伊東先生が明晰な言葉とイメージを使って応えてくださいます。

禅、量子物理、心理学、などなどの知識を使って、

言葉では表しきれないことをギリギリまで!

青空禅フォーラムは4月には沖縄でも開催されることになりました。

詳しくは、青空禅フォーラムin沖縄 でご覧くださいね〜

沖縄の青空禅、行きたいな〜

 

 

 

 

広告